【SS】山吹vs市ヶ谷の仁義なき戦い

TOP スレッド一覧 SS掲示板 【SS】山吹vs市ヶ谷の仁義なき戦い

82件の返信スレッドを表示中
    • 1 名前:匿名スタッフさん ID:iNDZiMTJ[] 返信

      ⚠︎注意⚠︎
      キャラ崩壊しています
      言葉遣いが多少汚いです

      それでも大丈夫な方はどうぞ



    • 2 名前:匿名スタッフさん ID:iNDZiMTJ[] 返信

      Lv.1(sideS)

      「私の名前は山吹沙綾。花咲川女子学園に通う高校2年生だ」

      「唐突だが私には好きな人がいる」

      「誰だって?男の子じゃないよ」

      「そ れ は …」

      「さーやー!おはよー!」

      「おはよう香澄」

      「彼女の名は戸山香澄。私の好きな人。その子の特徴を教えてだって?いいけど」

      「香澄の好きな所を挙げるとノート1冊は埋まっちゃうよ?」

      「簡潔に?んーそうだな…」

      「天使…いや違うな。神…?」



    • 3 名前:匿名スタッフさん ID:iNDZiMTJ[] 返信

      10分後

      「世界の創造神…ざっとこんなものかな?」

      「大袈裟だって?」

      「は?どこが?香澄は創造神なんだよ?」

      「あんまり変な事言うと怒るよ?」

      「香澄を手に入れたら何をしたいって?」

      「色々♡」

      「けど…そんな私と香澄との間を壊そうとしている輩がいる」



    • 4 名前:匿名スタッフさん ID:iNDZiMTJ[] 返信

      Lv.1(sideI)

      「わざわざ説明ありがとう」

      「私は市ヶ谷有咲。香澄の彼女だ」

      「は?何言ってんの?」

      「私の紹介に割り込んでこないでもらえる?あと敗北者はお静かに」

      「取り消せよ。その言葉」

      「香澄の特徴?考えてみるとキリがねぇ…」

      「私の事が好きな所かな?」

      「私の紹介はいいかな〜という事で香澄は私の物って事ね」

      「勝手に終わらせないで貰える?有咲」

      「勘違いしているようだけど香澄は私のモノよ」

      「聞き捨てならない。香澄は私の物!」

      「私のよ!」

      「いーや私の!」

      「何が私の物なの?」



    • 5 名前:匿名スタッフさん ID:iNDZiMTJ[] 返信

      「か、香澄」

      「マイハニー…」

      「…」

      「香澄は…誰が好きなんだ?」

      「ちょっと待った!」

      「教えてくれ!」

      「私は…」

      「…」

      「…」

      「みーんなが大好き!」

      ギュッ

      「んなぁ!香澄ぃ!」

      「天国は存在したんだ!神様仏様香澄様」

      「わ、私たちの事も?」

      「もちろん!大好きだよ!」

      「んなぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

      「あっ…(昇天)」

      「2人とも…どうしたの?しっかりして〜!」

      「2人ともチョロすぎる」

      「そうだね…」

      結果)両者勝利



    • 6 名前:匿名スタッフさん ID:zYzM0YmQ[] 返信

      ふふ…
      香澄を奪い合うパン屋と盆栽の戦い、内心、かなり好きだったんですよ…ホントに形にしてくれる人が居るとは…



    • 7 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      いいぞ!もっと争え!



    • 8 名前:匿名スタッフさん ID:hOWVhZWM[] 返信

      争いは同じレベルのもの同士でしか発生しない!
      いいぞもっとやれ



    • 9 名前:匿名スタッフさん ID:2OTMwMjY[] 返信

      ストッパー不在……これが一番コワイ



    • 10 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      Lv.2

      「おはよーさーや」

      「香澄おはよう(はあっー女神降臨)」

      「今日もいい匂いだねスンスン」

      「ちょっ香澄やめてよニヤニヤ」

      「スンスン」

      「匂い変わった?」

      「おっ、気付いてくれたんだ」

      「(香澄と同じシャンプー、柔軟剤使ってるなんて言えない)」

      「だってずっとさーやと一緒に居るもん!分かるよ」

      「あーーっ!最高っ!」

      「変なさーや…えいっギュッ」

      「これ以上は…ダメッ/」

      「何1人だけ楽しんでだよ」



    • 11 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      「あーあせっかくのゴールデンタイムが…有咲後で奢りね」

      「なんで奢らなきゃいけないんだよ!」

      「楽しみ取られたら嫌でしょ?」

      「あ?殺るか?」

      「今度こそ決着付けてやるガシッ」

      「臨む所だ!ガシッ」

      「2人とも喧嘩はダメだよ!仲良しだよ!」

      「何言ってんだ香澄?」

      「ほーら私たちこーんなに仲良し…でしょー」

      「いててててっ!見ての通り私たちは仲がいいんだぞー香澄」

      「痛い痛い!」

      「これからもだけど争ってる2人は”嫌い”だからね!」

      「今」

      「あっあ…」

      「カスミサン…イマナンテ?」

      「争ってる2人は”嫌い”だよ!」

      「あーもうダメだ…死にたいので帰ります」

      「嫌いって言われた。嫌いって言われた。嫌いって言われた。嫌いって言われた。嫌いって言われた。嫌いって言われた。嫌いって言われた。嫌いって言われた。嫌いって言われた。嫌いって言われた。嫌いって言われた。嫌いって言われた。嫌いって言われた。嫌いって言われた。」

      「おたえー一緒に行こー」

      結果)両者敗北



    • 12 名前:匿名スタッフさん ID:4N2MxZWQ[] 返信

      争え・・・
      もっと争え・・・



    • 13 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      >>7
      >>8
      >>12

      これからバチバチに争わせますw



    • 14 名前:匿名スタッフさん ID:lYTQ5MGY[] 返信

      おたえ勝利してて草



    • 15 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      Lv.3

      「練習つがれだぁぁ」

      「最高だった。はいお茶」

      「お疲れ香澄ちゃん」

      「帰りにファミレスでも寄ろうよ」

      「ナイスアイデア」

      「有咲はわざわざ家からファミレス行くの大変だよね。だから休んでていいからね」

      「わ、私も行くぞ!」



    • 16 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      「おたえメニュー取ってー」

      「ほい」

      「沙綾ちゃん達座らないの?」

      「うん。もうすぐ座るよ」

      「香澄、2人のどっちが座るみたいだからちょっと詰めよ。おいで」

      「うん!」

      「ジャンケンで勝ったら香澄の隣な」

      「ふーんいいんだ。それで」

      「この戦い絶対に負けない」

      「香澄の隣はこの私だから」

      「じゃあ…行くぞ」

      「じゃん けん」

      「2人から禍々しいオーラを感じるね…」

      「なんでここまで熱くなれるのかな?」

      「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!」

      「ポーーーーーーンッ」



    • 17 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      「うっ…うぅ…グスン」

      「沙綾ちゃん泣かないで」

      「机水浸しなんだけど…」

      「(あいつ涙腺弱くね…)」

      「香澄何食べる?好きなの頼んでいいぞ!」

      「今日お腹ぺこぺこなんだよねー。何にしようかな?」

      「ほらほらー」

      「じゃあじゃあ…」

      「ステーキとドリアでしょー…えーとねえーとね」

      「香澄落ち着け〜ニヤニヤ」

      「(絶対に許さん)」

      「ちょっとトイレ行ってくるから」

      「うん」

      「ニチャァ」



    • 18 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      「ふースッキリした…」

      「ん?んんんん?」

      「さーや大丈夫だよヨシヨシ」

      「うっうぅ…」

      「山吹沙綾さん?何をしていらっしゃる?」

      「あーりーさー!さーやの事いじめちゃダメだよ!」

      「なんか誤解してないか?むしろいじめられてるのは私…」

      「ありがとう香澄ボソッ」

      「ちょっ、おま!」

      「ごめんね、有咲。けど大丈夫だよ!」

      「ほ、ホントか?」

      「香澄に”ハグ”も”頭なでなで”もしてもらったから大丈夫だよ!」

      「ん?聞きづてならないな」

      「もう1回言う?香澄に”ハグ”も…」

      「いやその辺にしてくれ」

      「なぁちょっと」

      「なに?」

      「けどさっき悲しくて泣いてたよな…さっきの涙は…」

      「嘘」

      「けどなんで?」

      「決まってるじゃん。香澄にどうやって慰めてもらおうか考えてた」

      「こいつやべぇ…」

      「私香澄のためならなんだってするよ?」
      結果)沙綾の勝ち



    • 19 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      Lv.4

      「なぁなぁ香澄〜今日どこ行く?」

      「そうだね…カラオケでも行こうよ!みんな誘って!」

      「み、みんな…」

      「嫌なの?」

      「みんなそれぞれ予定とかあるしな…急に誘っても悪いだろ。だから2人で行こうな?な?」

      「じゃあ有咲の奢りっ!」

      「し、仕方ねぇな…グヘヘ」

      「あ!こころん!」

      「あら!香澄と有咲じゃない!」

      「こころん!一緒にカラオケ行こうよ!」

      「ダニィ!?これはまずい!」



    • 19 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      Lv.4

      「なぁなぁ香澄〜今日どこ行く?」

      「そうだね…カラオケでも行こうよ!みんな誘って!」

      「み、みんな…」

      「嫌なの?」

      「みんなそれぞれ予定とかあるしな…急に誘っても悪いだろ。だから2人で行こうな?な?」

      「じゃあ有咲の奢りっ!」

      「し、仕方ねぇな…グヘヘ」

      「あ!こころん!」

      「あら!香澄と有咲じゃない!」

      「こころん!一緒にカラオケ行こうよ!」

      「ダニィ!?これはまずい!」



    • 20 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      テレレレレレレレレレレレ テッテテテッテテッテテ

      「やせいのこころがあらわれた!」

      「ありさはどうする?」

      ▶︎逃げる

      ▷たたかう

      「ありさはにげるをえらんだ!」

      「ごめんね、弦巻さん。私たち急いでるから!」

      「ちょっ!有咲!?」

      「うまくにげきった!」

      「かすみのありさにたいするこうかんどが2さがった!」



    • 21 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      「ハァハァハァハァ…どうしたの、、有咲…急に走って」

      「何となく?」

      「ひゃっ!香澄先輩!」

      「あ!ロック〜!ロックもこれからどう?」

      「これから?ですか?」

      「カラオケ行くんだけど…」

      「か、か、か、か、香澄先輩と…カラオケ…」

      「危険分子!排除しなきゃ」

      テレレレレレレレレレレレ テッテテテッテテッテテ

      「RASのギターロックがしょうぶをしかけてきた!」

      「ありさはどうする?」



    • 22 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      ▷にげる

      ▶︎たたかう

      「ありさはたたかうをえらんだ!」

      「ありさのばいしゅうのこうげき!」

      「なぁロック…」

      「なんでしょう?これ」

      「この香澄のオフショットやるかさ…」

      「今回は見逃してくれ」

      「か、か、か、か、香澄先輩の写真…喜んで!」

      「ありがとうございます〜!」

      「よっしゃ!」

      「ありさはけいけんち4000をもらった!かすみのありさにたいするこうかんどが4さがった!」



    • 23 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      「ロック!」

      「ロックなら用事があるらしいぞ」

      「カラオケ着いた!」

      「よっしゃ歌うぞ!…あれ?」

      「はーい…有咲」

      「なんで…いるんだよ」

      to be continued…



    • 24 名前:匿名スタッフさん ID:lYTQ5MGY[] 返信

      さすがさーや



    • 25 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      市ヶ谷さん頭良いけどこういう頭脳戦(?)めちゃめちゃ弱そうw



    • 26 名前:匿名スタッフさん ID:0YTI5ZWV[] 返信

      質問コーナー!(番外編)

      Q.1 好きな人は居ますか?

      「居ます」

      「居る」

      Q.2 Q.1の人と今付き合ってますか?

      「はい(迫真)」

      「今後落とす」

      Q.3 好きな人に出会って変わった事はありますか?

      「人生」

      「新しい世界を見せてくれた」

      Q.4 好きな人のどこが好き?

      「目、鼻、口、眉毛、耳の形、腕、太ももetc…」

      「性格、あと私の事をたぶらかす所」


      Q.5 好きな人の仕草

      「笑顔」

      「いちいち仕草が可愛い所」



    • 27 名前:匿名スタッフさん ID:0YTI5ZWV[] 返信

      Q.6 好きな人として見たいことは?

      「××××とかーねー
      以外放送禁止用語」

      「擬似夫婦体験。それからは…ねぇ。ぐへへ」


      Q.7 デートで行きたい所は?

      「香澄の行きたいところだったらどこでも♡」

      「ゆ、ゆ、遊園地…とか」

      Q.8 浮気されたらどうする?

      「浮気相手とお話する♡」

      「浮気相手を許さない」

      Q.9 好きな人が結婚したらどう思う?

      「生きていけない」

      「生きていけない」

      Q.10 好きな人に一言

      「香澄。私だけをずっと見ててね。愛してる」

      「す、好きだぁ!」



    • 28 名前:匿名スタッフさん ID:0YTI5ZWV[] 返信

      >>26
      >>27
      ID変わってますが作者です



    • 29 名前:匿名スタッフさん ID:mOTNmZGY[] 返信

      愛が重い沙綾…あぁ^〜いいっすねぇ^〜



    • 30 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      名前出してるあたりもうね、



    • 31 名前:匿名スタッフさん ID:3OTkyODZ[] 返信

      >>27
      キモ有咲すこ



    • 32 名前:匿名スタッフさん ID:3N2NlMjU[] 返信

      Lv.6

      「ねぇ香澄」

      「さ、さーや」

      「可愛い♡」

      「う、うん///」

      「好きだよ香澄」

      「私も」

      「ふふっ、いい子♡」

      チュッ

      「はっ…んん」

      「さーや♡」

      「香澄〜香澄〜香澄〜」

      ヒュードーーン

      「いたっ…え?」

      「ゆ、夢?」

      沙綾母「もう朝よ!」



    • 33 名前:匿名スタッフさん ID:3N2NlMjU[] 返信

      「しかし暑いなー今日香澄用事あるって言ってたし…」

      「暇だなぁ…何しよう…」

      「よし!たまにはあそこに行きますか!」



    • 34 名前:匿名スタッフさん ID:3N2NlMjU[] 返信

      「いらっしゃいませー」

      「席空いてる?」

      「沙綾ちゃんいらっしゃい!こちらへどうぞ〜」

      「げっ…」

      「有咲…というか人の顔見るなり”げっ…”って酷くない?」

      「す、すまん…沙綾もアレで来たのか?」

      「アレって?」

      「商店街の福引のやつだよ。500円で1回引けるってやつ」

      「あー…父さんもそんな事言ってたような…」

      「それでここに飲みに来たって訳」

      「せっかくなら家に落としてよ」

      「言い方」

      「あはは…」

      「沙綾ちゃん。ご注文はお決まりですか?」

      「モーニングお願いね」

      「かしこまりました〜」



    • 35 名前:匿名スタッフさん ID:3N2NlMjU[] 返信

      「福引で何が欲しいの?」

      「3等のテレビ欲しいなって」

      「蔵にでも置くの?」

      「あったら練習の後とか色々面白かなーって」

      「ふふっ、悪くないねそのアイデア」

      「そ、そうか!?」

      「久しぶりだよね。2人でまともに話すなんて」

      「た、確かに…いつも香澄の事で競ってるからね」

      「久々に話せて嬉しいよ、有咲」

      「う、うん…」

      「可愛い」

      「か、可愛いって言うな…」

      「香澄のどんな所が好き?」

      「ぜ、全部だ!」

      「声とか、性格とか、後々色々!」

      「分かる!仕草とかね!」

      「あとは…etc」



    • 36 名前:匿名スタッフさん ID:3N2NlMjU[] 返信

      「さてさて回しますか」

      「覚悟は出来てる?」

      「テレビ来い!テレビ来い!テレビ来い!」

      担当者「2回ですねー」

      「沙綾から回していいぞ!」

      ガラガラガラガラ~コロッ

      担当者「商店街500円クーポンです!」



    • 37 名前:匿名スタッフさん ID:3N2NlMjU[] 返信

      「有咲…」

      「大丈夫だ!沙綾、私が決める」

      「有咲頑張って!」

      ガラガラガラガラ

      「こいっ!」

      「お願い」

      担当者「おおおお!大当たり!1等出ました!」

      「は?」

      「え?」

      担当者「1等です!温泉旅行チケット獲得です!」

      「お、温泉!?」

      「マジか…」

      担当者「おめでとうございます!」

      「まさかの1等」

      「これどうするの…」

      「ポピパの皆で行こう!」

      「それだ!」

      「(はっ!温泉…という事は)」

      「(香澄と温泉に入れる…ぐへへ)」



      「両者の意見が一致した貴重な瞬間である。Lv.7へ続く」



    • 38 名前:匿名スタッフさん ID:3N2NlMjU[] 返信

      今回は温泉回の前座みたいな感じで面白くないです。許して



    • 39 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      普段あんま見れないナチュラルにヤバメの沙綾めっちょ好き。



    • 40 名前:匿名スタッフさん ID:2N2Y3MzE[] 返信

      >>37
      今週末には投稿予定



    • 41 名前:匿名スタッフさん ID:kNjljNzl[] 返信

      【かすあり】
      ただ有咲を愛でるだけの百合の皮を被った俺嫁CP。
      香澄=俺くんであり、かすあり推しは香澄に自己投影している。
      内容はとにかく有咲カワイイ!であり、かすあり推しは香澄を尊重していない。
      二次創作の数だけは多いが、それは公式では出来ない俺嫁厨の有咲溺愛願望を満たしたいからである。
      公式ではいまだにデュエットもない(笑)

      【さーかす】
      香澄と沙綾がちゃんと一キャラとして生きてるれっきとした百合CP。
      香澄は香澄であり、さーかす推しはさーかすの距離感やイチャラブ感を第三者視点で楽しんでいる。
      内容は高校生CPにありがちな『淡く儚い青春の中での恋愛模様』を題材にしたものが多く、さーかす推しは香澄を尊重している。
      二次創作の数は少ないが、その分公式で大量補給されてるからノーダメージ。
      公式ではオリ/カバー問わずデュエットすることが多い。

      それに、さーかすはガチで幼馴染の可能性もある。



    • 42 名前:匿名スタッフさん ID:kMDdjMzg[] 返信

      他人様のSSにまで水を差すんじゃないよ
      スレ主さん、お手数ですが上のコメと自分のコメの削除お願いします



    • 43 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      >>42
      作者です。了解です。ありがとうございます



    • 44 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      Lv.7

      「香澄〜」

      「ほらほらーこっちだぞー香澄〜」

      「2人とも引っ張らないで〜」

      「2人とも相変わらずだね…」

      「私たち先に行こっか、もう着くし」

      「そ、そうだね…」

      「2人とも先いくからね〜」

      「後から着いてくね〜」

      「2人とも待って〜」



    • 45 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      「おおー」

      「窓から海が見えるぞ!」

      「ベッドふかふかだよ〜」

      「そ、その…一緒に寝e…」

      「香澄一緒に……寝よ?」

      「わ、私のセリフ奪うなぁぁぁぁぁぁ!!」

      「打たせ湯あるかな?」

      「この前モカちゃんと打たせ湯してたよね」

      「癖になりそう」

      「皆で温泉入ろう!」

      「皆で入るの楽しそう〜」

      「面白いこと起きそう…」

      「沙綾」

      「何?」

      「ちょっと」



    • 46 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      「旅行中は香澄に手を出さないこと!」

      「なんで?」

      「お互いに手を出さなければ旅行楽しみるかなーって」

      「いーよ」

      「え?ほんとにいいのか?」

      「私だって旅行中お楽しみしたいしね」

      「じゃ、そういうことで」



    • 47 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      「お風呂ひろーーい!」

      「すごいね」

      「香澄と…」

      「お風呂だぁぁぁぁぁあ」

      「(手を出さないなんて嘘なんですけどね。沙綾を牽制するだけ)」

      「香澄…」

      「ん?」

      「体流しあいっこしない?」

      「はいダメダメ〜香澄ここは私が」

      「え?ごめん何?」

      「もう洗って貰ってるよ」

      「!」

      「?」

      「お先に」

      「花園たえーー!!」



    • 48 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      「チョコレート買ったんだけど、みんな食べる?」

      「りみりんちょうだい〜」

      「私も〜」

      「プリーズ」

      「香澄ちゃんは?」

      「私はいいかなー」

      「このチョコレート美味しいな」

      「程よく苦くていいね」

      「?これ…」

      10分後

      「……!?」

      「ハァハァハァ…」

      「香澄……もう我慢出来ない…」

      「ふ、2人とも…?どうしたの?様子がおかしいよ…」

      「はぁっっっっ!!」

      「ど、どうしたの!」

      「このチョコレートお酒入ってる…」

      「それで酔ったって事?」

      「香澄…」

      「香澄…」

      「はわわわわわわわわ…!!」



    • 49 名前:匿名スタッフさん ID:0ZTQ2YzA[] 返信

      香澄ハーレム展開 いいぞもっとやれ



    • 50 名前:匿名スタッフさん ID:2OTMwMjY[] 返信

      BGMはアレですな……舞台回しじゃない方よ(爆笑



    • 51 名前:匿名スタッフさん ID:iMzE2NTl[] 返信

      Lv.8

      「ねぇおたえちゃん」

      「どうしたの?」

      「酔った2人面白そうだから観察してみようよ」

      「良いのかなそんなの」

      「大丈夫だよ」

      「香澄ちゃんには悪いけどちょっと気になるんだー」

      「ふふっりみの悪い子」



    • 52 名前:匿名スタッフさん ID:iMzE2NTl[] 返信

      「はわわわわわわわわ…!!」

      「ふ、2人とも…ね?落ち着こうね?ね?」

      「…」

      「…」

      「良かった…落ち着い…た?」

      「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!グスン」

      「え?」

      「香澄愛してる…一生私の物だ。私以外手出したら絶対に許さない」

      「?」

      「がずみばあだじのものぉ!うぇぇぇん!」

      「香澄は私だけを見てれば良いんだ」

      「え?ちょっどこ触って…キャッ!!」

      「香澄香澄香澄香澄グヘヘ…」

      「ありさーかすみいじめちゃめ!だよ!グスン」

      「あ?うるさいぞ!沙綾」

      「有咲に酷いこと言われた!うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん」

      「誰か……助け…」



    • 53 名前:匿名スタッフさん ID:iMzE2NTl[] 返信

      「…」

      「…」

      「2人ともめんどくさいやつ」

      「だ、だね…」

      「沙綾は酔ったら幼児退行するタイプ」

      「有咲ちゃんは大胆になるっていうか独占欲が強くなるのかな」

      「助ける?観察する?」

      「観察しよう」

      「ええ!すごいよりみ」

      「楽しいもん!」

      「あとさっきからその構えてるスマホは何?」

      「さぁ何でしょうニヤァ」



    • 54 名前:匿名スタッフさん ID:iMzE2NTl[] 返信

      「香澄は私が好きなんだろ?」

      「ちがうもん!さーやのことがすきなの!!」

      「お黙り!」

      「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!酷いよー」

      「どこが好きなんだ?顔か?性格か?私の体か!?さぁ言ってくれ香澄!!私は香澄ためなら何でもするぞ!」

      「かすみはさーやのことがだーいすきなの♡」

      「沙綾はちょっと何言ってるか分からない」

      「ありさはおバカさんなの?」

      「沙綾ちゃんは言葉を慎みましょうね〜あ分からないか!」

      「かすみー」

      「おたえ!りみ!本当に助けてください」

      「ほらほらー2人とも水だよ」



    • 55 名前:匿名スタッフさん ID:iMzE2NTl[] 返信

      チュンチュン

      「ん…ん?」

      「おはよう」

      「…」

      「どうしたの?香澄不機嫌に見えるけど」

      「どうした?」

      「2人ともLINE見てね」

      ポチポチ

      「ナ、ナニコレ…」

      「これ私…」

      「何でこれガールズバンドの方に貼ってんだ?」

      「みんな見れちゃうじゃん…」

      「みんなの反応面白いよ!」

      「え?」

      「ん?」



    • 56 名前:匿名スタッフさん ID:iMzE2NTl[] 返信

      「( ゚д゚)ハッ!」

      「(視聴中)」

      「(‘-‘ )………。」

      「あはは…」

      「燐子さん(笑)」

      「上手い!」

      「燐子ちゃんの返信が全てを物語っているわね」

      「これって普通な事?」

      「流石に違うんじゃ…」

      「何かしら?これ」

      「はいはいみちゃダメだよ」

      「さーや…」

      「人にはそれぞれ趣味が有るからそっとしといてあげよ!」

      「つぐみそれ逆に傷つくw」

      「ポピパさん!?」

      「香澄先輩が…バタッ」

      「やめて!シロのHPはもうゼロよ!」

      「何コレ!楽しそう!!」

      「日菜、首を突っ込むのはやめなさい」

      「ふぇぇ…」

      「花音、今度チョコレートあげるわ」

      「ありがとう♪」

      「かのちゃん先輩は渡さないよ!」

      「千聖今度お茶でも」

      「お断りよ」



    • 57 名前:匿名スタッフさん ID:iMzE2NTl[] 返信

      「ごめん…香澄」

      「申し訳ない」

      「話かけんな…」

      「終わった」

      「終わった」

      温泉編[完!]



    • 58 名前:匿名スタッフさん ID:2OTMwMjY[] 返信

      燐子の反応が全てを語る(大爆笑、りみが怖いわぁ……



    • 59 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      二人ともLINEに流されたことより香澄の怒りに絶望してて草



    • 60 名前:匿名スタッフさん ID:0ZTQ2YzA[] 返信

      天然で2人をたらす香澄が悪いんだよ



    • 61 名前:匿名スタッフさん ID:lYTQ5MGY[] 返信

      話かけんなで吹いた



    • 62 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      Lv.9(sideY)

      山吹ベーカリーにて

      「香澄好きだなぁボソッ」

      「何が好きって〜?」

      「パ、パン好きだなって!」

      「ホントかな〜?」

      「ほ、ほんとだって!」

      「怪しい…」

      「モカって誰かを好きになった事ある?」

      「お?珍しいね〜恋愛相談?」

      「そ、そういうのじゃなくて…友達がね?気になるって言うから…ほらモカ可愛いし」

      「て、照れますなぁ///(けどさーや自身のことだろうなぁ)」

      「好きになった事あるかって?超絶美少女のモカちゃんは…ないですなぁ」

      「え?」

      「ほら中高で女子校だからー」

      「た、確かに…」

      「さーやなら大丈夫だよ〜」

      「大丈夫?」

      「ほらほらーさーや可愛いし、自分がどうしたいのかなんじゃない?」

      「自分がどうしたいか?」

      「その人にどんな気持ちを伝えたいのかーとかその人と今後どうしたいか…自分に素直になりなよー」

      「あはは…けど難しいね〜私もよく分からないから言葉ぐちゃぐちゃになっちゃったよ…トホホ」

      「モカ…ありがとう、なんかイける気がしてきた」

      「お役に立てたなら嬉しい限りですなぁ」

      「ほら早く買わないとパン売り切れちゃうよ!」

      「ほよよ…それは困りますなぁ〜」



    • 63 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      「ありがとうございました〜」

      「自分がどうしたいか…」

      「私は…香澄が好き。いや大好き」

      「閉じ込めていた私の心を開いてくれた香澄」

      「香澄を私のモノにしたい」

      「だから有咲には絶対に負けない」



    • 64 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      Lv.9(sideI)

      花咲川女子学園生徒会室にて

      「燐子先輩、ここに書類置いておきますね」

      「ありがとう…ございます」

      「市ヶ谷さん、終わったらこれも」

      「分かりました」

      「どうしたんですか?」

      「え?」

      「さっきからため息ばっかり」

      「そ、そんなにため息してました?」

      「ええ。この部屋に居れば誰でも分かります」

      「確かに…」

      「何かありましたか?」

      「い、いえ…特に」

      「私たちは生徒会のメンバーでもあり、ガールズバンドのメンバーでもあります。もし悩み事があれば遠慮なく言ってください。可能な限り相談に乗りますよ」

      「紗夜先輩…」

      「わ、私も…出来ることは、します」

      「ありがとうございます…じゃあ」

      「好きな人が居るんです」

      「…」

      「けど私は不器用で、なんと言うか素直に気持ちが伝えられないんです。いざとなったら好きって言え無くて…言っちゃったらその関係は終わるんじゃないかって。けどその人を好きな人がもう1人居て…取られちゃうんじゃないかって心配で…」

      「どうすれば良いのか分からない…」

      「なるほど…恋愛相談というやつですか」

      「私は全くと言っていいほどそういう経験が無いのです…ですから」

      「で、ですよね」

      「私は…!」

      「燐子先輩?」

      「白金さん?」

      「当たって砕けろとは言いませんが、多分その気持ちはきっと、その人に届いてるんじゃないでしょうか…?好き、なんですよね?なら大丈夫です。もっと正直に、自分に自信を持ってください…私たちは市ヶ谷さんの事を…応援しています」

      「気持ち届いてる、自信を持つ…」

      「燐子先輩…ありがとうございます」

      「うっうう…わ、私はいい先輩を持てた」

      「い、市ヶ谷さん…泣かないで…」

      「市ヶ谷さん…あなたはその人にどういう気持ちを伝えたいのですか?」

      「私は…」

      「(正直に…自分に自信を持つ…)」

      「わ、私は…」

      「その子が大大大好きぃぃぃぃぃ!」

      「ハァハァハァ」

      「言えたじゃないですか」

      「ほ、ほんとだ…」



    • 65 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      「(言えたのなら大丈夫ですよ)」

      「私は香澄が好き。それは消して揺るがない」

      「見てろ沙綾…私は香澄を絶対に取る」



    • 66 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      という事で2人の意思が固まったという事で次回辺り最終回となります。(展開汚くて申し訳ないです)そこで読者の方にルートを選んで貰いたいと思っています。1か2か3どっちか選んでください!どういう内容なのかの質問は受け付けます。

      1.破滅END

      2.BADEND

      3.HappyEND



    • 67 名前:匿名スタッフさん ID:2N2VjZjJ[] 返信

      3に1票



    • 68 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      怖いから3に一票で



    • 69 名前:匿名スタッフさん ID:0ZTQ2YzA[] 返信

      意外と見てみたい1で



    • 70 名前:匿名スタッフさん ID:wMjdjYzU[] 返信

      1で



    • 71 名前:匿名スタッフさん ID:lYTQ5MGY[] 返信

      全部見てみたいけどやっぱみんなには幸せになってほしい
      1で



    • 72 名前:匿名スタッフさん ID:1YTAwMGM[] 返信

      3に一票で



    • 73 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      1気になる



    • 74 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      >>73
      誤爆。1、3同率か…とりあえず明日で締め切ります



    • 75 名前:匿名スタッフさん ID:yOWVkM2Q[] 返信

      3かなあ



    • 76 名前:匿名スタッフさん ID:0ODBhZjF[] 返信

      1~



    • 77 名前:匿名スタッフさん ID:2OTMwMjY[] 返信

      とりあえずあんまりヒデェ終わり方は……とりあえず3で



    • 78 名前:匿名スタッフさん ID:2NjNjOGI[] 返信

      3がいいなあ



    • 79 名前:匿名スタッフさん ID:hNmQxODB[] 返信

      3希望で



    • 80 名前:匿名スタッフさん ID:wNzhhZmU[] 返信

      3希望



    • 81 名前:匿名スタッフさん ID:yZDEyZTU[] 返信

      1と3の2パターンすればいいんじゃないですか?(強欲



    • 82 名前:匿名スタッフさん ID:3N2YxMTQ[] 返信

      皆さんありがとうございます。HappyENDで行こうと思います。破滅ENDは時間があったら書こうと思います。



82件の返信スレッドを表示中
返信先: 【SS】山吹vs市ヶ谷の仁義なき戦い


※投稿前に必ずご確認ください

※投稿前に「 利用規約」を必ずご確認ください

※大きく行間をあける際には、ボタンから[br](改行コード)を挿入してください

※誹謗中傷、自演、荒らし行為、煽り発言、キャラdis発言などはお控えてください

※画像を投稿される前に、「 画像のアップロードに関しての注意事項」を必ずご確認ください

※2つ以上のリンク含む投稿は、スパム判定されてしまうため、アドレス先頭のhを抜いて(https://~ → ttps://~)投稿してください


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width=""> <div class="" title="">

添付ファイル:

許可された最大のファイルサイズは、8 MB です。

他のファイルを追加する