【SS】リサ「友希那が小さくなった」

TOP スレッド一覧 SS掲示板 【SS】リサ「友希那が小さくなった」

89件の返信スレッドを表示中
    • 1 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      ・(若干の)キャラ崩壊注意

      「友希那の気を感じる。公園辺りかな。」
      「ふえぇ…リサぁ…お父さん…どこぉ…」
      「」

    • 2 名前:匿名スタッフさん ID:yOGExYWM[] 返信

      「ゆっ、友希那が……小さくなってる!?」

      「信じられん……」

      「ううぅ……ハァハァ……」

      「……? 紗夜、どしたの?」

      「紗夜さん、何かに目覚めてる……よね?」

    • 3 名前:匿名スタッフさん ID:iZTI4YmV[] 返信

      期待

    • 4 名前:匿名スタッフさん ID:xNzNhNzk[] 返信

      1です。
      >>2 は自分じゃないので書きたければ自分で立てて下さい。
      >>3 コメントありがとうございます!

      (いやちょっと待ってちょままま)
      (友希那が小さくなってる!?)
      「うう…」
      「あー泣き出しちゃって…
      あー大丈夫?」
      「ん…おねえちゃんだれ?
      リサに似てる…」
      「んー、そうそう、アタシはリサちゃんの…遠い親戚という事にしておこう!友希那ちゃんはどうしたの?」
      「わからない。急にひとりになってここにいたの。」
      「うーん…そっか…お父さんは今家に居ないと思うし…そうだ、友希那ちゃんは歌うのが好きなんだよね?」
      「うん!だいすき!」
      「じゃあお姉ちゃんの友達とセッションしよっか。友希那ちゃんのお父さんもそのうち帰ってくると思うから。」
      「うん、いくー!」
      (こんな簡単について行くとか小さい頃の友希那の将来が心配だよ…)

    • 5 名前:匿名スタッフさん ID:jNzQ3ZGU[] 返信

      支援
      これは期待

    • 6 名前:匿名スタッフさん ID:lMmIxN2I[] 返信

      ゆきなちゃん可愛すぎ…

    • 7 名前:匿名スタッフさん ID:xN2ExM2F[] 返信

      >>5
      ありがとうございます!
      >>6
      ロリ友希那がアニメで見られる劇場版バンドリEoR『約束』、大好評公開中!(ダイマ)

      「湊さんに今井さん、遅いですね。」
      「練習に遅れるなんて珍しいですよねー。」
      「!」ピキ-ン
      「りんりん、どうしたの?」
      「何か、すごい事がこれから起きる予感がします…」
      「え、何それ!りんりん、エスパーに目覚めたって事!?」
      「白金さん、どうしたんですか…メッセージは送っておきましたから先に私達だけでも練習を…」
      「遅れてごめーん!」
      「今井さん、遅刻ですよ。」
      「いやーちょっと事情があってさ…」
      「リサ姉、友希那さんは一緒じゃないの?」
      「あーそれがね…友希那ちゃん、あいさつできる?」
      「はじめまして、みなとゆきなです!」チョコ-ン
      「」
      「」
      「」ガハッ

    • 8 名前:匿名スタッフさん ID:yOGExYWM[] 返信

      「みーにゃーとさーん!ハァハァ……一生離れませんから!!お持ち帰りしまーす!ハァハァ……」

      「さ、紗夜さんが……本能解放しちゃったーーーーー!!(焦り)」

      「……(。-_-。)」

      ナレーション「こ」

      「おいこらナレーション、いらん発言すなww」

      「みにゃとしゃーん……ハァハァ……もうみにゃとしゃんは私だけの娘ですから……ハァハァ」

      「このお姉さん……キモい(泣)」

      「紗夜さんって……ロリコンだったのーーーー!?」

    • 9 名前:匿名スタッフさん ID:xN2ExM2F[] 返信

      1です。
      2と8は同一IDで荒らしと考え、報告しました。
      この状況の改善がされなければ建て直すか、pixivにのみ上げるか等の対応を考えます。
      皆さんは反応せずNG登録だけしておいて下さい。

    • 10 名前:匿名スタッフさん ID:1YzIzOWY[] 返信

      >>9
      了解です。なんか面倒なのに絡まれて大変そうですが応援しています。

    • 11 名前:匿名スタッフさん ID:zZTRlNzU[] 返信

      めちゃくちゃ良いスレだからがんばって続けて欲しい…

    • 12 名前:匿名スタッフさん ID:yOGExYWM[] 返信

      「氷川さん……ロリコンだったんですね……」

      「とはいえ、友希那が小さくなったらそりゃ紗夜も反応するよね……」

      「みにゃとさーん!ハァハァ……私の側に一生くっついてくださいハァハァ」

      「く、苦しいよぉー」

    • 13 名前:匿名スタッフさん ID:xNTE3ZmN[] 返信

      1です。他人を変えることは出来ないので気にせず投稿します。
      引き続きNG登録、スルー対応でお願いします。
      >>10
      ありがとうございます!
      >>11
      がんばロゼリア!

      「今井さん!どうしたんですかこの子!」
      「いやー公園で1人だったからとりあえず連れてきた☆」
      「今井さん…オメガグッジョブ!」
      「リサのおねーちゃん!ここなら歌っていいの?」
      「そうだね!ちょっと待っててねー。」
      「」
      「」
      「紗夜、あこ、固まってるところ悪いけどとりあえず一曲お願いしていい?」
      「「アッハイ」」
      「友希那ちゃん、かわいいね…私は燐子、りんりんおねーちゃんって呼んでね」
      「うん、りんりんおねーちゃん!」
      「ぐはぁぁ!何この天使!?
      ウチに連れて帰りたい…」
      (燐子はもう手遅れかもしれない)

    • 14 名前:匿名スタッフさん ID:jOWQ5N2M[] 返信

      りんりんそのリアクションはギリギリアウトだよ……

    • 15 名前:匿名スタッフさん ID:zNDI3Yzd[] 返信

      まぁロリ友希那さんならしゃーない…のか?

    • 16 名前:匿名スタッフさん ID:2NjJkNzJ[] 返信

      >>14
      ま、まだワンアウトだから…
      >>15
      うん、しゃーない。

      「いっしょーにあなたとーひびかせーるのー♪」
      (友希那ちゃんはお歌が上手だねー)
      (あーかわいい)
      「」ジャカジャカ
      「」ドカドカ

      〜♪
      「リサのおねーちゃん!りんりんおねーちゃん!楽しいね!他のおねーちゃんもすっごく上手!」
      「2人はずっと放心状態だけど演奏は出来ていて流石というかなんというか…
      おーいふたりともー?そろそろ戻っておいでー?」
      「はっ!えーとそうだね。わらわはあこ…闇の終焉が…えっと…りんりん!」
      「友希那ちゃん…かわいいね…どんな衣装が似合うかな…まじ天使…天使のスリーピース…」
      「おーい!りんりん!」
      「あこおねーちゃんだね!さっきのドラム、かっこよかった!」
      「」ズキュ-ン
      「カッコいい…?あこが…?」
      「うん!」
      「わー!嬉しいよ友希那ちゃん!ありがとねー!」ナデナデ
      「あっあこちゃんズルい!私も!」サワサワ
      「えー私は紗夜…ってそんなことしている場合ですか!
      人が急に小さくなるなんて常識的にありえないでしょう!」
      「えーでもアタシが見てきた友希那とそっくりだし…」
      「ひとまず警察に行ってー」
      「さよおねーちゃんはゆきなとセッションするの、いや?」
      「おねーちゃん…オネ-チャン…オネ-チャン…」
      「いいえ、大丈夫ですよ。次は何を歌いたいですか?」ニッコリ
      「小さい友希那も、違う意味でアタシ達を惹きつける力があるなー。」

    • 17 名前:匿名スタッフさん ID:jNGM4MWE[] 返信

      ロリ友希那さんの破壊力パネェ

    • 18 名前:匿名スタッフさん ID:lMmIxN2I[] 返信

      リサ姉が友希那友希那してなくて保護者感あるのが良い

    • 19 名前:匿名スタッフさん ID:4OWVmY2I[] 返信

      …………誰が持ち帰るかでひと騒動起こりそうだな…

    • 20 名前:匿名スタッフさん ID:jNmMyMTB[] 返信

      >>17
      ッパねぇ
      >>18
      ありがとうございます!
      >>19
      それはこの先をお楽しみに…

      「はじまりのあいずはーきみーのうーたーさー♪」
      「ハアハアハアハア」
      (この曲も懐かしいなー)
      「宇多川さん、どう思います?」
      「あーすっごく可愛いですねー」
      「確かにーってそうではありません!」
      「どうしたんですか急に!?」
      「湊さんがあのままではRoseliaはどうなるんですか!」
      「そうですよね…今の友希那さんは可愛いけどあこは友希那さんのカッコ良さに憧れてついて行こうと思ったんだ!」
      「では湊さんを元に戻す方法を探していきましょう。」
      「でももうちょっとあの姿見たいと思いません?」
      「私をおねーちゃんと呼んでくれるのは日菜で間に合っているので」
      (即堕ちしたくせに」
      「聞こえてますよ」
      「あはははー」

    • 21 名前:匿名スタッフさん ID:iYTE5OTQ[] 返信

      「今井さん、湊さんがこのままでは練習になりません。」
      「とりあえず原因を探すために病院に行こう!」
      「病院…?ナース服…ひらめいた」ダッシュ
      「どこ行くのさ、りんりーん!」
      「放っておきましょう。」
      「確かに今の友希那も良いけどこのままだと色々困るよねー…でもこんな時どこに行けばいいか…」

      「話は聞かせてもらいましたよ!」
      「みさき!」
      「奥沢さん、どうしたんですか。」
      「職業病というか子供の気配を感じて。」
      (変態だ…)
      「やーやー友希那ちゃん。おねーさんとも遊んでくれるかなー?」
      「おねーちゃんは?」
      「あたしは美咲。友希那ちゃん、これなーんだ?」
      「ボール?」
      「うん。それを…よっほっほっ」ポイポイポイ
      「わー!すごーい!」
      「どうですか!このこころの無茶振りに付き合わされ続けて身に付けたジャリングをはじめとした大道芸!これで喜ばない子供はいませんよ!」
      「いや何のために来たのみさき…」
      「」ジャ-ン
      「!?どうしたんですか紗夜さん!急にギター鳴らして。」
      「私が湊さんに1番に誘われたのはですね…このギターの正確さがあったからなんですよ!」
      「何張り合ってるんですか!」
      「私にはギターとポテトと日菜と羽沢さんとNFOとRoseliaしかないの!」
      「いっぱいあるじゃないですか!」
      「流石にやりますね紗夜先輩…黒服さん達!DJブースをお願いします!」
      黒服A「承知しました。奥沢様。」
      「え、何。これ、ついていけないあこがおかしいの?」
      「たのしーねリサのおねーちゃん!」
      「いつの間にか友希那の周りに友達がたくさん出来て嬉しいよ…」
      「なにいい話風にしてるのリサ姉!誰か助けてー!」

    • 22 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      「あこちゃんの助けを求める声を聞いて、私が来た!」
      「りんりん!飛び出して行ってなにしてたの!?」
      「これを作ってきたんだよ…」
      「もしかして…友希那さんを元に戻すためのアイテム!?」
      「そんなもったいない事しないよ。友希那ちゃん、色々お洋服持ってきたからお着替えしようねー」
      「うん、するー!」
      「あっお馬さんごっこはもう良いの?」
      「MAXコーヒーもありますよ!?」
      「まだやってたのか。」
      「というか燐子、こんな服よくあったね」
      「あの後一瞬で作りました。」
      「それはすごいけど…サイズとかどうなの?」
      「わたしレベルになると、見るだけでサイズがわかるんですよ」
      (じゃあ今まで採寸してたのは何だったんだ…)
      「はい、ばんざーい」
      「ばんざーい」
      「んほぉ〜幼女のイカ腹たまんねぇ〜」
      「紗夜先輩!」
      「ええ!」
      「え、何ですか2人とも。」
      「Roseliaから犯罪者を出すわけにはいきません。」
      「YESロリータ、NOタッチ。これを守れない貴女はこの場にいる資格は無い!」
      「あー!友希那ちゃーん!」ズルズル
      「もう諦めなよりんりん…ほら、あこだよー。」
      「あーはいはいかっこいいねー。」
      「扱いが酷いよ!?」ガ-ン

    • 23 名前:匿名スタッフさん ID:3NDdiYmM[] 返信

      八重歯ガイジに荒らされてるじゃん
      しかし近い時刻にスプライトのss(八重歯ガイジのID)もたってる…どういうことだ

    • 24 名前:匿名スタッフさん ID:3NjQxZWJ[] 返信

      >>21は作者さんのレスですよね?

    • 25 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>24
      はい、そうです。何故か毎回のようにID変わるので証明は出来ませんが、続き投稿しておきます。
      荒らしの件はスルーでお願いします。

      「さて、そろそろお開きにしますか。」
      「そうですね。なかなかに楽しい時間でした。」
      「友希那も楽しかった?」
      「うん!またやろーね!」
      「じゃあ帰ろっか!」
      「待てーい!何で普通に帰ろうとしてるのさ!」
      「宇多川さん。今までどこに行っていたんですか?」
      「りんりんを封印してきたんだよ!それよりどうするんですかこの状態!」
      「何か問題でも?」
      「あるよ!何も解決してないじゃないですか!」
      「」ハッ
      「今気づいたみたいな顔しましたね…」
      「そ、そんなはずないじゃないですかー」メソラシ-
      「まあこの状態の友希那を帰したらお父さんびっくりしてひっくり返っちゃうかもしれないしねー」
      黒服A「奥沢様、お待たせしました。準備が整いました。」
      「流石に仕事が早いですね。ありがとうございます。」
      「美咲、どうしたの?」
      「いや、湊さんがこうなったの、こころのせいなんですよ」
      「「「な、なんだってー!?」」」

    • 26 名前:匿名スタッフさん ID:5NGI5ZjJ[] 返信

      IDが変わるのはWiFiに接続されてないむき出しの回線だと毎日変わる。
      それ以外だとWiFiの電源が抜けたりすると変わったりはするよ
      なるべく同じIDを保ちたいなら投稿する時の私は同じもの(家なら家、仕事場なら仕事場)で投稿するといいよ

    • 27 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>26
      ありがとうございます。試してみます。

      〜数時間前〜
      「友希那ー!とってもハッピーになれる飴さんが出来たわ!どーぞ!」
      「弦巻さん?気持ちはありがたいけど私はべつにーんッ!?」ゴクン
      「」バタッ
      「友希那ー?おかしいわね。倒れるほど美味しかったのかしら?また作るわねー!」

      黒服A「まずいぞ、こころお嬢様の飴を食べて湊様が倒られてしまった。」
      黒服B「こころお嬢様の作ったものが不味いわけはないがこれはまずいぞ。」
      黒服A「うまいこと言ってる場合か!」
      黒服B「飴だけに?」
      黒服A「しつこい!とにかく様子を見るぞ!」
      黒服B「喉が詰まって倒れたわけではなさそうです。」
      黒服A「では何故…」
      黒服B「!?湊様の身体が縮んでいる!?」
      黒服A「まさかあの身体が縮むという都市伝説の薬を作ってしまったのか…こころお嬢様は恐ろしい才能だ」
      黒服B「どうしましょう…お召し物がブカブカです。」
      黒服A「用意します。」

    • 28 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      黒服B「服は着せましたがこの後はどうしますか?」
      黒服A「ひとまず隠れて様子を見ましょう。今井様がもうすぐ現れると思うので。」
      黒服B「あの方も我々に劣らずのスペックですよねー。」
      黒服A「お、湊様が目を覚ましたぞ。」
      黒服B「辺りを見回してますね。」
      「ふえぇ…リサぁ…お父さん…どこぉ…」
      黒服A「あれ、泣き出してしまった。」
      黒服B「これは助けに行くべきでしょうか?」
      黒服A「そうだな…」
      「あー大丈夫?」
      黒服AB「「!?」」

      黒服B「本当に現れましたよ今井様…」
      黒服A「本当にすごいな…というか身体だけでなく中身も幼くなっているようだ。」
      黒服B「そうですねー。都市伝説の薬は見た目は子供、頭脳は大人ですからねー」
      黒服A「詳しく調べる必要があるな…こころお嬢様の使っていた材料をチェックだ!」
      黒服B「はい!」

    • 29 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      「ーというわけなんですよ。あたしは解析までの時間稼ぎみたいな感じですね。」
      (こころに今度キツく言っておこう)
      「それで、どうやったら友希那さんは元に戻るんですか?」
      黒服B「時間経過で元に戻るそうなのでそろそろ…」
      「」バァン!
      「白金さん!?」
      「りんりん!?りんりんが何故ここに…自力で脱出を?」
      「私の中に宿るロリ魂(コン)が力をくれたんです…
      こんな天使をなくすのは世界の損失です…手始めに友希那さんを攫って弦巻さんの飴レシピを完璧なものにし、全世界に飴をばら撒いてやります!」
      「何バカな事言ってるんですか!」
      「さあ…友希那ちゃん…」
      「…」

    • 30 名前:匿名スタッフさん ID:zNDI3Yzd[] 返信

      ロリ魂(コン)は草

    • 31 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>30
      久々のコメント…ありがたい!モチベーションに繋がります!

      「燐子、貴女何を言っているの?シメるわよ」
      「え?」
      「」ドロップキック、.クリスト
      「な…ぜ…」
      「友希那さん!元にもどったんですね!良かった!」
      黒服B「でも身体はそのままですね…」
      黒服A「まさか前提が違ったのか?」
      「あれ?本当だ!身体は小さいままだ!」
      「なぜ気付かないんですか…」
      「いやー友希那のさんの胸が昔も今も同じだから気付きませんでしたよー」
      「「あーこー?」」ゴゴゴゴ
      「ははは…それで、身体を元に戻すにはどうすればいいんですか?」
      黒服B「それが…湊さんの身体を精密検査して見ないことには何とも…」
      「じゃあお願いします。」
      黒服A「一度親御さんに報告に行った方が良いですね。」
      「わかりました。」
      「じゃあ一緒に行こうか。」
      「では今日はこれでお開きですね。お疲れ様でした。」

    • 32 名前:匿名スタッフさん ID:jNGM4MWE[] 返信

      あこよ、なぜ自ら地雷を踏みに行く?

    • 33 名前:匿名スタッフさん ID:mYmE4OWM[] 返信

      あこちゃん、あこちゃんの方が少しだけ大きいだけで大差ないよ

    • 34 名前:匿名スタッフさん ID:yMTQ1NTk[] 返信

      あこちゃん…後でシメられるぞ…

    • 35 名前:匿名スタッフさん ID:3YzFiMzI[] 返信

      途中アイバーさん混じってて草

    • 36 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>32
      >>33
      >>34
      あこちゃん大人気ですね(笑)
      >>35
      バンドリはリアルとアニメの境界を超えたプロジェクトですからね!

      〜湊家〜
      「ただいま」
      「お邪魔しまーす☆」
      湊父「リサちゃん、いらっしゃい、友希那もおかえー…友希那?」
      「ええ、小さくなったけど私は友希那よ。」
      湊父「何があったんだ!?」
      「実は…」カクカクシガジカマルマルクマグマクドクドハルハル
      湊父「そんな事が現実に…」
      湊母「友希那おかえりーってあらー可愛い!丁度2人目が欲しいところだったのよ!」
      「お母さん、2人目じゃないわ。1人目の友希那よ。」
      (友希那のお母さん、色々ツッコミどころ満載だなー)
      湊母「じゃあ小さいうちに家事覚えましょう!」
      「必要ないわ。リサがいるもの。」
      湊父「友希那!そんなリサちゃんに依存しては…」
      湊母「いいのよ友希那!リサちゃんと添い遂げなさい!」
      湊父「おまっ…何を言っているんだ!」
      湊母「うるさいわね!あなたの薄給ではウチの家系は火のコプターなのよ!リサえもんと友希那がくっ付けば万々歳よ!とっとと既成事実作って欲しいと思ってるからリサちゃん、いつでもベランダから友希那を襲いにきて頂戴!」
      湊父「お前それでも母親か!」
      ワ-ワ-ギャ-ギャー
      「///」
      「///」

    • 37 名前:匿名スタッフさん ID:1YzIzOWY[] 返信

      友希那ママの喋りがキレッキレっ過ぎるwww

    • 38 名前:匿名スタッフさん ID:xMjM3MmE[] 返信

      湊父は現役時代の曲の印税貰ってそう。
      今何の仕事してるのかすげー気になる。

    • 39 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>37
      ありがとうございます!映画でCVが付いたから登場させてみたら
      とんでもないキャラにしてしまいました(笑)
      >>38
      気になりますね!

      「結局、精密検査は翌日ということになっちゃったね…」
      「仕方ないわ。明日はこのまま学校に行くわ。」
      「大丈夫かな…」

      〜翌日〜
      「キャー可愛い!」
      「友希那…今の姿…とても儚いね…」
      「おもしろーい!」
      「wwwwwwwwwwwwww」
      「蘭笑いすぎ〜」
      「学校中に知れ渡ってる…」
      「そりゃそうだよね…」
      「花咲川女子学園生徒会長の白金燐子です!友希那さんは花咲川に転校してもらいます!生徒会長の権限により実力を行使します!」
      「うわでた」
      「そんな権限ありませんよ…馬鹿なこと言ってないで帰りますよ!」
      「あー!私のエンジェルー!」
      「燐子先輩ってあんな人だっけ?」
      「今は暴走気味だけどね。」

    • 40 名前:匿名スタッフさん ID:xMDg5OTM[] 返信

      チビ友希那さん成す術も無く蘭ちゃんにヨシヨシされてそうwww

    • 41 名前:匿名スタッフさん ID:lMmIxN2I[] 返信

      りんりん幼稚園とかに行ったらヤバそうw

    • 42 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>40
      某うさぎ喫茶では銀髪の子を落としてましたね…
      >>41
      よく考えたらピアノ弾くし天職なのでは?

      「いやー今日は大変な1日だったねー。」
      「これは一刻も早く元に戻らないといけないわね…」
      黒服A「湊様、お迎えにあがりました。どうぞこちらへ。」
      「うお、すごい車。」
      黒服B「ご両親も既にいらっしゃいます。さあ、病院へ。」
      〜〜〜
      医者「精密検査の結果、ビタミンC、葉酸、カリウム、不溶性食物繊維、モモルデシンを多く含む食物を定期的に摂取する必要があります。」
      湊父「つまり…?」
      医者「ズバリ、ゴーヤを毎日食べて下さい。」
      「」

    • 43 名前:匿名スタッフさん ID:1YzIzOWY[] 返信

      to be continued…()

    • 44 名前:匿名スタッフさん ID:xMjM3MmE[] 返信

      友希那ちゃん可哀想すぎて草
      りんりんは友希那ちゃんがちゃんと食べれるように対roselia決戦兵器を一緒に飲んであげるべきですね()

    • 45 名前:匿名スタッフさん ID:zMmRiYmI[] 返信

      モモルデシン以外はほうれん草とかでも取れるけどモモルデシンだけは調べてもゴーヤからしか見つからんかった

      しかも、苦味を抜こうとすればする程効果が薄れるから抜くことも出来ない……

      南無(-∧-)合掌・・・

    • 46 名前:匿名スタッフさん ID:xMzA3YmE[] 返信

      ゴーヤ草

    • 47 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>43
      まだまだ続きます!
      >>44
      一気!一気!
      >>45
      \(^O^)
      >>46
      別名ニガウリ、ツルレイシともいわれるつる性の1年草です。
      「予防摂取なんて嫌だな…帰ろうかな…」
      イヤ-!ゴ-ヤナンテタベタクナイ-!スキキライスルトオオキクナレナイヨ!
      「今の子、友希那さんに似てたような…」

      アナウンス「湊友希那様ー」
      「」ブフォ

      「ゴーヤを食べるなんて嫌よ!サプリメントでもいいじゃない!」
      「友希那が見た目に似合った言動になってるよ〜。」
      湊母「友希那!このままだと戻れないわよ!リサちゃんをロリコンにするつもり!?」
      湊父「お前は黙ってろ!」
      ナース「あの…他の患者さんの迷惑になりますので…」
      ワ-ワ-
      「…」
      「私も好き嫌いなくす努力した方が良いのかな…」

    • 48 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      「このままではゴーヤ漬け生活になってしまう…そうだわ!」
      〜〜〜
      「弦巻さん、この間は飴をありがとう。」
      「友希那!喜んでくれて嬉しいわ!でも変ね、友希那はもう少し大きかった気がするのだけれど。」
      「ええ、貴女のくれた飴のおかげで見えなかった世界が広がったわ。だからあの飴をもっとくれないかしら。」
      「そうね!きっとみんな笑顔になれるわ!」

    • 49 名前:匿名スタッフさん ID:jNGM4MWE[] 返信

      飴を入手した友希那さんの次なる一手は?

    • 50 名前:匿名スタッフさん ID:zMmRiYmI[] 返信

      自分が友希那さんの立場なら、こころちゃんのセリフが”みんな”笑顔になれるわ!なのも考えると……ああするのかな?

    • 51 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>49
      続きをお楽しみ下さい!
      >>50
      君のような感の良い読者は嫌いじゃないし好きだよ

      「燐子先輩から友希那先輩が小さくなったって聞いたけど、今日のライブ大丈夫なのか?」
      「あっちゃんからは何も聞かされてないなー。」
      「あ、始まるみたいですよ。」
      「キャアアアアア…ア!?」
      「こんにちは、ロゼリアです。」チョコ-ン
      (何故こんなことに…)チョコ-ン
      (友希那〜どうするのさ〜)チョコ-ン
      (これじゃロゼリアじゃなくてロリゼアだよ…)チョコ-ン
      (最高…!)チョコ-ン
      「って何で全員小さくなってんだよ!」
      「こころのやつ、なんかやらかしたな…」

      (これなら私だけが小さくて目立つこともない!完璧な作戦だわ!あと、元に戻るために最適な食物もそれぞれの苦手な食べ物になるよう調整しておいたわ。)

    • 52 名前:匿名スタッフさん ID:2M2ZjMzZ[] 返信

      対Roselia決戦兵器(ゴーヤ、ニンジン、ピーマン、セロリ入りグリーンスムージー)の出番か…

    • 53 名前:匿名スタッフさん ID:jNGM4MWE[] 返信

      この始末はてさていったいどうなりますことやら

    • 54 名前:匿名スタッフさん ID:zNTg5NmZ[] 返信

      ロリゼア……悪くないね

    • 55 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>52
      出番があるかどうかは…この先をお楽しみに!
      >>53
      ぜってぇ見てくれよな!
      >>54
      ああ…悪くない…

    • 56 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      それからのRoselia…もといRoliseaは元々あった音楽スキルに加え、小さい子達が頑張る姿を見て元気がもらえるということで大好評。Roliseaに憧れてバンドを始める小中学生も急増した。
      ハム
      コウコウコウコウ
      マッタク,ショウガクセイハサイコウダゼ!
      ケイブガウゴキダス-

      司会「えー今回の生放送では社会現象となっているロリゼアの皆さんに来ていただいています。」

      「あ、ロリゼアがTVに出てる。」
      「ンナハハハハハハハwwwwww」バシバシ
      「蘭、痛いって…」
      司会「そして、本日はPastel✽Palettesの皆様にもお来しいただいております。」
      「こんにちは!私たち」
      「「「「「Pastel✽Palettesです!」」」」」
      (このメスガキ共を一度わからせておかないと…)
      司会「今回はこの二つのバンドに3本勝負を行っていただきます。」

    • 57 名前:匿名スタッフさん ID:xMjM3MmE[] 返信

      このカオスな空間だと腹黒千聖さんの実家のような安心感

    • 58 名前:匿名スタッフさん ID:mYmE4OWM[] 返信

      ロリ…ベース…声…うっ頭が

    • 59 名前:匿名スタッフさん ID:xMmMwNGR[] 返信

      ちぃちゃいフラグかな?

    • 60 名前:匿名スタッフさん ID:xMmMwNGR[] 返信

      >>59
      ミスった、ちぃちゃんフラグかな?

    • 61 名前:匿名スタッフさん ID:jZDhhZDl[] 返信

      ここぞとばかりに美竹の性格の悪さが露呈してて草

    • 62 名前:匿名スタッフさん ID:jNGM4MWE[] 返信

      千聖からドス黒いオーラが見える···

    • 63 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>57
      落ち着くわー
      >>58
      ゆりしぃ、ありがとう…
      >>60
      さあ、どうでしょう?
      >>61
      ああ、悪くない…
      >>62
      黒…白鷺さんは表裏の無い素敵な女性です。

    • 64 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      司会「では第一勝負、プロレスです!」
      「バンド関係ねぇ!」
      「プロレスか…空手は気になってはいるけど今日はそういうことやりに来たわけじゃないし…」
      「でもいい経験になると思いますしジブン、やります!」
      「私も!」
      「あたしも!」
      「私も!」
      「じゃあ私も…」
      「「「「どうぞどうぞ」」」」
      「おいぃ!」
      「こちらは湊さん、お願いします。」
      「ええ、シメるわよ!」

    • 65 名前:匿名スタッフさん ID:xMjM3MmE[] 返信

      中の人同士ならいい勝負のやつですねw
      中の人なら。

    • 66 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>65
      何度もコメントありがとうございます!励みになります!

      司会「それでは第一勝負、プロレス…はじめー!」
      「彩ちゃん!『かわらわり』よ!」
      「アッヤー!」
      「友希那!かわして『からてチョップ』!」
      「ユッキー!」
      (なんだこのポ○モンバトルは…)
      司会「きあいパンチが決まってしまったー!」

    • 67 名前:匿名スタッフさん ID:1YzIzOWY[] 返信

      ユッキー(友希那)なのか、ユッキー(中島由貴)なのか

    • 68 名前:匿名スタッフさん ID:xMmMwNGR[] 返信

      戦いのベースとなるのはベースからの指示…
      (読者のぜったいれいど)

    • 69 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>67
      中島さんは存在するだけでリサゆき
      >>68
      そういえば2人ともベースでしたね!
      司会「では負けてしまった丸山さんには熱湯風呂に入っていただきます。」
      「押さないでね!?絶対押さないでね!?自分のタイミングで入るから!」
      「わかりました、彩さん!」
      (これはフリというものですね!)
      (フリね)
      (フリですね)
      (面白そうだから押そーっと)
      「「「「えい」」」」バシャ-
      「熱い熱い熱い熱いあちゅいいいいいいい!!!」シュワ-シュワ-コオ-リノ-ダイヤニ-

    • 70 名前:匿名スタッフさん ID:xMjM3MmE[] 返信

      空気読めてないのに読めてるあたり流石日菜ちゃん

    • 71 名前:匿名スタッフさん ID:jNGM4MWE[] 返信

      若手芸人並みに体張ってるな丸山

    • 72 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>70
      天才ですから。
      >>71
      流石リーダーやで!
      「なんでやめてって言ったのに押すのさ!」
      「お仕事なんだから仕方ないでしょう?」
      「まあまあ…」
      「2人とも、喧嘩は駄目ですよー。」
      「お仕事だからってなんでもするってことにはならないでしょ!」ズイッ
      「甘いこと言わないで!」ズイッ
      チュッ
      「「あっ///」」

      「ありがとうございます!」
      「あやちさキスで推しが尊い」
      「今日寝れるわー」

      司会「えーお二人も仲直りできたところで一旦CMです。」

      カバ-キョクゾクゾク!
      「すごい事になってるね…」
      (今度ケンカになったらやろう)
      (なんか寒気が…)ゾクッ

    • 73 名前:匿名スタッフさん ID:jNmYwYzh[] 返信

      大丈夫だよモカちゃん、その方法だと蘭ちゃんは巴ちゃんとしかキス出来ないから

    • 74 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>73
      コメントありがとうございます!確かにそうですね!

      司会「第二勝負はフライドポテト大食い対決です!」
      「でも何でポテトなんですか?」
      司会「食べ放題で経営者が一番食べて欲しいものだからです(安いから)」
      (テレビ局にも事情はあるものね)
      「紗夜さん、出てくれますよね?」
      「何でですか!まあ、そこまで言われたら出ない事もないですが…」
      「パスパレはもちろんあたしが出るよー!」
      司会「それでは第二勝負、ポテト大食い、レディー…ゴー!」
      (日菜に負けるわけにはいかないわ

    • 75 名前:匿名スタッフさん ID:lZDBiODQ[] 返信

      紗夜さん、流石にポテトでなら、、、

    • 76 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>75
      コメントありがとうございます!続きをどうぞ!
      「おいしい!おいしい!」
      「うっ…子供の小さい体では一度に多く食べることができない…」ガクッ
      司会「勝負あり!パスパレの勝利ー!」
      「まあ、仕方ないわね。」
      「まだ一本あるから大丈夫だよ!」
      「不甲斐ないです…」
      司会「では罰ゲームとして勝負した相手のモノマネをどうぞ。」
      「って日菜のモノマネ!?」
      「おーいいねー!」
      司会「ではカメラに向かって3.2.1どうぞ!」
      「ぉ…おねーちゃん、だーいすき!」ペカ-
      「キャアアアアアアアアア!(歓喜)」
      「紗夜ちゃーん!お姉さんも大好きだよー!」
      「おねーちゃん…しばらく、おねーちゃんのおねーちゃんになってもいい?」
      「氷川さん…今日、お泊まりに来ませんか?ふふふ…」
      「肉体年齢が下がっているから効果抜群ね。」
      「やるね〜紗夜⭐︎」
      (るんっ♪でも良かったと思うけど…まあいいか!)
      TV「オネ-チャン,ダ-イスキ!」
      「ごはぁ!」バタッ
      「キャー!店員さんー!」
      羽沢父「大丈夫か、つぐみー!」
      「大変だ〜。」
      「やりますね、紗夜さん…」

    • 77 名前:匿名スタッフさん ID:1YzIzOWY[] 返信

      エイプリール紗夜さんといい、日菜ちゃんの真似をする紗夜さんの破壊力は異常

    • 78 名前:匿名スタッフさん ID:xZTljNDZ[] 返信

      最後は対バンかな?それともお絵描き対決かな?

    • 79 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>77
      それいつでしたっけ…思い出せない…
      >>78
      続きをどうぞ!
      司会「第三勝負は二人羽織です。」
      「麻弥さん、頑張りましょう!」
      「ええ、チームワークの見せ所です!」
      「りんりん、これで勝負が決まるからね!」
      (ロリあこちゃんと密着…うひひひひひ)
      司会「では制限時間内に食べることができたおでんの数で勝敗が決まります。それでは、先行はロリゼアのお二人です。」
      「なんでおでん!?」
      「バラエティ的には盛り上がるんですよ。」
      (まやさんもテレビに毒されてる…)

    • 80 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      「あこちゃん…入れるね…」
      「あこも入るよー」
      「融合完了!これよりりんりんは我の両腕…」
      「んほ^~この匂いたまんね〜」クンカクンカクンカセイク-ンカクンカ
      司会「それでは準備が整ったようなので…レディー…ゴー!」
      「りんりん!鍋はもうちょっと左!そのまままっすぐ…そこで下!」
      「流石、息のあったコンビね。」
      「でもこのまま上手くいくかな?」
      「美味しそうなちくわ…いただきま…」
      「んぐっ!?げほっ、げほっ…
      あっつい…
      りんりん、いきなり奥まで…大きすぎるよぉ…」トロ-ッ
      司会「アウトー!この勝負、パスパレの勝ちー!」
      「なんでさー!」
      「そうです!勝負させて下さい!」
      「イヴさん、これは仕方ないことなんですよ…」
      (これはひどい)
      「」カオマッカ
      「あこちゃん…最高だったよ…やっぱりあこちゃんが私のナンバーワンだよ…」ドバ-
      「りんりん…」
      (鼻血出てなければ感動できたのになー)

    • 81 名前:匿名スタッフさん ID:lZDBiODQ[] 返信

      りんりんヤベーって思ったけど今回はあこちゃんが100%ギルティ

    • 82 名前:匿名スタッフさん ID:wNjZmY2V[] 返信

      これは予想出来んかった…www

    • 83 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>81
      バンドリでエロは犯罪だから仕方ないね
      >>82
      楽しんでもらえたら幸いです!
      「あはは…なんだかとんでもない事になってるね…」
      「今度モカとパンを餌にやろう」
      (つぐみ、体はもう大丈夫なの?)
      「…蘭、今何言った?
      つぐ〜この店冷房効きすぎじゃない〜?さっきから寒気が…」ゾクッ

      司会「では負けたロリゼアの皆さんへの罰ゲームです。
      元気になれる成分たっぷりのドリンクを飲んで食レポしていただきます。」
      「なんかすごい色だね…」
      「でも匂いはそんなにしないです。」
      「飲めない味じゃない。むしろ美味しい!」
      「これでは罰ゲームになりませんね。」
      「ええ、気に入ったわ。」
      司会「えーロリゼアの皆さんにも好評なこちらの商品、今から30分間オペレーターを増やしての受付をしております。電話番号はこちら↓」
      0120-☆☆☆☆-○*+×÷
      (見事なまでのダイレクトマーケティングね…)

    • 84 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      〜翌日〜
      「あ、千聖ちゃん。昨日の生放送お疲れ様!」
      「花音、ありがとう。」
      「松原さん、白鷺さん、おはようございます。」
      「あら紗夜ちゃん、おはーって
      え?」
      「大きくなってる!?」
      「ええ、実は最後の罰ゲームで飲んだドリンクのおかげで。」
      「へー良かったね!」
      「ところで、燐子ちゃんは?」
      「ああ、それなら…」
      「私の楽園が消えた…もうこの世に希望は無い…NFOではウィザードなのに絶望しちゃいますよ…」ブツブツ
      「なんだかすごい落ち込んでるね…」
      「日菜もあんな感じだったのでわからないでもないですが…」

    • 85 名前:匿名スタッフさん ID:1MzAzOGZ[] 返信

      >>84
      ウィザードで絶望ってお前はどこの指輪の魔法使いだ?

    • 86 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>85
      ウィザードのヒロインも「りんこ」ですからね!
      〜朝、氷川家〜
      「おねーちゃん!日菜おねーちゃんが起こしに来てあげたよー!」
      「朝からまだそんな事を言ってるの…ってあら?」
      「元に戻ってる!?」
      「何故かしら…もしかしてあのドリンクのせい…?」
      「そんなー!おねーちゃんのおねーちゃんとして頭ナデナデとかしたかったのにー!」
      「そんなにショック受けるほどなのね…でも日菜、私達はありのままの関係が1番大切だと思うわ。そのせいですれ違った事もあったけど、約束して、より固くなった絆もあるのだから。」
      「おねーちゃん…うん!やっぱりおねーちゃんはあたしのおねーちゃんでいるときが1番だよ!」
      「調子のいいことばっかり言って…朝食にしましょう。」

    • 87 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      「♪」
      「日菜先輩、ご機嫌ですね。何かあったんですか?」
      「いやー、やっぱりおねーちゃんはおねーちゃんでいる時が1番だなーって。」
      「紗夜さんですか?そういえば小さくなった紗夜さんの動画が上がっていたので見ます?」
      「つぐちゃーん?あたしは今朝おねーちゃんのありのままの最高さを再確認したんだよー?今更そんなもの見ても反応なんて…」
      「オネ-チャンダ-イスキ!」
      「「ぐはぁ!」」バタッ
      「失礼しまー…って何この状況!?誰か来てー!」

    • 88 名前:匿名スタッフさん ID:xMmMwNGR[] 返信

      よし、これを放送で校内中に流そう(悪魔

    • 89 名前:匿名スタッフさん ID:1YzIzOWY[] 返信

      即落ち二コマw

    • 90 名前:匿名スタッフさん ID:1NTNkNTZ[] 返信

      >>88
      安心してください。全国放送してますよ。
      >>89
      お約束です!
      「いやーそれにしても元に戻れて良かったよ〜。」
      「小さいままでも割とどうにかなったけど、やはり落ち着くわね。」
      「あ、湊さんにリサさん。元に戻れて何よりです。」
      「リサさん〜コンビニに戻って来て下さい〜このままじゃモカちゃん過労死しちゃいます〜。」
      「あはは、ゴメンゴメン!これからは大丈夫だから!」
      「不思議な事もあるもんですねー。流石に突然あこが縮んでた時はソイヤしちゃいましたよ!」
      (ソイヤって何…?)
      「そしてお揃いでどこか行く所があるの?」
      「つぐが倒れたらしいので様子を見に行くんです。」
      「日菜先輩も倒れたらしいです。」
      「そう、何かあったのかしら。」
      (この2人の共通点は…あっ(察し))
      「大勢で行っても迷惑だと思うしアタシたちは後で見に行くよ〜。」
      「そうですか?アタシ達も
      一緒に行っても大丈夫と思いましたが
      やめとくか?」
      「2人くらいがいいんじゃないかなぁ〜」
      「じゃあ私と蘭で行ってくるね!」



89件の返信スレッドを表示中
返信先: 【SS】リサ「友希那が小さくなった」

本トピックは、最後の返信がついた日から 14 日後にクローズされます。


#

※投稿前に必ずご確認ください

※投稿前に「 利用規約」を必ずご確認ください

※大きく行間をあける際には、ボタンから[br](改行コード)を挿入してください

※誹謗中傷、自演、荒らし行為、煽り発言、キャラdis発言などはお控えてください

※画像を投稿される前に、「 画像のアップロードに関しての注意事項」を必ずご確認ください

※2つ以上のリンク含む投稿は、スパム判定されてしまうため、アドレス先頭のhを抜いて(https://~ → ttps://~)投稿してください


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width=""> <div class="" title="">

添付ファイル:

許可された最大のファイルサイズは、8 MB です。

他のファイルを追加する