【SS】ましろ「外からすごい異臭がする…」ホラーSS

TOP スレッド一覧 SS掲示板 【SS】ましろ「外からすごい異臭がする…」ホラーSS

22件の返信スレッドを表示中
    • 1 名前:匿名スタッフさん ID:hZmEyODc[] 返信

      注意です
      このSSは
      ホラー
      鬱(?)
      多少のグロ表現など
      様々な物が含まれるので苦手な方は注意です




      このSSはとある話を元にして少しいじっています
      気付いた方はSSが終わるまでお待ちを…


      では書いていきます



    • 2 名前:匿名スタッフさん ID:hZmEyODc[] 返信

      飲み物を買うために外に出た私は、玄関を開けた瞬間、びっくりしてしまった


      「臭い…」


      あまりにも強烈なにおい、というより、少し生臭い感じがした


      「なんでこんな臭いがするんだろう…」


      自分の家から少し離れて数分歩いてみる


      すると…


      「…?」


      「何あれ…」


      そこには、奇妙な膨れ上がった布団があった


      悪臭の原因はこれだったのだ


      「…」


      何故こんなところに布団が…?と思ったが、それよりもまず先に思った事


      「布団から…何かが垂れてる」


      この布団からは何か不気味な物が垂れていた


      膨れ上がった布団から謎の液体が垂れていて、生臭い臭いがした
      そして、金色の髪の毛がたくさん付いていた


      「なんだろう…気持ち悪い…」


      そして何よりもやばい、この布団には何かヤバい物が包まれている、そう思った


      「…警察に…」



    • 3 名前:匿名スタッフさん ID:hZmEyODc[] 返信

      そう思っていた時…


      「ましろちゃん!」


      「あっつくしちゃん」


      「こんにちは!どうしてそこをうろうろしているの?」


      「…?えっと」


      「何か…変な布団を見つけたから…」


      「あと、変な液体も垂れてるし…」


      「これ、絶対やばいよ…」


      「…」


      「警察に連絡してみr「ましろちゃん」


      「…?どうしたの?」








      「それは私が処理するから大丈夫だよ」


      「……?」


      「え…?」


      「ましろちゃんは何しに外に出たの?」


      「買い物?」


      「う、うん…ちょっと飲み物を買いに行こうと思ったら、変な臭いがしたから…」


      「そっか」


      「じゃあ買い物に行ってていいよ!」


      「それは私が処理する」


      「え………?」


      「いいから」


      「…………」


      「わ、わかった…私行くね…?」


      「うん!またねましろちゃん」


      「………」



    • 4 名前:匿名スタッフさん ID:hZmEyODc[] 返信

      私は少し震えながらもその場を離れてコンビニに飲み物を買いに行く


      「………」


      おかしい


      絶対におかしい


      「………」


      つくしちゃんの言動があまりにもおかしすぎる


      私が処理する…?


      「どうしてつくしちゃんが処理する必要があるの…?」


      それと、何より1番おかしかったのが


      「…」


      「あんな…あんな悪臭がするのに…」


      「どうしてつくしちゃんは平気なの…?」


      「まず「臭い」と思うのが普通だよ…」


      そう思いながらもましろは恐怖を感じながら、コンビニに向かった



    • 5 名前:匿名スタッフさん ID:hZmEyODc[] 返信

      10分後…


      飲み物を買い終わり、あの布団のあった場所に向かうと……


      「………」


      まだ、つくしちゃんがいた


      「………」


      「(こんなに悪臭がするのに、10分もあの場所で一人…)」


      「…」


      恐る恐るつくしちゃんに声をかけてみる


      「あ、あの…つくしちゃん…?」


      「?」


      「あっましろちゃん!戻って来たの?」


      「うん…あのさ」


      「?」


      「その臭い…平気なの?」


      「すごい変な臭いだよ…?」


      「…」


      「うん」


      「大丈夫」


      「………」


      「あ、あのね…」


      「やっぱり警察に…」


      「ううん」






      「これは明日回収されるから」


      「……」


      さっきと言ってる事が違う


      「…」


      「わ、私行くね?」


      「うん」


      「またね」


      「………」


      「(怖い怖い怖い怖い…)」


      あの中には一体何が……



    • 6 名前:匿名スタッフさん ID:hZmEyODc[] 返信

      本日はここまで
      次更新する時は多分完結します
      久々のホラーで上手くかけているかわかりませんが…


      よければコメントお願いします



    • 7 名前:匿名スタッフさん ID:1ZGNiN2I[] 返信

      金色の髪の毛……あっ(察し)



    • 8 名前:匿名スタッフさん ID:1Zjc4NjU[] 返信

      期待



    • 9 名前:匿名スタッフさん ID:hZjc1YTg[] 返信

      つくしちゃんのパンツハラデイ(錯乱)



    • 10 名前:匿名スタッフさん ID:zYjE1YjE[] 返信

      時間の経った遺体の残り香は爪を燃やしたときのにおいに近い



    • 11 名前:匿名スタッフさん ID:lODhjYjF[] 返信

      つくしちゃんの言動がブレてるのがこわい



    • 12 名前:匿名スタッフさん ID:yNzc1YTA[] 返信

      あっ……



    • 13 名前:匿名スタッフさん ID:hZmEyODc[] 返信

      恐怖で言葉があまり出なかったましろは、その場所から離れたが


      「……」


      「(このまま放置するわけにもいかない…そんな気がする…)」


      つくしから離れた5分後に


      また、同じ場所に向かってみた


      すると…………


      「あ、あれ…」


      「無い………」


      あるはずの布団が無かった


      「え…」


      「誰かが持っていった…?」


      「…」


      「それともほんとにつくしちゃんが…」


      奇妙な出来事に震えながらも、ましろは自分の家に帰ろうとする


      すると、少し歩いた場所で…


      「…………!」


      「え………?」


      さっきとは離れた場所に…


      あの布団があったのだ



    • 14 名前:匿名スタッフさん ID:hZmEyODc[] 返信

      明らかに何かが垂れていて、膨れ上がった布団


      そして、たくさんの髪の毛がついていた


      私が見つけたあの布団で間違いなかった


      「でもどうして少し離れた場所に…?」


      「…」


      考えたましろが思いついた事は、誰かがその布団を持ち運んでいたが、重くて遠くまで運べなかったという事


      「(あんなに膨れ上がってるから…もしつくしちゃんなら重くて遠くまで運べないはず…)」


      「…」


      「ほんとだったらすぐに立ち去るし…こんな事に巻き込まれちゃうと大変になるけど…」


      「…私がこの事を伝えなきゃいけない気がする…」


      「だって…」


      「…」


      「あの布団の中にはもしかしたら…」


      ましろはこの事をちゃんと警察に連絡しようとした


      その時…


      「ましろちゃんはどうして分かってくれないの」


      「ひっ…!?」


      「つ、つくしちゃん…?」


      つくしの服には、明らかに布団に付いている液体がかかっていた


      「私はましろちゃんのために」


      「私はましろちゃんを守ったんだよ?」


      「守った…?」


      「ましろちゃん」


      「絶対に連絡しないで」


      「…」


      「もし連絡するなら」








      「他の人だって許さないから」


      「!」


      ましろはこのままではやばいと思い、つくしからできるだけ遠くへ離れ、警察に通報した


      その後、警察に起きた事をすべて話した


      そして…この事件は絶対に忘れたくても忘れられない事件になった…



    • 15 名前:匿名スタッフさん ID:hZmEyODc[] 返信





      あの事件から数日後…


      「…………」


      「……………」


      「…しろちゃん」


      「…」


      私があの事件を思い出す時は、七深ちゃんが後ろから優しく抱きしめてくれる


      「…」


      「…るいるいも言ってたけど、あの件はもう…」


      「わかってる…けど、納得いかないよ…」


      どうしてつくしちゃんが…


      「……」


      「…今日はどうする…?」


      「今日は…るいさんも呼んで」


      「三人で献花しに行こ…?」








      終わり



    • 16 名前:匿名スタッフさん ID:hZmEyODc[] 返信

      これは5chのスレでたてられていた有名な事件です、今回はその話を少し変えてSSにしてみました


      どうだったでしょうか…?知っていた方や感想などあればお願いします!
      今後もこういうホラーSSはたまに書いていきたいと考えています



    • 17 名前:匿名スタッフさん ID:hZmEyODc[] 返信

      少しというよりかなりだったかもですが…そこは許してください🙏



    • 18 名前:匿名スタッフさん ID:2OTA1MjI[] 返信

      すまん、ワイの理解力がないので解説を…



    • 19 名前:匿名スタッフさん ID:5MzNkOGF[] 返信

      元ネタを知らないから何がなんだか分からんのじゃ…
      解説求む…



    • 20 名前:匿名スタッフさん ID:0NjkyNTJ[] 返信

      スレ主さんお疲れ様です~面白かったです!
      自分も元ネタを詳しく知っている訳では無いですが…元ネタの簡単な解説動画載せときます(ゆっくりボイスあり、最初の文字のhを抜いてます)
      ttps://youtu.be/K1YbgQjHdk8



    • 21 名前:匿名スタッフさん ID:3Y2VjMjl[] 返信

      つくしちゃんは町内会の人間だったのか…



    • 22 名前:匿名スタッフさん ID:5N2Y0NWE[] 返信

      やはり悪臭布団事件が元ネタでしたね
      とても面白かったです!
      過去ログ載せておきます
      ttps://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1466347337/1-100
      最初のhは抜かせてます



    • 23 名前:匿名スタッフさん ID:3Y2IxMjh[] 返信

      元ネタあったのね。そしてましろんろん、るいるい、ななみん3人で献花…あっ(把握



22件の返信スレッドを表示中
返信先: 【SS】ましろ「外からすごい異臭がする…」ホラーSS


※投稿前に必ずご確認ください

※投稿前に「 利用規約」を必ずご確認ください

※大きく行間をあける際には、ボタンから[br](改行コード)を挿入してください

※誹謗中傷、自演、荒らし行為、煽り発言、キャラdis発言などはお控えてください

※画像を投稿される前に、「 画像のアップロードに関しての注意事項」を必ずご確認ください

※2つ以上のリンク含む投稿は、スパム判定されてしまうため、アドレス先頭のhを抜いて(https://~ → ttps://~)投稿してください


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width=""> <div class="" title="">

添付ファイル:

許可された最大のファイルサイズは、8 MB です。

他のファイルを追加する