【SS】まりなプロデュース

TOP スレッド一覧 SS掲示板 【SS】まりなプロデュース

39件の返信スレッドを表示中
    • 1 名前:匿名スタッフさん ID:mODJmNjM[] 返信

      初投稿です

      内村プロデュースのパロディssです
      登場キャラは今の所ガールズバンドパーティのメンバー&まりなの予定です
      キャラ崩壊注意です

      〜CiRCLE〜

      「皆さんこんにちは!まりなプロデュースです!」

      「今日はガールズバンドパーティ不信スキーツアーをプロデュース!」

      説明しよう。今日普通のスキーツアーと聞いて集まったメンバーがガールズバンドパーティのメンバーとして間違った発言・行動をNG対象にし、数々のイベントを進行する中で、そのNG対象に当てはまる行動や言動を取った場合、即アウト、B級メンバーとして扱われる。アウトの数が少ないほど優秀なメンバーと言う事になり素敵なプレゼントが用意されている

      「さて、最初のNG対象はこちら」

      最初のオープニングで1番盛り上がらなかった人

      「もうみんなは外で待機してるのでさっそく行きましょう」



    • 2 名前:匿名スタッフさん ID:mODJmNjM[] 返信

      〜カフェテリア〜

      「皆さんこんにちは!まりなプロデュースです!」

      「今日はなんとガールズバンドパーティのみんなとスキーツアーと言う事で、みんな盛り上がってる?」

      みんな「いぇーい!」

      ピー

      みんな「?」

      「はい、燐子ちゃんアウト」

      「えっ?」

      「さっき1番盛り上がってなかったからアウト」

      「どうゆう事ですか?」

      「今日は普通のスキーツアーじゃないんですか?」

      「今日は普通のスキーツアーじゃありません」

      「じゃあ、今日はなんなんですか?」

      「今日はガールズバンドパーティのメンバーとして相応しくない行動や言動をNG対象としてNG対象を取った人はアウトとします」

      「アウトになった人はどうなるんですか?」

      「アウトになった人はB級メンバーとしてまずは最初のバスは何のアウトもくらってない人とは違うバスに乗って貰います」

      「えっ〜、りんりんと一緒に移動出来ないのー?」

      「ごめんね、あこちゃん」

      「細かい話はまた後でするからさぁ!みんなあそこのバスに乗って、燐子ちゃんはあっちの車ね」

      「あれって・・・」

      「思った何倍もボロボロの車・・・」

      「絶対に冷暖房付いてなさそう」

      「ここからスキー場までどれぐらい掛かるの?」

      「途中休憩でサービスエリアにも寄るけどだいだいここからだと3時間ぐらいかな?安心してあの車の中に毛布はあるから」

      「毛布しかないんですか?」

      「うん、みんな早くバスに乗って

      しかしそこにもNG対象が

      2番目にバスに乗った人
      最後にバスに乗った人



    • 3 名前:匿名スタッフさん ID:lNDgyNjc[] 返信

      期待&支援



    • 4 名前:匿名スタッフさん ID:mODJmNjM[] 返信

      「ねぇねぇ有咲、乗ろう!」1番

      「ちょま、引っ張るなー!」2番

      ピー

      「有咲ちゃん、2番目に乗ったからアウト」

      「まじかよ〜」

      「有咲ちゃんは向こうの車ね」

      「有咲〜、行かないで〜」

      「香澄!元の原因はお前だろ!」

      「はいはい、みんな早く!」

      「さすがに3番目は大丈夫でしょー」3番

      「ものすごく不安」4番

      「大丈夫だよね?」5番

      「つぐみさん、乗りましょうか」6番

      「はい!」7番

      「おねぇーちゃん、待って〜!」8番

      「リサ、早く乗るわよ」9番

      「分かったよ〜、友希那」10番

      「リサちゃん10番目ね」

      「その言い方NG対象ありますよね」

      「どうだろね〜」

      「みんな、早く乗りましょ!」11番

      「良くまりなさんがあんな言い方をした後に乗れるね」12番

      「かのちゃん先輩!早く!」13番

      「ふぇぇー、待ってはぐみちゃん」14番

      「薫、15番目は危険そうだから先に行って」

      「分かったよ、千聖」15番

      「15番が大丈夫なら行けそうね」16番

      「マヤさん、早く乗りましょ!」17番

      「はい!イヴさん」18番

      「みんな待って〜」19番

      「あこ!行くぞ!」20番

      「りんりんの隣が良かったなー」21番

      「沙綾ちゃん!おたえちゃん!行こう」22番

      「沙綾、先に行っていいよ」

      「ありがとう、おたえ」23番

      「私が最後だ」24番

      ピー

      「たえちゃん最後に乗ったからアウト、あっちの車に乗ってね」

      「え〜」

      「さぁ、どんなバスツアーになるだろうね」

      もう既に3人もB級メンバーになったがここからガールズバンドパーティ不信スキーツアーが始まる



    • 5 名前:匿名スタッフさん ID:mNWUyYTA[] 返信

      今日はここまでです。かなり不定期な更新になると思いますがよろしくお願いします!



    • 6 名前:匿名スタッフさん ID:hNTllMGI[] 返信

      期待、支援します



    • 7 名前:匿名スタッフさん ID:mODJmNjM[] 返信

      >>3
      >>6
      支援ありがとうございます!

      〜バスの中〜

      「みんな盛り上がってる?」

      みんな「いぇーい」

      「最初の企画はカラオケ大会!今回アウトにならず1番高い点数撮った人にはプレゼントがあります!」

      当然カラオケ大会にもNG対象がある

      自分のバンドの曲を歌う

      デュエットで歌う

      点数で100点を取る

      「さぁ!誰が最初に行く?」

      「最初彩ちゃん行こうよ!」

      「うん、私が最初に行くね」

      「じゃあ、選んで」

      「何にしようかな〜?」

      ピー

      「えっ?」

      「ごめん、ミス」

      「まりなさん!」

      「ごめんねww、彩ちゃん」

      「で彩ちゃんは何歌うの?」

      「決めた!」

      「しゅわしゅわ はじけたキモチの名前教えてよ君の知ってる?
      (しゅわしゅわ! どり☆どり~みん yeah!)」

      「自分の歌じゃない!」

      〜〜〜

      88点

      「ギリギリ90点行かなかったー!」

      「てか彩ちゃん、自分の曲なのに90点行ってないのかしら?」

      ピー

      「はい、彩ちゃん自分のバンドの歌歌ったからアウト」

      「えっ〜、そんな〜」

      「はいはい、次」

      「私行くわ」

      「こころ、何歌うの?」

      「そうだ!蘭、一緒に歌いましょう!」

      「いや、デュエットアウトな気がするんだけど、まりなさん、大丈夫ですか」

      「さぁ〜ねー」

      「大丈夫よ!」

      「かなり不安なんだけど」

      「行くわよ!蘭」

      「分かったよ、こころ」

      「We are Fighting Dreamers 高みを目指して」

      〜〜〜

      92点

      「なかなかだわ!」

      「まぁ、いつもどうりだね」

      ピー

      「はい!デュエットアウトでした!」

      「だから言ったじゃん!」

      「残念だわ」

      ここからはダイジェストで

      「だから私ついていくよ
      どんな辛い世界の闇の中でさえ」

      「りみ、うまいよ!」
      〜〜〜
      「盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま」

      「とても風紀委員が歌う曲ではないわね」

      「本当、なんで紗夜この曲選んだのww」
      〜〜〜
      「上海ハニーと浜辺社交ダンス見つめっぱなし たまんねぇ女神」

      「美咲はミッシェルに声が似てるわね?」

      「ふぇぇ、こころちゃん、ミッシェルは」

      「大丈夫ですよ、花音さん、もう諦めたんで」
      〜〜〜

      「目覚めた心は走り出した未来を描くため 難しい道で立ち止まっても」

      「ひまりー!いいぞー!」

      もう誰も脱落者が出ずに終わると思ったその時!



    • 8 名前:匿名スタッフさん ID:mODJmNjM[] 返信

      「「美女か、野獣か。」分け隔てなく
      そのすべて 胸に宿すわ」

      「友希那さん!ずるいですよそれ」

      「そうですよ!実質貴方の曲じゃないですか!」

      「そうゆうけど私の曲ではないわよ?」

      「知ってます!それぐらい」

      「友希那・・・」

      「個人的に友希那ちゃんアウトにしたいけどNG対象ではないからアウトにはしないけどさぁ・・・」

      〜〜〜

      100点

      「これでカラオケ大会は私の優勝ね」

      ピー

      「えっ?」

      「友希那ちゃん、100点取ったからアウト」

      「友希那〜〜」

      「てかボーカルが一気に4人もいなくなるんだけど!」

      「残ってるボーカルは香澄だけじゃん」

      「本当だ!」

      こんな波乱が起きてるとは知らないB級バスは

      「燐子先輩って・・・胸大きいですね」

      「おたえ!先輩にセクハラかますな!本当にすみません!燐子先輩」

      「大丈夫ですよ・・・市ヶ谷さん」

      「本当なんでお前がこっち側に来たんだよ」

      「だって最後に乗ったから」

      「そうゆう事じゃねぇー!あー来るのが麻弥さんとか奥沢さんだったらまだ楽だったのになー」

      「ごめんね、有咲」

      「はぁ?」

      「私よりももっと胸が大きい人が良かったんだね」

      「違ぇよ!おたえー!!!」

      (あこちゃん・・・私もう無理かも)



    • 9 名前:匿名スタッフさん ID:mODJmNjM[] 返信

      続きは夜投稿します



    • 10 名前:匿名スタッフさん ID:mNWUyYTA[] 返信

      A級バスの中ではまりなに翻弄されるメンバーの姿があった

      NG対象 ?

      「いい天気だねー、巴ちゃん」

      「えっ、は、はい!いい天気ですね!」

      「巴!声が大きい!」

      「悪い、ひまり」

      「巴ちゃんは猫派か犬派かどっち派?」

      「私は〜」

      「お姉ちゃん!これどっちかがNG対象だと思う」

      「確かにそうでなきゃこのタイミングで聞いてこないよね」

      「まじかよ、それじゃー」

      (待てよ、ここで猫派がNGにするか?もしまりなさんが香澄に当ててそしてアウトになったらボーカルが全滅する、そんなになったら色々と不味いだろ、だとすれば)

      「私は猫派です!」

      「待って!私初耳なんだけど!」

      「なるほど、巴ちゃんは猫派ね、じゃあ、紗夜ちゃんは?」

      「私は・・・」

      「お姉ちゃんは犬派だよ!」

      「ちょっと日菜!」

      「なるほどねー、分かった」



      「えっ?何もないんですか?」

      「私はただどっち派なのか気になって聞いただけだけど?」

      「なんなんですか!」
      〜〜〜
      「お茶飲もう!」

      「待ってはぐみ!まりなさんがホイッスル持ち始めたよ!」

      「本当だ!じゃあ、ジュースの方がいいのかな?」チラッ

      「」ホイッスル

      「じゃあ、やっぱりお茶?」

      「」ホイッスル



      「あー、参加しなきゃよかった!」

      「はぐみちゃんww」

      「wwww」

      〜〜〜
      「みんなサービスエリアまで後20分ぐらいだから寝ていいよ」

      「本当に大丈夫なんですよね?」

      「大丈夫だって!」

      しかし当然ここにNG対象が

      サービスエリアに着いた時に寝てた人

      しかし今までで不信感が溜まったのか警戒して寝ようとする人がいない

      「わかったよ」

      「何が分かったんですか!」

      「わかったから、カメラ止めるからみんな寝ていいよ」

      〜〜〜

      「さて、サービスエリアに着いたけど寝てる人は?」

      「スースー」

      ピー

      「香澄ちゃん、アウト」

      「・・・はい?」

      「香澄ちゃん、サービスエリアに着いた時に寝てたからアウト」

      「えっ〜」

      「これでボーカル全滅だよ」

      「バンドの顔が〜」

      「みんな、早く降りるよ」

      みんな「はーい」



    • 11 名前:匿名スタッフさん ID:1MzU5Mzd[] 返信

      まりなさんウッキウキで草
      はぐみがかわいいw



    • 12 名前:匿名スタッフさん ID:mNWUyYTA[] 返信

      「さて、B級バスはどんな感じかな?」



      「」

      「」

      「あれ、みんな何しに来たの?」

      「みなさん、大丈夫ですか?」

      「りんりん!」

      「あこ・・・ちゃん」

      「りんりん!」

      「じゃ、アウトになった人はここに乗ってね」

      「えっ、更に増えるんですか?」

      「有咲、生きがえった」

      「うん、香澄ちゃん、蘭ちゃん、彩ちゃん、友希那ちゃん、こころちゃんがアウトになったから」

      「全員ボーカルじゃないですか!」

      「うん、ボーカルがピンポイントにアウトになった」

      「まじかよ」

      「これで有咲と一緒になれるね!」

      「ちょま、香澄!抱くなー!」

      「燐子、大丈夫?」

      「はい・・・大丈夫です」

      「かなりこの車狭いですね」

      「しかもかなり寒いね」

      「だけどその分みんな近くに居れるわ!」

      「こころ、随分と前向きだね」

      「じゃあ、後1時間ぐらい頑張ってね」



      「いや、1時間このメンバーはきつすぎだろ」

      こうしてバスは再びスキー場へ向けて走り始めた



    • 13 名前:匿名スタッフさん ID:2ZjU1MTI[] 返信

      〜A級バス〜

      「今残ってるのは、りみちゃん、沙綾ちゃん、モカちゃん、ひまりちゃん、つぐみちゃん、日菜ちゃん、千聖ちゃん、イヴちゃん、麻弥ちゃん、紗夜ちゃん、リサちゃん、あこちゃん、薫さん、はぐみちゃん、花音ちゃん、美咲ちゃんだね」

      「一気にさっきのカラオケ大会とかでボーカルがいなくなったわね」

      「ポピパ私と沙綾ちゃんしか残ってないよ!」

      「ポピパは5人でポピパなのにね・・・」

      「あぁ、儚い」

      「では残ってる一流のみんなで昼ごはん食べましょ」

      みんな「はーい」

      「あれ、この弁当、名前入ってますけど?」

      「自分の名前が書いてあるやつ取ってね」

      「いや、普通弁当に名前書いてないでしょ」

      「しかもまりなさんのやつは名前なんて書いてないし」

      「みんな準備OK?」

      みんな「はーい」

      「手を合わせて」

      「よーいスタート!」

      「まさかの早食い?」

      「これ普通に美味しそうだから普通に食べたかった・・・」

      「ふふっwww」
      〜〜〜
      「はい!」

      「ひまりちゃん1位ね」

      〜〜〜

      「やっと食べ終わった・・・」

      「はい、千聖ちゃんが最後ね」

      「以上で早食い大会終わります!」

      みんな「ねぇー!」

      〜〜〜

      「そういえばさっきのカラオケ大会1位私だよね?」

      「うん!そうだね」

      「1位のプレゼントってなんなの?」

      「そうだ!そうだね〜、日菜ちゃんには10ポイントプレゼント」

      「10ポイント?」

      「うん、ポイントは基本は減点しかないけど今回は特別にポイントを付与しちゃう!」

      「やったー!」

      「待って下さい!これだったら日菜さんの優勝がほぼ確定になるんじゃないんですか?」

      「大丈夫、大丈夫、そこもちゃんと考えているから」

      「さて、今からB級のみんなに電話かけよう!」

      〜B級バス〜

      「てか昼ごはんっておにぎり1つなんですか?」

      「そうっぽいね」

      「さっきA級の方随分と豪華そうな弁当見えたけど」

      「いいなー」

      「あれ、弦巻さんは?」

      「弦巻さんなら」

      「スースー」

      「///」

      「燐子先輩の胸をまくら代わりにして寝てる・・・」

      「いいなー、そうだ!有咲胸貸して」

      「ヤダ」

      ブーブーブーブー

      「携帯あったんだ。てかガラケーだし」

      「はい、市ヶ谷です」

      「有咲ちゃん、元気?」

      「元気ではないですね・・・」

      「こっちは元気だよね、そうだよね、みんな」

      みんな「いぇーい!」

      「そういえば香澄が言いたい事あるらしんで変わりますね」

      「はーい」

      「まりなさん!」

      「何?香澄ちゃん?」

      「私達はずっーとこんな扱いなんですか?」

      「さぁ、どうだろね?」

      「答えて下さい!まりなさ」

      ブーブーブーブー

      「あっ!切れた」

      「香澄!直ぐに着信履歴から電話して」

      「ちょっと待ってよ!ガラケーの使い方あんまり分からないんだよー」

      ピー、着信履歴を削除しました

      「香澄!」

      「戸山さん!」

      「みんな!そんなに怒らないでーー」

      「皆さん、声が大きいです・・・弦巻さんが起きてしまいます」

      「燐子ちゃん、そこ?」

      徐々に仲が悪くなってくB級メンバー達、そしてついに目的地のスキー場に着いた



    • 14 名前:匿名スタッフさん ID:2ZjU1MTI[] 返信

      続きは夜書きます

      >>11
      ここのくだりは個人的にも考えてて楽しかった所です!



    • 15 名前:匿名スタッフさん ID:xOTAxYjM[] 返信

      なんだこのゴミクズ…



    • 16 名前:匿名スタッフさん ID:mNWUyYTA[] 返信

      IDは変わっていますが>>13 >>14含めて作者です!

      スキー場

      「ついに着いたね、スキー場!みんなたのしみ?」

      みんな「はーい!」

      「みんな何故か出る時よりも元気だね」

      「全てはまりなさんのせいじゃないですか!」

      「そうかなー?」

      「そうだ!さすがにずーっとNG対象に縛られているのは可哀想だから3時間は自由にしていいよ!」

      「本当ですか?」

      「本当だって、カメラは止めるし」

      「だけどそう言って戸山さんアウトになったじゃないですか」

      「本当に今回は大丈夫」

      「そこまでまりなさんが言うんだったら大丈夫じゃない?」

      「じゃあ、今から3時間後またここに集合ね」

      みんな「はーい」

      ここから3時間はみんな普通にスキーを楽しんだだけなので割愛

      「みんないる?」

      みんな「はーい!」

      「じゃあ、今から近くのお店に間食するから着いてきて」

      みんな「はーい!」

      〜お店〜

      「この後雪合戦するからみんな食べたい物言ってきて、こっちから」

      「えっ?店員呼ばないんですか?」

      「店員呼ばないにしても、メモを取らなくて大丈夫なのか?」

      「大丈夫だから!こっちから順に」

      「じゃあ、チョコカフェ!」

      「チョコカフェね、次」

      次々と食べたい物を聞くまりな

      「少し捻って抹茶のタピオカ」

      「タピオカ行っちゃう?」

      「タピオカはダメなのかなー」
      〜〜〜
      「豚骨ラーメン!」

      「巴!なんでここでラーメンを選ぶの!」

      「だって今食べたかったし」
      〜〜〜
      「スペシャルパフェで」

      「随分とカロリーの高いやつ選ぶのね」

      「千聖ちゃん・・・これぐらい許して!」

      「まあ、いいわ、食べたい気持ち分かるし」
      〜〜〜
      「それじゃあ、ポテトで」

      「やっぱりね、次」

      「やっぱりって、まりなさんにバレバレじゃないですか、紗夜さんww」

      「宇田川さん!」
      〜〜〜
      「最後ですね、えっーと、こころと同じいちごカフェで」

      「変えるなら今変えて」

      みんな「えっ〜!」

      「豚骨ラーメン!」

      「豚骨ラーメンね」



      「巴ちゃん、何でもう1回言ったの?」

      「なんとなく、ノリで」

      「私含めているのって26人だよね」

      「そうですけど?」

      「分かった!すみませーん」

      店員「はーい」

      「パンケーキを26人分お願いします」

      みんな「えっ〜!」

      「あっ、私だけはちみつとアイスをトッピングしてください」

      みんな「えっ〜!」

      「頼む物関係なしー?」

      しかし実はNGがあるのはここではなく次

      17番目にパンケーキを食べ終わった人
      〜〜〜
      「みんなOK?」

      みんな「はーい」

      「手を合わせて」

      「スタート」

      「また〜」

      「早食いー?」
      〜〜〜
      「みんな食べ終わったね」

      みんな「ご馳走様でした」

      ピー

      「あこちゃん、アウト」

      「えっ?」

      「17番目に食べ終わったからアウト」

      「・・・微妙なとこついちゃたよ!」

      「wwww」



    • 17 名前:匿名スタッフさん ID:wZmQ4NzQ[] 返信

      チョコパフェではなく…?



    • 18 名前:匿名スタッフさん ID:mNWUyYTA[] 返信

      「今から雪合戦するけどチームはどうする?」

      「普通に花咲川と羽丘で別れればいいんじゃないんですか?」

      「なるほど、そうなったらどうなる?」

      「えっーと、花咲川が14人で羽丘が11人です!」

      「じゃあ、私が羽丘の方に入るからそれで行こう」

      ここにもNG対象が

      まりなに雪玉当てた人

      この理不尽なNG対象に花咲川チームはどうするか

      「みんな準備いい?」

      みんな「はーい!」

      「当たった人は外に出てね」

      「よーいスタート!」

      「みんな!まりなさん優先で当てよう!」

      「じゃあ、私前に行くね」

      「おたえ!前出過ぎ」

      「今だ!」

      バーン

      「普通に当てられた」

      「何普通に当てられてんだよ!」



      「みんな、どうする?」

      「まりなさんに気を取られすぎたら他の人に当てられます。なので誰かが道化をやって相手の注目を集めて、そのうちに誰かが攻めれば」

      「攻めはイヴちゃんにまかせて道化の役は彩ちゃんが良いと思うわ」

      「千聖ちゃん酷くない?」

      「違うわ、道化という役を彩ちゃんなら全うできると思ったからよ」

      「千聖ちゃん!」

      「どうしますか?」

      「なら私達に任せて」

      「弦巻さん?」

      「的はハロハピの4人でやるんでその間に」

      「うん、はぐみ達に任せて」

      「花音、大丈夫?」

      「大丈夫だよ、千聖ちゃん、私もハロハピのメンバーだから」

      「無理はしないでね」

      「じゃあ行くわよ!」

      「はぐみちゃんはこの事をポピパのみんなとイヴちゃんに伝えてくれない?」

      「分かった!」



      「準備OKですね」

      「行くよ!」

      「ハッピー!」

      「ラッキー!」

      「スマイル!」

      「イェーイ!」

      羽丘「?」

      「行きます!」

      「奇襲!」

      「まりなさん、討ち取ったりです!」

      バーン

      ピー

      「イヴちゃん、私に当てたからアウト」

      「えっ?」

      「外へ」

      「卑怯ですよ!それ」

      「どうやって勝てば良いんだよ!」

      雪合戦の結果は当然のように羽丘が勝った



    • 19 名前:匿名スタッフさん ID:mNWUyYTA[] 返信

      次は出すのが遅くなるかもしれません



      >>17
      普通にそれはこちらのミスです。なので>>16は
      「じゃあ、チョコカフェ!」

      「じゃあ、チョコパフェ!」

      「最後ですね、えっーと、こころと同じいちごカフェで」

      「最後ですね、えっーと、こころと同じいちごパフェで」
      になります。ご指摘ありがとうございます!



    • 20 名前:匿名スタッフさん ID:mNWUyYTA[] 返信

      更新遅れてすみません

      「あー、楽しかったなー」

      「まりなさん、さっきのNGは酷いですよ!」

      「そうかなー?」

      「あんなのNGにされたら勝てませんよ!」

      「このツアー、楽しんでるのまりなさんだけな気がする」

      「奇遇ね、私もそう思うわ」

      「それじゃあ、今から近くの旅館に移動しまーす」

      みんな「はーい・・・」

      旅館に向かうメンバー達、しかしまりなの理不尽はもっと酷くなっていく

      〜〜〜
      〜旅館〜

      「じゃあ、みんなここでゆっくりしてね」

      ここにも当然NG対象はある

      1番最初にお茶を飲んだ人

      お菓子を食べた人(みかんはOK)

      「絶対にNG対象あるよね・・・」

      「このお菓子美味しそうだが」

      「まりながずっーと見てるわね」

      「私のみかんを見てる気がする・・・」

      「はい、お茶入れたよ」

      「ありがとう!有咲」

      「待って!香澄」

      「どうしたの?沙綾ちゃん?」

      「ちょっと待ってね」

      「まりなさん!お茶です!」

      「ありがとうね、沙綾ちゃん」

      「なんでまりなさんにお茶持っていったの?」

      「もしNG対象が最初にお茶飲んだ人とかだったらまりなさんが飲めばNG対象がまりなさんになって実質NG対象が無くなると思って」

      「沙綾・・・天才?」

      「私みかん食べようかな」

      「なら私はお菓子にしよう」



      「このお菓子美味しいよ!りんりん!」

      ピー

      「あこちゃんお菓子食べたからアウト!」

      「えっ〜」

      「まりなさん!みかんはセーフですか?」

      「みかんはセーフ!」

      「それで今お菓子食べてるのは、たえちゃんアウト!ひまりちゃんアウト!日菜ちゃんアウト!燐子ちゃんは開けただけだからセーフ、薫さんアウト!花音ちゃんアウト!」

      「ふぇぇ〜」

      「それじゃあ、私はここで1回失礼するね」

      「そうだ!みんな温泉入っていいからね」

      「これは温泉に入れって事ですなー」

      「そうなの?」

      「ならとりあえず行ってみる?」

      「まあ、まりなさんがあんなに温泉の事押したら来いって言ってるのと同じだもんな」

      こうして温泉に向かう一同、そこで見たものは?



    • 21 名前:匿名スタッフさん ID:mNWUyYTA[] 返信

      〜温泉〜

      「・・・」じー

      「おい、おたえ、燐子先輩の方なんで見てるんだ?」

      「いや、やっぱり燐子先輩胸が大き」

      「みんな見て!」

      「まりなさん居るけど・・・」

      「湯船の縁で寝てる・・・」

      「みんなー!入って来ないの?」

      「香澄、お前が最初に行け」

      「待って、有咲、押さないで!」

      「はい、香澄ちゃん、1番ね」

      「香澄!戻ろうとするな!」

      「有咲待って!痛い痛い痛い、胸が扉に挟まってる」

      「とりあえずみんな入りましょう!」

      「ここはなんもないですか?」

      「だから温泉だって言ってるじゃん」

      「あそこに・・・まりなさんの・・・カメラが置いてありますけど・・・」

      「本当ね」

      「みんな温泉入らないの?」

      「・・・分かりました!ここは被り湯がアウトです!」

      「なるほど」

      「とりあえず彩ちゃんが最初に入ろう」

      「えっー、なんで」

      「だって面白そうだもん!」

      「・・・分かったから絶対に押さな」

      「彩ちゃん早く入って」バン

      「アッツ、千聖ちゃん押さないで!」

      「彩ちゃん1番ね、覚えたよ」

      「覚えた?」

      「紗夜ちゃん2番ね」

      「どうゆう事?」

      「何番がアウト?」

      「美咲ちゃんが3番でりみちゃんが4番ね」

      「もしかして最後に入った人がアウト?」

      「直ぐに入らないと!」
      〜〜〜
      「最後が燐子ちゃんね」

      「何もないんですか?」

      「だからただ温泉入るだけだって、そうだ!みんな、頭まで浸からないの?」

      「待ってください!」

      「いくらなんでも頭まで浸かるっていうのはおかしいですよ!」

      「しかも大浴場でそんな事するって常識がな」

      「よーい、スタート!」

      「ちゃんとみんなやってるww」

      「急はキツすぎるっす・・・」

      「はい、麻弥ちゃん1番ね」
      〜〜〜
      「きついです・・・」

      「はい、紗夜ちゃん、後は日菜ちゃんだけだね」

      「日菜ちゃん?」

      「日菜!顔上げなさい!」

      「えっ〜、もっといけたのに・・・」

      「じゃあ、私は体洗うから」

      みんな「えっ〜!」

      「ここNGないんですか?」

      「だからないよ」

      「だったらそこに置いてあるまりなさんのカメラをどかしてから言って下さいよ!」

      「あ、そこにカメラある事気づいてたんだ」

      「いや、結構大胆に置いてありますよね」

      「うるさいなー」

      「まりなさん、逆ギレだよ」

      ここでもまりなの行動に翻弄されるメンバー

      「みんな体洗わないの?」

      「それ言われたら洗うしかないじゃん」
      〜〜〜
      「みんな出るよ」

      「まだ髪洗ってる!」

      「目が痛てーよ!」

      「あー、楽しいーなーww」

      唯一このツアーを楽しんではこの人!



    • 22 名前:匿名スタッフさん ID:mNWUyYTA[] 返信

      また更新は前ほどに空くかもしれませんが待ってて下さったらものすごく嬉しいです



    • 23 名前:匿名スタッフさん ID:4NTYzYjE[] 返信

      まりな○されるんじゃないw



    • 24 名前:匿名スタッフさん ID:3MmI2YTg[] 返信

      「みんなより先に部屋に戻って来ましたが見てください!これを」

      「海の幸、山の幸を存分に使ったこの豪華料理を!」

      「しかも刺身の舟盛付きです!」

      「こんな豪華な食事が26人分もあるのは絶景ですね。まあこれにした理由は私が食べたかったからなんだけどね!」

      そして当然ここにもNG対象が

      1番最初に座った人

      「美味そう」と言った人

      まりなに飲み物を注いだ人

      乾杯で1番大きな声を出した人

      1番最初に鍋の蓋を開けた人

      1番最初に甘エビを食べた人

      1番最初にマグロを食べた人

      「みんな来たね」

      「思ったよりも豪華な料理・・・」

      「刺身・・・」

      「美味しそうだね!巴ちゃん」

      ピー

      「美味しそうって言ったからアウト!」

      「だって本当の事じゃないですか!」

      「まあまあ、みんな座って」

      「ここは友希那先輩が上座に」

      「上座はあっちかしら」

      「あっちは下座です・・・」

      「なら私は友希那の隣に座ろう」

      ビー

      「リサちゃん、最初に座ったからアウト!」

      「まじか〜」

      「みんな乾杯するから準備して」

      「まりなさん、注ぎますよ」

      「ありがとうね、沙綾ちゃん」

      ピー

      「私に注いだからアウト!」

      「優しさですよ!」

      「それじゃ乾杯するよ」

      「乾杯!」

      みんな「乾杯!」

      ピー

      「巴ちゃん、1番声が大きかったからアウト!」

      「盛り上げようとしたんじゃないですか!」

      「今回NG多すぎない?」

      「今の段階で4個もNGあったしな」

      「まあまあ、みんな食べて」

      「刺身の舟盛食べていいですか」

      「全然いいよ」

      ピー

      「紗夜ちゃん、鍋の蓋を最初に開けたからアウト!」

      「逆に誰も鍋の蓋を開けてなかったんですか!」

      「紗夜・・・どんまい」

      「薫、あなた刺身食べれないでしょ」

      「ああ、生魚は全部無理だ」

      「なら私が貰うわ」

      「ありがとう、千聖」

      ピー

      「千聖ちゃん、最初にマグロ食べたからアウト!」

      ピー

      「香澄ちゃん、最初に甘エビ食べたからアウト!」

      「好きな物食べさしてよ!」

      「www」

      本来なら楽しい食事もNG対象に怯え静かなものに

      「みんなある程度食べ終わったね、今からゲームします!」

      みんな「いぇーい!」

      「そしてこのゲームに優勝したらなんとこのまりなプロデュースの次の放送枠を上げます!」

      みんな「おおー!」

      「例えば香澄ちゃんが優勝したら次は香澄プロデュースになります!」

      「やる内容はなんでもいいんですか?」

      「うん、例えばパンを語るとかでも全然OK!」



    • 25 名前:匿名スタッフさん ID:3MmI2YTg[] 返信

      「そしてゲームをする前に今までの得点を発表します!」

      香澄 -2
      たえ -2
      りみ 0
      沙綾 -1
      有咲 -1

      蘭 -1
      モカ 0
      ひまり -1
      巴 -1
      つぐみ -1

      彩 -1
      日菜 9
      千聖 -1
      麻弥 0
      イヴ -1

      友希那 -1
      紗夜 -1
      リサ -1
      あこ -2
      燐子 -1

      こころ -1
      薫 -1
      はぐみ 0
      花音 -1
      美咲 0

      そしてここでまりなから重要な発言が

      「そしてこれからやるゲームには一切関係ありません!」

      みんな「えっ〜!」

      「ですので今までの事はなかった事として」

      「お風呂場の裸祭りはなんだったの!」

      「今までの努力はなんだったんですか!」

      ピー

      「これをやるのが楽しかったの!」

      みんな「ねぇ〜!」



    • 26 名前:匿名スタッフさん ID:3MmI2YTg[] 返信

      「では始めます、まりなプロデュース放送枠争奪NGワードバトルロワイヤル!」

      ルールは各自 自分が言ってはいけない言葉もしくはやってはいけない行動がかかれたNGワードを付けて行動する、しかしそのNGワードを自分で見る事は出来ず、他の人の誘導 罠にハマり そのNGワードを言ったり、やったりしたら即脱落、そして最後まで残ってた人が優勝となる!

      「まずは10人にまで減らしますが一気に25人でやるとややこしくなるので最初はバンド別にやってもらうね」

      「それってつまり残るのは1バンドに2人って事ですか?」

      「そう!最初はポピパね」

      「じゃあ、香澄ちゃんからNGワード付けるから来て」

      「はーい」

      「なら付けるね」

      「いい、香澄ちゃんがもしそれをやったり、言ったりしたら」

      「もう女の子には抱きつかない」

      「待ってください!話が違います!」

      ポピパのNGワードはこちら

      香澄 乾杯をする

      たえ 「金八先生」

      りみ 飲み物を注ぐ

      有咲 「チョココロネ」

      沙綾 ハイタッチをする

      はたして対決の行方は?



    • 27 名前:匿名スタッフさん ID:3MmI2YTg[] 返信

      続きは明日の夜出します



    • 28 名前:匿名スタッフさん ID:zNzk2ZDY[] 返信

      「いくよ、よーいスタート!」

      「みんな!最初に乾杯しない?」

      「賛成!ならもう1回飲み物入れよう!」

      「りみりん!飲み物入れて!」

      「良いよ、香澄ちゃん」

      ピー

      「りみちゃん!アウト!」

      「えっ」

      「・・・なんでや!」

      「りみちゃんは退場して」

      「再開!」

      「裏切りはなしでいこう!」

      「そうだね、香澄!」

      「?どうしたの有咲?」

      (いくらなんでもおたえでも3年B組って振って金八先生って言うわけねぇよな・・・)

      「有咲ー!」

      「ああ、悪い」

      「ならいくよ、ここから頑張ろう!乾杯!」

      ピー

      「香澄ちゃん、アウト!」

      「裏切りはなしって言ったじゃん!」

      「香澄ちゃん!退場!」

      「再開!」

      「・・・おたえ」

      「何?有咲」

      「3年B組?」

      「金八先生!」

      ピー

      「たえちゃん、アウト!」

      「今の振り、なんで乗るんだよ」

      「私、ほぼ何もせずに終わったんだけど」

      「ポピパは有咲ちゃんと沙綾が残り!」

      「次は・・・ロゼリア!」

      「はーい」

      ロゼリアのNGワードはこちら

      友希那 「大丈夫?」

      紗夜 「はぁ?」

      リサ 服を脱ぐ

      燐子 飲み物を飲む

      あこ 「ソイヤ」



    • 29 名前:匿名スタッフさん ID:zNzk2ZDY[] 返信

      「スタート!」

      「ここなんか暑くないですか?」

      「暑いかしら?」

      「確かに暑いですね」

      「あこに燐子、大丈夫かしら」

      ピー

      「友希那ちゃん、アウト!」

      「あこ!また後でシメるわよ!」

      「友希那さんが怖いですー!」

      「友希那ちゃん、退場!」

      「再開!」

      「ここ暑いからみんなで服脱ぎませんか?」

      「良いね・・・あこちゃん」

      「私も賛成です」

      「いやいや、おかしいでしょ」

      「なんでですか?」

      「いやいや、だから」

      (今井さん、手強そうですね、それなら)

      「そういえばあこちゃん、前に巴さんと祭りに参加したんだよね?」

      「うん!楽しかったよ!」

      「どんな感じだった?」

      「えっーとねぇー、バーンでソイヤ!な感じだったよ!」

      ピー

      「あこちゃん!アウト!」

      「りんりん酷いよー」

      「ごめんね、あこちゃん」

      「再開!」

      「紗夜ー、最近つぐみに会いに羽沢珈琲店に行ったりしてるの?」

      「前よりは少ないですが、行ったりしてますよ」

      「それと私は決して羽沢さんに会うために行ってはないです」

      「違うんですか?」

      「違います!」

      「正直な話、つぐみと(自主規制)したいんじゃないの?」

      みんな「・・・・・・」

      「・・・はぁ?」

      ピー

      「紗夜ちゃん、アウト!」

      「今井さん!それはなしですよ!それに今この場に羽沢さん居るんですよ!」

      「今井さん・・・それはないと思います」

      「リサちゃん、警告、次言ったらアウトね」

      「ごめんなさい」

      「///」

      「つぐ、めっちゃ顔が赤くなってる」

      「残ったのはリサちゃん、燐子ちゃんで次はパスパレ!」

      「はーい」

      パスパレのNGワードはこちら

      彩 ダジャレを言う

      日菜 魚を食べる

      千聖 「説教」

      イヴ 歌う

      麻弥 「まずい」



    • 30 名前:匿名スタッフさん ID:zNzk2ZDY[] 返信

      「スタート!」

      「彩ちゃん、ダジャレ言ってちょうだい」

      「なんで!」

      「言って」

      「ねぇ、絶対NGダジャレだよね」

      「彩ちゃん、私の話が聞けないのかしら」

      「パワハラですよそれww」

      「嫌だよ!」

      「なら彩ちゃん、お説教が必要かしら?」

      ピー

      「えっ?」

      「千聖ちゃん、アウト!」

      「危なかったー」

      「千聖ちゃん、退場!」

      「再開!」

      「イヴさん!何急に服を脱いでんですか!」

      「ここは気合いを入れる意味をこめて一糸まとわぬ姿に」

      「イヴさん!ここで裸はまずいです!」

      ピー

      「麻弥ちゃん、アウト!」

      「あー」

      「麻弥ちゃん、退場!」

      「再開!」

      「彩ちゃん、ダジャレは言わないの?」

      「えっ?」

      「私もアヤさんのダジャレ聞きたいです!」

      「えっ、えっ〜と」

      (まずい、このままだと言う以外の選択肢がなくなる)

      (先に日菜ちゃんかイヴちゃんをアウトにしないと、それなら)

      「A to Z! A to Z! 天下を A to Z! A to Z! 取ります!」

      (そう言う事ね)

      「あっぱれなる人生 古今東西かけ
      愛(はい!)夢(はい!)捧げます」

      「イヴちゃんも!」

      「はい!」

      「A to Z! A to Z! 仲間と
      A to Z! A to Z! 繋いで 日本全国へ 届けよう わたしたちを!」

      ピー

      「イヴちゃんアウト!」

      「不覚を取られました・・・」

      「本当に君たちは腹黒いねww」

      「残ったのは彩ちゃん、日菜ちゃんね」

      「次はアフロ!」

      「はーい」

      アフロのNGワードはこちら

      蘭 「いつも通り」

      モカ 「つぐってる」

      ひまり ケーキを食べる

      つぐみ マッサージを受ける

      巴 「アウト」



    • 31 名前:匿名スタッフさん ID:zNzk2ZDY[] 返信

      今日は以上です。次は明日の夜出します



    • 32 名前:匿名スタッフさん ID:xY2Q2MGY[] 返信

      中々面白い

      >>25
      日菜9?



    • 33 名前:匿名スタッフさん ID:xY2Q2MGY[] 返信

      あ、一回アウトなってたな。スマソ



    • 34 名前:匿名スタッフさん ID:yYjRlYWV[] 返信

      「スタート!」

      「みんないくよー!」

      「えいえいおー!」

      「・・・・・・」

      「乗ってよ!」

      「いつも通りだね」

      ピー

      「蘭ちゃん、アウト!」

      「はぁー!?」

      「蘭ちゃん、退場!」

      「今のはいい連携プレイだね」

      「再開!」

      「巴ちゃん、あっちにあるケーキ取ってくれない?」

      「いいぜ、モカとひまりも要るか?」

      「なら貰おうかなー」

      「私も貰う!」

      「分かった!」

      「はい、つぐみ」

      「ありがとう!巴ちゃん」

      「モカとひまりも」

      「ありがとー」

      「ありがとう!巴」

      「いただきます!」

      ピー

      「ひまりちゃん、アウト!」

      「巴ー!」

      「ひまりちゃん!退場!」

      「再開!」

      「つぐみ、最近疲れてないか?」

      「そんな事ないよ?」

      「マッサージしてあげようか?」

      「大丈夫だよ」

      「いやいや、遠慮せずに」

      「大丈夫だよ!」

      「つぐってますなー」

      ピー

      「モカちゃん、アウト!」

      「これは1本取られましたなー」

      「残ったのはつぐみちゃん、巴ちゃん」

      「最後にハロハピ!」

      「はーい」

      ハロハピのNGワードはこちら

      こころ 「ハッピー」

      薫 火をつける

      はぐみ 「ハイチーズ」

      美咲 「分かる」

      花音 握手する



    • 35 名前:匿名スタッフさん ID:yYjRlYWV[] 返信

      「スタート!」

      「花音さん、握手しませんか?」

      「?分かったよ、美咲ちゃん」

      ピー

      「花音ちゃん、アウト!」

      「ふぇぇ」

      「花音ちゃん、退場!」

      「再開!」

      「1回写真取らない?」

      「賛成!」

      「ならまりなさんに撮ってもらおう」

      「かのちゃん先輩は居ないけどいいの?」

      「まあ、また後で花音さんも含めて写真とればいいんじゃない?」

      こころ[「まりなさん、お願い!」

      「分かった!」

      「ねぇ、写真撮る時の掛け声、ハッピーにしよう!」

      「いや、ここは普通にピースでいいんじゃない?」

      「ここは両方の方でとればいいんじゃないかな?」

      「そうね!」

      「なら最初にハッピーにしよう!」

      「みんないい?」

      「いくよ」

      「ハッピー!」

      ピー

      「こころちゃん、アウト!」

      「こころは本当に純粋だ。分かるだろ美咲」

      「分かります」

      ピー

      「美咲ちゃん、アウト!」

      「薫くん!今の上手い!」

      「これで決まったね」



    • 36 名前:匿名スタッフさん ID:yYjRlYWV[] 返信

      「残りは有咲ちゃん、沙綾ちゃん、つぐみちゃん、巴ちゃん、彩ちゃん、日菜ちゃん、リサちゃん、燐子ちゃん、薫さん、はぐみちゃんの10人!」

      「しかし私も鬼ではありません」

      「敗者復活戦ダジャレ大会を行います!」

      「では敗北者のみんな入ってきて」

      「敗北者は酷いですよ!」

      「復活できるのは2人です」

      「よーいスタート!」

      「はい!」

      「はい、香澄ちゃん」

      「やっちまったい(鯛)!」

      「次の人」

      「はい!」

      「はい、こころちゃん」

      「そんな急に(きゅうり)に言われても」

      「こころちゃん、復活!」

      「やったー!」

      「後1人!」

      「はい!」

      「はい、モカちゃん」

      「妊娠(にんじん)しちゃった」

      「次」

      「はい!」

      「はい、麻弥ちゃん・・・」

      「麻弥ちゃん?今持ってるそれは?」

      「木彫りの熊です!」

      「・・・分かった!それならどうぞ」

      「産まれた!」

      「www」

      「復活!」

      みんな「おーい!」

      「今のはおかしいですよ!」

      「ダジャレになってないじゃないですか!」

      「うるさい!」

      そして復活した2人も含めた12人を分けた結果、最初に行うのはメンバー、そしてNGワードは

      沙綾 「頑張ろう!」

      つぐみ 踊る

      日菜 横になる

      リサ マッサージをする

      薫 「どうして?」

      こころ 「いぇーい!」

      に決定!残るのは2人だけ!果たして残るのは誰!



    • 37 名前:匿名スタッフさん ID:yYjRlYWV[] 返信

      次は明後日に出します。それと質問ですがこの作品はもう少しで終わりますが本当は途中でお笑い我慢道場、「チュチュ初めての露天風呂」と「都築詩船最後の入浴」そして露天風呂だるまさんが転んだを入れる予定だったんですが、それを入れるとあまりにも長くなってしまうと言う理由で入れなかったんですがその内容を入れて実質的な続編を書こうかなと思っていますが続編を望んでいる人はどれぐらいいるんですかね?望んでる人がいなかったらそのまま終わらせます



    • 38 名前:匿名スタッフさん ID:4NTYzYjE[] 返信

      >>37
      本編とはまた違うやつですかね?
      自分は見てみたいです!



    • 39 名前:匿名スタッフさん ID:yYjRlYWV[] 返信

      「スタート!」

      「とりあえず残った人同士頑張ろう!」

      「そうだね、沙綾ちゃん、一緒に頑張ろう」

      「はい!薫さん」

      「最近パスパレの活動が大変なんだよねー」

      「日菜先輩、無理せずに横になったらどうですか?」

      「だったら、リサちー、マッサージして」

      「了解!日菜、なら横になって」

      「分かった!」

      ピー

      「日菜ちゃん、アウト!」

      「リサち〜」

      「日菜ちゃん、退場!」

      「再開!」

      「ハッピー」

      「・・・ラッキー」

      「スマイル」

      「いぇーい!」

      ピー

      「こころちゃん、アウト!」

      「・・・さっきとNGほぼ同じじゃない!」

      「こころちゃん、退場!」

      「再開!」

      「沙綾ちゃん、最近新しく作ったって言ってたパン食べたよ!」

      「本当!どんな感じだった?」

      「美味しいかったよ!」

      「ありがとうね」

      「応援してるよ!頑張ってね」

      「うん!頑張るね」

      ピー

      「沙綾ちゃん、アウト!」

      「あー」

      「沙綾ちゃん、退場!」

      「再開!」

      しかしルールに慣れてきたのかなかなかアウトが出ない

      しかし!

      「そういえば薫」

      「なんだいリサ?」

      ピー

      「薫さん、アウト!」

      「良し!」

      「これでリサちゃん、つぐみちゃんが残り!」

      そしてもうひとつのグループのNGワードは

      有咲 「マジ!」

      巴 「それな」

      彩 写真を撮る

      燐子 握手する

      はぐみ 乾杯する

      麻弥 飲み物を入れる



    • 40 名前:匿名スタッフさん ID:yYjRlYWV[] 返信

      今日は短いですがここまで、次は明日の夜出します。それと続編は書きます!



39件の返信スレッドを表示中
返信先: 【SS】まりなプロデュース


※投稿前に必ずご確認ください

※投稿前に「 利用規約」を必ずご確認ください

※大きく行間をあける際には、ボタンから[br](改行コード)を挿入してください

※誹謗中傷、自演、荒らし行為、煽り発言、キャラdis発言などはお控えてください

※画像を投稿される前に、「 画像のアップロードに関しての注意事項」を必ずご確認ください

※2つ以上のリンク含む投稿は、スパム判定されてしまうため、アドレス先頭のhを抜いて(https://~ → ttps://~)投稿してください


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width=""> <div class="" title="">

添付ファイル:

許可された最大のファイルサイズは、8 MB です。

他のファイルを追加する