【SS】最中「暇だから>>2するモナ」【安価】

TOP スレッド一覧 SS掲示板 【SS】最中「暇だから>>2するモナ」【安価】

428件の返信スレッドを表示中
    • 1 名前:名無しのスタッフさん ID:zNDg0ZDF[] 返信

      「暇だモナ…」

      「暇だし>>2でもするモナ!」

    • 2 名前:名無しのスタッフさん ID:jNWU3YjE[] 返信

      作詞

    • 3 名前:名無しのスタッフさん ID:hMDU0MDd[] 返信

      قراءة مقالة باندوري في ويكيبيديا عربية

    • 4 名前:名無しのスタッフさん ID:zNDg0ZDF[] 返信

      「というわけで作詞するモナ」
      「一応最中もバンドリのキャラクター?だからそれっぽいことするモナ」
      「まずは>>6するモナ」

    • 5 名前:名無しのスタッフさん ID:5NjIwZmQ[] 返信

      アラビア語を学ぶ

    • 6 名前:名無しのスタッフさん ID:kYzhmMzA[] 返信

      羽沢珈琲店にいく

    • 7 名前:名無しのスタッフさん ID:yZjQ3ZmZ[] 返信

      謎のアラビア推し

    • 8 名前:名無しのスタッフさん ID:zNDg0ZDF[] 返信

      「というわけで羽沢珈琲店に来たモナ」


      「やっぱり何か考えるときはここモナね」


      >>11「なぜここに最中が…?」

    • 9 名前:名無しのスタッフさん ID:kOWU3NjY[] 返信

      加速

    • 10 名前:名無しのスタッフさん ID:wYmQxZGI[] 返信

      紗夜さん

    • 11 名前:名無しのスタッフさん ID:2YzllODY[] 返信

      誰もが思う当然の疑問

    • 12 名前:名無しのスタッフさん ID:5NjIwZmQ[] 返信

      羽沢母

    • 13 名前:名無しのスタッフさん ID:zNDg0ZDF[] 返信

      これどうするべきですかね?再安価?

    • 14 名前:名無しのスタッフさん ID:kYzhmMzA[] 返信

      さよでよし

    • 15 名前:名無しのスタッフさん ID:1MjlkZDI[] 返信

      よくある運用だと再安価か安価下(羽沢母)のどっちかかな

    • 16 名前:名無しのスタッフさん ID:lMDA5Yzh[] 返信

      意地でもさよつぐさせないこの精神

    • 17 名前:名無しのスタッフさん ID:5NjIwZmQ[] 返信

      まぁ紗夜でいいんじゃない、拗れてる人いるし

    • 18 名前:名無しのスタッフさん ID:lODVlMDl[] 返信

      頭つぐみの自己中カプ壊し野郎なんて無視無視。場所決めるところからやり直しで。

    • 19 名前:名無しのスタッフさん ID:jNWU3YjE[] 返信

      >>16
      >>17
      >>18
      よくわかんないから順序だてて説明して?

    • 20 名前:名無しのスタッフさん ID:zOTE3Y2N[] 返信

      珈琲店にさよさんが来たらさよつぐ確定だと思ってる人がいるんだよ
      最中のハーレムかもしんないのに>>19

    • 21 名前:名無しのスタッフさん ID:jNWU3YjE[] 返信

      >>20
      じゃあつぐみとイヴと花音と千聖さんと紗夜の最中ハーレムで
      最中はマスコットみたいなものと考えたら意外とありかも

    • 22 名前:名無しのスタッフさん ID:zNDg0ZDF[] 返信

      寝てましたすみません…。
      とりあえず今回は再安価にします。
      それとここからは違うやつだったら安価下とします。
      初回できちんとルールを決めておくべきでした、本当にすみません…。


      >>25「なぜここに最中が…?」

    • 23 名前:名無しのスタッフさん ID:kOWU3NjY[] 返信

      落ち込まないで
      続きを書いて

    • 24 名前:名無しのスタッフさん ID:5MGQ3NmU[] 返信

      ひまり

    • 25 名前:名無しのスタッフさん ID:mOTY3YmR[] 返信

      有咲の婆ちゃん

    • 26 名前:名無しのスタッフさん ID:iNjVhZTd[] 返信

      いつも思うんやけどここの人達の安価スパルタすぎひん?

    • 27 名前:名無しのスタッフさん ID:jNWU3YjE[] 返信

      >>26
      それはすまんなと思ったけどもしかして自分が作詞って言わなきゃ謎のアラビア語を押し付けられてた……?
      スパルタ安価怖いわ

    • 28 名前:名無しのスタッフさん ID:mNDA3ZDZ[] 返信

      >>27
      翻訳によるとアラビア語版バンドリのwikipediaを読めと書いてあるらしい

    • 29 名前:名無しのスタッフさん ID:xNjNhYjJ[] 返信

      最中視点のSSとか珍しくて面白そう

    • 30 名前:名無しのスタッフさん ID:4Mzk2OGQ[] 返信

      なぜここに有咲の婆ちゃんが…?

    • 31 名前:名無しのスタッフさん ID:wZGFlYzk[] 返信

      有咲の婆ちゃん「どうしてここに最中が…?」


      「モナ!?」


      (あそこのお婆ちゃんにめちゃ見られてるモナ)


      (冷静に考えたらだれもいない席に最中だけおいてあるのって不自然モナね…)


      有咲の婆ちゃん「店員さんに伝えるべきかしら…?」


      >>34 有咲の婆ちゃんはどうする?
      1、店員を呼ぶ 2、そのままにしておく 3、最中を他の誰かが見つける

    • 32 名前:名無しのスタッフさん ID:5ZjVkZDY[] 返信

      流石にばあちゃんだと>>1も書きづらいだろうしこれは3

    • 33 名前:名無しのスタッフさん ID:kYzhmMzA[] 返信

      1

    • 34 名前:名無しのスタッフさん ID:jNWU3YjE[] 返信

      3

    • 35 名前:名無しのスタッフさん ID:wZGFlYzk[] 返信

      最中を見つけた人


      >>36

    • 36 名前:名無しのスタッフさん ID:iNjVhZTd[] 返信

      最中その2

    • 37 名前:名無しのスタッフさん ID:5ZjVkZDY[] 返信

      >>36
      スパルタ発言してて草

    • 38 名前:名無しのスタッフさん ID:kNWVjNTg[] 返信

      最中と婆ちゃんしか出てこない世界

    • 39 名前:名無しのスタッフさん ID:5ZjVkZDY[] 返信

      流石に人にしてやれよ……

    • 40 名前:名無しのスタッフさん ID:wZGFlYzk[] 返信

      (2)「おい!そこの最中!」


      「モナァ!?最中がもう一個!?」


      (2)「そんな目立つトコいないで早くこっちにこい!」


      「わ、わかったモナ!」カサカサ…


      有咲の婆ちゃん「あら?いつの間にか最中がいなくなってる…」

    • 41 名前:名無しのスタッフさん ID:5ZjVkZDY[] 返信

      >>1頑張ってるな

    • 42 名前:名無しのスタッフさん ID:wZGFlYzk[] 返信

      「助かったモナ…」


      (2)「ったく、なんであんな目立つ所いたんだ?」


      「最中は作詞をしているモナ」


      (2)「最中が作詞か…」


      「そういう最中こそここで何していたモナ?」


      (2)「俺か?俺は>>46していたんだ」

    • 43 名前:名無しのスタッフさん ID:jNWU3YjE[] 返信

      バンドリにも大いに関わることなんだけど、ストーリーに基づいた歌詞ってアニソンなんかでは最早当たり前だよね
      小説を書いてる最中とその小説を元にした作詞をする最中がいれば……作曲担当誰だよ

    • 44 名前:名無しのスタッフさん ID:kOWU3NjY[] 返信

      モナリザ

    • 45 名前:名無しのスタッフさん ID:lMWJhYjR[] 返信

      隠し芸の練習

    • 46 名前:名無しのスタッフさん ID:lOTdmYjl[] 返信

      流星堂から逃げ出してきた

    • 47 名前:名無しのスタッフさん ID:wZGFlYzk[] 返信

      (2)「俺は流星堂から逃げ出して来たんだ」


      「モナァ!?何があったんだモナ…」


      (もしかしてあのお婆ちゃんと関係あるモナ…?)


      (2)「とにかくそれでここに逃げ込んで隠れていたらお前が来てだな…」


      >>50「…」(最中達をじっと見ている…)

    • 48 名前:名無しのスタッフさん ID:wYTNmYTZ[] 返信

      にゃーんちゃん

    • 49 名前:名無しのスタッフさん ID:lMWJhYjR[] 返信

      ひまりのお守りの人形

    • 50 名前:名無しのスタッフさん ID:2ZTQwYjl[] 返信

      後に踏み潰される最中その3

    • 51 名前:名無しのスタッフさん ID:5OTEwNWM[] 返信

      ああ……恐れていたことが……

    • 52 名前:名無しのスタッフさん ID:yYzExZWY[] 返信

      神SSやんけ!

    • 53 名前:名無しのスタッフさん ID:kYzhmMzA[] 返信

      こっからどう作詞にもってくのか読めない

    • 54 名前:名無しのスタッフさん ID:4Yzc4NmI[] 返信

      安価やししゃーない

    • 55 名前:名無しのスタッフさん ID:jNzc1OGZ[] 返信

      「流星堂ってさっきのお婆ちゃんから逃げてきたってことモナ?」


      (2)「いや、あの婆さんは無関係だ」


      「じゃあなんでモナ?」


      (2)「それはだな…」




      (3)「…」


      (3)(まさかここにも最中がいるとはな…)


      (3)(少しは楽しめそうだ…)




      (2)「流星堂は>>57だからだ」

    • 56 名前:名無しのスタッフさん ID:mOTY3YmR[] 返信

      ミラーモンスターと契約させて仮面ライダーを作ろうとしている

    • 57 名前:名無しのスタッフさん ID:xNjJmZjJ[] 返信

      ランプの魔神があまりにも長期間に渡って閉じ込められた結果痺れを切らし、変な虫として顕現し、倉練する女子高生たちの口に届くまでにありとあらゆる甘い食べ物を惨たらしく喰らい尽くすようになった

    • 58 名前:名無しのスタッフさん ID:4NTE4ZmY[] 返信

      近くにイオンが建ったせいで経営不振になり赤字

    • 59 名前:名無しのスタッフさん ID:3NTA2NjU[] 返信

      これ以上カオスにしてどないすんねん

    • 60 名前:名無しのスタッフさん ID:jNzc1OGZ[] 返信

      (2)「流星堂はランプの魔神があまりにも長期間に渡って閉じ込められた結果痺れを切らし、変な虫として顕現し、倉練する女子高生たちの口に届くまでにありとあらゆる甘い食べ物を惨たらしく喰らい尽くすようになったからだ」


      「モ、モナァ…」(つまりどういうことだモナ…)


      (2)「それよりどこか別の場所に移動しないか?一応隠れたとはいえここは危険そうだしな」


      「そうモナね…じゃあ>>61に行くモナ!」

    • 61 名前:名無しのスタッフさん ID:lMWJhYjR[] 返信

      やまぶきベーカリー

    • 62 名前:名無しのスタッフさん ID:jNzc1OGZ[] 返信

      「というわけでやまぶきベーカリーに来たモナ!」


      (2)「いや、パン屋に最中がいるのもおかしいんじゃ…」


      「大丈夫モナ!お饅頭とか置いてあるパン屋もあったはずモナ」


      「それにこの大量のパンの陰に潜めば見つかりっこないモナ」


      (2)「(そうか…?)じゃあどのパンの陰に隠れるんだ?」


      >>66
      1 チョココロネ 2メロンパン 3うさぎのしっぽパン

    • 63 名前:名無しのスタッフさん ID:1YzZkZmJ[] 返信

      チョココロネ

    • 64 名前:名無しのスタッフさん ID:yZjQ3ZmZ[] 返信

      ksk

    • 65 名前:名無しのスタッフさん ID:3NTA2NjU[] 返信

      全部

    • 66 名前:名無しのスタッフさん ID:kYzhmMzA[] 返信

      しっぽパン

    • 67 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ───最中達はしっぽパンの陰に隠れた。


      (2)「うさぎのしっぽパン…こんなパンがあるのか」


      「なんでも定期的に購入する熱狂的なファンもいるパンらしいモナ」


      (2)(なんでそんなに詳しいんだ…)


      「ここなら安全に作詞のアイデアを練れそうモナ!」


      (2)「そういや作詞って具体的に何するんだ?」


      「それは>>70モナ」

    • 68 名前:名無しのスタッフさん ID:5NjIwZmQ[] 返信

      加速した

    • 69 名前:名無しのスタッフさん ID:0NjhjNTd[] 返信

      分からないからこころちゃんに相談する

    • 70 名前:名無しのスタッフさん ID:mOTY3YmR[] 返信

      チュチュの作った団子達が結成したバンドをぶっ潰せるような歌を作る

    • 71 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「それはチュチュの作った団子達が結成したバンドをぶっ潰せるような歌を作るモナ」


      (2)「そんな野望抱いていたのかよ!?」


      「あいつらは和菓子の祭典『FUTURE WAGASHI FES.』に出場するらしいモナ…」


      (2)「初耳なんだが」


      「だからモナ達もフェスに出場してあいつらをぶっ潰してやるモナァ!」


      「うおおこのたぎる感情を込めるモナ!」


      (2)「そういや最中達ってことはもうメンバー決まってるのか?」


      「当然モナ!最中がボーカルで他は…」
      ギター>>72
      ベース>>73
      ドラム>>74
      キーボード>>75

    • 72 名前:名無しのスタッフさん ID:3NTA2NjU[] 返信

      もうやめて……人間を出して……

    • 73 名前:名無しのスタッフさん ID:4OGUzODI[] 返信

      どら焼き

    • 74 名前:名無しのスタッフさん ID:mNDIxZTk[] 返信

      モナ王

    • 75 名前:名無しのスタッフさん ID:yZmNlNmQ[] 返信

      まりなさん

    • 76 名前:名無しのスタッフさん ID:wNmQ0M2N[] 返信

      ひしもち

    • 77 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      >>72安価を人間で踏んでいただけば…


      ボーカル:最中
      ギター:ひしもち
      ベース:どら焼き
      ドラム:モナ王
      キーボード:まりなさん


      バンド名>>80

    • 78 名前:名無しのスタッフさん ID:zZmM1MDM[] 返信

      最中と愉快な仲間達

    • 79 名前:名無しのスタッフさん ID:5NjIwZmQ[] 返信

      縁側ティータイム

    • 80 名前:名無しのスタッフさん ID:mOTY3YmR[] 返信

      BAD SWEETS ひまりに愛想を尽かされたもの達

    • 81 名前:名無しのスタッフさん ID:5NjIwZmQ[] 返信

      長えwww

    • 82 名前:名無しのスタッフさん ID:yZmNlNmQ[] 返信

      ブルータル・カニバリスト

    • 83 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      バンド名:BAD SWEETS ひまりに愛想を尽かされたもの達
      ボーカル:最中
      ギター:ひしもち
      ベース:どら焼き
      ドラム:モナ王
      キーボード:まりなさん


      ※イッチは3期先行上映会行ってないのでその辺りの設定おかしくなるかもです…ご了承ください

    • 84 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (2)「ツッコミどころが多すぎて焼き最中になりそう」


      「モナはこの最高のメンバーと共に和菓子の頂点へと羽ばたくモナ!」


      (2)「おーそうか、頑張れよー(棒)」


      「応援ありがとうだぜモナ!」


      (2)「熱くなるとキャラ変わるな…って客がこっちのほう来てるぞ!?」


      「ゑ」


      近づいてきた人間 >>87
      ※ポピロゼは団子になってる

    • 85 名前:名無しのスタッフさん ID:5NjIwZmQ[] 返信

      山吹ベーカリーにポピパメンバー不在ならモカちゃん一択じゃないですかー

    • 86 名前:名無しのスタッフさん ID:lMWJhYjR[] 返信

      オッちゃん

    • 87 名前:名無しのスタッフさん ID:4NTE4ZmY[] 返信

      じゃあモカちゃんで

    • 88 名前:名無しのスタッフさん ID:jYjdkYzg[] 返信

      和菓子の祭典にまりなさんが出るのか…

    • 89 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「こんちわー」


      「…今日も沙綾たちはいないかぁ…」


      (ポピパとRoseliaが行方不明になって数週間、いったい何処に行っちゃったんだろう…)


      「まぁそれはそれとしてパンは買うんですけどねー」ヒョイ




      「やばいモナァァ!あれははらぺこモカちゃんモナ!」


      (2)「すごい量のパンを取っていってる…そんなにやばいやつなのか?」


      「簡潔に言うとこのまま見つかったら食べられちゃうモナァ!」


      「うさぎのしっぽパン~♪」


      「こうなったら>>90してやり過ごすモナ!」

    • 90 名前:名無しのスタッフさん ID:5MWE1ZDd[] 返信

      蘭のモノマネ

    • 91 名前:名無しのスタッフさん ID:5NjIwZmQ[] 返信

      パンじゃないから大人しくしてたらスルーされそうなのに

    • 92 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「こうなったら蘭ちゃんのモノマネしてやり過ごすモナ!」


      (2)「そんなことできるのかよ!?」


      「はぁ!?何言ってんの?」


      (2)(よりによって初期の高いほうのボイスかよ!)


      「おろ?蘭の声がする…」


      (どうしよ…何しゃべるか考えてなかったモナ…)
      >>93しゃべる内容

    • 93 名前:名無しのスタッフさん ID:jYjdkYzg[] 返信

      うん、悪くないね

    • 94 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「うん、悪くないね」


      (2)(誕生日ボイス確認するときにつつきまくるやつみたいだなこれ)


      「…」


      「蘭の声だけ聞こえるなんてモカちゃん疲れてますなー」


      「早くパン買って帰りますかー」


      (2)「あれでやり過ごせたのか…」


      「チェンジ、シン〇リオン!」


      (2)「おい、もうあいつ行ったぞ」


      「おっと…モナの迫真の演技が輝いたモナ」


      ────数分後
      「何とか作詞できたからみんなの所に行くモナ!」


      (2)「ついに完成か…」




      今のうちに決めておきたいので>>96まりなさんの状態
      1 通常
      2 和菓子(この場合どの和菓子かも)

    • 95 名前:名無しのスタッフさん ID:1OWY0NWQ[] 返信

      クッソどうでもいいけどこのスレ夢で見たわ……デジャヴ。。

    • 96 名前:名無しのスタッフさん ID:2MWI4OGF[] 返信

      通常

    • 97 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      >>95 えぇ…(困惑)


      ──ライブハウスCiRCLE


      「まりなさん!作詞終わったモナよ!」


      「最中ちゃん!お疲れ様!」


      (2)「オイオイオイオイオイオイオイオイ」


      「どうしたモナ?さっき紹介したキーボードのまりなさんモナよ?」


      (2)「ナアナアナアナアナアナアナアナア フェスって和菓子の祭典じゃなかったのか?なんで人間のまりなさんがお前のバンドのキーボードなんだよ!?」


      「それは>>99だからだよ」

    • 98 名前:名無しのスタッフさん ID:zMDI3OTE[] 返信

      加速下

    • 99 名前:名無しのスタッフさん ID:2MWI4OGF[] 返信

      特例の助っ人枠

    • 100 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「それは特例の助っ人枠だからだよ」


      (2)「特例…?」


      「本当はモナたちのバンドのキーボードは>>101だったモナ…」


      「でも>>103であいつは出られなくなってしまったモナ…」

    • 101 名前:名無しのスタッフさん ID:3NjM1NTY[] 返信

      口癖が「うぇいよー」のUZI抹茶最中

    • 102 名前:名無しのスタッフさん ID:2MWI4OGF[] 返信

      逮捕されて

    • 103 名前:名無しのスタッフさん ID:zMDI3OTE[] 返信

      交通事故(ラジコンに撥ねられた)

    • 104 名前:名無しのスタッフさん ID:mNGQ3ZjQ[] 返信

      味覇(ウェイパー)の味の虜

    • 105 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「本当はモナたちのバンドのキーボードはUZI抹茶最中だったモナ…」


      「でも交通事故であいつは出られなくなってしまったモナ…」


      (2)「なんかキーボード担当じゃなさそうな名前だな…」


      「だからあいつの分も込めて歌うモナ」


      「新曲できたってことは早速練習かな?みんなはもうスタジオにいるよ」


      「わかったモナ!」


      (2)(ついにメンバーとご対面か…)

    • 106 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ──スタジオ


      (2)(入口のところでうろついているのはどら焼き…?)


      どら焼き「あ!最中さん!作詞終わったどら?」


      「どら焼きちゃん!最高のを作ってきたモナ!」


      どら焼き「ひしもちさん!モナ王さん!最中さんが戻ってきたどら!」


      ひしもち「お疲れ様です」


      モナ王「遅いぞ最中!それで奴らに太刀打ちできる曲はできたのか?」


      「当然モナ!曲名は>>107」

    • 107 名前:名無しのスタッフさん ID:mNGQ3ZjQ[] 返信

      まねきねこ福を呼ぶ、春

    • 108 名前:名無しのスタッフさん ID:zYjk3ZTJ[] 返信

      なんだこの神スレ

    • 109 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「『まねきねこ福を呼ぶ、春』だモナ!」


      (2)(渋っ!)


      モナ王「フ、奴らを叩き潰すにふさわしい曲ではないか」


      どら焼き「なんていうか、とっても元気の出る曲どら!」


      ひしもち「良いと思います」


      「これなら優勝も目指せるね!」


      (2)(ウケは良いのか…)


      「よーし!フェスまであまり時間は残されていないモナ!この曲を完成まで仕上げるモナよ!」


      一同「おおーっ!」


      ──数時間後


      「ふう、みんないい感じだモナ!少し休憩にするモナ」


      「ん~いい汗かいたぁ…」


      (2)「…」


      (2)「まりなさん」


      「ん?最中ちゃんどうかした?」


      (2)「いやその…どうして和菓子バンドの助っ人なんてやってるんですか?」


      「それはね…>>110」

    • 110 名前:名無しのスタッフさん ID:wNmQ0M2N[] 返信

      和菓子好きの古風な美少女をバンドメンバーで釣って脇の汗を鼻から吸引するため

    • 111 名前:名無しのスタッフさん ID:lY2NjNjA[] 返信

      もうとりかえしがつかなさすぎてほんと無理(褒め言葉)

    • 112 名前:名無しのスタッフさん ID:1MzFhYjN[] 返信

    • 113 名前:名無しのスタッフさん ID:kMDJjZDB[] 返信

    • 114 名前:名無しのスタッフさん ID:kNWVjNTg[] 返信

      まりなさん変態すぎて草

    • 115 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「和菓子好きの古風な美少女をバンドメンバーで釣って脇の汗を鼻から吸引するためよ」


      (2)「はい?」


      「和菓子好きの古風な美少女をバンドメンバーで釣って脇の汗を鼻から吸引するためよ」


      (2)「」


      「和菓子の祭典であるフェスで優勝すれば和菓子好きのカワイ子ちゃんもきっと私にメロメロ!」


      「そしていい感じの関係になったところで脇の汗をクンカクンカ…」


      「我ながら完璧な計画だわ!」


      (2)「まるで意味が分からんぞ!」


      「最中ちゃんには人間のレディのキモチなんてわからないかー」


      「練習再開するモナよー!」


      「はーい!今行くよー」


      (2)(仮に人間になったとしても理解できるわけねーよ…)

    • 116 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ──さらに数時間後


      「よーし今日はここまでモナ。みんなお疲れだモナ」


      どら焼き「いい感じだどら!」


      ひしもち「だいぶ曲の完成形が見えてきましたね」


      モナ王「高ぶるぞ…この勢いのまま行きたいものだな」


      「これならポピパやRoseliaにも勝てるかも…」


      「そういえばお前はフェス見に来てくれるモナ?」


      (2)「まぁ興味わいてきたし行こうかな…」


      「ありがとうモナ!ちなみに会場は>>118だモナ」

    • 117 名前:名無しのスタッフさん ID:5MWE1ZDd[] 返信

      ラスベガス

    • 118 名前:名無しのスタッフさん ID:2MWI4OGF[] 返信

      武道館

    • 119 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「会場は武道館モナ」


      (2)「よくそんなとこ使えたな…」


      「確かに和菓子のライブとはいえちょっと大きすぎるような…」


      どら焼き「なにか陰謀めいたものがあるとか!?」


      モナ王「フン、馬鹿馬鹿しい」


      ひしもち「…」


      「まぁとにかく武道館でやるモナ」


      (2)「お、おう…」


      「それじゃ今日はこれで解散モナー!」


      一同「おつかれしたー」




      ──CiRCLE廊下


      (2)「和菓子の祭典か…」


      (2)「ん?あれは…」


      >>122
      1 ポピパ
      2 Roselia
      3 RAS
      4 (3)

    • 120 名前:名無しのスタッフさん ID:kNWVjNTg[] 返信

      2

    • 121 名前:名無しのスタッフさん ID:2YzllODY[] 返信

      4

    • 122 名前:名無しのスタッフさん ID:lY2NjNjA[] 返信

      これは迷う…が、やっぱり4!

    • 123 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (3)「…」


      (2)(最中…?)


      (3)「ンン…?どうしました?ワタクシに何か?」


      (2)(やべ、気づかれた)


      (2)「え?あぁ…他にもフェスにでるやついるのかなぁってうろついてただけです…」


      (3)「おやおやそうでしたか!もちろんワタクシたちも出場しますよ」


      (2)「へぇ…みんなこのライブハウスで練習するもんなんですかね?」


      (3)「まぁこの辺りのバンドはここかGalaxyで練習してるでしょうね」


      (3)「時々ここにも優勝候補のRoseliaさんも来るそうですよ?」


      (2)「Roselia…(アイツが言ってたバンドのうち一つか)」


      (3)「おっと、もうこんな時間か…それではワタクシは用事があるので失礼」


      (3)「きみのお友達も良い結果が残せると良いですね」


      (2)「…」


      (2)「あれ?さっきの最中アイツのこと知ってるのか…?」

    • 124 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      安価忘れてた…


      >>127フェスまで時間をふっ飛ばしますか?


      1 はい(フェスまで時間をふっ飛ばす)

      2 いいえ(まだフェス前がいい)

    • 125 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      安価忘れてた…


      >>127フェスまで時間をふっ飛ばしますか?


      1 はい(フェスまで時間をふっ飛ばす)

      2 いいえ(まだフェス前がいい)

    • 126 名前:名無しのスタッフさん ID:5YjEyZjB[] 返信

      うーん!ここは大変そうだから1!

    • 127 名前:名無しのスタッフさん ID:2MWI4OGF[] 返信

      1で

    • 128 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「じゃあ、飛ばしますね…」



      ──フェス当日…

      ──武道館、客席


      (2)(いよいよフェス当日か)


      (2)(あいつらも何だかんだでいい感じだったな…)


      (2)(これが出場するバンドのリストか)


      (2)(そういえばあいつ(※(3))のバンドってなんて名前だったか…)


      >>132(3)のバンド名

    • 129 名前:名無しのスタッフさん ID:5NjIwZmQ[] 返信

      kskst

    • 130 名前:名無しのスタッフさん ID:jNzkwMmU[] 返信

      サイチュー最中とマンスリードッグ

    • 131 名前:名無しのスタッフさん ID:kNWVjNTg[] 返信

      What’s the MONAKA!?

    • 132 名前:名無しのスタッフさん ID:3OTNmZGY[] 返信

      The culprit is M. Tsukishima

    • 133 名前:名無しのスタッフさん ID:0YmY0NjM[] 返信

      花音と愉快な最中達

    • 134 名前:名無しのスタッフさん ID:5NjIwZmQ[] 返信

      全部月島さんがやった

    • 135 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (2)(The culprit is M. Tsukishimaか…どういう意味なんだろうか…)


      「麻弥ちゃん!こっちこっち!」


      (2)「!?」


      「日菜さん、まだ始まるまで時間ありますからそんなに急がなくても…」


      「やっぱり和菓子の祭典ってだけあって観客も和菓子が多いねー」


      (2)(人間も見に来るのかこのイベント…)


      「ポピパやRoseliaはもちろんですけどまさかのRASまで出場するとは驚きですね…」


      「あとなぜかまりなさんも出るみたいですね」


      「うわ…何このバンド名…」


      「な、名前はともかく実力は確かなバンドらしいっす…」


      「へぇ…」


      (おねーちゃん…どうして団子に…)




      ──出場者控室


      「全員、揃ったモナね」


      モナ王「おう」


      「いよいよ決戦の日モナ!気合い入れて行くモナ!」


      どら焼き「どら!」


      「みんな頑張ろうね!」


      (ここまで怖いくらい何もかもが計画通りね…)


      (カワイ子ちゃんゲットまでもう一息…)


      >>137(ポピロゼの誰か)「まりなさん…?」

    • 136 名前:名無しのスタッフさん ID:0YmY0NjM[] 返信

    • 137 名前:名無しのスタッフさん ID:0YmY0NjM[] 返信

      沙綾

    • 138 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「まりなさん…?」


      「ん…?あ!沙綾ちゃん!」


      「まりなさんもフェスに出るんですね…」


      「そうだよ♪」


      (あ、そっか♪優勝賞品が>>139だから不安になったのかな?)

    • 139 名前:名無しのスタッフさん ID:wNmQ0M2N[] 返信

      香澄のツノ

    • 140 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「優勝賞品が香澄のツノってどういうことですか?」


      「さ、さぁねぇ…わけわかんないよね…」


      「香澄のツノは絶対に渡しませんからね!」


      「おおすごいやる気…頑張ってねー」


      「別に香澄ちゃんのツノいらないんだけど…」




      (団子)「湊友希那!今日こそ貴方達をぶっ潰してやるわ!」


      「!?あなたたちも団子に…?」


      「このフェスで優勝して和菓子界にもRASの名前を刻むわよ!」


      「私たちはともかくあなたたちはどうやって団子に…?」


      「それは>>142しましたぁ」

    • 141 名前:名無しのスタッフさん ID:2ZTQwYjl[] 返信

      エニグマとか名乗る少年に怖い思いをさせられて、気が付いたら団子にされて

    • 142 名前:名無しのスタッフさん ID:mNDIxZTk[] 返信

      私たちは胸がぺったんぺったんだったので何の問題もなく変身

    • 143 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「それは私たちは胸がぺったんぺったんだったので何の問題もなく変身しましたぁ」


      「は?」


      「理屈はわからないけれど胸が小さいと変身がeasyみたいね」


      「どうして私をみながら言っているのかしら…」


      「燐子さんや有咲さんの時は大変でしたからね…」


      「なぜか腹が立つわね…」


      「まあまあ友希那、落ち着いてー☆」


      「リサ!?いつの間に…」


      「これはこれは、Roseliaの皆様お揃いで…」


      「湊さんがどこにいるか探していたのだけれど、RASの方々と話していたんですね」


      「六花たちも団子になったんだ…」


      「友希那さん、そろそろ…」


      「そうね、わかったわ。」


      「とにかく、誰が出場しようと私たちRoseliaは最高の音楽を届けるだけよ」


      「excellent!そう来なくては!」


      「あ!そういえば…」


      「?」


      「和奏さん、誕生日おめでとうございます。良い1年になりますように。」


      「え!?あ、ありがとうございます…」

    • 144 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ──客席




      「お!もうすぐ始まるみたいですよ!」


      (2)(いよいよか…)




      >>145司会
      >>146審査員1
      >>147審査員2
      >>148審査員3

    • 145 名前:名無しのスタッフさん ID:wNGJmYjI[] 返信

      ハライチ岩井

    • 146 名前:名無しのスタッフさん ID:yZmNlNmQ[] 返信

      マーティ・フリードマン

    • 147 名前:名無しのスタッフさん ID:yMDRjMzk[] 返信

      あっちゃん

    • 148 名前:名無しのスタッフさん ID:kOWU3NjY[] 返信

      田中秀和(MONAKA)

    • 149 名前:名無しのスタッフさん ID:kOWU3NjY[] 返信

      MONACAだった

    • 150 名前:名無しのスタッフさん ID:4Yzc4NmI[] 返信

      なんだこのメンツ…

    • 151 名前:名無しのスタッフさん ID:4Yzc4NmI[] 返信

      なんだこのメンツ…

    • 152 名前:名無しのスタッフさん ID:1OGI5NzQ[] 返信

      岩井さんにまたバンドリのイベントの司会やってほしい

    • 153 名前:名無しのスタッフさん ID:kNzk5ZWI[] 返信

      難易度あって草。面白そうなメンツなんだが作者捌ききれる?w

    • 154 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      更新遅くなってしまってすまない…
      そしてこのSSを応援してくれている皆様、そしてこんな不甲斐ない私を心配してくださった方々には感謝です。こんなに嬉しいことはない…

      ※イッチは安価の方々についての知識が全くないため、口調や性格がおかしくなります…
      本当に申し訳ない…


      岩井「皆さんこんにちは。今回のFUTURE WAGASHI FES.の司会、ハライチの岩井でございます。」


      (2)(司会とかは人間なのか…)


      岩井「そして今回の司会はこちらの方々です!」


      マーティ「こんにちは」


      明日香「よ、よろしくお願いします…」


      田中秀和「よろしくお願いします」


      「!?」


      「麻弥ちゃん、あの人たちって…」


      「人選が謎過ぎますね…」




      ──出場者控室

      モナ王「ついに始まったな」


      「やるだけのことはやったモナ。後はそれを発揮するだけだモナ!」


      どら焼き「そういえばセトリってどうなってたどら?」


      ひしもち「最初は>>157のようですね」


      最初に演奏するバンド
      1,BAD SWEETS ひまりに愛想を尽かされたもの達
      2,The culprit is M. Tsukishima
      3,Poppin’Party
      4,Roselia
      5,RAISE A SUILEN

    • 155 名前:名無しのスタッフさん ID:kMGNhZTN[] 返信

      そういや、モナ王溶けねぇのかな?

    • 156 名前:名無しのスタッフさん ID:1OGEyOGF[] 返信

      支援下

    • 157 名前:名無しのスタッフさん ID:4NjgyZGQ[] 返信

      5

    • 158 名前:名無しのスタッフさん ID:wYWIyMTJ[] 返信

      ゲーム内以外のキャラなんて口調や性格投げ捨ててもええんやで。それはそれで面白いしなw
      岩井ギャル口調でも問題ないない(ヾノ・∀・`)

    • 159 名前:名無しのスタッフさん ID:kNWVjNTg[] 返信

      あっちゃん完全に罰ゲームで草

    • 160 名前:名無しのスタッフさん ID:wYWIyMTJ[] 返信

      >>159
      (σ゚∀゚)σソレナ
      優勝商品があっちゃんからの手渡しとか考えると笑うわw

    • 161 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ひしもち「最初は>>RAISE A SUILENのようですね」


      「あのポピロゼ団子を作った奴らモナか…」


      どら焼き「そういえばどうして最中さんはポピパさんやRoseliaさんに対抗心燃やしているどら?」


      「どら焼きちゃんにはまだ話していなかったモナね…」


      「それは>>162」

    • 162 名前:名無しのスタッフさん ID:mOTY3YmR[] 返信

      自分は人間になりたくて仕方なかったのに、人間から団子になったりしたから

    • 163 名前:名無しのスタッフさん ID:2YzJlNjU[] 返信

      >>162
      逆恨みだけど理屈自体は通ってるのがなんとも

    • 164 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「最中は人間になりたかったのに人間であるあいつらは団子になったからだモナ…」


      「菓子如きじゃ人間には届かないってか…」


      モナ王「だから我達は奴らを完膚なきまでに叩き潰す」


      どら焼き「どら…」


      「………」


      「そしてRASも団子になった今、最中達の潰す対象となったモナ!」




      CHU^2『We are…RAISE A SUILEN!!!!』

    • 165 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信



      CHU^2「だけどしねない諦めない!僕がやらなきゃ誰がやる?Ha!!!」


      (2)(団子のバンドだと思ったら…なんて熱気だ…)


      明日香(六花…団子になってもすごいギター…)


      明日香(というかその姿で背面弾きなんてしたら潰れない?大丈夫?)


      (団子になってなお恐ろしい程の技術…団子でも難なく演奏できるものなんでしょうか…?)


      「Hell!or」


      観客「Hell!」


      (2)(あいつらこれに勝てるのか…?)


      三色団子「ぬおおヘドバンしすぎて団子が飛んでしまったァ!」


      (2)「えぇ…」




      モナ王「ふぅん、流石でかい口をたたいていただけはあるな」


      どら焼き「ベースボーカルの団子…カッコいいどら…」


      「相手が強い程燃えるモナ!やってやるモナ!」


      (3)「その通り、人なるものに負ける訳にはいきませんからね」


      「!」


      モナ王「なんだ知り合いか?」


      >>166最中と最中3の関係

    • 166 名前:名無しのスタッフさん ID:zMmUzMDg[] 返信

      最中一武道会で何度も決勝を闘った仲

    • 167 名前:名無しのスタッフさん ID:wYWIyMTJ[] 返信

      >>166
      この最中3って50コメにあった後に踏み潰される最中その3だよな…?
      悲惨な未来しか見えないんだがw

    • 168 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「こいつとは最中一武道会で何度も闘ったモナ」


      ひしもち「最中一武道会…」


      モナ王「まさかお前らが最中の頂点を決める大会に出ていたとは…」


      (3)「まぁワタクシのほうが強いんですけどね」


      「ンだとてめぇ?この前モナに負けたくせに」


      (3)「ここで決着つけるか?この売れ残り最中」


      「上等だモナ、この腐れ最中」


      どら焼き「あわわわ…」


      ひしもち「見事なテンプレライバルですね」


      >>169「その辺にしときな?」


      (3)のバンドメンバー
      >>169ギター
      >>170ベース
      >>171ドラム
      >>172キーボード
      ※人間でも構いませんが今回の安価では団子状態とさせてもらいます

    • 169 名前:名無しのスタッフさん ID:4NTE4ZmY[] 返信

      美竹パパ

    • 170 名前:名無しのスタッフさん ID:jOTU2MWQ[] 返信

      Galaxyの店長

    • 171 名前:名無しのスタッフさん ID:kYzZkMTB[] 返信

      花音

    • 172 名前:名無しのスタッフさん ID:5MWE1ZDd[] 返信

      チョコモナカジャンボ

    • 173 名前:名無しのスタッフさん ID:xOTRlZTI[] 返信

      >>171
      花音団子は草。迷い込んできた感がすごいwソムリエの人の作品かな?w
      >>172
      最中ジャンボ味の団子なのか、団子に最中ジャンボが等身大で入っているのか疑念は尽きないw

    • 174 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      美竹父「その辺りにしておけ」


      (3)「!」


      美竹父「ここで暴れて失格になっても良いのか?」


      (3)「…それもそうですね。では我々はこれで」


      「絶対に負けないモナからな!」


      (3)「ふん、行きましょうか皆さん」


      美子「…」


      「jluxy…」


      (!?なんかあの団子達からすごい視線が…)


      チョコモナカジャンボ「ジャァンボォウ!」


      美子「!」


      「25…」


      (行っちゃった…なんだったのかな…?)




      (3)「フン、余計な真似を…」


      美竹父「優勝するために従えといったのはお前だろう?」


      (3)「そうですねぇ…でも余り調子にに乗らないでくださいよ。いつだって手は下せるんですからね?」


      美竹父「!蘭に何をする気だ!?」


      (3)「お前は大人しくワタクシに従っていればいいんですよ…大事な娘さんに>>176されたくなかったら、ね」

    • 175 名前:名無しのスタッフさん ID:1OWE0MWR[] 返信

      twitterで晒される

    • 176 名前:名無しのスタッフさん ID:lYzI4NDE[] 返信

      30代後半まで結婚できなくなる呪いをかける

    • 177 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (3)「大事な娘さんに30代後半まで結婚できなくなる呪いをかけてほしくなかったら、ね」


      美竹父「やめろ!…頼む、それだけはやめてくれ…」


      (3)「なら、どうしていればいいか…わかりますね?」


      美竹父「ぐぅ…」


      スタッフ「『The culprit is M. Tsukishima』さん、準備お願いします」


      (3)「おや、そろそろ出番ですか…」


      (3)のバンドの曲名
      >>178

    • 178 名前:名無しのスタッフさん ID:3NDNkM2U[] 返信

      愛のままにわがままに僕は月島だけを傷つけない

    • 179 名前:名無しのスタッフさん ID:2YzllODY[] 返信

      B’zかな

    • 180 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      岩井「『GirlsDeadMonaka』の皆さん、ありがとうございました!」


      岩井「次に演奏するバンドは『The culprit is M. Tsukishima』だー!」


      (2)「あいつのバンドか…!」


      (3)「…聴いてください。愛のままにわがままに僕は月島だけを傷つけない」


      (2)「ん…月島…?」


      「…」


      「おぉ…なんか既視感を感じますがRASに匹敵するレベルの演奏っす…」


      「麻弥ちゃん」


      「ん?どうかしましたか日菜さん」


      「RASの演奏って団子の時と人間の時で違いはあった?」


      「RASの演奏…細かな違いはあれどほぼ人間の時に劣らない演奏でしたね…やはりRASはすごいっす!」


      「団子でも人間でも演奏はあまり変わらない…じゃあ、あのドラムの団子を見て?」


      「ドラムの団子…かなりの腕ですね…ってなんか見覚えが…」


      「あれもしかして花音ちゃんじゃないかな?」


      「松原さん!?…言われてみれば確かに似てるような…」


      「このバンド月島って入ってるしフェスにはまりなさんも出るんだよね…何か関係あるのかな?」


      (2)(まりなさん…!他にも何か企んでいたのか…?)


      「いやまさか…ただの偶然じゃないですかね?」


      「あたしちょっとまりなさんに会いに行ってくるー!」


      「えぇ!?ちょっ日菜さん!?観客は控え室立ち入り禁止っすよ!!」


      (2)(どうしようか…)


      >>182(2)はどうする?


      1,日菜の後をつける
      2,このまま席にいる

    • 181 名前:名無しのスタッフさん ID:kOTlmZDQ[] 返信

      最中がギター演奏してるシーンを想像すると草しか生えない

      安価とっちゃったら下で

    • 182 名前:名無しのスタッフさん ID:2MWI4OGF[] 返信

      2で

    • 183 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (2)(最中達の演奏がまだだからな…)


      (2)(まりなさんについても気になるが、ここにいるか…)


      「あぁ…もう日菜さんが何処かへ行ってしまった…」




      ──控室付近


      「流石に警備員さんはいるよねー」


      (さて、どうやって中に入ろうか…)


      >>184侵入する方法

    • 184 名前:名無しのスタッフさん ID:wNmQ0M2N[] 返信

      警備員のうなじを手刀でトンッってやって気絶させる

    • 185 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (ここは強行突破しよう!)


      警備員「コラ!ここは立ち入りき…」
      「ごめんね」トンッ


      警備員「うっ…」バタリ




      (侵入成功っと…)


      (まりなさんは…あ、いた)


      「まーりなさんっ!」


      「!?ひ、日菜ちゃん!?」


      「ちょっとこっちきてー」グイッ


      「え…」




      (トイレに連れてこられちゃった…しかも日菜ちゃんと二人きり…)


      「それでさーまりなさん、聞きたいことがあるんだけどさ」


      「な、何かな…?」


      「『The culprit is M. Tsukishima』だっけ?あのバンドとまりなさんってどういう関係?」


      「え?いやそれは…」


      「それにあのドラムは花音ちゃんだよね?なんで団子になってるうえにあのバンドのドラムなんてやってるの?」


      「えぇと…」


      「まりなさんなら何か知ってるんじゃないかな~?」


      「いやぁ…私は知らないかな…うん」


      (怪しい…)


      (やっぱり普通に聞いても話してくれないよね…どうしようか)


      >>188どうやってまりなさんから話させる?

    • 186 名前:名無しのスタッフさん ID:lYmM1M2U[] 返信

      今後CiRCLEを一切使わないと脅す

    • 187 名前:名無しのスタッフさん ID:5NjIwZmQ[] 返信

      物理攻撃

    • 188 名前:名無しのスタッフさん ID:jN2QxZDV[] 返信

      話してくれたら彩ちゃんの脇の汗を採取するのを考えてやってもいい

    • 189 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「そっかーそれは残念だなー」


      「話してくれたら彩ちゃんの脇の汗を採取してあげるのを考えても良かったのになー」


      「何だと?」


      「ま、いいや。それじゃあねまりなさん」


      「ま、待って!話す!話すから!!」


      (えぇ…成功しちゃったよ…ごめんね彩ちゃん…)


      >>191まりなさんと最中3の関係

    • 190 名前:名無しのスタッフさん ID:5MWE1ZDd[] 返信

      生き別れの親子

    • 191 名前:名無しのスタッフさん ID:0ZWI0N2U[] 返信

      最中3はまりなさんの元カレ

    • 192 名前:名無しのスタッフさん ID:yZmNlNmQ[] 返信

      イラクでの戦友

    • 193 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「…あの最中はわたしの元カレなの」


      「元カレ!?」


      「もう別れたんだけどね、あの子はまだ私のこと好きみたいで…」


      「へぇー…それであんなバンド名や曲に?」


      「多分そうだろうね…」


      「じゃあその最中のバンドのドラムは花音ちゃんなの?」


      「それは本人に聞かないとわからないかな…あのバンド組んだのも彼なんだし」


      「なるほどねぇ…それじゃあ早速その最中に聞いて…」


      (3)「ワタクシに何か用かな?」


      「っ!誰!?」


      「その声…まさか最中なの!?」


      (この人がさっきの最中…?でも人間になってるじゃん…)


      (3)「ん?ああそうか。ワタクシのこの姿に驚いているのか」


      (3)「ワタクシは>>194することでこの姿になることができるようになったのですよ」

    • 194 名前:名無しのスタッフさん ID:wNTc1ODg[] 返信

      人間の女性が悲しみで流す涙を摂取
      (最中その1が例え人間になれるとしてもやらなそうだから)

    • 195 名前:名無しのスタッフさん ID:wYWIyMTJ[] 返信

      >>194
      を1リットル。並みの感性なら絶対しないし集めないやろw

    • 196 名前:名無しのスタッフさん ID:xOTVhMmI[] 返信

      >>195
      1日平均2~3ccらしいから1年掛かるな。笑

    • 197 名前:名無しのスタッフさん ID:xOTVhMmI[] 返信

      >>195
      1日平均2~3ccらしいから1年掛かるな。笑

    • 198 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (3)「ワタクシは人間の女性が悲しみで流す涙を摂取することでこの姿になれるようになったんですよ」


      「…っ」


      (うわぁ…悪趣味だなー…)


      (3)「まぁそんなことよりも、我々のドラムについて聞きたいんでしょう?」


      (3)「貴方の考えている通り、人間を団子にしてやったんですよ。カノン?という名前だったかな…」


      (3)「こんな風にね」グシャ


      「え…?」


      最中が日菜の腕を握りつぶすと、腕が粘土かのようにぐにゃりと歪んだ。

      「あたしのからだ…どうなって」

      驚く日菜を無視してそのまま全身をつぶし始める。

      日菜の身体は原型をとどめないほどぐちゃぐちゃになってしまった。

      あまりに不可解な状況に、まりなは呆然と立ち尽くことしかできなかった。

      (3)「そろそろこね始めましょうか」

      ぐちゃぐちゃになった日菜をこね始める。

      「んぅっ、や、やめ…! うあぁ…」

      こねられる度、悲鳴が漏れる。だがそれも聞き入れてもらえず、そのままこねこねと身体を混ぜつづけられる。

      やがて日菜は手のひらサイズの団子にされてしまった


      (3)「完成…と、まぁこんな感じですよ。」


      「………!」


      (嘘…あたし、ほんとに団子に…)


      (3)「それとなぜカノンを団子にしたか…それも知りたいんでしたっけ?」


      「どうして…花音ちゃんまで巻き込んだの…?」


      (3)「それは…」

      >>198 選択肢
      1,花音が邪魔だったから
      2,手駒にするのにちょうどよかったから
      3,美子を団子にするところを目撃されたから

    • 199 名前:名無しのスタッフさん ID:xNGFiNTI[] 返信

      3で

    • 200 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ──数日前

      「ふえぇ…ここどこー!?」


      (また道に迷っちゃったよ~、早くしないと練習に遅れちゃうよ…)


      美子「誰か助け…」


      (悲鳴?近くから聞こえる…)


      (3)「…」グニャ


      美子「むぐ…んぅ…」


      (ひ、人が団子にされてる…!?)


      (3)「おや…?」


      (!?こっちに気づいた…?)


      (3)「見てしまったのなら仕方がない、貴方も…」


      「こ、来ないでっ…!?」


      (なんで…?身体が動かない…)


      (3)「ちくりとするだけです。すぐ楽になりますよ。」


      「嫌だ…やめて…」




      (3)「完成…っと。それと騒がれると面倒なのでまともな言葉を話せないようにしておきましたよ」


      「~っ!~~っ!?」




      (3)「と、いう事がありまして」


      (こいつ…!)


      「貴方のそういうところ…全く変わってないのね」


      (3)「何だと?」


      「その身勝手な言動が嫌だって言ってるのよ。嫌がる花音ちゃんや日菜ちゃんを無理やり団子に変えて…」


      (3)「お前こそ…!何故ワタクシという存在よりも女共を気に掛ける…!」


      (3)「しかもよりによってあの最中のバンドの助っ人になるとは…」


      (やっぱり話して解決はできないか…ここは日菜ちゃんを助けないと…)


      (ここは>>202して最中の気を引こう…!)

    • 201 名前:名無しのスタッフさん ID:wNmQ0M2N[] 返信

      甲賀忍法帖のサビをバックに躍り狂う

    • 202 名前:名無しのスタッフさん ID:jNmEwNDI[] 返信

      最中×最中のゲ〇パレス

    • 203 名前:名無しのスタッフさん ID:wNTc1ODg[] 返信

      最中その1がその3より優れているところをあるだけ言い続ける

    • 204 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (ここは挑発して気を引くしかない…!)


      「だって貴方よりも最中ちゃんのほうが歌うまいし…」


      (3)「何ィ…」


      「最中ちゃんのほうがいい香りするし…」


      (そこ!?)


      (3)「お前…」ギリッ


      (もう一押しね…後は…ええと…)


      「>>204」

    • 205 名前:名無しのスタッフさん ID:wMjk4OTc[] 返信

      (1)は東大卒だが(3)は中卒

    • 206 名前:名無しのスタッフさん ID:xNGFiNTI[] 返信

      (3)はしろあんで人気がない

    • 207 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「貴方は中卒だけどあの最中ちゃんは東大卒だしね」


      (3)「何だとォッ!」


      (よし…今のうちに逃げて日菜ちゃん…!)チラッ


      (!ありがとうまりなさん…)ポヨンッ


      (気づかれてないみたいね…良かった…)


      (3)「まりなァ…!」




      (逃げ出せたのは良いけど…この身体だと移動が大変だよー)ポヨンポヨンッ


      (…ん?何かこっちに来てる…?)


      チョコモナカジャンボ「ジャァンボォウッッ!」


      (げぇっ!アレってたしかあの最中のキーボード…)


      (アイツとつながっている以上見つかるのはまずいよね…どうしよっかなー)


      どうする?>>207

    • 208 名前:名無しのスタッフさん ID:wYWIyMTJ[] 返信

      団子の跳躍を生かして忍者のごとく天井に張り付く。ついでに花音を幽鬼のように探して邪神化しかけているこころからも忍び切る。黒服も被害が出ないよう必死。
      無理そうなら後の方はなしで。

    • 209 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (こうなったら一か八か…やるしかないよね!)ポヨンッ


      チョコモナカジャンボ「チョコ…?」ノッシノッシ


      (それっ!!)ポヨヨ~ンッ


      チョコモナカジャンボ「モナカ…」キョロキョロ


      (よし…天井まで届いた…この身体よく跳ねるねー)


      チョコモナカジャンボ「…」


      チョコモナカジャンボ「ジャァンボォウ!」トテトテ…


      (…やり過ごせたみたいだね)


      (今のうちに団子にされた花音ちゃんを探さないとね…どこにいるんだろう?)


      (あそこにいる子に聞いてみようっと!)


      >>210日菜が見つけたやつ

    • 210 名前:名無しのスタッフさん ID:2YzllODY[] 返信

      マーティ・フリードマン

    • 211 名前:名無しのスタッフさん ID:2MjBlMTc[] 返信

      (1)

    • 212 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (あそこにいる最中に聞いてみよっと…)


      「まりなさん…いったい何処に行った…モナァ!?天井からお団子がァ!?」


      「あははっごめんごめん…ええっと、キミは花音って名前のお団子見なかった?」


      「そうは言ってもこのフェスに団子は結構いたからモナねぇ…」


      「最中がボーカルのバンドのドラムのお団子なんだけどさぁー」


      「アイツのバンドのドラマーモナか…演奏が終わった後は見てないモナ」


      「そっかぁ、残念…」


      「ちょうど最中も人探ししているから良かったら一緒に探すモナ?」


      「それはありがたいけど…どうやって探すの?」


      「>>213モナ」

    • 213 名前:名無しのスタッフさん ID:mNDIxZTk[] 返信

      ソナー

    • 214 名前:名無しのスタッフさん ID:jOTY1YmJ[] 返信

      丁度そこでさ迷ってる迷宮のジェリーフィッシュに聞く

    • 215 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「あそこにいる団子に聞いてみるモナ」


      「255?」


      「ってこれ花音ちゃんじゃん!」


      「モナ!?いきなり当たりだったモナ…」


      「mdtdw、vua7y?」


      「なんて言ってるのかサッパリ分からないモナ」


      (あの最中のせいでうまくしゃべれないんだったっけ…)


      「何とかしたいけど、どうすれば治るんだろう…」


      >>217「何かお困りですか?」

    • 215 名前:名無しのスタッフさん ID:wOTZmYzd[] 返信

      ハンネ

    • 216 名前:名無しのスタッフさん ID:2NzE5Nzg[] 返信

      216!ふぇぇを倍プッシュだ!

    • 217 名前:名無しのスタッフさん ID:kZGVhMmI[] 返信

      和菓子好きの古風な美少女の脇の汗ソムリエ、通称ワッキー

    • 218 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      >>219ワッキーは何の和菓子か、楽器は何担当か

    • 219 名前:名無しのスタッフさん ID:yZjQ3ZmZ[] 返信

      花音かな入力で喋ってるのか…別のゲーム思い出してぞっとした

    • 220 名前:名無しのスタッフさん ID:yZjQ3ZmZ[] 返信

      アッ安価踏んじゃった
      反映されるなら茶団子でタンバリン

    • 221 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      >>219 cks6l w@r 9h0tljdq<




      ワッキー「何かお困りですか?」


      「ん…誰だモナ?」


      ワッキー「申し遅れました、私は和菓子好きの古風な美少女の脇の汗ソムリエ、通称ワッキーです」


      「いやマジで誰だよ」


      「うわぁ…」


      「gm…」


      ワッキー「何やらお困りのようでしたので声をかけたのですが、もしよければ力になりますよ?」


      「どうするモナ?あんなのだけど聞いてみるモナ…?」


      「ううーん…」
      >>222
      1,とりあえず相談してみる
      2,ワッキーを適当にあしらう

    • 222 名前:名無しのスタッフさん ID:0MmVkYWQ[] 返信

      1

    • 223 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      最中説明中…


      「…というわけモナ」


      ワッキー「なるほどなるほど…」


      「で、治す方法とかあるのー?」


      ワッキー「おそらくですが治せますよ」


      「-ys4w@rt!?」


      「マジかモナ!?」


      ワッキー「>>224すれば治るかもしれません」

    • 224 名前:名無しのスタッフさん ID:yZmNlNmQ[] 返信

      在りし日のまりなさん(世紀末な服装)による、変態超絶ギターソロを見せること

    • 225 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ワッキー「まりなさんの変態超絶ギターソロを見せれば治るかもしれません」


      「モナ!?まりなさん!?」


      「qdtithd:@eqeteksgim7zwq<」


      「確かにまりなさんめっちゃギター上手だったなー」


      (最中たちはそんなにすごいギタリストをキーボードにしてたのかモナ…)


      「でもそれなら早くまりなさんを見つけないとモナね」


      (これは…全部話すしかないかなー)


      「あのね最中ちゃん、実は…」


      日菜はこれまでのことについて最中達に話した


      「…あのヤロー!!絶対許さんモナァー!!」


      「早速まりなさんを助けに行くモナよ!」


      ワッキー「お待ちください」


      「なんだ変態!」


      ワッキー「日菜さんの話によればその最中とやらは人間の姿をしているのでしょう?」


      ワッキー「我々が束になって挑んでも所詮は和菓子四個。返り討ちに会うだけでは?」


      「う…確かに…」


      (じゃあどうすればいいんだモナ…?)


      >>226どうする?

    • 226 名前:名無しのスタッフさん ID:2YzllODY[] 返信

      審査員たちにかわりに闘ってもらう

    • 227 名前:名無しのスタッフさん ID:hMjU2ZTA[] 返信

      面白くなってきたぞ

    • 228 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ワッキー「ここはやはり人間の方に対処していただくべきでは?」


      「うーん…でもまたお団子にされちゃうんじゃない?」


      「日菜ちゃんの言う通りモナ。あいつは怪しげな術を使えるから並の人間じゃ勝てないと思うモナ」


      「強そうな人…あ!審査員の人たちとかどうかな?」


      「確かに強そうモナ…でもまだフェスの審査をしているから無理モナ」


      「…だよねー」


      ワッキー「いや、ここは>>230しましょう」

    • 229 名前:名無しのスタッフさん ID:hMjU2ZTA[] 返信

      この性悪最中3って確か潰されなきゃいけないよな?

    • 230 名前:名無しのスタッフさん ID:hMjU2ZTA[] 返信

      てことで…

      フェスの休憩時間に席を立った審査員の椅子に油断して居眠りしてた最中3を置いて座った時潰してもらう

    • 231 名前:名無しのスタッフさん ID:wYWIyMTJ[] 返信

      >>230
      ここでフラグ回収は草。終盤辺りのかと思てたw

    • 232 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ワッキー「いや、ここはフェスの休憩時間に席を立った審査員の椅子に最中を置いてつぶしてもらいましょう」


      「いや無理でしょ、今あいつ人間態だよ?」


      「というかそんな悠長に休憩時間まで待ってたらまりなさんがアイツに何されてるかわからんモナ!」


      ワッキー「じゃあ他に方法があるんですか?」


      「だからってそれは無茶がありすぎるモナ!」


      >>235「騒がしいな…」

    • 233 名前:名無しのスタッフさん ID:lZjZhMDF[] 返信

      オーナー

    • 234 名前:名無しのスタッフさん ID:2ZTQwYjl[] 返信

      最中一武道会歴代最高連覇記録の持ち主、最中その4

    • 235 名前:名無しのスタッフさん ID:xZmNkODN[] 返信

      とねがわ

    • 236 名前:名無しのスタッフさん ID:4Yzc4NmI[] 返信

      利根川ここで何してんねんw

    • 237 名前:名無しのスタッフさん ID:wYWIyMTJ[] 返信

      そうだったw潰される最中も見たが人間だったなw

    • 238 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      利根川「騒がしいな…」


      「あぁもう!今度は誰だモ…ナ…?」


      「」


      (とうとう和菓子ですらないの来ちゃった)


      利根川「いったい何事だ?」


      ワッキー「実はですね…」


      変態説明中…


      利根川「なるほどな、そんなことが…」


      「何か策はあるモナ?」


      利根川「そうだな…ここは>>239だな」
      ※最中3は最終的には踏みつぶされますが、この安価では無理にそれにこだわらなくても大丈夫です…

    • 239 名前:名無しのスタッフさん ID:lYTg3MmJ[] 返信

      有咲ちゃんに剪定して貰う

    • 240 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      >>241剪定してもらう対象
      1,最中
      2,利根川
      3,最中3

    • 241 名前:名無しのスタッフさん ID:0MmVkYWQ[] 返信

      1で。

    • 242 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      利根川「そうだな…ここはわが主に剪定してもらおう」


      「わが主って…誰だモナ?」


      利根川「わが主、市ヶ谷有咲殿はこのフェスに参加していると聞いた…」


      「3lxa7y!?」


      「有咲…?」


      「ポピパのキーボードだよー!」


      「モナァ!?何たる偶然モナ…」


      「ていうか今更盆栽を剪定して何になるモナ?」


      利根川「何か勘違いしていないか?お前を剪定してもらうんだぞ?」


      「モナァァァ!!?なんで最中が剪定されるんだモナァ!?」


      利根川「わが主に剪定してもらえば>>243」

    • 243 名前:名無しのスタッフさん ID:wYWIyMTJ[] 返信

      男に変身&戻れる概念を持つ存在に対し一瞬で女体化させる驚きのビフォーアフターリサを召還できる。(なお対象は急激な体の変化で気絶する

    • 244 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      >>243
      流石に意味不明すぎるんでもう少し説明してくれませんか?

    • 245 名前:名無しのスタッフさん ID:wYWIyMTJ[] 返信

      >>244
      すいません、ぐだりそうなんで次の人にパスでお願いします。

    • 246 名前:名無しのスタッフさん ID:wNGMzZTA[] 返信

      有咲が香澄の事を如何に好きかという事を
      ニヤニヤしながら延々と聴かされる

    • 247 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      >>245
      了解しました。




      利根川「わが主に剪定してもらえば香澄殿への愛を延々と聞くことができるぞ」


      「へぇ…そうモナか…ってそれはどうでもいいモナァ!?」


      利根川「いいから行くぞ」ガシッ


      「モナァァ!!離せァ!嫌だァァ!!惚気話聞くために剪定されるなんて嫌だァァァ…」


      (大丈夫かな~)




      「有咲」


      「ん?どうした?」


      「いくら盆栽が好きだからってここにまで持ってくるのはどうかと思うよ」


      「ハァ!?何言ってんだお前」


      「後ろ」


      「いや後ろって…何が」クルッ


      利根川「…」


      「」


      利根川「お久しぶりです。わが主…」


      「お前まさか…トネガワ…なのか…?」


      利根川「はい…貴方に大切にしてもらった利根川です」


      「と、トネガワ~~っっ!!」ガシッ


      「もう二度と会えないと思ってた…夢みてーだ…ううっ…」


      利根川「主…」


      「有咲、泣きながら抱き着くほど盆栽が好きなんだね」




      利根川「落ち着きましたか…?」


      「ああ、悪いな取り乱しちまって…」


      利根川「いえいえ、大丈夫です。実はお願いがあるのですが…」


      「ん?お前の頼み…?」
      盆栽説明中…
      「流石に最中の剪定はやったことねぇな…」


      「それに道具も持ってきてないしな」


      利根川「それなら道具は>>249で代用しましょう」

    • 248 名前:名無しのスタッフさん ID:xZmNkODN[] 返信

      こし餡

    • 249 名前:名無しのスタッフさん ID:5NjIwZmQ[] 返信

      たえちゃんの弦交換用ニッパー

    • 250 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      利根川「それなら道具はギターの弦交換用ニッパーで代用しましょう」


      「それなら私持ってるよ。使う?」


      「おう。サンキューおたえ」


      利根川「よし、始めるぞ」


      「マ、マジでやるモナ…?」


      利根川「早くしろ、まりなさんを助けたいんだろう?」


      「いやでも心の準備が………」


      利根川「…一生迷ってろ」


      「え?」


      利根川「そして失い続けるんだ………貴重なチャンスを………!」


      「うっ…」


      「ざわ…」
      「ざわ…」
      「さわ…」
      「ざわ…」


      (!?今奥沢さんたちの声が聴こえたような…)


      (…)
      >>251
      1,大人しく受け入れる
      2,やっぱ無理!

    • 251 名前:名無しのスタッフさん ID:4ZDMxZmU[] 返信

      1でしょ

    • 252 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「…一思いにやってくれモナ」


      「了解。そんじゃ始めっぞー」


      「モ、モナァ…」




      「ふぅ、こんなもんかな…」


      「お、終わったモナ…」


      「身体の調子はどうだ?」


      「なんかパワーアップできた気がするモナ」


      「見た目はあんまし変わってないみたいだけど…どの辺が強くなったの?」


      >>253最中の強化点

    • 253 名前:名無しのスタッフさん ID:wNTc1ODg[] 返信

      圧倒的なカリスマでありとあらゆる人や和菓子から慕われ、味方になってくれる

    • 254 名前:名無しのスタッフさん ID:lZTM5MTU[] 返信

      もはやbadsweetsじゃないw

    • 255 名前:名無しのスタッフさん ID:kOTlmZDQ[] 返信

      急にカイジの利根川入ってきて草

    • 256 名前:名無しのスタッフさん ID:xOTVhMmI[] 返信

      羽ざわ…
      奥沢(ざわ)
      北ざわ…

    • 257 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「うーん…うまく説明できないモナ…」


      どら焼き「最中さん!まりなさんは見つかったどら?」


      「みんな!実は…」
      最中説明中…
      モナ王「ほう…あの最中が」


      どら焼き「まりなさん…無事かどら…?」


      「とにかく、まりなさんを助けに行くモナ!」


      「待って!」


      「モナ!?」


      「話は聞かせてもらったよ!私たちも手伝うよ!」


      「私たちも行っていいかしら?」


      「私たちも混ぜなさいよ」


      どら焼き「ポピパにRoseliaにRASの皆さん…!?」


      「手伝ってくれるのはありがたいモナけど、どうしてモナ?」


      「みんなを助けたいから!」
      「日菜に手を出されているのに黙って見過ごすことなんてできないわ」
      「店長の仇を取りたいんです!」
      美子(六花ちゃん!?私まだ生きてるよ!)
      「団子に変えるって私とキャラ被ってるじゃない!?」


      「nyu…!」


      「おねーちゃん…!」


      ひしもち「動機バラバラですね」


      モナ王「まぁ要するにみんな目的は同じってことだな」


      「よっしゃぁ!絶対にアイツをぶっ飛ばしてまりなさんを、みんなを助けるモナ!」


      全員「おーっ!」

    • 258 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ──トイレ


      「おどりゃクソ最中ァ!」


      (3)「何かと思えば…なんだお前か」


      (本当に人間になってるモナ…)


      「お前、まりなさんに何しやがったモナァ!」


      (3)「あぁ…まりなならムカついたから、」


      (3)「>>260してやったよ」

    • 259 名前:名無しのスタッフさん ID:yZmNlNmQ[] 返信

      半ごろし(おはぎ的な意味で)

    • 260 名前:名無しのスタッフさん ID:xZmNkODN[] 返信

      チョコモナカ

    • 261 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (3)「チョコモナカにしてやったよ」


      「………」


      「て、てめぇ~ッ!!」


      (3)「来いよ、お前はここで踏みつぶしてやる…」


      (ここまで作戦通りモナね…)




      ──数分前


      「突入する前に作戦を立てるモナ」


      「最初にあいつは最中を挑発してくるはずだから最中はそれに乗って正面から突っ込むモナ」


      「だからその隙にポピパには>>262、Roseliaには>>263、RASには>>264、モナ王たちには>>265してほしいモナ」

    • 262 名前:名無しのスタッフさん ID:3ZjY2ZWJ[] 返信

      ブリーチング!ブリーチング!(トイレのドア発破)

    • 263 名前:名無しのスタッフさん ID:wNTc1ODg[] 返信

      女子トイレに男が居る!と騒ぎ立てる

    • 264 名前:名無しのスタッフさん ID:lZTc1NzU[] 返信

      状況を撮影し配信

    • 265 名前:名無しのスタッフさん ID:yZmNlNmQ[] 返信

      最中封印之儀

    • 266 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (3)「踏みつぶしてやる!」


      (今だ…!みんな、頼むモナ…!)


      「行け!トネガワ!トイレのドアにウッドハンマーだ!」


      利根川「トオォォネェェェエッ!」ドグシャァ


      (3)「っ!?」


      凛子「キャッ…!」
      「みてみてー女子トイレに男がいるー!」
      「早く出て行ってください!この変態!」


      (3)「な…何ぃ…」


      「女子トイレに最中を持った男が侵入…っと。パレオ、拡散の方はどう?」


      「ばっちりです!裏垢や愚痴垢、監視用、etc…で再生数などを水増ししておいたので便乗厨がたくさん釣れますよ~!」


      (普段そんなことやってたのか…)


      (3)「ぐ、貴様らァ…」


      モナ王「今だ!合わせろどら焼き!ひしもち!変態!」


      どら焼き「行くどら!」


      ひしもち「了解です!」


      ワッキー「その呼び方、なんとかなりませんかね…」


      四人「最中封印之儀!」


      >>267 最中封印之儀の効果

    • 267 名前:名無しのスタッフさん ID:zMmUzMDg[] 返信

      巨大な最中の皮が現れて挟み込み邪気を放出しながらどんどん小さくなる

    • 269 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ※お詫び >>1はあろうことか燐子ちゃんの名前を誤字ってしまったので最中になります




      (3)「なぁっ!?や、やめろぉぉぉ!」


      「これは…巨大な最中の皮…?」


      「アイツを挟み込んじゃった…」


      「わ!?なんか紫の煙が出てきた!?」


      「どんどん小さくなっていく…」


      (3)(ぬぅぅ…力が抜けていく…このままでは…)


      (3)(もはや奥の手を使うしかない…)


      (3)「来い!チョコモナカジャンボ!!」


      チョコモナカジャンボ「ジャァンボォウ!!」


      「…っ!あいつ…!」


      モナ王「何をする気だ…!?」


      (3)「>>270するぞ!」

    • 270 名前:名無しのスタッフさん ID:wYWIyMTJ[] 返信

      加速ー kskが反映されない

    • 271 名前:名無しのスタッフさん ID:lZTc1NzU[] 返信

      加速、もし安価踏んだら戦隊ヒーローの敵みたく巨大化

    • 272 名前:名無しのスタッフさん ID:wYWIyMTJ[] 返信

      最早こんな街ごと滅ぼす!巨大合体――みないな感じで

    • 273 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (3)「もはやこの街が吹き飛ぼうと構わん──合体するぞ!」


      チョコモナカジャンボ「ジャァーンボォォウッ!!」ガオンッ


      「!?」


      モナ王「あいつ、物理法則を無視して封印ごと喰らいやがった…」


      「何が起こってるモナ!?」


      ワッキー「…これは非常にまずい!皆さん!さっさと避難しましょう!このままだとアレに巻き込まれますよ!」


      「利根川!まりなさんを担いで運んでくれモナ!」


      利根川「わかった………!」


      「まずいって…あいつらこの後どうなるの?」


      ワッキー「彼の発言とあの封印に発生したエネルギー量から推測するに、合体して巨大化…」
      ドゴオオオオン!!
      「地震!?」


      「ちょ、武道館が崩れる…!?」


      どら焼き「……!?あ、あれは…」


      「デカ過ぎんだろ…」


      >>273巨大化後の姿
      1,ミッシェル最中
      2,呪ワレシ闇竜の邪眼チョコ
      3,シンフォギアコラボの時にガルパの世界に出てきたカルマノイズ
      4,その他バンドリ関連のそれっぽいヴィジュアルのやつ

      添付ファイル:
    • 274 名前:名無しのスタッフさん ID:yZjQ3ZmZ[] 返信

      黄金のミッシェル
      胴体は生えた

    • 275 名前:名無しのスタッフさん ID:2ZTQwYjl[] 返信

      ガルパピコ第3話「革命ロゼリア」のあの衣装
      顔は全部ミッシェル最中

    • 276 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      顔が全部最中…とりまこんなイメージでいきますね…(美術3)




      モナ王「なんだあの姿は…」


      (物凄く見覚えのあるデザインだ…)


      「どうする…?」


      「いやあんなでかいのどうしようもないモナよ…」


      「今のところ大きいだけで動いてないようですが…」


      「なな、なぁーんだただの見掛け倒しだったモナかぁー、あいつもたいしたこと…」


      ワッキー「!?やつに高エネルギー反応…何かしてきますよ!」


      「ゑ?」


      >>275 巨大最中の行動

      添付ファイル:
    • 277 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      なんか安価がおかしいので安価下で

    • 278 名前:名無しのスタッフさん ID:mNDIxZTk[] 返信

      巨神兵ばりのレーザーを放つ

    • 279 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「なんかアレ、光ってない!?」


      「もしかしてビームとか撃っちゃう!?」


      ワッキー「どうやらそのようですね…」


      「はぁ!?マジで言ってんのか!?」


      巨大「オオオオオオ」


      「やべーぞ、伏せろ!」


      ──巨大最中のレーザーによって、辺りは焼け野原と化した…


      全員「………」ポカーン


      「どうしよう…庵野作品みたいなことになっちゃったよ…」


      「日菜さーん!!無事っすかー!?」


      明日香「お姉ちゃん、六花…無事!?」


      「あこーっ!どこだーっ!?」


      「あ!麻弥ちゃん!良かった、無事だったんだ…」


      「あ、明日香ちゃん!?」


      「あっちゃん!」


      「おねーちゃん!ここだよ!」


      「なんで日菜さんまで団子になってるんですか…というか早く避難しましょうよ!」


      (2)「オイオイ…これどうしてこんな状況なんだ?」


      「お前も無事だったモナか、説明は後モナ!とにかくアレを何とかしないとやばいモナ!」


      (2)「あんなのでかいの倒すなんてグランドアサシンやムゲンダイナみたいのがないと無理だろ…」


      「うぐ…どうすれば…」


      最中達はどうする? >>280

    • 280 名前:名無しのスタッフさん ID:wYWIyMTJ[] 返信

      ビームの嵐の中、一時的退避。全員が無事に逃げられるかわからない中、誰かに(こころや有咲、審査員など) 選ばれし最中にだけ使える打開策を提供してもらう。

    • 281 名前:名無しのスタッフさん ID:5NjIwZmQ[] 返信

      焼き団子になっちゃう

    • 282 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      どこに避難する? >>283

    • 283 名前:名無しのスタッフさん ID:lZjAyNWU[] 返信

      下水道

    • 284 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      巨大「グオオオオオオッ」


      「また攻撃が来る…っ!」


      「今度は身体中から!?なんて滅茶苦茶な…」


      「ゴ〇ラみてーだモナ…」


      (2)「言ってる場合か!ってこっちに来たァァァッ!!」


      「ソイ!あのマンホールから地下に逃げるぞ!」




      無事か否か
      安価先のコンマが5の倍数だった場合レーザーの餌食に
      最中 >>285
      最中2 >>286
      モナ王 >>287
      どら焼き >>288
      ひしもち >>289
      ワッキー >>290
      利根川 >>291

    • 285 名前:名無しのスタッフさん ID:jNzgxMTZ[] 返信

      モナァ!!

    • 286 名前:名無しのスタッフさん ID:wNmQ0M2N[] 返信

      「脇汗!」

    • 287 名前:名無しのスタッフさん ID:xZmNkODN[] 返信

      モナ王「キングは1人この俺だぁ!!」

    • 288 名前:名無しのスタッフさん ID:jNzgxMTZ[] 返信

      既に2落ちw
      ひしもちちゃんは生き残って欲しい

    • 289 名前:名無しのスタッフさん ID:wNTc1ODg[] 返信

      生きろ!

    • 290 名前:名無しのスタッフさん ID:kOWJhNzE[] 返信

      脇脇

    • 291 名前:名無しのスタッフさん ID:wNDlmZDc[] 返信

      盆栽

    • 292 名前:名無しのスタッフさん ID:yZjMxNzB[] 返信

      アウトの2最中含めて全員が結構近似値で草

    • 293 名前:名無しのスタッフさん ID:2MDE2MzV[] 返信

      何これ、熱いw 最中1が主人公してますわぁw

    • 294 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「うお、こっちにも来たモナァ!早く避難するモナ!」


      ジュッ
      (2)「ぬわーーっっ!!」


      モナ王「グ…ズ…ギャアアアム!!!!」


      「も、最中ァァァァッッ!」


      どら焼き「モナ王さーんっ!!」


      利根川「馬鹿っ……!止まるな……っ!」




      ──下水道
      「みんな大丈夫?」


      「ああ、なんとかな…」


      どら焼き「最中さん…モナ王さん…」


      ひしもち「………」


      ワッキー「悲しんでるとこ悪いですが、あまりここに長居はできませんよ」


      「どういうことモナ?」


      「下水道に和菓子が置いてあったらどうなると思います?」


      「そりゃあ虫とかネズミに食べられ…あ」


      「ヒィッ!?」


      「そうならなくてもいつここが崩れて埋まっちゃうかもわからないからね…」


      「早く何とかしないと…」


      「…ていうか貴方も最中なんだからあの最中みたく巨大化できないの?」


      「モナ…無茶言わないでくれモナ…」


      ワッキー「方法がわかってないだけで実は可能なのでは?」


      「では、色々と試してみるしかありませんね」


      「えっ…なんでみんなして最中を見つめてるモナ…?」


      「ではでは、>>295してみましょうか」

    • 295 名前:名無しのスタッフさん ID:jMThiZDU[] 返信

      最中の餡子をもち米に変える

    • 296 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「ではでは、餡子をもち米に変えてみましょうか」


      「モナァァ!?」


      ワッキー「米、ですよッ!」


      「なぜそこで米っ!?」


      「No problemよ!新潟県産コシヒカリを使ってあげるわ!」


      「そういう問題じゃないモナァ!」


      「それじゃ、いきますよー」


      ブスリ…


      「ひぎぃ!?」


      ひしもち「さて、どうなるか…」


      >>297 結果

    • 297 名前:名無しのスタッフさん ID:wZjZlOWQ[] 返信

      筋肉モリモリマッチョマンの変態になる(頭だけミッシェル最中)

    • 298 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      モリモリモリッ
      「うおお力がみなぎるモナァ…」


      「えぇ…」


      どら焼き「めちゃたくましい身体どら…」


      「筋肉モリモリマッチョマンの変態だね」


      「よっしゃぁ!早速アイツをぶっ飛ばしてやるモナー!」


      利根川(大丈夫なのか…?)


      >>299 筋肉モリモリマッチョマンの変態の強さ
      1,OTONA並みの理不尽な強さ
      2,十分強いけど巨大最中倒すには足りない
      3,弱い

    • 299 名前:1は爽快感あって嫌いじゃない。 ID:wYWIyMTJ[] 返信

      2。王道があるゆえに。

    • 300 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ──地上


      「うおおおおっっ!!」
      ドグシャァ
      巨大「グオオオオッ!?」


      「おお…最中の頭部の一つを破壊したっす…」


      「なんて馬鹿力なの…」


      「もう一発っ!!」
      ダンッ
      巨大「ゴァアアアアッ!」


      「おお!これなら勝てそう……ん?」


      ニュルンッ


      「モナァ!?自己再生能力とかアリかよ!?」


      「すっかり元通りになっちゃったよ…」


      「これ、無理ゲーなんじゃねぇか…?」


      「私たちにも何かできないかな…」


      「でも団子の私たちに何ができるの…?」


      「う~~ん…」


      >>301 どうする?

    • 301 名前:名無しのスタッフさん ID:wYWIyMTJ[] 返信

      「「「最中、最中、最中」」」

    • 302 名前:申し訳ありません… ID:wYWIyMTJ[] 返信

      すいません。謝って別スレの投稿をここにしてしまったので、安価は下でお願いします…。

    • 303 名前:名無しのスタッフさん ID:yZmNlNmQ[] 返信

      審査員含めて演奏ぢから(物理)を要請する

    • 304 名前:名無しのスタッフさん ID:wNTc1ODg[] 返信

      >>57のランプの魔神、何かに使えんかな?

    • 305 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「演奏、するのよ…」


      どら焼き「まりなさん!?気が付いたどら?」


      ワッキー「しかしなぜ演奏?」


      「今のアイツの身体には楽器が付いてる…だからあの時みたいに効果があるかもしれない…」


      「それって響ちゃんたちのお手伝いをしたときみたいにってことですか?」


      「そういう事、確証はないけどね…」


      「しかし機材はどうするんですか?流石にこの状況では…」


      マーティ「機材なら無事ですよ」


      明日香「マーティさん!?」


      「無事って、一体どうやって…」


      マーティ「そんなことより演奏するんでしょう?」


      「…はいっ!」


      「話の内容は全然理解できなかったけれど、つまりアイツに演奏力をぶつければいいのね?」


      「そういうことだな、やるっきゃねーな」


      ひしもち「モナ王さんの分も込めて演奏しましょう」


      「曲はどうする?」


      >>307 演奏する楽曲

    • 306 名前:名無しのスタッフさん ID:yZjMxNzB[] 返信

      ここは『まねきねこ福を呼ぶ、春』だろ

    • 307 名前:初めの曲とかいいよねー。 ID:wYWIyMTJ[] 返信

      >>306 同意w バンド設立当初の曲ね。
      『まねきねこ福を呼ぶ、春』

    • 308 名前:名無しのスタッフさん ID:mYWVjNDM[] 返信

      これは迷作の予感

    • 309 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ひしもち「ここはまねきねこ福を呼ぶ、春でしょう」


      どら焼き「どら!最高のこの曲でいくどら!」


      「でもボーカルとドラムはどうするの…?」


      「ドラムなら自分がやりましょうか?」


      「じゃああたしが歌うよ!」


      「日菜ちゃん…麻弥ちゃん…ありがとう!」


      ワッキー「またあのレーザーが来る前に早くYOU達、歌っちゃいなよッ!」


      利根川「…お前は演奏しないのか?」


      ワッキー「私の担当はタンバリンですから」


      利根川「そう…(無関心)」


      「それじゃあ、行くよっ!」


      >>310 演奏の効果

    • 310 名前:名無しのスタッフさん ID:2YzllODY[] 返信

      爆発四散した後、巨大最中の塊が五つ、関東甲信越に落下

    • 311 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      >>312 爆発の対象

    • 312 名前:名無しのスタッフさん ID:wZGZjMDQ[] 返信

      最中3が最期、踏み潰さるるのであれば爆発するのは巨大最中の楽器がいいのかな?

    • 313 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (まさか和菓子と演奏する日がくるとは…。それにしてもギターだけじゃなくキーボードも上手いですねまりなさん!)


      どら焼き(やっぱりこの曲は最高どら…!この最高の音楽でアイツを倒すどら…!)


      ひしもち(本当は正式な舞台でこの曲をやりたかったのですが…今は仕方ありませんね。ひと段落付いたら最中さんとまた演奏するとしましょう…!)


      (この最中ちゃんが作った曲を最中ちゃんに届けるよ!早くアイツをぶっ飛ばしちゃえっ!)


      (お!これは特訓後一枚絵をバックに心の声が流れるやつ…!わたしも一度やってみたかったんだよねー)


      (3)「グオオオオッ!?」


      「!?」


      (3)「ギャアアアアアㇺッ!!」


      「爆発したぁ!?」


      「なんかばかでかい最中が飛んで行ったけど…ありゃなんだ?」


      ワッキー「あの大きな最中は…>>314ですね」

    • 314 名前:名無しのスタッフさん ID:yZmNlNmQ[] 返信

      ラスボス特有の道連れ技

    • 315 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ワッキー「あの大きな最中はラスボス特有の道連れ技ですね」


      「道連れ!?」


      「それって爆発とか!?」


      「そうじゃなくてもあんなでかい最中が落下したら大惨事ですよ…!」




      (3)「ククク…これで終わりだな…」


      「(またしゃべりだしたモナ…)おい!お前今何やったモナ!?あの最中はなんなんだモナ!?」


      (3)「もう終わりだから教えてやるよ…あの最中は関東甲信越に飛散した…」


      「なんでそんな具体的な範囲に…何をする気だモナ?」


      (3)「>>316」

    • 316 名前:名無しのスタッフさん ID:yZTBmYTc[] 返信

      すべての人間の体内に侵入して体重を増やす

    • 317 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (3)「あの最中には微粒子サイズの極小最中が詰まっている…それをすべての人間に入れて体重を増やしてやる…!」


      「な…なんてことしやがるモナ…!」


      (3)「クク…もう間に合わん、諦めるんだな…」


      「そんなことさせてたまるか!」


      「>>318して阻止してやるモナ!」

    • 318 名前:名無しのスタッフさん ID:kOWEyMzQ[] 返信

      たかが和菓子ひとつ、最中が(地球から)押し出して

    • 319 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「たかが和菓子ひとつ、最中が押し出してやる!」


      (3)「馬鹿な真似はやめろ!モナカの落下は始まっているんだぞ!」


      「そんなこと…やってみなくちゃわからないだろ!?」


      (3)「あとモナカひとつじゃなくて5つだぞ」


      「…」


      (あと4つどうしよ…)


      >>320 どうする?

    • 320 名前:名無しのスタッフさん ID:mNDIxZTk[] 返信

      我らがひまりちゃんなら普段からカロリー吸収はしなれてるから巨大最中4つくらいペロリと消化出来ちゃうよね

    • 321 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (3)「今のうちに他の4つを起動させて…っ!?」


      (3)(馬鹿な…他4つの反応がないだと…!?)


      (3)「モナカは、モナカはどうしたアァァッ!!!!」




      「ふーっごちそうさまー!突然大きな最中が4つの飛んでたから全部食べちゃったよぉ~」


      「ひ、ひまり!?ていうかアレ全部食ったのか…すげえな…」


      「ひまりちゃん!あのでけえ最中もう一つ食ってくれないか!?」


      「有咲!?それに他のみんなも…なんで団子に…」


      「うーん…流石にお腹いっぱいだから無理かなあ…」


      「あ!でも今吸収したカロリーを使って…」


      「>>322するよ!」

    • 322 名前:名無しのスタッフさん ID:0NWE1YTY[] 返信

      かめはめ波

    • 323 名前:名無しのスタッフさん ID:0OTFkNTB[] 返信

      >>322
      えげつないの出そうw

    • 324 名前:名無しのスタッフさん ID:0ZDgwMjk[] 返信

      「かーめー…」キュイイイイイイイ


      「これってもしかして…」


      「はーめー…」イイイイイイイイイ


      「破あああああああああ!!!」ズオオオオオオオオオ




      「貴様ほど急ぎすぎもしなければ、人類に絶望もしちゃ…んん!?」


      (3)「っっ!!?」


      >>325のコンマが
      奇数の場合…モナカだけに命中
      偶数の場合…最中と最中3ごと命中

    • 325 名前:名無しのスタッフさん ID:wYTRhMGI[] 返信

      λ最中はダテじゃない!!

    • 326 名前:名無しのスタッフさん ID:0ZDgwMjk[] 返信

      ドゴオオオオオオ
      (3)「なんだ?どうしたんだ!?」


      「モナカが地球から離れていきます!」


      (3)「そんな馬鹿な!?」


      「平和より自由より正しさより 君だけが望む全てだから」


      「離れても変わっても見失っても 輝きを消さないで」


      「You can change your destiny 時の向こう」


      「You can change your future 闇の向こう」


      「We can share the happiness 捜してゆく許し合える
      その日を」


      T•*¨*•.¸¸☆*・゚.*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*.。・:+°


      利根川「EDっぽいとこすまないが……最中達はどうなったんだ?」


      一同「あ」


      >>327 最中達の行方
      1,宇宙へ
      2,地上へ落下

    • 327 名前:名無しのスタッフさん ID:wNmQ0M2N[] 返信

      悩むが2!

    • 328 名前:名無しのスタッフさん ID:0NWE1YTY[] 返信

      消し炭になってそうw

    • 329 名前:名無しのスタッフさん ID:0ZDgwMjk[] 返信

      (3)「なぜだ…なぜこんな…」


      「よっしゃあ!モナカは宇宙へ飛んで行ったモ…ナ…?」ヒュウウウウ


      「って最中達落ちてるううっ!?」


      「ヤバいモナァ!!このままだと摩擦熱で燃えるか落下の衝撃で砕け散るモナァァ!!」


      >>330 どうする?

    • 330 名前:名無しのスタッフさん ID:zNDM2ZTc[] 返信

      ハピネスハピィーマジカルと唱える

    • 331 名前:名無しのスタッフさん ID:0ZDgwMjk[] 返信

      (どうする…どうすれば…)




      ───『できないことなんて、世界にひとつもないのよ!みんなそれに気づいていないだけなの!』


      (そうだ…まだ諦めないモナ…!何とかするしかないモナ!)


      「…『ハピネスっ!ハピィーマジカルっ♪』!!」


      ─そのとき、ふしぎなことがおこった!


      >>332 ひしぎなことの内容

    • 332 名前:名無しのスタッフさん ID:5NjIwZmQ[] 返信

      黒服が全部解決してくれる

    • 333 名前:名無しのスタッフさん ID:mNDIxZTk[] 返信

      顔はミッシェル最中のまま、プリ○ュアのようなマジカル美少女姿を手に入れる

    • 334 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ガシッ


      (あ、あれ…最中、何かに掴まれて…?)


      黒服「………」


      「モナァァ!?なんで黒服さん!?」


      黒服「説明は後です。それよりもこれから>>335して着地しますよ」

    • 335 名前:名無しのスタッフさん ID:hNmVjZWJ[] 返信

      最中その3を踏み潰して

    • 336 名前:名無しのスタッフさん ID:yZjQ3ZmZ[] 返信

      NKT……

    • 337 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      黒服「そこの最中をクッションにして着地しますよ」


      (3)「何だとォ!?」


      ガッ


      (3)「グオオオオオオオオオォッ!!」


      (3)「この俺が滅びるだと!? そんなことがあってたまるか!人間どもがあぁぁぁーーー!!」


      グシャッ


      (3)「んぎゃああああああああああぁぁぁぁぁ!!!」


      「空から落ちてきた黒服さんが最中を踏みつぶしたっす…」


      「これで一件落着?」


      「こういう派手な最期って大体大爆発するよねー」


      「ウェ!?(低音)」


      ドゴオオオオオオン

    • 338 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「………みんな生きてる?」


      「…な、なんとか…ってあれ?」


      「身体がもとに戻ってるー!」


      「ふぇぇ…良かったよぉ…」


      「あいつが倒されたからかな?」


      美竹父「どうやらそのようだな」


      「うわぁ!?蘭のお父さん!?いつの間に…」


      「あれ?そういえば最中ちゃんたちは?」


      >>340 最中達
      1,全滅
      2,行方不明END
      3,何故か最中達も人間になる

    • 339 名前:名無しのスタッフさん ID:2YzJlNjU[] 返信

      踏み台
      安価なら3

    • 340 名前:名無しのスタッフさん ID:0MmVkYWQ[] 返信

      共存の3

    • 341 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「ここだモナ~……」


      「あの瓦礫の下から聞こえる!」


      「まかせろっ!ソイヤ!」


      「最中ちゃん、みんな、無事?」


      「た、助かったモナァ…」


      どら焼き「どら…」


      「………」


      「ええと…どちら様?」


      「…何言ってるモナまりなさん?最中は最中だモナよ?」


      「……だれか鏡持ってない?」


      「あ、どうぞ」


      「鏡?一体何が……」


      「…」


      「モナァァァァァァ!!?」


      ワッキー「私たちが人間に…!?」

    • 342 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ひしもち人間態の設定だけ決めきれなかったので安価で決めます
      >>343 肉体の性別
      >>344 肉体の年齢
      >>345 身長(高いとか低いとかそのくらいざっくりした感じで)


      一応ここで最中達の人間態の設定を記しときます…
      最中…JK、身長は中の上
      どら焼き…JC,低身長
      ワッキー…20代後半くらいの男性、高身長
      利根川…多分想像通りのアイツ、トネガワ

    • 343 名前:名無しのスタッフさん ID:mNDIxZTk[] 返信

      見た目超絶美少女な男の娘

    • 344 名前:名無しのスタッフさん ID:wNTc1ODg[] 返信

      パレオくらい

    • 345 名前:名無しのスタッフさん ID:2YzllODY[] 返信

      ほどぼどに高い

    • 346 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ひしもち人間態
      超絶美形な男の娘
      中二(パレオくらい)
      ほどほどに背が高い


      これでいきます

    • 347 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「すっごーいっ!最中ちゃんたちが人間になってるー!」


      「それにしても、最中ちゃんって女の子だったんだね…」


      「モナ?最中の性別は最中モナよ?」


      「?どういうこと?」


      ひしもち「そうですね…和菓子、最中や団子はただの食べ物。性別なんてないでしょう?」


      「まぁ、確かに…」


      ひしもち「本来性別の存在しない我々がどういうわけか、性別のある人間になった…」


      「つまり、人間の身体にだけ性別がある…?」


      ワッキー「そんなとこですかねぇ…」


      「あ!そんなことより!フェスはどうするのよ!?」


      明日香「いや、こんなことになっちゃったんだし中止でしょ」


      マーティ「それにみんな人間になってしまったからね…」


      「あ、和菓子の祭典だからもう…」


      「ムムム…」


      「…ライブならCiRCLEでやる?」

    • 348 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「まりなさん?」


      「流石にフェスをウチでやるのは無理だけど…みんな、このまま中止じゃ収まりつかないでしょう?」


      「…まぁな」


      「だから、日を改めて、せめてここにいるみんなでライブしない?」


      「はいはーいっ!やりたいですっ!」


      「即決かよ…」


      「でもやるでしょ?」


      「…まぁな」


      「…そういうことなら、やるわ」


      「湊さんがそういうなら…」


      「excellent!!ナイスアイディアよまりな!そこでRASが最強だと証明してやるわ!」


      「みんな…ありがとう!」


      「………」


      「……最中ちゃん?」

    • 349 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「最中達もライブに出たいけれど…もう、モナ王はいないモナ…」


      「それに、アイツ(最中2)にも聴いて欲しかったモナ…」


      「最中ちゃん……」


      「………」


      ワッキー「なら甦らせればいいじゃないですか?」


      「!?」


      利根川「お前…何を言っているんだ?」


      ワッキー「最中が巨大化したり人間になったりしたんだ、ならば生き返らせることもできるのでは?」


      利根川「…そういわれると一理あるように思えてしまうな…」


      黒服「可能ですよ」


      「うわびっくりしたぁ!?」


      「黒服さん!?」


      黒服「>>350するんです」

    • 350 名前:名無しのスタッフさん ID:1YWFkMTF[] 返信

      コンビニで買ってくる

    • 351 名前:名無しのスタッフさん ID:mNDIxZTk[] 返信

      >>350
      お手軽w

    • 352 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      黒服「コンビニで買ってくるんですよ」


      「は?」


      「買ってきましたぁ~」


      「早!?」


      「ふざけんな!こんなの…あいつらじゃないモナ!」


      黒服「ですからこの最中に(2)さん達の魂を吹き込むんですよ」


      ひしもち「そういう方向性なのか…」


      黒服「というわけで、このモナ王と最中に>>353しましょう」

    • 353 名前:名無しのスタッフさん ID:kZDlhOTN[] 返信

      魂の練成

    • 354 名前:名無しのスタッフさん ID:lZDllMTN[] 返信

      最中3の断末魔がエボルト‪w

    • 355 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      黒服「というわけで、これから魂の練成をします」


      黒服「最中さんは最中を、どら焼きさんはモナ王を持ってください」


      「わ、わかったモナ」


      黒服「持ちましたね?では最中さんは最中さんとの思い出を、どら焼きさんはモナ王さんの思い出をイメージしてください」


      どら焼き「イメージってどんな?」


      黒服「ぶっちゃけいうと左エピソードみたいなやつです」


      「私が出てこないほうかぁ…」


      (最中…)


      どら焼き(モナ王さん…)


      >>356 最中2との思い出
      >>357 モナ王との思い出

    • 356 名前:名無しのスタッフさん ID:1ZDRhMzI[] 返信

      小さいころ公園ですれ違ってた。ばあちゃんに確認したから間違いない。

    • 357 名前:名無しのスタッフさん ID:jZWNjNjQ[] 返信

      どら焼きが青い狸に食べられそうになったときにモナ王が「ファイトォォォォォォォォ!!!、いっぱぁぁぁぁぁつ!!!!!」という掛け声を使って助けた

    • 358 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ──フェス前日(回想)


      (2)「お前とはなんだか初対面な気がしねーな…」


      「うーん…言われてみれば…あ!お前、小さいころ公園で遊んでいたモナ!?」


      (2)「え?…うん、まぁ…」


      「じゃああの時すれ違った最中はやっぱりお前だったのかモナ!」


      (2)「はぁ!?そんな馬鹿な…」


      「間違いないモナ!おばあちゃんも言っていた…」


      (2)「というかそんなに昔のこと良く覚えてるな…会話もしてねーのに…」


      「もしかしたら…最中とおまえは小さいころすれ違ってたりして…」


      (2)「どこかで聞いた台詞だな!?」




      (なんで今これを思い出したんだモナ…?)

    • 359 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ──回想


      どら焼き「しゃ、喋る青狸だどらぁ!?」


      繝峨Λ縺医b繧「ボクは狸じゃなーいっ!」


      どら焼き「ひぃっ!逃げるどら…」


      繝峨Λ縺医b繧「まてー!僕のおやつー!」


      ーーーーーーーーーーー


      ガシッ
      繝峨Λ縺医b繧「つーーーーーーーーかまえたああああああああああああああああああああああああああっっっっ!!!!!」


      どら焼き「うわぁ!?は、離して!」


      繝峨Λ縺医b繧「繝峨Λ縺医b繧薙ヰ繝医Ν繝峨が繝?繧ゅ〒縺溘=」


      どら焼き(もうダメだ…)


      「ファイトォォォォォォォォ!!!」


      どらやき「っ!?」


      モナ王「いっぱぁぁぁぁぁつ!!!!!」
      ドンッ
      繝峨Λ縺医b繧「グエーッ」


      ポロッ
      どら焼き「助かったどら…」


      どら焼き(あ、あの最中、青狸を吹っ飛ばしたどら…!?)


      モナ王「ふぅん、やっとみつけたぞ!お前がこの辺りを荒らしている狸か…」


      繝峨Λ縺医b繧「驥朱ヮ縺カ縺」谿コ繧キ縺ヲ繝、繝ォ」


      モナ王「ほう、まだ向かってくるか…ならば」


      モナ王「>>360してやろう」

    • 360 名前:名無しのスタッフさん ID:wZGZjNzk[] 返信

      溶鉱炉送り

    • 361 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      モナ王「溶鉱炉送りしてやろう」
      ブワッ


      どら焼き(…!なんかいきなり場所が溶鉱炉に切り替わったどら…!?固有結界か何か!?)


      モナ王「落ちろ!」
      ゲシッ


      繝峨Λ縺医b繧「グエーッ」


      ドボォンッ
      繝峨Λ縺医b繧「縺ゅ>繧九Χ繧、繝シ縺ー縺」繧ッ」
      ゴポゴポ…
      モナ王「終わったか…」


      どら焼き「あ、あの!助けてくれてありがとうどら!」


      モナ王「礼には及ばん、我はあの狸が気に食わなかっただけだ…」




      どら焼き(そうだ…わたしは…モナ王さんと初めて会ったときに助けてもらったどら…!)


      どら焼き(今度はわたしがモナ王さんを助けるどら…!)

    • 362 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「おお…最中とモナ王が光った…?」


      黒服「どうやら成功したみたいですね」


      モナ王「ウーム…」


      (2)「あれ?俺はいったい…」


      どら焼き「うわーん!モナ王さーん!」


      モナ王「ぐえっ潰れる…」


      「良かった…また会えたモナ…」


      (2)「モナって…お前まさか最中なのか?」


      「あ、そうだった…なぜか人間になってたんだモナ…」


      黒服「この際モナ王さん達も人間態になりますか?」


      モナ王「なりますか?って…そんな簡単にできるものなのか?」


      黒服「>>363」

    • 363 名前:名無しのスタッフさん ID:lOGFkODF[] 返信

      自分でできないって決めない限り、いつでも、なんでも、誰だってできるのよ!

    • 364 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      黒服「………」ブルブル


      (2)「?」


      バリィ
      「自分でできないって決めない限り、いつでも、なんでも、誰だってできるのよ!」


      「モナァ!?」


      「ふえぇ!?黒服さんがこころちゃんに…!?」


      「勇気がないならあたしがあげるわ!ほら!魔法の言葉を唱えましょう!」


      (2)「魔法の言葉…?」


      「多分、ハピネスハピィーマジカルのことモナ」


      モナ王「よくわからんが、やってみるか…」


      ひしもち「頑張ってください」


      (2)「ハピネス!」


      モナ王「ハピィーマジカルっ!」


      >>365 どんなかんじに変身する?
      1,爆発
      2,魔法少女っぽく
      3,おぞましいかんじに

    • 365 名前:名無しのスタッフさん ID:iOTgyZjh[] 返信

      じゃあ、2!

    • 366 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      その時、不思議なことがおこった!


      (2)「うわぁ!?か、身体が!?」


      モナ王「…変身するのはわかったがなんでこんなにSEが可愛らしいんだ?」


      「なんだか魔法少女モノを思い出しますねぇー」


      「誰かマスコットキャラみたいな声だせる?」


      利根川「最中達をおうえんしてパワーをおくってあげてほしいトネ!(裏声)」


      「やめろぉ!CV白竜のマスコットとかギャップがヤバすぎんだろ!?」


      「あ、変身が終わるみたい」


      「おお…どんな姿に…?」


      (2)「あんな変身だったからやっぱり女なのか…ん?」


      モナ王「我は男なんだが」


      「えぇ…(困惑)」


      どら焼き「カッコいいどら…」

    • 367 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      一応モナ王達の設定

      (2)人間態…JK、最中人間態より若干身長低い

      モナ王人間態…大学生くらい、高身長

    • 368 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      モナ王「…なにはともあれこれで皆人間の姿になったわけか…」


      「これは参加してくれる流れかな?」


      「もちろんだモナ!BAD SWEETS ひまりに愛想を尽かされたもの達も出るモナ!」


      「やったあ!」


      「前から思ってたけどなんでそんなバンド名なのー?」


      「ソうだな…イったいどうしてひまりがかんけいしャみたいになってるんだ?」


      「ソイヤやめろ!」


      ひしもち「>>369」

    • 369 名前:名無しのスタッフさん ID:0MDUxMTI[] 返信

      ソうイえばなんでヤろう?

    • 370 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ひしもち「ソうイえばなんでヤろう?」


      「やめろっつってんだろ!」
      ボゴォ
      「ぐはぁ!」


      「なんだか聞かないほうがよさそう…」


      「花音ちゃん達も出る?」


      「ふぇ?良いんですか…?」


      「もちろん!」


      美子「誘ってくれるのはうれしいけどボーカルとキーボードがね…」


      「………」


      「じゃああたしがボーカルやっていい!?」


      「日菜さん?」


      「あの最中に無理やり集められたとはいえ凄い演奏だったからさ、一緒にやってみたいなーって。いいよね?」


      美竹父「私たちは構わないが…キーボードはどうするんだい?」


      「それなら…」チラッ


      利根川「え?」

    • 371 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      利根川「いや…未経験なんだが…」


      「有咲ちゃんのとこの盆栽だったんだし大丈夫だよ!」


      「できないことなんてないのよ!」


      「…こうなっちまったら止まらねーな…私でよけりゃ多少はレクチャーするからがんばろーぜ…」


      利根川「ぐっ……主まで……」


      「おざわ…」
      「はざわ…」
      「くろさわ…」
      「きたざわ…」
      「みさわ…」


      (また奥沢さんたちの声が…?)


      利根川「……わかった、やろう」


      「やったぁ!」


      利根川「それでバンド名はどうするんだ?」


      美子「そうだよね、あの最中のバンドじゃなくなったわけだし新しい名前を考えないと…」


      >>372新しいバンド名

    • 372 名前:名無しのスタッフさん ID:4YzIzZDk[] 返信

      時計仕掛けの真剣佑

    • 373 名前:俺はミラチケで誰を交換すればいい?ゼロは俺に何も言ってはくれない… ID:xYzFhYjF[] 返信

      「というわけで、時計仕掛けの真剣佑に決定!」


      (2)「何?バンド名に名前入れなきゃいけないルールとかあるの?」


      「時計仕掛けの真剣佑ね…よしっと。Aftergrowも出る?」


      「出たいです!…まあみんなに確認してからですけどね」


      「そうだ、蘭のお父さんが出ることは伏せておきませんか?」


      美竹父「私が?」


      「蘭が恥ずかしがって逃げそうですから…」


      「それに蘭を驚かせたいですしね!」


      美竹父「そういうことなら…わかりました」にやっ


      美子(美竹さんってあんないたずらっぽい笑み浮かべるんだ…)


      「それじゃあ、日程とかは後で連絡するからよろしくね!」


      「みんな、今日はお疲れ様!」

    • 374 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「さてと、私たちはこれからどうしようか?」


      ひしもち「早速練習でもしますか?」


      「うーん…でもせっかくこんな姿になったことだしやってみたいことがあるモナ」


      モナ王「ほう…なんだ?」


      「>>375モナ」

    • 375 名前:名無しのスタッフさん ID:mNmFjMmE[] 返信

      水着回

    • 376 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「水着回モナ」


      ひしもち「…この時期に?」


      どら焼き「人間になったからってオリキャラ同然のあたしたちに需要はないと思うどら」


      (2)「いや真顔でなんてこと言ってんだどら焼きちゃん…」


      モナ王「…まりなからも何か言ってやれ……まりな?」


      「>>377」

    • 377 名前:名無しのスタッフさん ID:3ZjgwNDM[] 返信

      本音 私も水着イラスト欲しい
      建前 水着回すれば新曲のイメージが湧くかも!最初は作詞しようとしてたみたいだしちょうどいいじゃない!

    • 378 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「私は賛成よ」


      ひしもち「え?」


      「ライブまでに新曲、やってみたいの」


      モナ王「ほう?」


      「だからここで水着回すれば新曲のイメージが湧くんじゃない?」


      どら焼き「な、なるほど…」


      (2)「お前、そこまで考えて…」


      「え?ああ、うん…(ノリで言っただけとは言えないモナ…)」


      「それじゃあ、早速準備しましょう!」


      >>379何処で水着回する?
      1,海
      2,トコナッツパーク(イベントストーリー夏にゆらめく水の国でRoseliaが行ったテーマパーク)

    • 379 名前:名無しのスタッフさん ID:zOWJlZTB[] 返信

      1で!

    • 380 名前:名無しのスタッフさん ID:zNmFmMjc[] 返信

      いよいよまりなさんがボーダーから解放されるのか…!?

    • 381 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      シャラーン!


      新メンバー登場!


      『水に濡れてもへっちゃらなんて…感激モナ…!』


      ギュイーン!
      (BAD SWEETS ひまりに愛想を尽かされたもの達のロゴ)
      「モナ…!」

      [もう水は怖くない]ミッシェル最中 ☆☆☆☆


      『水着よ水着!私だって着るんだからね!?』


      ギュイーン!
      (BAD SWEETS ひまりに愛想を尽かされたもの達のロゴ)
      「いえーい!」

      [念願の水着]月島まりな ☆☆☆☆

      季節外れのmarine sweets ガチャ開催!

    • 382 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      (2)「…なんだ今の演出」


      ひしもち「ガチャ演出らしいです」


      (2)「よくわかんねーけど…そうなのか」


      ─海
      「海だー!イヤッホオウ!」


      モナ王「テンション高いな…」


      「海に来たことだし、早速>>383するわよ!」

    • 383 名前:名無しのスタッフさん ID:2YmE3Y2Q[] 返信

      ナンパ

    • 384 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「海に来たことだし、早速ナンパするわよ!」


      (2)「はぁ!?」


      ひしもち「いや、この時期に海に人がいる訳…」


      どら焼き「どら?あそこに誰かいるどら」


      モナ王「いるのか…」


      >>385 海にいた人

    • 385 名前:名無しのスタッフさん ID:2YmE3Y2Q[] 返信

      ぬれおかき(美少女)

    • 386 名前:名無しのスタッフさん ID:zNmFmMjc[] 返信

      まさかの(また)人外w

    • 387 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「なんか美少女がいるモナ」


      「かわいいっ!…早速アタックよぉ!」


      「行くモナァ!」


      (2)「ちょ、待てよぉ!」


      ひしもち「やれやれ…」




      「お譲ちゃーん!今からオレらと遊ばない?」


      (2)(なんだよその口調…)


      ぬれおかき「>>388」

    • 388 名前:名無しのスタッフさん ID:hYjJlMjk[] 返信

      そんなセリフじゃ女の子を濡らす事は出来ないわ

    • 389 名前:名無しのスタッフさん ID:2YmE3Y2Q[] 返信

      バトルの合間の日常編みたいなノリ好き

    • 390 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      >>389
      あざまーす!このSSバトル物だったのか…(困惑)


      ぬれおかき「そんなセリフじゃ女の子を濡らす事は出来ないわ」


      「………」


      「なんだ?この女…」


      (2)「いやあんたが言えた台詞じゃないでしょ」


      「面白い…だったら濡らしてやろうじゃない!」


      >>341どうやって濡らす?

    • 391 名前:名無しのスタッフさん ID:kNmQwNzJ[] 返信

      海に突っ込んで物理的に

    • 392 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      安価ミスってた…


      「こうなったら…!」

      ガシッ

      ぬれおかき「っ!?何するんですか!?」


      「よいしょっとおっ!」
      グルグル
      ぬれおかき「うわぁ!?」


      モナ王「これはまさか…」


      「そおおおれっっ!!!」
      ブンッ!
      ぬれおかき「きゃああああ!?」
      ドボオオオン…


      どら焼き「」


      「決まったわ」


      (2)「おいイイイイっっ!!なんでいきなり女の子にジャイアントスイングかましてんだよアンタァ!!?」


      「いや、だって濡らそうと思って…」


      (2)「物理的ィ!!しかもダイナミックすぎだろ!!!」


      ザバァ
      ぬれおかき「ぷはぁっ!!」


      ひしもち「だ、大丈夫ですか…?」


      ぬれおかき「……よくもやってくれましたね」


      ぬれおかき「>>393します!」

    • 393 名前:名無しのスタッフさん ID:wNmQ0M2N[] 返信

      ジャーマンスープレックス

    • 394 名前:名無しのスタッフさん ID:kZmUwMzB[] 返信

      あれ?やっぱりこれバトルものなのかな…?

    • 395 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      >>394
      あ、あこゎ。。。安価SSしてただけなのに。。。


      ぬれおかき「お返しです!」
      ガシッ
      「なっ…!?」


      ぬれおかき「オラァッ!!」
      ドグシャァ
      「ぶげぇっ!!」


      「じゃ、ジャーマンスープレックスだと…!?」


      モナ王「ほう、あの女なかなかやるな」


      どら焼き「まりなさん、大丈夫どら!?」


      「やってくれるわねこのアマが…!」


      (2)(いやアンタだってジャイアントスイング決めてたじゃねーか…)


      「喧嘩はだめだモナよ!」


      ぬれおかき「そうですね…ここは試合で決着をつけましょうか?」


      「試合?」


      ぬれおかき「はい。ちょうどそこにリングがあるので」


      (2)(………は?)

    • 396 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      >>396「さぁ始まりました世紀の一戦!月島まりなVSぬれおかき。」


      >>396「実況は私、>>396、そして解説は>>397でお送りします。」


      (2)「なんで海岸にリングがあるんだよ…!?」


      ひしもち「ブシ〇ードだからじゃないんすか(適当)」


      「えぇ…」

    • 397 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      安価ミスしたので再安価
      実況>>398
      解説>>399

    • 398 名前:名無しのスタッフさん ID:hYjJlMjk[] 返信

      湊パパ

    • 399 名前:名無しのスタッフさん ID:5NzBmNmM[] 返信

      木谷高明

    • 400 名前:名無しのスタッフさん ID:2YzllODY[] 返信

      >>399
      ブシロードの創設者が解説するとは
      ある意味御前試合

    • 401 名前:名無しのスタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「ちょ…いくらなんでも社長呼ぶのはまずいモナ…」


      モナ王「安心しろ、我らはただの和菓子に過ぎん。ブシロードのキャラクターじゃないから大丈夫だ」


      ひしもち(あなたは別の問題でアウトなのでは…?)


      湊父「おおっとぉ!ラリアットが決まったぁー!」


      どら焼き「意外と派手にやりあってるどら…」


      コンマ偶数でまりなが、奇数でぬれおかきちゃんが技をきめるぞ!
      >>402ドロップキック
      >>403こけし
      >>404片翼の天使
      >>405スリングブレイド、ハイフライフロー

    • 402 名前:匿名スタッフさん ID:lMzUxYzl[] 返信

      まーりーな!まーりーな!(/・ω・)

    • 403 名前:匿名スタッフさん ID:xMWU5Yjg[] 返信

      こけしはぬれおかきでも大丈夫だな
      倒れるだけだから

      さぁどっちだ

    • 404 名前:匿名スタッフさん ID:kZmUwMzB[] 返信

      やっぱりバトルものじゃないか!いいぞ!やっちまえ!

    • 405 名前:匿名スタッフさん ID:5NzBmNmM[] 返信

      そいやっ!

    • 406 名前:匿名スタッフさん ID:xMWU5Yjg[] 返信

      まりな怒濤のラッシュくらってて草

    • 407 名前:匿名スタッフさん ID:kZmUwMzB[] 返信

      まりなさん申し訳ない…w

    • 408 名前:匿名スタッフさん ID:5NzBmNmM[] 返信

      上に同じく笑

    • 409 名前:匿名スタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「だっしゃぁっ!」


      ぬれおかき「ぐぅっ…」


      湊父「ぬれおかきをロープに置き、サードロープを利用してドロップキックゥ!凄い威力だァ!」


      (2)「まりなさん、あんなアグレッシブに動けたんだ…」


      ぬれおかき「やってくれますね…!」


      「っ!?」


      湊父「おおっとお!?ぬれおかき、まりなを強引に、強引に担いだァ!!」


      湊父「ああーっ!これはぁ!片翼の天使だぁーっ!!」


      「がふっ…」


      木谷「ちなみにこの技、片翼の天使はバンドリユーザーの皆さんご存じケニー・オメガ選手の必殺技です」


      湊父「さらに…この動きは!?まさか出すのか?出たよ、こけしが…決まったぁー!」


      どら焼き「ま、まりなさん…っ!」


      ひしもち「あの娘、できる…!」

    • 410 名前:匿名スタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「なかなかの攻撃だね…」


      ぬれおかき「へぇ?まだ動けるんですか?」


      「今度はこっちの番だよ!」


      ぬれおかき「…甘いんだよ!」ガッ


      「うぐぅっ…!」


      湊父「ぬれおかき、まりなの攻撃をかわして…このムーヴはスリングブレイドォっ!!」


      湊父「そのままトップロープに!決めに行くのかぁ!?ハイフライフローが炸裂ぅぅっっっ!!!」


      「がはっ…!」


      >>411コンマ
      30未満 ぬれおかき勝利
      30以上 まりな立ち上がる

    • 411 名前:匿名スタッフさん ID:3NDUxNDl[] 返信

      まりな頑張れ!

    • 412 名前:匿名スタッフさん ID:3NDUxNDl[] 返信

      >>411
      やってしまった…

    • 413 名前:匿名スタッフさん ID:xMWU5Yjg[] 返信

      いやこのムーブは完全にぬれおかきの勝ちだわw

    • 414 名前:匿名スタッフさん ID:2MTFhMDg[] 返信

      これは空気読めるコンマ

    • 415 名前:匿名スタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      湊父「まりなたまらずダウンっーー!!そしてカウントが始まったァ!」


      ジャッジ「1!2!……スリィィッッ!!」


      カンカンカンカーンッ!


      湊父「20レス、勝者!ぬ~れ~お~か~き~ぃぃぃいっっっ!!!!!」


      ぬれおかき「っっっしゃぁぁぁあ!!!」


      (2)「なんつー壮絶な戦い…」


      「とにかくこの体験を歌詞にするモナ…」


      ひしもち「水着回始まったと思ったらなんなんだこれは…」




      ──数日後、CiRCLE
      どら焼き「まりなさん、身体はもう大丈夫どら?」


      「うん!もう完全復活だよ!」


      「で、新曲が完成したんだって?最中ちゃん」


      「そうだモナ…新曲の名前は…」


      「>>416だモナ!」

    • 416 名前:匿名スタッフさん ID:hYjJlMjk[] 返信

      因果応報ジャッジメント

    • 417 名前:匿名スタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「因果応報ジャッジメントだモナ!」


      「ぐうの音も出ない…」


      ひしもち「あのぬれおかきさんに感謝ですね」


      「ぬれおかきちゃんならライブに招待したモナ」


      「え、来るの!?」


      (2)「よろこんでって言ってたぞ」


      「…やってやろうじゃないの」


      「プロレスでは負けたけど私たちの新曲聴かせてぎゃふんといわせてやるわ!」


      「よぉし、早速練習だモナ!」


      全員「おー!」

    • 418 名前:匿名スタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ──数時間後
      「ふう…、いったん休憩にするモナ!」


      (2)「………」


      「どうしたの、最中ちゃん」


      (2)「あ、まりなさん…」


      (2)「…凄いなって」


      「え?」


      (2)「あいつに、最中に連れられてここまでついてきたけど改めて、みんな凄い演奏してるんだなって思って…」


      「…キミもやってみる?」


      (2)「え?でも…」


      「ちょっとまってて!ギター持ってくるから!」


      (2)「ちょ…」


      ひしもち「もしよければ私も力になりましょうか?」


      (2)「ひしもち…でも今休憩中じゃ」


      ひしもち「私がやりたいから良いんです。で、やりますか?」


      (2)「ああ…よろしくお願いします」

    • 419 名前:匿名スタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      ♪~


      (2)「ど、どうだ…?」


      ひしもち「だいぶ良い感じですね」


      「上達早いねえ!いいセンスよ!」


      (2)「そ、そうか?えへへ…」


      どら焼き「楽しそうどら…ん?最中さん?」


      「こうしちゃいられんモナ…!」


      モナ王「何してるんだ?」


      「もう一曲、新曲やるモナ」


      「お前も一緒に演奏する曲を作るモナ!」


      (2)「ええ!?」


      モナ王「ほう…いいじゃないか」


      どら焼き「最中さんと演奏できるどら♪」


      ひしもち「ツインギター…いいですね」


      「よし!それじゃあみんなで考えましょう♪」


      「もちろんお前も一緒にだモナ!」


      (2)「……ああ!」


      >>420,>>421,歌詞の内容

    • 420 名前:匿名スタッフさん ID:hYjJlMjk[] 返信

      突然亡くなってもう二度と返信の来るはずの無い人のLINEのトーク履歴が消えてしまうことが怖くて、古くなったスマホの機種変が出来ない若者の気持ち

    • 421 名前:匿名スタッフさん ID:xMWYwYTV[] 返信

      他愛もない会話を交わしている相手に対してに突然「今こいつを手に持っているレンガで殴ったらどうなるんだろう」という気持ちになって、本当に実行してしまった人の気持ち

    • 422 名前:匿名スタッフさん ID:lMWQ0Y2F[] 返信

      >>420
      >>421
      真逆で草

    • 423 名前:匿名スタッフさん ID:zOWJlZTB[] 返信

      レンガで殴る…
      突然亡くなった人…
      あっ(察し)

    • 424 名前:だって、安価が言ったんだ…そうだ、安価がやれって! ID:xYzFhYjF[] 返信

      「できたモナ!」


      (2)「いや何で今の流れでこんな物騒な歌詞になったんだ!?」


      「まぁ、あるあるな感情だから歌詞に共感してくれる人けっこう出ると思うよ」


      ひしもち「最悪歌詞がアレでもメロディーが良ければそれっぽくなりますよ」


      (2)「それでいいのか!?」

    • 425 名前:こんなことになるなんて知らなかった!誰も教えてくれなかっただろっ! 俺は悪くねぇっ!俺は悪くねぇっ!! ID:xYzFhYjF[] 返信

      ─さらに数時間後

      「ふぅ…今日はこの辺りで終わりにしとくモナ」


      (2)「思ってたよりハードだな…」


      ひしもち「それじゃ、帰りますか」


      「………ん?」


      「そういえば、最中ちゃん達って今まではともかく今の姿になってから夜はどうしてるの?」


      「そういえば言ってなかったモナね…」


      「>>426モナ」

    • 426 名前:匿名スタッフさん ID:yZTYxNzE[] 返信

      寝てる

    • 427 名前:匿名スタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      「寝てるモナ」


      どら焼き「そりゃ夜は寝るどら」


      「え、そりゃそうだろうけど…」


      「ついこの間まで和菓子だった貴方たちがどこで寝てるの?まさか野宿?」


      ひしもち「そんなわけないじゃないですか」


      ひしもち「>>428ですよ」

    • 428 名前:匿名スタッフさん ID:1YjBhY2U[] 返信

      「おじさん、私今日寝る所ないんだ。一晩泊めてよ」って言って泊めてもらってるん

    • 429 名前:匿名スタッフさん ID:yZTYxNzE[] 返信

      自分の拾いにくい安価で止まって責任感じてたけど戻ってきてくれてよかった



428件の返信スレッドを表示中

トピック「【SS】最中「暇だから>>2するモナ」【安価】」には新しい返信をつけることはできません。