【SS】イヴ『ラジオネーム、れおれおさんのお便りです』

TOP スレッド一覧 SS掲示板 【SS】イヴ『ラジオネーム、れおれおさんのお便りです』

27件の返信スレッドを表示中
    • 1 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      『Pastel*Palettesのしゅわりんラジオ~』
      「今日も始まりました~。
       んん~っ、Pastel*Palettesは声だけでも可愛くて最高ですぅ」
      『番組では皆さんからのお便りを大募集しています』
      「もちろん私もお便り送ってますよ~。
       メンバーに私の書いた文を読み上げてもらえると思ったら…キャー!」
      『今日から始まる新コーナー、その名も~』
      『若宮イヴの『お悩みイットウリョウダン!』』
      『これはリスナーの皆様から寄せられたお悩みにイヴちゃんがお答えするという…』
      『構成作家さん大助かりのコーナーだよね』
      『うふふ、日菜ちゃん?』
      『それでは記念すべき最初のお便りは…ラジオネーム『れおれお』さんのお便りです!』
      「さ、さっそくキターっ!? 神様、仏様、チュチュ様、ありがとうございますぅ!」
      『それじゃ、読み上げるわね』

    • 2 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      『押忍、イヴさん!僕の悩みを聞いてください。
      僕は侵略者によって故郷を追われ、弟とも生き別れになってしまいました。
      僕のように悲しい思いをする人がいないよう、平和を守る仕事に就いたのですが
      上司のパワハラがとにかく酷いんです!
      無理する上司を気遣ったつもりがうるさいっと罵倒されたり、
      この前は特訓と称してジープで追い回されたりもしました。
      ハッキリ言って心身ともに限界です。
      僕はこのまま今の仕事を続けるべきなのでしょうか…?(泣)』
      『以上、れおれおさんからのお便りでした』

    • 3 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      『辞めれば?』
      『だ、ダメですよ日菜さん、イヴさんより先にコメントしちゃ!』
      『あー、ゴメンゴメン。イヴちゃんお願い!』
      『喝です! その顔は何ですか! その眼は何ですか! その涙は何ですか!』
      『初回からいきなり厳しい!』
      『私が生まれたフィンランドもスウェーデンとロシアの圧力に長年悩まされてきました』チラッ
      『どうしてロシア、のところで私を見たのかしら?』
      『しかしフクツの精神で独立を成し遂げ、空前の発展を遂げたのです。
       ここまで苦難に堪えてきた、れおれおさんならきっと大丈夫。
       あなたがやらずに誰が平和を守りますか!
       ブシドーを胸に戦い抜いたとき、あなたの人生は獅子の瞳のごとく
       ランランと輝いていることでしょう。
       キビシイ指導は期待の表れですよ、頑張っていきましょう!』
      『弟さんとも再会できることをお祈りしています』
      『今週はこれまで! 皆さん、私に任せてドシドシお便りお寄せ下さい!』
      『お便りが採用された人には番組特製ストラップをプレゼントしちゃうよー!』
      『ジャンルは問いません。お仕事、学業、健康…」
      「そして…。うふふ、恋のお悩みも? お待ちしてまーす!』
      「ところで、ドシドシとはフン[ブシドー!]シの仲間ですか?』
      『……イヴちゃん、生放送なんだから発言には細心の注意を払ってね』


      「なんだかアイドルのラジオ番組にしては重苦しい相談でしたね…」
      「この人もラジオネームは本名をもじったのでしょうか。
       『令王那』って名前は珍しいから被るとは思いませんでした」
      「ま、まあ、いきなり採用されたら楽しみが無いというものですよね」
      「気を取り直して、またお便り送りますよーぅ」

    • 4 名前:匿名スタッフさん ID:0YzU0NTB[] 返信

      レオはレオでもウルトラマンレオじゃねえかw

    • 5 名前:匿名スタッフさん ID:4YjNkMTl[] 返信

      他の同僚とも折り合い付かないし、40話付近で仕事先が壊滅するから早めに辞めるべきw
      次はジャングル大帝かな?

    • 6 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      『Pastel*Palettesのしゅわりんラジオ~』
      「前回から始まったイヴさんのコーナー、お便りたくさん届いてますよ!」
      「みんな悩んでるんだね。悩んでばっかでもしょうがないと思うけどなー」
      「みんなが日菜ちゃんみたいに上手く生きてはいけないんだよ~」
      『それではイヴちゃん、タイトルコールお願いね』
      『お任せあれ! 若宮イヴの『お悩みイットウリョウダン!』』
      『おや? 偶然でしょうか、今週のお便りもラジオネーム『れおれお』さんからです』
      『ちゃんと先週とは別の人だよ。それじゃ、読むねー』
      「こ、今度こそ!?」ドキドキ

    • 7 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      『Χαίρομαι που σε γνωρίζω. Ανυπομονώ πάντα.』
       (※作者注:文字化けしてたらごめんなさい)
      『ま、待って待って。日本語でお願い!』
      『えー、書いてある通りに読んでるだけなのにしょうがないなぁ、和訳して読むね。
       初めまして。いつも楽しみにしています。
       早速だが俺の悩みを聞いて欲しい。
       逆賊の兄を持つという汚名を跳ね除けるためにも努力を重ね、
       今では組織でもトップグループの12人に名を連ねるまでになった。
       だが、グループの同僚がなんともキャラの濃いヤツ揃いで、
       シベリア帰りで『水と氷の魔術師』の異名を持つヤツだったり、
       バラの花を咥えていたり、アイドルのモノマネが得意なヤツだったりする。
       俺は得意技も単純だし、自分のことを地味でつまらんヤツではないかと思っている。
       垢ぬけたキャラになるにはどうすればいいだろうか?
       良き助言を願う』

    • 8 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      『ギリシャのアテネから、れおれおさんのお便りでした』
      『海外からお便りが届くなんてすごーい!』
      『この番組もワールドワイドになったんですね! 嬉しいです、フヘへ…』
      「それにしても、ギリシャ語も解するなんてヒナさん流石です!」
      『あら、ロシア語なら私も少しは自信があるわよ』
      『さあ、キャラの濃さではパスパレでも一番かもしれないイヴちゃん、どうかな?』
      『えへへ、私なんてマダマダですよ。さて、かの新選組のサイトーさんいわく、
       一つの技に鍛錬を重ね、磨き上げることで絶対の必殺技に昇華されるとあります。
       派手な技や奇抜な行動に世間の目が向けられやすいのも事実ですが、
       地味にでもお兄さんの分まで努力を重ねているあなたの頑張りを認め、尊敬している人がきっといます。
       その人たちからは、あなたは黄金のヨロイをまとっているように輝いて見えているはずです。
       自信をもって頑張ってください!』
      『私はシベリア帰りの人の技がちょっと気になるわ』
      『ねー、千聖ちゃんはどうして謎のロシア推しなの?』


      「今週も採用ならずでしたか…」
      「でも、パスパレの魅力は世界にも通じているとわかって嬉しいです」
      「私は学校で浮いちゃってる気がしてて、少し気になっていた時期もありましたが…」
      「RASは
       「長身美麗の歌姫」
       「狂犬の異名を持つドラマー」
       「ギターバーサーカー」
       「飛び級の神童プロデューサー」
      とスゴい人が揃ってて、私なんて目立たない方ですから、ある意味安心ですね!」
      「さあ、次のお便りに取り掛かりましょう!」

    • 9 名前:匿名スタッフさん ID:zNDNmMTd[] 返信

      巧妙なおっさんホイホイスレw

    • 10 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      『Pastel*Palettesのしゅわりんラジオ~』
      『えー、今週の『お悩みイットウリョウダン!』ですが…』
      『今回の相談者は14歳の女の子! なんとなんとご相談は…』
      「これは! 三度目の正直! キテ下さいっ!」
      『恋のお悩みについてだそうです。三回目でやっとだね!』
      「恋の相談は送っていません…。私の投稿ではありませんね…」
      『彩さん、人のお悩みであまりはしゃぐのは不謹慎ですよ』
      『ご、ごめんなさーい! コホン、それでは読みますね』

    • 11 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      『先日、私はとある用事のために絶海の孤島に訪れましたが、バカンス?イイデスネ
      そこでトラブルに巻き込まれてしまいました。エエー
      その時、私を助けてくれた現地の少年のことを好きになってしまったのです。キャー!
      悩みというのは、その男の子の身長が私よりも低いことなんです。
      (参考までに家臣に描かせたイラストを添えます)
      彼は年下だから、まだ成長期だから、と自分を納得させようとするのですが
      モヤモヤした気持ちがどうしてもぬぐえません。
      彼の名前はパスパレの皆さんがいる日本の言葉で『大きい』という意味だそうです。
      その名に相応しく、再会したときに彼の身長がグッと伸びていて欲しいと願う
      私の気持ちは不純なのでしょうか?』

    • 12 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      『パプニカ王国?の、れおれおさんからお便りいただきました。
       パプニカってどこにあるか知ってる?』
      『ごめんなさい、わかりません…。
       家臣がいるというヤンゴトナキ方からのご相談に対して面目ありません…』
      『あたしも知らないなー。アハハ、実在するの?』
      『スタッフさんが調査してくれたのですが、現在、謎の軍勢と交戦していて音信不通とのことでした…』
      『このコーナーにはなぜかハードな境遇の相談者が集まってくるわね…』
      『イヴちゃん、コメントお願い。…イヴちゃん、どうしたの?
       イラストをじーっと見て。まさか、イヴちゃんもこの男の子のこと…』
      『ち、違います! 剣を逆手に持ったこの少年の構えが興味深いと思っただけです!
       手合わせ願いたいですね!』
      『巻きのサイン出てます。イヴさん、お願いします!』
      『エヘン! れおれおさん、聴こえていますか? 
       好きな相手に理想を重ねていくのは自然なことです。
       決して不純ではありませんよ。
       そして、人間の大きさを測るのはなにも身長だけではありません。
       彼の人間的成長に期待しましょう!
       再会した彼は、あなたが思うより大きく見えるかもしれませんよ』
      『千聖ちゃんだって背は小さいけれど、態度とおっ[ブシドー!]いは大きいもんね!』
      『彩ちゃん。この後、お説教ね?』


      「同年代の女の子にパスパレファンがいることはやっぱり心強いですね」
      「とは言え、今週も不採用…。私のお便りは皆さんの心には届きませんか…?」
      「…パスパレにもらった挫けないココロを忘れてはいけませんね。
       また投稿しましょう…」

    • 13 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      「それからも『れおれお』の投稿は続きました。が……」


      『警官になって20年以上経ちますが、引退するタイミングを誤ってしまいました。
       任務で知り合った大統領の娘と結婚してれば良かったと思いますが後の祭りです。
       先輩に比べても出番は減る一方で、新しい仕事は2回続けて新人に取られてしてました。
       俺にこの先スポットライトが当たることはあるのでしょうか? 泣けるぜ』
       (アメリカ・れおれお)
      『後悔を引きずったままの状態では、仕事も恋も上手くいかないでしょう。
       他人と比べることよりも、自分自身を見つめなおしてみるべきです。
       泣き言はいけません!』


      『組織に入団した新入りが生意気でムカつく。
      その新入りが何かと手柄を立てるものだから、
      元からいた仲間たちも新入りを認め始めて
      いまやオレの方が孤立しかねない有様だ。
      オレの心に安らぎが戻ることはあるだろうか?』
      (イタリア・れおれお)
      『後生畏るべし、という言葉があります。
       年下だからと侮らず、広い心で接してみましょう。
       気軽にお茶でも振舞ってみてはいかがですか?』

    • 14 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      『昔はドベの劣等生だった同級生のゴリラ男が
      最近は妙にリーダー風を吹かすようになって腹が立ちます。
      これ以上調子づく前にヤキを入れてやりたいのですが
      なにか良い手段はないでしょうか。
      格闘技の訓練にかこつけて【事故】を起こすとか』
      (マーレ・れおれお)
      『武道で身に着けた力は正しいことに使わなければなりません。
      感情に任せて蹴りを入れたり投げ飛ばしたりしてはいけませんよ!
      彼の行動は彼なりの責任感や使命感の表れではないでしょうか。
      長い付き合いのようですし、もう少し見守ってみましょう』

      「はうぅ…。まさか世間に、こんなにも『れおれお』が被ってるとは思いませんでした』
      『今週はここまで! そして、ザンネンなお知らせがあります…』
      『この度イヴさんがモデルのお仕事でヨーロッパに出張することとなりました!」
      『イヴちゃんのコーナーは来週の放送でいったんお休みとなります。ご了承ください』
      「そ、そんなぁ…」
      『ショシカンテツ、皆さんのお悩みに最後までお力になりたいショゾンです。
       最後までお付き合いのほど、よろしくお願いします!』

    • 15 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      ポーン
      「ストップ! パレオ、また同じところのミス!?」
      「はっ、はいっ! 申し訳ありませんチュチュ様、皆さん!」
      「珍しいな、パレオ。ま、ドンマイ」
      「…again」
      (次の投稿がラストチャンス…。なんとか私の情熱をパスパレに伝えたい…あっ!)
      ポーン
      「ストーップ!」
      「っ…! その…」
      「パレオさん…。調子が悪い日もありますよ、もう一回行きましょう!」
      「No! 今日はもう終わり、やるだけムダよ。パレオ!
       演奏に集中できないのならここにいる理由はないわ、帰って!」
      「……はい。今日はこれで失礼します」
      (パタン)
      「チュチュ…。言い過ぎじゃないの…?」
      「………………」

    • 16 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      (数日後)
      『Pastel*Palettesのしゅわりんラジオ~』
      (ハァ…。パスパレの声を聞いても心がときめかないのは初めて…)
      『告知の通り、今回の放送の後イヴちゃんは少しだけ番組をお休みさせていただきます』
      『最後までゼンリョクで参ります、若宮イヴのお悩みイットウリョウダン!』
      (最後まで投稿は続けたけれど…。どうかな…)
      『紹介するお便りは、締めに相応しく?』
      『私たちと同じくガールズバンドで活動しているという女の子からです』
      「!」
      『それでは読みますね』

    • 17 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      『初めてお便りします。私の友達はあなたたちPastel*Palettesの大ファンの女の子です。
       このコーナーが始まると聞いた彼女は当然のように悩み事を
       お便りにして投稿を始めたのですが、私にはそれが不満でした。
       悩み事があるのなら、どうして私に話してくれなかったのでしょう。
       彼女は私のバンドメンバーでもあるのですが、
       私がバンドのリーダーだから気後れして相談してもらえないのでしょうか。
       一人の友達として悩みを打ち明けてもらいたいです。
       ライバルのあなたたちに尋ねるのはシャクですが、良いアドバイスをお願いします』


      『……東京都のラジオネーム『れおれおの友達』さんからのお便りでした』

    • 18 名前:匿名スタッフさん ID:yMTExZjA[] 返信

      !!!!

    • 19 名前:匿名スタッフさん ID:jMjI3NmN[] 返信

      おお…これは…

    • 20 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      『このコーナー、ラジオネームが『れおれお』縛りじゃなかったんだねー』
      『日菜ちゃん、この空気で言うのがそれ!?』
      『さぁイヴさん、コメントをお願いします』
      『私からの言葉は…必要ないと思います』
      『えー、それじゃお悩み相談にならなくない?』
      『番組で紹介することはできませんでしたが、
       このコーナーが始まってからずっと、
       お友達について悩んでいるお便りをいただいていました。
       その方のお便りは一人のことに思いをはせつつも、その内容が毎回違っていて、
       本当にその人を大切に思う気持ちが私たちにも伝わっていましたよ。
       れおれおさん、お友達からのメッセージは聴いていただけましたか?
       お友達はあなたからの言葉を待っています。
       私たちにいただいたお便りの悩みを、そのまま伝えてください。
       そうは言っても、面と向き合うのが怖い時もあるでしょう。
       そんな時こそ、素直な気持ちをフミに託してはいかがでしょうか』
      『えっと、お友達同士仲良くね?』
      『それではこのコーナーはこれにてゴメン! エンディングのお時間となりました!』
      『来週の放送からは4人でのお届けになりますが…ここで新情報でーす!』
      『来週からは千聖ちゃんの番組内ラジオドラマ『トップブリーダー物語』が始まるよ!』
      『調教師を目指す女の子と駄犬『カオル』の成長物語、かぁ』
      『調教師の役にに挑戦するのは初めてですが、
       普段から飼っている『犬』への『躾け』のおかげか、
       自然に演じられたと思います。楽しみにしてくださいね』
      『あの、本当に犬のお話なんですよね?』
      『どんなお話なのか気になりますが、シバシお別れです。それでは行って参ります!』
      『いってらっしゃーい!』
      (………………)スマホ

    • 21 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      (ピッ)
      「…パレオ?」
      『ううん、私は令王那。今は御主人様じゃなくて対等な友達になってくれる、ちゆ?』
      「……わかったわ」
      『まずは…最近、練習に集中できていなくてゴメンね』
      「こちらこそ、その…キツく言い過ぎて悪かったわ。
       お詫びと言ってはなんだけど、投稿が採用された記念品の
       パスパレストラップが届いたらアナタにあげるわ」
      『ううん、それはちゆが持っていて。私のことを大切に思ってくれた証だもの』
      「まったく、ラジオ番組に投稿するなんて初めての経験よ」
      『私に気持ちを届けるにはどうすればいいか考えてくれたんだよね。嬉しかったよ、とっても』
      「ワ、ワタシのことはもういいでしょう!
       それより、何通も悩み事を投稿するなんて何を悩んでいたのよ!? 
       ワタシがどうしたって言うのよ?」
      『それは…ふふっ。言えない』
      「ワッツ!?」
      『だって、ちゆのことでの悩みを、ちゆには話せないよ』
      「ワタシのことでアナタを悩ませていたのなら余計聞きたいじゃない!
       友達、なんだから……」
      『そうだね。ちゆを不安にさせちゃったのはごめんなさい。
       だから私、イヴちゃんのアドバイスに従って、ちゆにお手紙書くね。
       パスパレに何を相談したのか、私の気持ち全部、今は知ってもらいたいから』
      「メールのコピーで充分なんだけど…」
      『手紙じゃなきゃダメな時だって、きっとあるんだよ。楽しみにしていてね』
      「アナタがそう言うなら…待ってるわ。でも、長くはイヤよ」
      『うん、ちょっとだけ待ってて。それじゃ、もう遅いから通話切るね。
       最後に聞いてくれる? …ちゆ』
      「なによ」
      『大好きだよ』プツッ

    • 22 名前:匿名スタッフさん ID:1YzIzOWY[] 返信

      あぁ…これは…いい…(浄化)

    • 23 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      (数日後)
      「……そういうワケで、今日パレオが練習を休んでいるのは、
       何もこの前のことを引きずっているからじゃないわよ。わかったわね」
      「良かったねチュチュ、パレオも」
      「妙に顔が赤いけど、なんか大事な部分を端折ってねーか?」ニヤニヤ
      「細かいことはいいのよ! そしてパレオからの『お便り』がここにあるわ。
       ロック、読んでくれる?」
      「ひぇぇ~。良いんですか、私が読んで!?」
      「パレオは元々こうして気持ちを伝えたかったんだから、意を酌んであげるわよ」
      「うわぁ…可愛くて奇麗な字ですねぇ。なになに……コレ、本当に読んでいいんですか?」
      「良いったら良いのよ、早く!」
      「それじゃ行きます、…よ?」ススッ
      「どうしてサリ気なく距離を取ろうとするのよ」

    • 24 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      『イヴちゃん、Pastel*Palettesの皆さん、こんばんは!
       イヴちゃんのお悩み相談コーナーが始まると聞き、
       とっても大切な友達のことでご相談したくてお便りしちゃいます!
       私たちはガールズバンド活動をしており、彼女はバンドのリーダーなのですが、
       ライバル(と彼女が決めてかかっている)バンドのリーダーの方は
       苦い食べ物が苦手で、コーヒーも砂糖をたくさん入れないと飲めないと知りました。
       『ブラックコーヒーも飲めないなんてオコチャマね!』
       マウントを取ってやろうとしているのですが
       彼女自身もブラックコーヒーは苦手で、涙目でコーヒーを飲む練習をしています。
       そんなカワイイ彼女を応援したいのですが、
       ブラックコーヒーを飲めるようになるコツなど、果たしてあるのでしょうか?
       世界有数のコーヒー消費国のフィンランドで育ったイヴちゃん、教えてください!
       (千葉・れおれお)』」


      「なっ! なっ……」カァーッ
      「ブフッ! オマエ、こりずにそんな事してたのかよ」
      「アハハ…。んー、その、一緒にがんばる?」
      「次からは、私には大切な友達がいます~の出だしは省略しますね。えっと…」

    • 25 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      「『ジャーキーばかり食べる彼女が栄養失調で
       大きくなれないのではないかと心配です。
       小っちゃいままでも可愛くて素敵なのですが、
       お肌ピチピチ、髪ツヤツヤを維持してもらうために
       野菜も食べてもらうにはどうすればいいでしょうか?
       育児書も参考にしてレシピを考えていますが、効果はイマイチです…。
       美容と言えばイヴちゃん、教えてください!』


      『お風呂嫌いを公言している彼女のことを勘違いする人が多くて悩んでいます。
       彼女はシャワー派と言うだけで決っして不衛生というわけではありません!
       むしろキレイ好きであるということの証人になるためにも
       いっしょにお風呂に入る機会を増やしたいのですが
       上手く彼女を誘う手段はありませんか?
       フィンランド育ちのイヴちゃんも好きなサウナで、
       二人汗だくになるというのも…。
       ウフフ、悪くないと思っています』

       その…『お便り』はまだまだ続きますよ…?」



      「………………」ブルブル

    • 26 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      (数十分後)
      「『学年でも背が高い方の私は、小っちゃい彼女を
       肩車することがあるのですが、この前彼女を抱え上げた時、
       ふと見上げたスカートの中にいたにゃーんちゃんとコンニチハしてしまいました。
       彼女にはカワイイ下着も似合っているのですが、
       ちょっぴりオトナPN2にも挑戦して欲しいと思います。
       きっと下着もオシャレなイヴちゃん、私はワガママでしょうか?
      (千葉・れおれお)』
       ゼェゼェ ノドが嗄れそう……。あの……以上です」
      「ククッ…こりゃ確かにラジオじゃ紹介できねーな! アッハッハ!」
      「ふふっ、大丈夫。仮に放送されても、チュチュのことだなんてわからないよ」
      「でも、麻弥さんたちにはバレてるよな? あーダメだ! 腹痛ぇ!」バンバン
      「ププッ、ダメですよ!あんまり笑うとチュチュさんが怒って…アレ? 意外と静かですね」
      「(ピッ)マム? 座間キャンプの偉いオジサンが知り合いにいるって言ってたわよね?
       連絡を取ってもらえる? ええ、大至急よ……」






      キュラキュラキュラキュラキュラ
      「ここがパレオが通ってる学校ね! HEY、そこの教員!」
      「な、なんですかアナタ? 戦車なんかで来られちゃ困ります!」
      「シャラァーップ! パレオを出しなさい! パレオの大バカはどこにいるのよ!?」
      「鳰原さんなら『若宮イヴちゃんの撮影ツアーを現地で応援しますぅ!』
       言ってヨーロッパに行きました!」
      (終わり)

    • 27 名前:匿名スタッフさん ID:hOGMwZjQ[] 返信

      イイハナシダッタノニナー
      オチがこち亀で草

    • 28 名前:匿名スタッフさん ID:1YzIzOWY[] 返信

      乙です!面白かったです



27件の返信スレッドを表示中
返信先: 【SS】イヴ『ラジオネーム、れおれおさんのお便りです』

本トピックは、最後の返信がついた日から 14 日後にクローズされます。


#

※投稿前に必ずご確認ください

※投稿前に「 利用規約」を必ずご確認ください

※大きく行間をあける際には、ボタンから[br](改行コード)を挿入してください

※誹謗中傷、自演、荒らし行為、煽り発言、キャラdis発言などはお控えてください

※画像を投稿される前に、「 画像のアップロードに関しての注意事項」を必ずご確認ください

※2つ以上のリンク含む投稿は、スパム判定されてしまうため、アドレス先頭のhを抜いて(https://~ → ttps://~)投稿してください


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width=""> <div class="" title="">

添付ファイル:

許可された最大のファイルサイズは、8 MB です。

他のファイルを追加する