【SS】紗夜様は告らせたい~少女たちの恋愛頭脳戦~

TOP スレッド一覧 SS掲示板 【SS】紗夜様は告らせたい~少女たちの恋愛頭脳戦~

84件の返信スレッドを表示中
    • 1 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      赤坂アカ先生の漫画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」(以下『かぐ告』)のパロssです。

      以前「パロssはどこまでOK?」というスレで相談させていただきました。先のスレにも書きましたが、かぐ告のキャラ、設定にバンドリのものを当てはめています。ストーリーも原作基準です。

      バンドリのキャラの姉妹設定は反映されていません。また、年齢も一部異なっています。ご注意ください。

      更新はかなり不定期になると思いますが、一回につき原作の一話分を書く予定です。

      ちなみに以下のssを現在更新中ですので読んで頂けると幸いです。
      「はめふら?」
      走れ>>2【安価】

      最後にはなりましたが、「かぐ告」はアニメ化もされており原作共々とても面白いのでぜひどうぞ。



    • 2 名前:匿名スタッフさん ID:0N2M5MTQ[] 返信

      キタ━(゚∀゚)━!相談しているのを見て楽しみにしていました!



    • 3 名前:匿名スタッフさん ID:iMzMyZTM[] 返信

      支援



    • 4 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「人を好きになり」

      「告白し」

      「結ばれる」

      「それはとても素晴らしい事だと誰もが言う」



    • 5 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「だが、それは間違いである!!」

      「恋人達の間にも明確な力関係が存在する!」

      「搾取する側とされる側、尽くす側と尽くされる側!勝者と敗者!」



    • 6 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「もし貴殿が気高く生きようというのなら、決して敗者になってはならない!!」

      「恋愛は戦!」

      「好きになったほうが負けなのである!」

      紗夜様は告らせたい~少女たちの恋愛頭脳戦~



    • 7 名前:匿名スタッフさん ID:iZTBjZGN[] 返信

      ナレーションまりなさんかよwww



    • 8 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      第1話 紗夜さまは交換したい

      「私立花咲川学園!!かつて貴族や士族を教育する機関として創設された由緒正しい名門校である!」

      「貴族制が廃止された今でなお富豪名家に生まれ、将来国を背負うであろう人材が多く就学している」

      「!」ハッ

      「続きまして生徒会からのお知らせです」

      「そんな彼等を率い纏め上げる者が凡人であるなど許される筈もない!」

      「…」バン!

      「生徒会のお二人です!!」

      キャアァァ♡♡♡



    • 9 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「花咲川学園 副会長 氷川紗夜」

      「生徒会からのお知らせです」

      「総資産340兆円、鉄道、銀行、自動車。ゆうに千を超える子会社を抱え、4大財閥の一つに数えられる『氷川グループ』」

      「その本家本流、総帥の長女として生を受けた、正真正銘の令嬢である」

      「その血筋の優秀さを語るが如く、芸事・音楽・武芸、いずれの分野でも華々しい功績を残した正真正銘の『天才』」

      「それが氷川紗夜である!」

      「そしてその紗夜が支える女こそ、花咲川学園 生徒会長 白金燐子」

      「次に…風紀の乱れについて…」

      「質実剛健、聡明英知。学年模試は不動の1位!全国でも頂点を競い天才たちと互角以上に渡り合う猛者!」

      「多才である紗夜とは対照的に勉学一本で畏怖と敬意を集め、その模範的な立ち振舞により生徒会長へと抜擢される」

      「代々会長に受け継がれる純金飾緒の重みは花咲川二百年の重みである!!」

      「今後とも生徒会をよろしくお願いします…」ドン!



    • 10 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「いつ見ても素敵な方々ですね……」きゃっ

      「そうだね。二人が揃うと気高さと優雅さが一層るんってくるね」きゃっ

      「やっぱりお付き合いなされてるんすかね……?」ひそ

      「そんな……!もしそうだったらショックだよ!」ひそ

      「いつも生徒会でどんな話をしてるんですかね……」ひそ



    • 11 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「なんだか、やっぱり噂されてるみたいですね。さっきも私たちが交際してるとか……」

      「またですか…。何度も言いますが…聞き流せばいいんですよ…。そういう年頃なんです…」

      「ふふっ……そう言うと思いました」

      「それでも……少しは意識してしまいます」



    • 12 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      (ふふ…。この私に釣り合う女が居るはずない…)

      (どうしてそんなものに私の貴重な時間を割かなくてならないんですか…)

      (ですが…まあ…)



    • 13 名前:匿名スタッフさん ID:2OTMwMjY[] 返信

      元ネタ作品のOPは”アニソン界の大物新人”……破壊力凄いんですよ。



    • 14 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      (氷川さんがどうしても付き合ってくれって言うなら…考えてあげない事もないですけど…!)バーン!

      (まあ氷川さんは私に気があります…。告ってくるのも時間の問題です…)

      『見逃しがちな女の☆ラブサイン♡特集』
      『自分たちが周囲に噂されてるという話をする』
      『恋人がいないことをアピールしてくる』
      『向かいの席が空いていると席に座ってくる』

      (ふふふ…直接来ますか…?ラブレターでもしたためますか…?いずれにしても見ものですね…)

      『会長…これうけとってください…』

      「ふっふっふっ…」

      「…」



    • 15 名前:匿名スタッフさん ID:jODYxMTl[] 返信

      かぐ恋パロりんさよ二本もあるとか神か?



    • 16 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      (全く、下世話な愚民共。この私を誰だと思ってるの?)

      (一時は国の盟主とも謳われた氷川家の人間よ?ミミズと竜が付き合える筈もないでしょう)

      (まあ、会長がミミズにしては良い線行ってるのは認めましょう)

      (向こうが跪き親兄弟を質に入れてでもと言うのなら、この私に見合う女に鍛え上げてあげなくもないけれど…)

      (まぁこの私に恋い焦がれない女なんて居ないワケだし?時間の問題かしら?)

      「フフフ…」

      「ふふふ」

      「ーーなどとやってるうちに」



    • 17 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「半年が過ぎた!」

      「その間、特に何も無かった!」

      「昔はよくお手伝いさんにいたずらをして怒られたものですが、先日サプライズで誕生日を祝ったら凄く喜んでいただけました。同じいたずらなのに可笑しいですよね」

      (『ゲ〇ンロス効果』というものがある。最初の印象よりも後の印象をより良くすると人を必要以上に評価してしまう現象を表す。最近知った言葉で言うとツンデレというものらしい。これは既に行動学的にも立証されたコミュニケーション術という報告もあり実践可能な手段とか。ならば段階的に小話からその効果の程を検証しつつきたるべき時にはー)

      「私も昔…綺麗な石を集めていました…。成長するにつれて大きな石を家に持ち込んでいたら…、途中の石屋が買い取ってくれた事があります…」

      (ジェンダー、性差に関しては慎重論を持つ私ですが…、女性の持つ母性本能というものは間違いなく存在すると考えます…。母性本能、即ち他者を庇護下におくこと…、所有欲、自己の補完願望、自己に欠けているものをより多く持っている人に…惹かれる意向があると考えられています…。ならばこそ大人が失った少女の煌きを喚起させるエピソードを並べー)

      「このなんもない期間の間に二人の思考は、『付き合ってやってもいい』から『如何に相手に告白させるか』という思考へとシフトしていた!!」

      「この生徒会室の中で超高校級の頭脳が高度な駆け引きを行っている事に書記の丸山彩は全然気づいていなかった!!」



    • 18 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「みんな~コーヒー入ったよ~」

      「どうぞ!」コトッ

      「ありがとう」

      「会長もど…」

      「…」スマホスッ

      「!か…会長もしかして!」ハッ

      「ついにスマホ買ったの!?」

      「…」ドン!

      「フフ…」ドヤアア

      「まあそうですね…」スマホペカー



    • 19 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「頑固一徹…。なんと言っても『不要です…』『周りに合わせるつもりはありません…』と」アワワワワ

      「買わないの一点張りだった会長が…」アワワ

      「ようこそ文明社会に…!」ホロリ

      「人を原始人みたいに言わないでください…」



    • 20 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「見てください…。ラインだって入れています…!」

      「わ~!じゃあ交換しよう~!」

      「はい…」

      「世はIT時代!!」

      「スマホ不要論を唱えていたド堅物の白金も、近頃の通信料の低価格化もありようやく重い腰を上げた!!」

      『格安シムだから安いよね!』

      『…』

      『なうなう~☆』

      『ラインで送っておきます』



    • 21 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「高校生活に於いてスマホの重要さは今更語るまでもない!」

      「遊びの約束や雑談をケータイで行い、どんな口調で送るか一つでドギマギし、返信が中々来ない事に一喜一憂。一説によると告白すらメールで済ませる事もあるとか…」

      『…』ドキドキドキ



    • 22 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「そう!この無駄な半年間はラインをやっていなかったのが原因!」

      「IDの交換は現代式恋愛のチケットなのである!!」

      (さあ…!いつでもIDを訊いてきてください…氷川さん…!!)

      「…」

      「…」

      「♪」



    • 23 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「…」ズズッ

      「…」ジー

      「ふふふ!」ニコニコ



    • 24 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      (なぜ訊いて来ないんですか…!!)

      (この私の個人情報でずよ…!!)

      (一体どれほどの価値があると思っているんですか…!!)

      (物の価値が判らない女ですね…)

      (仕方ありません…。こっちから訊きますか…?)

      (だけどそれは…!)

      「連絡先を訊く!」

      「その行為には多少な必死さや下心が読み取れ、特別な『意味』が生まれてしまう!!」

      「意味…すなわち『LOVE』!!」



    • 25 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「素人がなんでもない時にアドレス交換しようものならー」

      『えっ何突然…。私の事好きなのかな…』

      「『好き認定』!!」

      「恋愛関係に於いて『好きになった方が負け』は絶対のルール!!」

      「すなわち好意を認める事は『敗北』を意味する!!」

      「プライドの高い両者に於いてそれはあってはならない事!」

      「異性の連絡先を訊くなどもはや告白も同然の行為!!」NG!!

      「『好き認定』情報は女子会やラインのグループなどを介して拡散!」

      『○○君△△ちゃんが好きっぽいよ~』

      『え~マジー。シェアしなきゃ!!』

      「瞬く間にクラスの常識と化す!」



    • 26 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「つまり迂闊なアドレス交換は図1のように」


      図1

      連絡先を訊く
       ↓
      好き認定
       ↓
      告白同然としてクラス中に拡散
       ↓
       死


      「……と最悪死に至る大変危険な行為なのである!」



    • 27 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      (絶対に駄目です…!)

      (私から訊く事はあり得ません…!!)

      (氷川さん…!貴方から訊きに来てください…!)

      「ふっ…」

      (ふふ…。会長…私から訊いて来るのを待っているのでしょうが、全くの無駄です)

      (私からから絶対訊いたりしません)

      (私に会長が恥ずかしがりながらも訊いて来る事に、『意味』があるのではないですか…!)



    • 28 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「争い!それは世界の必定!」

      「勝者と敗者!殺るか殺られるか!」

      「訊くか訊かれるか!(連絡先を)」

      「人間の優劣はそこで決まると言っても過言ではない!!」



    • 29 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      (全く…。会長に携帯を持たせる為だけに私がどれだけ手を焼いたと思ってるんですか)

      『格安シムだから安いね!実質無料!』←氷川家のコック

      『…』

      『なうなう~☆』←紗夜の近侍

      『ラインで送っておきます』←氷川家庭師

      (これでやっと会長と学校以外で連絡が取れる…。計画は概ね成功したと言えるでしょう…)

      (ですがこの状況は最大限利用させて頂きます!)

      (さあ会長はどんな顔で連絡先交換をお願いしに来るのかしら…)クスッ

      「…」



    • 30 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      (そうですか氷川さん…)

      (あなたは自分から訊きに来るつもりは無く…あくまで私から訊きに来させるハラですか…)

      (させるものですか…!!)

      (そちらがそう来るなら私にも考えがあります…!)

      「あれ!会長このプロフィール画像って…?」

      「えぇ…。私が子供の頃の写真です…」

      「かわいー!この頃から胸がおっきーい!」

      「胸に関しては結構なコンプレックスですから触れてくれないでください…」



    • 31 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「えーこれ何持ってるのー」

      「これは…ほら…ここに繋がってて…」

      「きゃあ!かっわいー!!」

      (なんの話をしてるの!?)

      (会長が子供の頃の写真…?べ…別にそんなの…)

      「ですがこれはちょっと恥ずかしいですね…。やっぱり別の写真に変えておきましょう…」

      「!」

      「3分後に変えましょう…」

      「!!!」



    • 32 名前:匿名スタッフさん ID:jM2IzOTE[] 返信

      そっかこっちではピンク髪書記より黒髪会長のほうが胸でかいのかw



    • 33 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      (そんな!時間制限かけるなんて卑怯な…!)

      (会長がプロフィール画像を変えてしまえばその写真を見る事はもう出来ない!)

      (う~~~~~~~~っ!)

      (でも連絡先を訊くという事は『貴方といつでもお話がしたい』という意思表示に他ならない!)

      (それじゃまるで私が休日にお話し出来なくてちょっと寂しいとか)

      (寝る前にちょっとしたメッセージのやり取りがしたいとか)

      (テスト前の深夜、通話を繋いだままにしてずっと無駄話したいとか…)

      (それじゃまるで…)

      (まるで私がそんな事を思ってるみたいじゃない!)



    • 34 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      (どうしてみんなこんな事が軽々と出来るの!?理解出来ない!!)

      (私には丸山さんみたいな恥知らずな真似は出来ません…!)クッ

      (淑女たるもの、自分から意中の相手の連絡先を訊くなんてはしたない真似する訳にはいかない!)

      (やはり会長から訊いてもらうしか手段は無いのです!引く訳にはいかない!!)

      (奥の手を使うしか)メグスリスッ

      「ぐすっ…」

      「紗夜ちゃん…?」

      「ぐすっ…」



    • 35 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「会長は…ひどいひとです」ホロッ

      「!」

      「!」

      「乙女の涙(インチキ)!!」ゴオゥ

      「会長はひどいです…」エグ

      「どうしてこんなことするんですか…」ヒグ

      「この言葉に特に意味は無い!!」

      「だが『ひどい』と言われたら何かひどい事をした気がするもの!」

      「ひどいです…」

      「えっ…!あっ…!!」

      「生きていれば何かしらの思い当たるフシはあるのが人間!」

      「心理学でいうところのバーナム効果である!!」

      「えーん!えーん!」

      「ごめんなさい…!」

      「夫の浮気を疑う主婦が結構な確率で使う手である!」

      「仲間はずれにするつもりはなかったんです…!」

      「ほ…ほら…!氷川さんにも見せますから…!」

      「元気を出…」

      「…」ジッ



    • 36 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      (はっ…!これは罠ー)

      (遅い!!)

      「絶対記憶!!」

      ロリ『ヒイィ…』モナカマキツキー

      「一瞬のうちに会長のプロフィール画像は紗夜の海馬に保存!」

      「会長は唯一の切り札を失う!!」

      「しまっ…!」

      「紗夜!圧倒的優位に返り咲く!!」



    • 37 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      (さあ会長…。これで私が会長のIDを訊く理由はなくなりました!!)

      「紗夜ちゃん…」アワアワ

      (どうぞそちらからお訊きになられてください!)

      (こういうのは時間が経過すればする程訊きづらくなります…)

      「会長…」アワワアワワ

      (どうすれば…!いま訊いてしまった方がダメージは少ないのでしょうかっ…!?)

      「逆転の目を探す白金!」

      (使うしかないのでしょうか…アレをー)

      (殺った!!)

      「それを封殺すべく思考を巡らす紗夜!」

      「決着は目前ー」

      「あっ!そうだよね!!」



    • 38 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「ガラケーだからライン出来ない紗夜ちゃんの前でラインの話ばかりするの確かにひどいよね~~~~~~」

      「…」

      「…」

      (出来ないの!?)

      「金持ちですよね…!買い換えてください…!!」

      「幼稚園から使ってる携帯で愛着があるんです!いまさら変えられません!」

      「この物語は空回りし続ける頭脳と恋の物語である」

      「本日の勝敗結果『両者敗北』」

      かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 2巻:第11話



    • 39 名前:匿名スタッフさん ID:hNDI2ZDI[] 返信

      良い。素晴らしい。



    • 40 名前:匿名スタッフさん ID:xODZhMWM[] 返信

      そういえば元ネタの方も会長は「しろがね」かw



    • 41 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「ここで唐突なお知らせ!」

      「スレ主の個人的都合により7月19日まで更新を休ませていただく!」

      「そこでお詫びの意味も込めて『かぐ告』アニメ1期のオープニングテーマ、鈴木雅之『ラブドラマティックfeat.伊原六花』をRASに演奏してもらう!」

      「もちろんレイヤとロックのツインボーカルである!」

      「原曲もアニソンの概念を破壊した素晴らしい曲なのでぜひお聴きいただきたい!」

      「それではお聴きいただこう。『ラブ・ドラマティックfeat.伊原六花』」



    • 42 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      「~♪」

      「OH LOVE ME~♪」

      「MISTER~♪ OH MISTER ~♪」

      「焦らされるほど切ない~♪」

      「ふたりだけの危ないGAME~♪」

      「Love is War~♪ Love is War~♪ Love is War~♪」

      「~♪」

      「踊らせて~♪」

      「ドラマティックはこれから~♪」

      「いじわるな~♪」 

      「恋の予感しびれる~♪」

      「触れた指の先が~♪運命を待ちわびている~♪ 」

      「あなたに言わせたい~♪」

      「 心の壁を~♪」「心の壁を~♪」

      「やぶる愛の告白~♪」

      「~♪」

      「OH LOVE ME~♪」

      「MISTER~♪ OH MISTER~♪」

      「夢じゃないなら聴かせて~♪」

      「ねえ MISTER~♪ もう MISTER~♪」

      「あなたの愛しい声で~♪」

      「想いはもう止まらない~♪」

      「いっそすべて奪い去って~♪」

      「ふたりだけの危ないGAME~♪」

      「Love is War~♪ Love is War~♪ Love is War~♪」

      「Love is War~♪ Love is War~♪ Love is War~♪」



    • 43 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花
      歌手:鈴木雅之
      作詞:水野良樹
      作曲:水野良樹



    • 44 名前:匿名スタッフさん ID:3MWM4OTU[] 返信

      今日からまた更新していきます。

      別作者様の「紗夜さんは告らせたい」とはあまり話が被らないようにするつもりです。そのためアニメ化された話以外も書くと思います。

      このペースだと何ヵ月かかるか検討もつきませんが、ゆくゆくはアニメ二期以降の話(文化祭編等)も書いていく予定です。



    • 45 名前:匿名スタッフさん ID:3MWM4OTU[] 返信

      第2話 白金燐子は答えたい

      「問題!」

      「愛□丘菊」

      「□に入る言葉は何でしょう!」

      「なんです突然……?」

      「ナゾ解きだよ!ナゾ解き!紗夜ちゃんならこれ位簡単だよね?」

      「もしかしてわからないの~!?」ニマーッ



    • 46 名前:匿名スタッフさん ID:3MWM4OTU[] 返信

      「…答えは「上」です」ムッ

      「ピンポンピンポーン♪」

      「馬鹿にしないでください…。こんな子供向けの問題、解けて当然です…」

      「そう思いますせんか、会長?」



    • 47 名前:匿名スタッフさん ID:3MWM4OTU[] 返信

      「ええ…そうですね…」!?

      (なんで答えが「上」なの…!?)

      (『愛』にも『上』にも『丘』にも『菊』にも関連性なんて有りません…!)

      (馬鹿馬鹿しい…)

      (こんなもの問題になっていません…!!)

      「はーい。『あいうえおかきくけこ』を漢字に置き換えたら、『愛上丘菊』になるっていう問題だったよ~」



    • 48 名前:匿名スタッフさん ID:3MWM4OTU[] 返信

      (あーーー…)

      (あーー…)

      (あー…)

      (いやいや…!)

      (『かきくけこ』なら『けこ』は何処へ行ったんですか…!)

      (出題者も漢字が思いつかなかっただけじゃないんですか…!)

      (この問題は問題として美しくありません…。解けなくて当然です…!!)

      「私もこれはすぐにわかったよ!このくらいは解けて当然だよね!」

      (!?)



    • 49 名前:匿名スタッフさん ID:3MWM4OTU[] 返信

      「じゃあ次の問題だよ!」

      「まだ続けるんですか…」

      「第2問!NEWS→□396」

      「□に入る数字を答えてね!」



    • 50 名前:匿名スタッフさん ID:3MWM4OTU[] 返信

      「もう答えていいの?」

      「もちろんだよ!」

      「NEWSは東西南北を表していて、それを時計の時刻に当てはめればE(東)は3時、W(西)は9時、S(南)は6時になります。よってNは北なので「12」時になります」

      「さすがー!」パチパチ



    • 51 名前:匿名スタッフさん ID:3MWM4OTU[] 返信

      「…」アセタラー

      (まあ、なんでしょう…?)

      (私は今、勉強に集中していて、向こうの会話が少し耳に入ってる状況でしかないですし…)

      (今、私の脳は8割を勉強に費やしていて、このクイズに費やしているリソースは2割にも満たないですし…!!)

      (無論…私が本気を出せば当然解けます…)

      (氷川さんに解けてこの私に解けない訳が無いのですから…!)

      (仕方ありません…見せてあげましょう…。100%の私を…!!)



    • 52 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      待ってた!
      彩ちゃんが紗夜さんとかに嬉々としてナゾナゾとか出すのイメージできすぎるw



    • 53 名前:匿名スタッフさん ID:3MWM4OTU[] 返信

      「第3問!」

      「8×8=4、8×8=32、9×9=40、19×19=□」

      「四角に入る数字はなーんだ」

      「…」

      「…」



    • 54 名前:匿名スタッフさん ID:3MWM4OTU[] 返信

      「…」

      「…」

      「0(ゼロ)」

      「正解!」



    • 55 名前:匿名スタッフさん ID:3MWM4OTU[] 返信

      「一応理由も!」

      「これはボードゲームの盤面とスタート時に置かれているコマの数が表されてます」

      8×8=4 オセロ
      8×8=32 チェス
      9×9=40 将棋
      19×19=0 囲碁

      「19×19のボードゲームなんて囲碁しかないでしょ?」

      (あるかもしれないでしょう…!!世界のどこかには…!!!)



    • 56 名前:匿名スタッフさん ID:3MWM4OTU[] 返信

      「…あの、もしよかったら会長も参加する…?」

      「えっ…」

      (まあ…ここまでは少し調子を掴めなかっただけ…。次からはどんどん答えられるハズです…)

      (そうなれば…)



    • 57 名前:匿名スタッフさん ID:3MWM4OTU[] 返信

      『りんご…!』バーン!

      『正解だよ!』

      『さすが会長…』キャイ

      『勉強出来るだけじゃなくて考え方も柔軟ですね…』キャイ

      『やっぱり会長には敵いません…』

      『一生ついていきます!』

      (…となります)

      (…しかし)

      (調子が出ず答えられなければ…)



    • 58 名前:匿名スタッフさん ID:0ZWUwM2M[] 返信

      『ぐぬぬ……』

      『あら…会長こんな問題も答えられないのですか…?』

      『やっぱり幾らテストの点数が良くても所詮 詰め込み型…』

      『人間としての質は凡以下の劣性…』

      『まるで喋るチンパンジー…』

      『お可愛いこと…ですね』



    • 59 名前:匿名スタッフさん ID:0ZWUwM2M[] 返信

      「今 私…!」

      「勉強していますから…ちょっと無理ですね…!」

      「そ…そうなんだ…」

      「そうですよ丸山さん。こんな事で会長の勉学を妨げてはいけません」

      「これは所詮 娯楽…。ちゃんと考えれば解けるように作られた問題…」

      「よそどの阿呆でなければ解けるのですから」



    • 60 名前:匿名スタッフさん ID:zNjFkZmQ[] 返信

      (なんと言いました…氷川さん……?)

      (前回…全国模試2位で…同学年の高校生百万人のトップに位置する…この私が…)

      (漢検2級…英検準1級…危険物取扱者[乙4]…果てはポテト鑑定士の資格まで持っているこの私に……!)

      (阿呆とぬかしましたか…氷川さん…!!)グァッ

      (懸けましょう…)ゴゴゴ

      (この私の頭脳とプライドに懸けて…)ゴゴ

      (貴女を打ち負かします…!!氷川さん…!!)

      「…」

      「…」ゴゴゴ

      (うわ)

      (なんか会長の方から凄いオーラが…)

      「えと…次の問題だよ」



    • 61 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      資格とろうとしたことないから凄いのかよくわからんw英検は級が高いからとりあえず凄そう



    • 62 名前:匿名スタッフさん ID:jN2Q3ZmR[] 返信

      「第四問 未来から東京五輪の感想メールが来ました。なんて言ってる?」


      みらい人
      2020/00:00/0725

      375
      102
      894



    • 63 名前:匿名スタッフさん ID:3ZDRjZjk[] 返信

      「…」ギュン

      「クールだそうです」



    • 64 名前:匿名スタッフさん ID:3ZDRjZjk[] 返信

      「第五問!」

      夏→白亜紀
      恐怖→明日
      □→アヒル



    • 65 名前:匿名スタッフさん ID:3ZDRjZjk[] 返信

      「…」バッ

      「朝ですかね」



    • 66 名前:匿名スタッフさん ID:0ZDBmZTU[] 返信

      第5問分からない…
      それはそれとして全国模試2位にしては漢検英検低すぎて草



    • 67 名前:匿名スタッフさん ID:zM2U5ZDk[] 返信

      >>66
      中学生時代に合格してそのままなんでしょ(適当)



    • 68 名前:匿名スタッフさん ID:3ZDRjZjk[] 返信

      「第六問!!漫画で大事なのは『努力・友情・勝利』ですが、現実で空を飛ぶには最後に何が必要でしょう」

      ①「愛」
      ②「気」
      ③「技」
      ④「夢」



    • 69 名前:匿名スタッフさん ID:3ZDRjZjk[] 返信

      「…」ハァァァァァァァ

      「②『気』」

      ※解説は後程します
       赤坂アカ先生いわくクオリティはそんなに高くないそうです



    • 70 名前:匿名スタッフさん ID:3ZDRjZjk[] 返信

      「…」ハア

      「…紗夜ちゃん あんまりたのしくないの?」

      「いえ その…。昔からこの手のクイズってすぐ解けてしまって…」

      「周りの人が落ち込む事が多くてあまり気乗りしないんです」

      「…」ズーン

      「そうみたいだねー…」



    • 71 名前:匿名スタッフさん ID:3ZDRjZjk[] 返信

      (ああ 本当なら ここ時間に会長を陥れる為の計画でも考えていたかったのに…)

      (何か無いのかしら 会長の弱点…)

      「…」ズーン

      「私はチンパンジー以下……」スック

      「頭が硬くて勉強 出来るだけのアホ……」

      「?」

      「人間的には低スペック……」ギィ

      「…」バタン

      「ふ…」

      「ふふふ…」



    • 72 名前:匿名スタッフさん ID:hYmM2Zjl[] 返信

      >>62
      該当数字を潰すのか



    • 73 名前:匿名スタッフさん ID:hYmM2Zjl[] 返信

      >>64
      ヒルの幼虫ですかね、、、(なんちゃって



    • 74 名前:匿名スタッフさん ID:mN2Q1ZmZ[] 返信

      しえん



    • 75 名前:匿名スタッフさん ID:3ZDRjZjk[] 返信

      一週間後

      「紗夜ちゃん!今週号 持ってきちゃった!またナゾ解きやろう!」ランララーン

      「またですか…」

      「えへへー好きなんだよー私」



    • 76 名前:匿名スタッフさん ID:3ZDRjZjk[] 返信

      「では問題です!」

      「第一問!

      B=10
      □=1
      F=1
      H=10

      □に…」

      「HBです」

      「!」ハッ

      「鉛筆の硬さです…丸山書記……」ドン

      「会長!?」



    • 77 名前:匿名スタッフさん ID:3ZDRjZjk[] 返信

      「この一週間 白金は己に課した一日10時間の勉強を初めて破った」

      「存在し得る限りの時間を使い」

      『…』オオオオオ

      「膨大な量の謎に挑みー」

      『…』ガリガリガリガリ

      パターン28
       マッチ棒
        …………………
       ……………………
       ……………………
       …………
        …………

      パターン29
       文字列
      ……………………
      ……………………
      ……………………
      ……………………
      …………

      「傾向と対策を練り上げー」

      「ついにこの一問を解いたのである!!」

      「鉛筆ですよ…鉛筆……ふふ……」



    • 78 名前:匿名スタッフさん ID:3ZDRjZjk[] 返信

      「せ…正解だよ…」

      「当然です……」フル

      「私は天才……」フル

      「なのですから……」ガタッ

      「会長ー!?」

      「本日の勝敗結果『白金の勝利』

      かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 1巻:第4話



    • 79 名前:匿名スタッフさん ID:3ZDRjZjk[] 返信

      やっと2話目が終わりました
      ナゾ解きの解説は今日中に載せます

      ようやく部活や課外授業も終わったので、今月中にたくさん更新する予定です

      ちなみに第3話は恋愛相談(壁ダァン)回です
      配役載せときます(アニメ勢の人にはちょっとしたネタバレがあります)


      (田沼翼)
      (柏木渚)
      (四条眞妃)
      (紀かれん)
      (巨瀬エリカ)


      柏木さん·柏木さんの彼氏·ツンデレ先輩の配役はけっこう決めかねましたが、これが最適だと思います(千聖=サタンがぴったり過ぎなので)



    • 80 名前:匿名スタッフさん ID:3ZDRjZjk[] 返信

      遅くなりましたが解答です


      4問目
      「年度」「時刻」「分」「日付け」に対応する数字「以外」を塗りつぶすとアルファベットが浮き出ます。
      2020は「C」、00は「O」、もう一つの00も「O」、0725は「L」
      順番に読むと、「COOL」になります。


      2020/00/00/0725

      ■■■ ■■■ ■■■ ■75
      ■02 ■0■ ■0■ ■02
      ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

      =A.COOL


      5問目
      右には、左のものが一段階時間経過した単語が含まれています。
      白亜紀には「秋」、恐怖には「今日」、アヒルには「昼」
      昼の前は「朝」となります。


      時間経過
       夏→秋
      今日→明日
       朝→昼


      6問目
      努力・友情・勝利の最後は「く」「う」「り」
      これに②の「気」を足して「くうりき」
      空を飛ぶのに必要な「空力」となります。
      本来の順番は「友情・努力・勝利」
      順番の違いがポイント。


         最後
          ↓ 
       どりょく
      ゆうじょう
       しょうり
         ②き



    • 81 名前:匿名スタッフさん ID:3ZDRjZjk[] 返信

      第3話 白金燐子は隠したい

      「恋愛相談…?」

      「はい…。私…もうどうすればいいのかわからなくて」

      「恋愛において百戦錬磨との呼び名の高い会長なら 何か良いアドバイス頂けるのではないと思って…!」

      「……」

      「判りました…」

      「生徒の悩みを解決するのも 生徒会長たる私の役目です…。どうにかしましょう…」ギィ

      「会長!」



    • 82 名前:匿名スタッフさん ID:3ZDRjZjk[] 返信

      (はい……まあ、相談には乗りますけど恋愛百戦錬磨って何ですか……?)

      (私いつの間にそんなイメージ付いてたんですか?)

      「白金 燐子〔17歳〕 恋愛経験 無し」

      (えっ……何ですか?じゃあこの相談でボロ出してしまえば―――)



    • 83 名前:匿名スタッフさん ID:mMGFlYWM[] 返信

      『会長 未経験なんだって』

      『えー未経験!?』

      『マジ幻滅ー!!』

      『ひ、氷川さん……』

      『お可愛いこと……』クス



    • 84 名前:匿名スタッフさん ID:mMGFlYWM[] 返信

      (乗り切るしかありません…!!)

      「れ…恋愛の事なら私に任せてください…!」

      「私は今まで一度も振られた事がありません…」

      「なお告った事も無いので嘘ではない」

      「一度もですか…さすが会長…」

      「で…でしょう……」



    • 85 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      まりなさんのナレーションちゃんと想像してみたら何かツボに入った。相手は誰なんやろう



84件の返信スレッドを表示中
返信先: 【SS】紗夜様は告らせたい~少女たちの恋愛頭脳戦~


※投稿前に必ずご確認ください

※投稿前に「 利用規約」を必ずご確認ください

※大きく行間をあける際には、ボタンから[br](改行コード)を挿入してください

※誹謗中傷、自演、荒らし行為、煽り発言、キャラdis発言などはお控えてください

※画像を投稿される前に、「 画像のアップロードに関しての注意事項」を必ずご確認ください

※2つ以上のリンク含む投稿は、スパム判定されてしまうため、アドレス先頭のhを抜いて(https://~ → ttps://~)投稿してください


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width=""> <div class="" title="">

添付ファイル:

許可された最大のファイルサイズは、8 MB です。

他のファイルを追加する