【SS】なんでもない日常like a dream!【短編集】

TOP スレッド一覧 SS掲示板 【SS】なんでもない日常like a dream!【短編集】

39件の返信スレッドを表示中
    • 1 名前:匿名スタッフさん ID:lZGM3ZDg[] 返信

      暇なときに書いた超短編を毎日ひとつくらい投下します。
      暇があれば新しいのを書きますし、書き溜めがあるので当分はなんとかなります(多分)。レスがつかなくなったときはそういうことなので察してください。



    • 2 名前:匿名スタッフさん ID:lZGM3ZDg[] 返信

      『今日も開店』

      【やまぶきベーカリー】

      「おいっす〜」

      「サンシャイ〜ン」

      「む、それはモカちゃんの専売特許ですぞー」

      「はは、一回やってみたくてさ」

      「他のお客さんにするわけにいかないし、モカだからできたことだね」

      「モカちゃんに感謝だねー」

      「うんうん、モカには世話になってるからね」

      「それは山吹家の財政が潤うって意味での世話になってるってことー?」

      「そんなことないよ。モカが来てくれるの、嬉しいよ」

      「さーや…」

      「まぁ、モカのお陰でウチが儲かってるのは否めないけど」

      「モカのお陰で、モうカってる…さーや、中々うまいことを言いますな」

      「別に駄洒落を言いたかったわけじゃないんだけどなー?」

      「でも、その発言は私をいいカモだと思ってるってことなのではー?」

      「モカだけに〜」

      「ふふ…」

      「さーや、アウト〜」

      「えぇ!?笑ってはいけないが始まってたの?」

      「ううん、冗談」

      「さーやはこれからもドンドン笑っていいからね〜」

      「…ありがと」



    • 3 名前:匿名スタッフさん ID:zYzM0YmQ[] 返信

      えっ、尊い……



    • 4 名前:匿名スタッフさん ID:jZjJmODl[] 返信

      これはエモいね〜…(´・ω・`).;:…(´・ω…:.;::..(´・;::: .:.;: サラサラ..



    • 5 名前:匿名スタッフさん ID:xZTU3MmF[] 返信

      二人のやりとりにとてもセンスを感じます…



    • 6 名前:匿名スタッフさん ID:wMmE2NzU[] 返信

      こういうのこういうの!もっとちょうだいよ!



    • 7 名前:匿名スタッフさん ID:2NjIxOTV[] 返信

      『ドア前の攻防』

      【氷川家 紗夜の部屋】

      コンコン

      「入っていいー?」

      「入りたければ今から言う問題に正解しなさい」

      「え…うん、いいけど」

      「問題。8の8乗は?」

      「16777216」

      ガチャ

      「おねーちゃーん!」

      「…え?」



    • 8 名前:匿名スタッフさん ID:mNTlmMGZ[] 返信

      >>7
      8^8を記憶していたのか暗算したのか…それが問題だ(違う、そうじゃない)



    • 9 名前:匿名スタッフさん ID:2NjIxOTV[] 返信

      『略したくなるお年頃』

      「コンビニエンスストア…コンビニ」

      「原動機付き自転車…原付」

      「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている…俺ガイル」

      「どうしたの?モカちゃん。色んな言葉を略して」

      「いやー、私たちは、色んな言葉を略して言うんだなーって」

      「あぁー、確かにそうだね。アフターグロウは…アフロ!」

      「アフターグロウはいつも通り…アフロイモリ」

      「変な生き物が生まれちゃったよ…」



    • 10 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      >>7
      8^8=(2^12)^2
        =4096^2
        =(4100-4)^2
        =(1681×100^2)-2×4100×4+16
      まで考えてオーバーヒートした。
      暗算は苦手だ……。



    • 11 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      >>9
      イモリだね(いつも通りだね)



    • 12 名前:匿名スタッフさん ID:kZmU0Y2I[] 返信

      『山手線ゲーム』

      「有咲、山手線ゲームしよう」

      「…まぁ、いいけど」

      「ルールは?」

      「現在の日本の道名」

      「は?」

      「じゃあ私からね」

      「待て待て待て!私からだ!」

      「じゃあジャンケンで決めよう」

      「じゃんけんポン!」

      「私の勝ち。今まで何やってたんです?」

      「うるせー」

      「山手線ゲーーーム!」

      「…」

      「(手拍子)、北海道!」

      「…」

      「有咲の負けー!」

      「何が楽しいんだよこれ」



    • 13 名前:匿名スタッフさん ID:iNDQxN2N[] 返信

      >>12
      物凄く速い山手線ゲーム…俺でなきゃ見逃しちゃうね



    • 14 名前:匿名スタッフさん ID:zZTRlNzU[] 返信

      山手線ゲームって、被られた方も飲むんじゃなかったっけ…?



    • 15 名前:匿名スタッフさん ID:hYmM2Zjl[] 返信

      >>12
      「東北自動車道」



    • 16 名前:匿名スタッフさん ID:jMmJlNTc[] 返信

      (作者)
      東北自動車道…その手があったか……。

      「ルールは?」

      「都道府県の…」

      (県名とか…県庁所在地か…?)

      「道名!」

      「は?」

      の方が良かったですかねー。



    • 17 名前:匿名スタッフさん ID:jMmJlNTc[] 返信

      『礼拝コマンド』

      「マヤさん、聞いてください!私はついに、二礼二拍手一礼をマスターしました!」

      「おぉ!そうなんですか!」

      「しかと見よ、です!」

      「…」

      「A↓+A↓」ペコ、ペコ

      「イヴさん??」

      「A+A(→を押しながら)」パン、パン

      「…」

      「A↓」ペコ

      「…」

      「↙︎↓↘︎→+B」ザシュッ!

      「ザシュッ!?何が起きたんですか!?」

      「これが、二礼二拍手一礼真空斬撃です!」

      「日本にそんなものはありません」

      「そうなんですか!?…じゃあ群馬にも?」

      「群馬も日本です」



    • 18 名前:匿名スタッフさん ID:jMmJlNTc[] 返信

      『統一自己紹介』

      「まん丸お山に彩りを!丸山彩です!」

      「白き鷺は幾千の聖戦を飛ぶ…白鷺千聖です」

      「氷の川も朝日が昇れば菜の花が咲く!氷川日菜だよ!」

      「偉大な和の麻の弥栄を祈る、大和麻弥です」

      「若き宮女にインポータントはヴシドー!若宮イヴです!」

      「ヴシドー…?」

      「ヴシドー!!」



    • 19 名前:匿名スタッフさん ID:hYmM2Zjl[] 返信

      ヴシモ!



    • 20 名前:匿名スタッフさん ID:iMmRkNGU[] 返信

      『ミラクル迷子』

      【駅前】

      「花音さんと水族館に行くことになったはいいけど、花音さん遅いなぁ…」

      「電話してみますか」

      「…」

      「あ、もしもし花音さん?」

      『ふえぇ…美咲ちゃん…ごめんね…迷っちゃったよ…』

      「えーと…今どこにいるか分かります?迎えに行くので」

      「近くに目印になりそうなもの、ありますか?」

      『近くには…あ!水族館があるよ!』

      「水族館ですか…」

      「…」

      「目的地着いてません?」

      『…あ、ホントだ!』

      「…」

      「じゃあ、すぐに行きますね」

      『うん!』



    • 21 名前:匿名スタッフさん ID:jZGE5NWJ[] 返信

      「迷子にならないなんて…こんなの花音さんじゃない!」ダッ



    • 22 名前:匿名スタッフさん ID:hYmIxZDU[] 返信

      『諸行無常』

      【羽丘女子学園 3-A】

      「リサ。頼みがあるのだけど」

      「どしたの?」

      「数学の宿題を写させてくれる?」

      「えぇー…昨日は自分でやるって言ってたじゃん…」

      「それは昨日の私であって、今日の私ではないわ」

      「だからそんなこと言われても知らないわ」

      「暴論すぎる…」



    • 23 名前:匿名スタッフさん ID:hYmIxZDU[] 返信

      『つくし』

      「つくしって、かわいいよね」

      「!?!!?」

      「どどどど、どうしたの急に!?」

      「あ、ごめん。そこに生えてるつくしのことだったんだけど…」

      「え!?あ、ホントだ!そうだね!かわいいね!」

      「ふふ、つくしちゃんかわいい♪」

      「植物のつくしのことだよね!そうだよね!」

      「…」

      「…ましろちゃん?」



    • 24 名前:匿名スタッフさん ID:hODQ3MTU[] 返信

      「あら^~~~~~~~」



    • 25 名前:匿名スタッフさん ID:kMjZiMmQ[] 返信

      『塒を巻く』

      「ねぇ美咲ちゃん。ふと思ったんだけど、チョココロネとサザエって、何が違うのかな?」

      「なにもかも、かな」



    • 26 名前:匿名スタッフさん ID:kYjMzNjU[] 返信

      『チュチュ先生』

      「…どうしてワタシがユキナに英語を教えなきゃならないのよ」

      「イマイやヒカワがどうしてもと言うから引き受けたけど…」

      「…」

      「…今から英文を言うから、繰り返した後に和訳しなさい」

      「分かったわ」

      「I haven’t finished homework yet.」

      「…アイハブントフィニッシュドホームワークイェット」

      「…」

      「私は…えっと、ハブントだから…持ってません…何を…終わった宿題を…それで…イェ〜イ」

      「…」

      「…」

      「正気?」

      「違うの?」

      「えぇ。全くもって」

      「イェーイの部分が違うのよね?」

      「そこだけじゃないわよ」

      「haveだからって条件反射で持ってるに変換しちゃダメでしょ」

      「パブロフの犬なの?」

      「haveロフの犬」

      「は?」

      「ごめんなさい」



    • 27 名前:匿名スタッフさん ID:0NzE4ZDl[] 返信

      >>26
      「パブロフの犬なの?」ってツッコミが個人的にツボ過ぎたw
      この後しれっと「猫のほうが好きよ」って返したりしそう



    • 28 名前:匿名スタッフさん ID:kYjMzNjU[] 返信

      『山手線ゲーム-2』

      「山手線ゲームしよう」

      「この前みたいなのはやめろよ」

      「あれは反省してる」

      「今回は日本の“ケンメイ”で」

      「オッケー。それなら数があるな」

      「じゃあ私から行くよ」

      「山手線ゲーーーム!」

      「(手拍子)、平井堅!」

      「!?」

      「(手拍子)まっ、松平健!」

      (ぶね…ケンメイってそういう?)

      (いや全然思いつかねぇーー!?)

      「(手拍子)、堀内健!」

      「(手拍子)、前田健…太」

      「アウトー!」

      「普通ケンメイって言ったら都道府県の県だろ!」

      「そうなの?」



    • 29 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      結構有咲もノッてるの好き



    • 30 名前:匿名スタッフさん ID:jZTEzYjc[] 返信

      『好敵手』

      ジャガジャーン…

      「瑠唯!私のギターどうだった!?」

      「まだ粗いわね」

      「ライブで披露する以上、演奏は正確でなければいけないわ」

      「くぅ…」

      「次は完璧に弾いてやるからな!」

      「期待しないで待っておくわね」

      「首も洗っておけよ!」



    • 31 名前:匿名スタッフさん ID:jZTEzYjc[] 返信

      『武勇伝』

      「あーちゃんいつものやったげて!」

      「聞きたいか私の武勇伝!」

      「そのすごい武勇伝を言ったげて!」

      「私の伝説ベストテン!」

      「れっつごー!」

      「カスタネットだけ持ってきらきら星演奏!」

      「すごい!終わった直後口からきらきら星!」

      「武勇伝!武勇伝!武勇デンデンデデンデン!」

      「れっつごー!」

      「香澄の言ってることを理解できるのは私だけなんだよなぁ〜」

      「すごい!妹の存在を記憶から抹消!」

      「武勇伝!武勇伝!武勇デンデンデデンデン!」

      「れっつごー!」

      「もしかしたら香澄とすれ違ってる!」

      「すごい!夢見てないで現実を見よう!」

      「武勇伝!武勇伝!武勇デンデンデデンデン!」

      「あーちゃんかっこいい〜!」

      「いやー流石だよあーちゃん!」

      「じゃあ私はもう行くから」

      「え!待って!どこ行くの?」

      「そんじゃ」

      「待ってよ!ちょっと待ってよあーちゃん!」

      「しゃらくせぇーーーッ!」

      「ぐわーっ!」

      「何するのさ!」

      「待てって言われて馬鹿正直に待つヤツがいるかよ!!」

      「あーちゃんかっこいい〜!」

      「カッキーン!!」




      明日香「…何あれ」

      「あっちゃんいつものやったげて!」

      明日香「え、いや、やらないけど」



    • 32 名前:匿名スタッフさん ID:yZmEwNDN[] 返信

      『自己言及の』

      「るいるいはさ、絶対ってあると思う?」

      「…どうしたの、急に」

      「いいからさ。どう思う?」

      「…まぁ、あるでしょう。ある状況下において、それが絶対の正解たる場合は往々にしてあると思うわ」

      「絶対にあると思う?」

      「えぇ。絶対は絶対あるわ」

      「…あれ?なんか違うな」

      「あ、間違えてた」

      「…」

      「二人で何の話してたの?」

      「あ、つーちゃん」

      「えっとね…」

      「つーちゃんは、誰かに、それは絶対に上手くいかないよって言われたらどう思う?」

      「…?」

      「どうして決めつけるの?絶対なんてないよ。やってみなきゃ分からないよ!」

      「絶対なんて絶対ない?」

      「うん!絶対ない!」

      「つーちゃん、今自分で絶対があることを認めたよ?」

      「…?」

      「!」

      「ぜっ、絶対なんかないもん!結果がどうなるかなんて、やってみなきゃ分からないから!あれ!?でもそれは絶対だから、あれ!?絶対がある!?あれれ?七深ちゃん助けて!」

      「そうそう、これが見たかったんだよね」

      「…」



    • 33 名前:匿名スタッフさん ID:kYzg0YmR[] 返信

      >>32
      ソクラテス的対話かな?(昔倫理でやった思い出)



    • 34 名前:匿名スタッフさん ID:0OGYzMjg[] 返信

      『ハピネスバイオレンス』

      「『辛』くても、一本付け足せば『幸』せになるって言うけど、その一本はどこから持ってきたのかな?」

      「さぁ…どこだろうね」

      「みんなで予想してみようよ」

      「難しそうだよ…」

      「あ、こんなのはどう?」

      「もう思いついたのかよ!」

      「『辛』いことがあって、立ち『止』まって俯いてたけど、『上』を見ることで、希望や前に進む力を得て、『幸』せになっていく。とか」

      「…」

      「もうベストアンサーじゃん」

      「ホントに今思いついたことか?」

      「前々から温めてたの?」

      「これ以降は誰が何を言っても茶番にしかならないよ」

      「いや…なんか、私たちに当てはめてみらた上手いこといっただけだよ」

      「ってことは、さーやは今幸せなの?」

      「え?あ、あぁ…うん。幸せだよ」

      「だって………みんながいるから」

      「ゔっ」

      「!?」

      「ちょ、どうしたの!?」

      「…四人同時に失神した!?」



    • 35 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      ゔっ(飛び火)



    • 36 名前:匿名スタッフさん ID:zYzM0YmQ[] 返信

      >>34
      さ”あ”や”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”~!!!!!(号泣)



    • 37 名前:匿名スタッフさん ID:mNWNlOTY[] 返信

      (´・ω・`).;:…(´・ω…:.;::..(´・;::: .:.;: サラサラ..



    • 38 名前:匿名スタッフさん ID:yYTc3Y2Y[] 返信

      『山手線ゲーム-3』

      「山手線ゲームしよう」

      「今回はやる前にちゃんと確認取るからな」

      「そんな慎重にならなくてもいいのに」

      「誰のせいだ、誰の」

      「今回のお題は、Tで始まる英単語!」

      「ほーん。なるほどな」

      「分かりやすいじゃねぇか」

      「ただし、最後もTで終わる英単語であること!」

      「いや、そんなに絞らなくてもいいだろ…」

      「更に、中にもTが入ってる英単語じゃなきゃダメ!」

      「…」

      「おい、それって…」

      「じゃあ、有咲から」

      「え、私からでいいのか?」

      「いいよ」

      「山手線ゲーーーム!!」

      「(手拍子)、teapot!」

      「これなぞなぞだよな」

      「(手拍子)、treatment」

      「はっ!?」

      「畜生!負けられるかぁ!」

      (頭フル回転させろ…!tで始まってtで終わって中にtがある単語…!)

      「(手拍子)、testament!」

      「どうだ!」

      「(手拍子)、thermostat」

      「ぐっ!?」

      「いやもう無理!!」

      「私の勝ち。今まで何やってたんです?」

      「くそっ…」



    • 39 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      有咲とっさに出る英単語が”遺言”かよ(ググった)



    • 40 名前:匿名スタッフさん ID:jZTdiMDM[] 返信

      『デュアル・アイデンティティ』

      【花咲川女子学園 生徒会室】

      「では、本日はこの辺りで解散にしましょう」

      「お疲れ様でした」

      「お疲れ様です」

      「私はもう少しやることがあるので残りますね。戸締りは私が請け負います」

      「分かりました。ではお先に失礼しますね。市ヶ谷さん、行きましょう」

      「はい」

      ガラガラ

      「…」

      「さて」

      「…」

      〜数分後〜

      ガラガラ

      「あぁ、いけない」

      「白金さん?」カチッ

      「筆箱を忘れて…取りに来たんです」

      「そうですか」カチッ

      「…」

      (氷川さん…なんでヘッドホンしてるんだろ…集中したいのかな)

      「…ん?」

      「…氷川さん、残って何の作業してたんですか?」

      「今開いてる資料については終わりましたよね?」

      「えぇ、まぁ、そうですね」

      「…もしかして、遊んでました?」

      「いやまさか。私がNFOにどハマりしたから学校のパソコンにサブアカウントを作るなんてこと、してませんよ」

      「自首そのものじゃないですか…」

      「…えっと、その」

      「まぁ私もしてるのでおあいこということで…」

      「白金さん…!」



39件の返信スレッドを表示中
返信先: 【SS】なんでもない日常like a dream!【短編集】


※投稿前に必ずご確認ください

※投稿前に「 利用規約」を必ずご確認ください

※大きく行間をあける際には、ボタンから[br](改行コード)を挿入してください

※誹謗中傷、自演、荒らし行為、煽り発言、キャラdis発言などはお控えてください

※画像を投稿される前に、「 画像のアップロードに関しての注意事項」を必ずご確認ください

※2つ以上のリンク含む投稿は、スパム判定されてしまうため、アドレス先頭のhを抜いて(https://~ → ttps://~)投稿してください


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width=""> <div class="" title="">

添付ファイル:

許可された最大のファイルサイズは、8 MB です。

他のファイルを追加する