【SS】沙綾「おたえ、行かないで。」 おたえ「…。」

TOP スレッド一覧 SS掲示板 【SS】沙綾「おたえ、行かないで。」 おたえ「…。」

40件の返信スレッドを表示中
    • 1 名前:匿名スタッフさん ID:4ZjVkYzI[] 返信

      「そうだ。沙綾の言う通りだ!」

      「RASに行かないでくれ!おたえ。」

      「そうだよ、そうだよ!」

      「私達5人が揃ってこそ、ポピパだもん!」

      「私は…おたえちゃんと…ポピパのみんなで…。」

      「演奏したい!」

      「みんな…。」




      「私、トイレに行くだけだよ。」



    • 2 名前:匿名スタッフさん ID:zYzM0YmQ[] 返信

      返せ!!
      アニメ視聴時の胸の締め付けられる様な話かと期待してしまった気持ちを…!!ww



    • 3 名前:匿名スタッフさん ID:4ZjVkYzI[] 返信

      ※注意

      ※出オチ

      ※おたえ以外のポピパが、おかしい。

      以上


      宜しければ、どうぞ。



    • 4 名前:匿名スタッフさん ID:4ZjVkYzI[] 返信

      「い、行かないでくれ!おたえ。」

      「いや、だから「そうだよ!おたえ、行かないでよ!」

      「悪い所があるなら、直すから!」

      「ウサギのしっぽパンいくらでも作ってあげるから!」

      「私は、おたえにこれからもギターを教えてもらいたいよ!」

      「だから私は「言い訳は聞きたくないんだ!ポピパに残ってくれー!」

      「」



    • 5 名前:匿名スタッフさん ID:4ZjVkYzI[] 返信

      「みんな、落ち着いt「これが落ち着いていられるか!」

      「そうだよ、おたえちゃん。ポピパの未来を決めることなんだよ。」

      「私はトイr「おたえ、行かないで。」

      「トイレに行くd「い、今…行くって言った!」

      「そ…そんな…。」

      「終わりだ…もう終わった…。」

      「キラキラドキドキしない…。」

      「私はトイr「おたえちゃん、よーく考えなおして!」

      「」



    • 6 名前:匿名スタッフさん ID:4ZjVkYzI[] 返信

      「それに私、知ってるんだよ!」

      「ポピパで武道館ライブ出来るって!」

      「そして、『ベストバンド賞』まで貰えるんだよ!」

      「その為にも、おたえは欠かせないんだよ!」

      「さすが、香澄。未来予知も出来るんだな。」

      「有咲、そこはつっこむところd「私はライブ中、後ろからおたえの背中を見ていたいよ!」

      「m「おたえちゃんがいるから、私もベース弾けるんだよ!」

      (喋らせて。)



    • 7 名前:匿名スタッフさん ID:4ZjVkYzI[] 返信

      (あっ…。我慢の限界…。)

      「…。」プルプル…

      「おたえ!?」

      「体震えてどうしたの!?」

      「トイレに行かせて!」ダッシュ!

      「待て!行かないでくれ!」

      「おたえー!待ってー!」

      「お願い、おたえ。行かないでー!」

      「私の分のチョココロネもあげるからー!」

      「行かせて!」ダダダダダ…(すごいスピード)



    • 8 名前:匿名スタッフさん ID:4ZjVkYzI[] 返信

      別の日の花咲川女子学園…。

      「おたえ、行かないで。」

      「そうだよ、おたえ。行っちゃダメだよ!」

      「おたえちゃん、ポピパを見捨てないで!」

      「おたえ、私はいつでもおたえの味方だ!」

      「だから行かないでくれ。」

      「…。」




      「お昼休みが、もうすぐ終わるから、自分のクラスに帰るだけだよ。」



    • 9 名前:匿名スタッフさん ID:4ZjVkYzI[] 返信

      何で自分は、こんなSSを書いてるんだ…。仕事で嫌なことがあったからなのか。

      …まだ続けますけど、おやすみなさい(現実逃避)



    • 10 名前:匿名スタッフさん ID:iOTA5MDR[] 返信

      ツッコミ側のおたえとな
      いいぞ



    • 11 名前:匿名スタッフさん ID:0ZGNlYmE[] 返信

      割と原作通りな気がする



    • 12 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      ええやん!
      振り回されるおたえもありですねー



    • 13 名前:匿名スタッフさん ID:jYWQxZWI[] 返信

      「みんなも早く「おたえ!私達の話を聴いて!」

      「話を聴くのは、そっちd「おたえ!お願い!」

      「みんなも、午後の授業遅刻しty「午後の授業より、おたえちゃんだよ!」

      「だから私はRASにh「おたえ!何処にも行くな!」

      「」



    • 14 名前:匿名スタッフさん ID:jYWQxZWI[] 返信

      (真っ先に『行かない』って言えば、解放されるのかな。)

      「行かな「おたえ!」

      「行か「おたえ!」

      「行「おたえちゃん!」

      「おたえ!」

      「」



    • 15 名前:匿名スタッフさん ID:jYWQxZWI[] 返信

      「…ごめん。」

      「私、(午後の授業)行くね。」ダッシュ!

      「おたえ!」

      「おたえ、待ってくれ!」

      「おたえ、行かないで!」

      「おたえちゃーん!」

      そして、おたえ以外のポピパメンバーは午後の授業に遅刻した。



    • 16 名前:匿名スタッフさん ID:jYWQxZWI[] 返信

      それから…。

      「おたえ、行かないで。」

      「みんなと一緒に蔵練しに行くんだよ?」

      「おたえちゃん、行かないで。」

      「自分の家に帰るだけだよ。」

      「おたえ、行くな。」

      「買い物に行くだけだよ。」

      「おたえ、行かないで。」

      「パン買いにきただけなのに…。」



    • 17 名前:匿名スタッフさん ID:jYWQxZWI[] 返信

      今夜の更新この辺で。すみません。コメントは、また後で返します。

      IDは、昨日と違いますが同じ人です。あとこのSSは短い予定です。

      『捨ておたえ』とか、最近だと『「美咲ー、法律を変えるわよー。」』とか書いてたやつです。



    • 18 名前:匿名スタッフさん ID:4MTlmYjE[] 返信

      捨ておたえ大好きで拝読していました。
      応援してます!



    • 19 名前:匿名スタッフさん ID:jZjQzYjg[] 返信

      捨ておたえが普通に面白かった件
      ……比べたら随分はっちゃけてるなー(遠い目)



    • 20 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      全部ではないですが、コメ返し

      >>2
      その温度差を狙ってました(

      >>11
      こんなん…だったけかな。

      >>18
      ありがとうございます。自分の初めての作品でもあるので思い入れが強い作品の1つです。第3段も考えていたり。

      >>19
      発想自体は『捨ておたえ』の時点でヤバい(

      路上にあった『拾ってください』のダンボールに、人間が入ってる訳ですし((

      完全に、はっちゃけたのが最初なのは3作品目の、『「湊さん、謝りますからPADを外してください。」』ですね(((


      続き書きます。

      あと『捨ておたえ』みたいに、まだはっちゃけてないのを見たい方は『「氷川3姉妹!」』とかオススメかもしれない。



    • 21 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      また、ある日…。

      (あっ、教科書忘れた。)

      (借りに行こう。)

      2-Bの教室…。

      「沙綾、りみ。国語の教科書貸s「教科書貸したら、おたえが行っちゃう。」

      「」



    • 22 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      「おたえ、行かないで。」

      「行かないで、おたえちゃん。」

      「もうRASと関係なく言ってるよね!?」

      「おたえ、行かないで…。」

      「おたえちゃん、そのツッコミ方は、私の知ってるおたえちゃんじゃない。」

      「ばんどりっ!四コマの『しろいはくと』先生の最初の方の、おたえちゃんみたいになっとる…。」

      「そりゃあ、こうなるよ!」



    • 23 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      「あら?たえじゃない。」

      「あっ、こころ。」

      「国語の教科書貸してくれないかな。」

      「ええっ、良いわよ。これね。」スッ

      (良かった。最初から、こころに頼めば良かったんだ。)

      「じゃあ、ちょっと借りるね。次の授業終わったら返すから。」

      「ええっ、分かったわ。」

      「…。」

      「おたえが、ハロハピに行っちゃう…。」

      「行かないよ!?」



    • 24 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      「たまには羽沢珈琲店で、ゆっくりしようかな。」

      「おたえが、After glowに行っちゃう…。」

      「今日はタエさんをハグハグ〜。」ギュッ

      「あはは。イヴ、くすぐったいよ。」

      「おたえちゃんが、パスパレに行っちゃう…。」

      「氷川先輩、ギターのことで少し良いですか。」

      「おたえが、ロゼリアに行っちまう…。」

      「ふえぇ…。迷子になっちゃったよぉ。」

      「あっ、花音先輩。」

      「あっ、たえちゃん。良かったー。私、まだ迷子になっt「やっぱり、ハロハピに行くんだ!」

      「」



    • 25 名前:匿名スタッフさん ID:zYzM0YmQ[] 返信

      おたえ…これは二期の罰なんや…甘んじて受けるんやで…
      と、そんなことは置いといて。絶対、沙綾達楽しんでるなw



    • 26 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      今夜はここまでで。

      1つだけ注意させていただきます。

      次回から、ギャグ系からホラー系になります。



    • 27 名前:匿名スタッフさん ID:lMjUzNjZ[] 返信

      おたえがゲシュタルト崩壊してきた



    • 28 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      (最近のみんな、おかしいよ。)

      (こころに、良い病院教えてもらおうかな。)

      (今夜は家で私とオッちゃん達だけだし、ゆっくりしよう。)

      「ただいまー。」ガチャッ




      「おたえ、行かないで。」

      「」



    • 29 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      (自分の家の玄関の扉を開けたら、沙綾が待ち構えていた。)

      「え…えっと、沙綾。」

      「何処から入ってきたの。」

      「大丈夫だよ、おたえ。」

      「今日は、おたえのお母さんに頼まれて夕飯を作ったの。」

      「そ、そうなんだ。」

      (私、そんなこと聞いてないんだけど。)

      「ふふっ、おたえも気に入ると思うよ。」



    • 30 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      もう1度言うよ。

      ホラー注意だよ!

      あと、今よりさらにキャラ崩壊するよ!






      ・・・忠告しましたよ。



    • 31 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      「見て、おたえ。」

      「あっ、オムライスだ。」

      「そして、このケチャップのデザインは、もしかしてオッちゃん?」

      「そうだよ。おたえが好きなオッちゃんをイメージして作ったんだ。」

      「わぁー…。おいしそう。あっ、食べる前に写真だけ。」パシャッ

      「ふふっ、おたえらしいね。」

      「だって、ウサギだもん。」

      「いただきまーす。」パクッ



    • 32 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      そして…。

      「ごちそうさまでした。」

      「沙綾、美味しかったよ。ありがとう。」

      「ふふっ、どう致しまして。」

      「でも、ちょっと変わった味もしたような…。」

      「ちょっと隠し味を入れてみたんだ。」

      「そうなんだ。何入れたの?」

      「ふふっ、後で分かるよ。」

      「?。変な沙綾。」



    • 33 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      「見て見て、これ沙綾が作ってくれたんだ。」

      「あっ、食べる前にオッちゃんも見たかった?」

      「また今度、沙綾に作ってもらおうか。」

      (そろそろだね。)

      「おたえ、お風呂わいたよ。入ったら?」

      「沙綾、帰らないの?」

      「今日は、おたえの家に泊まるって言ってあるから大丈夫。」

      「私はまだ片付けが残ってるから、お風呂どうぞ。」

      「あっ、それなら沙綾の片付け手伝っt「いいから、いいから。」



    • 34 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      お風呂…。

      (シャンプー…。)

      (あれっ…?)

      (な、何だろう…。)

      (体に違和感が…。)

      ガチャッ

      「さ、沙綾!?ノックしてから扉開け…。」

      「…。」

      「…えっ。」

      「何で、みんないるの。」



    • 35 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      (あ、あれ…。)

      (体が…動かない…。)

      (そ…それに…。)

      (体の中が、なんだか熱い…。)

      「ハァ…ハァ…。」

      「…ごめんね、おたえ。」

      「でも、おたえが悪いんだよ。」



    • 36 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      「大丈夫だよ、おたえ。」

      「私達が…。」

      「何処にも行けない体にしてやるからな…。」

      「やめて…お願い…。」

      「みんな…目が怖いよ…。」

      「大丈夫、すぐ楽になるよ。」

      「またポピパで演奏しようね。」

      「おたえ、行かないで。」

      「おたえちゃん、行かないで。」

      「おたえ、もう行かせないよ。」

      「行かせないからな。」

      「誰か…誰か助けてー!」




      ジリリリリリリリ…

      「」ガバッ

      「…。」

      「ゆ…夢!?」



    • 37 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      「夢だったんだ。」

      「よ、良かった~。」

      登校…。

      「♪」

      「おたえ、おはよう。」

      「あっ、沙綾だ。おはよう。」

      「うんうん、おたえは今日も元気だね。」

      (…あれ?沙綾が前みたいに戻ってる。)

      (今までの全部、長い夢だったのかな。)



    • 38 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      「おたえ、肩にゴミついてるよ。」

      「とってあげるね。」

      「ありがとう、沙綾。」

      ポンッ(おたえの肩を叩く)

      「」ビクッ!

      「あ…あれ…?」

      「…ふふっ。」

      「途中で気絶しちゃったけど、体は覚えてるみたいだね。」



    • 39 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      「さ…沙綾?」

      「脳は全部覚えてないんだね。」

      「あのオムライスに、特別な薬を入れて。」

      「おたえが何処にも行かない体になるように、昨夜はみんなで襲ったんだ。」

      「こうして耳に息を吹きかければ…。」フゥ…

      「!」ビクッビクッビクッ

      「あはは。おたえ、感じちゃってるね。」

      「や、辞めて沙綾…。」



    • 40 名前:匿名スタッフさん ID:iZTAxMjI[] 返信

      「ふふっ。」

      「ごめんね、おたえ。」

      「やっぱり私ってほら……。」

      「欲張りだから♪」

      「今夜は私がおたえを独占出来るから、いっぱい欲張るからね♪」チュッ

      「」ビクッビクッビクッビクッ!

      「さ…沙綾…。」トローン…

      「ふふっ、こんな道中でとろけた顔しちゃダメだよ。」

      「…ずーーっと一緒だよ、おたえ。」

      終わり(?)



    • 41 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      乙です(?)
      重い沙綾大好き



40件の返信スレッドを表示中
返信先: 【SS】沙綾「おたえ、行かないで。」 おたえ「…。」


※投稿前に必ずご確認ください

※投稿前に「 利用規約」を必ずご確認ください

※大きく行間をあける際には、ボタンから[br](改行コード)を挿入してください

※誹謗中傷、自演、荒らし行為、煽り発言、キャラdis発言などはお控えてください

※画像を投稿される前に、「 画像のアップロードに関しての注意事項」を必ずご確認ください

※2つ以上のリンク含む投稿は、スパム判定されてしまうため、アドレス先頭のhを抜いて(https://~ → ttps://~)投稿してください


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width=""> <div class="" title="">

添付ファイル:

許可された最大のファイルサイズは、8 MB です。

他のファイルを追加する