【SS】ましろ「嘘松……?」

TOP スレッド一覧 SS掲示板 【SS】ましろ「嘘松……?」

27件の返信スレッドを表示中
    • 1 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      「そ、情報の授業であったじゃん。ネットには嘘の話も多いから気を付けましょうって話」
      「いびつな自己顕示欲だったり、単に笑いを取ろうとしたり、理由は様々なようね」
      「だからって、ネットでもウソはだめだよ!」
      「でも…皆に注目されたい、特別な自分になりたいって気持ちはわかる、かな…」
      「私は普通が一番だと思うけどね~」
      「ま~、このカリスマインフルエンサーのTOKOちゃんが箱入り娘のキミたちに真実を教えてあげようじゃないの」
      「じゃあ、これは? ちょっと良いなって思った書き込みなんだけど…」



    • 2 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      「聞いて! 猫と遊んでばかりの幼馴染に聞こえないように「アタシも構って欲しいにゃ~」って呟いたら「ネコになるのはベッドの上だけにして頂戴」って頬を染められちゃってにゃんにゃんが止まらない」



    • 3 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      「あ~もう、典型的な嘘松だわ」
      「そ、そうなんだ…」
      「あたしらの興味と言えば恋バナって考えが透けて見えるね、透子だけに」
      「るいるいはどう思った~?」
      「句読点が無くて読みづらいわね」
      「そういう事じゃないと思うけれど…これはどうかな?」



    • 4 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      「ブシドーを極めにフィンランドから来日したモデルやってる超絶美少女が「ニッポン大好きです!」と言うたびに国名をヤマトに変えるにはどうすればいいか法律に詳しくなっていくジブンがいるッす」



    • 5 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      「もちろん、嘘松だね。嘘松にはオモシロ外国人がよく出てくるけど設定盛りすぎ! ブシドーって!」
      「国名が変わることは意外と多いわ。平和裏に変更できることを祈りたいわね」
      「嘘っぽすぎて本当に聞こえるのは気のせいかな~。広町のもお願い~」



    • 6 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      「自信を無くしちゃったかーくんたちに元気を出してもらいたいなってこころんに相談したらすっごく大っきいお船に招待してくれたよ!はぐみもこのために造ったっていう飛行船に乗ってライブ演ったんだ! 楽しかったよ!」



    • 7 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      「も~、こんなの嘘松以前の問題。個人を特定できそうな名前出しちゃダメでしょ。あだ名でも案外バレるもんなんだよ」
      「お話が唐突だよね。月ノ森でもこんなことできるお金持ちのお話は聞いたことないし…」
      「おっ、シロもわかってきたじゃん。さ~、どんどん行こう!」
      「そう、それじゃあこういうのはどうかしら」



    • 8 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      書きためここまでです
      面白くなかったらごめんなさい



    • 9 名前:匿名スタッフさん ID:5OThiYmQ[] 返信

      リサ姉だけ嘘松だな



    • 10 名前:匿名スタッフさん ID:zYTAyNTB[] 返信

      事実混ざってて草



    • 11 名前:匿名スタッフさん ID:mN2Q1ZmZ[] 返信

      本当松がいるんですがそれは大丈夫なんですかね…



    • 12 名前:匿名スタッフさん ID:4YjYxOWJ[] 返信



    • 13 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      丸山のツイートも出てきそう



    • 14 名前:匿名スタッフさん ID:wYmE1MDk[] 返信

      これは本当松



    • 15 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      「幼馴染グループの中でも一番オクテな末っ子だと思ってた娘が付き合ってるカタブツの年上彼女さんとの仲が想像より進んでいてショック~って話を彼女にしたら「そんじゃアタシたちも追いつかないとな!」ってイケメンスマイルで抱き寄せられてハートのリズムが乱れまくり」



    • 16 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      「彼女にイケメンという表現を用いるのはともかく、作り話をするほど突飛な内容ではないと思うのだけど」
      「う~ん…これは…ホント…いや!嘘松!オクテな子みたいに自分たちの仲も進めばいいのにという願望を込めた妄想だよ!」
      「こんなステキな思い出まで嘘だなんて、なんだか悲しいよ…」
      「それにしても、たったこれだけの情報で、そこまで深く読み取るなんて…。透子ちゃんはさすがだね」
      「いろいろ見てきたけど~透子ちゃんはおススメの嘘松ってあるの~?」
      「そうだな~自作自演がバレバレなのがイタかわいいアイドル研究生とか、
      いい子ちゃんの自分の殻を破り捨ててハッチャケ過ぎの千葉の中学生とか
      ネットにはいろんな濃いのがいるけど…。いっちばんインパクトあったのはコレかな」



    • 17 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      「ちょまま!「お友達が来てるよ」って婆ちゃんが言うから玄関にダッシュしたら星のお姫様が舞い降りてた話する?」
      「質屋をやってる私の実家は見た目に反してセキュリティ万全だけどハートを盗む泥棒だけは捕まえられませんでした」
      「ヴィンテージギターだから価値があるんじゃない、アイツが弾くから光り輝く星になると
       我ながらクッサいことを言ったのを聞かれちゃってて穴があったら入りたい」
      「利根川…信濃川…石狩川…木曽川…最上川…。今までありがとう、良い人に買ってもらってくれ。私はアイツと生きていく」



    • 18 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      「待って、待って! お友達のこと大好きなのはわかったけど入れ込み過ぎ!」
      「偏執的で怖い…もうネット見るのやめる……」
      「本人はシアワセな気持ちで書き込んでるはずなのに見てる人はゾワゾワする~。ホラーだねぇ」
      「いっそ嘘であって欲しいと願いたくなるわ」
      「去年の春くらいから書き込みの頻度、ボリュームともに急増しているんだよ。
       それまで友達がいなかっ…」
      ♪~♪~♪~
      「あ~あ、もうお昼休み終わりか~。どーよ? TOKOちゃんのお話はためになったかな?」
      「ためになるかは別にして、私一人では決して得られない知識には違いなかったわね」
      「おしゃべりはここまで!わかってると思うけど今日の放課後はポピパさんと合同練習だからね。
       遅刻厳禁、校門に集合だよ!」
      「おお~放課後にバンド練って青春っぽい~。りみりん先輩にシゴかれちゃったりして~」
      「上手になったねって、香澄さんほめてくれるかな。えへへ…楽しみ…」



    • 19 名前:匿名スタッフさん ID:4YjYxOWJ[] 返信

      もうネット見るのやめる草



    • 20 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      「あ…ご、ごきげんよう?」
      「こんにちは!」
      「今日はお世話になります。市ヶ谷先輩、お一人ですか?」
      「遅れてごめんなさいね、他のみんなはこちらに向かっているから少しだけお待ちになって、オホホ…」
      (アイツら、生徒会行ってた私よりなんで遅れてんだよ!早く来い!)
      「スタジオの予約までまだ時間はありますし、大丈夫ですよ」
      「そ、そうですわね…」(やっべー…あんまり知らない子とうまく話すことなんかできねー…。
       でも、沈黙はもっと気まずい……。当たり障りのない共通の話題と言ったらアレしかねえ!)
      「み、皆さん、バンドの方は最近いかがかしら?」
      「とっても楽しいです。うまくいかないこともありますけど、みんなが励ましてくれて…」
      「グルーヴって言うんですか? あの、気持ちが一つになる感じがサイコー!」
      「あぁ、みんなで同じことをやるって楽しいよな…ですわね」
      「市ヶ谷先輩はどんなきっかけでバンドを始めたのですか?」
      「私ん時は香澄…さんが突然家に現れて…。星のようにキラキラした目で私を誘った…のよ」
      「わぁ…やっぱり香澄さん、行動力があるんだ」
      「私の実家、質屋なんだけど結構イイ値が付いたギターに香澄が一目ぼれしちゃって、
       しょうがないから格安で譲っちゃった。私もキーボード買う資金にするのに可愛がってた盆栽を
       売りに出してつらかったけど…後悔はしてない」
      「ほほう~どこかで聞いたような話ですね~」



    • 21 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      「それからというもの、香澄は私を導く星の輝きになってさ…。
       病める時も健やかなるときもコイツの隣にいようって心に決めたんだ」
      「あの…市ヶ谷…先輩?」
      「もう香澄がいない生活なんて考えられない。おたえは私たちのこと熟年夫婦って言ったけど、
       何度生まれ変わってもそのたび巡り合う運命の恋人と言っていいな」
      「この恐怖…私、知ってる…」
      「これは…間違いなくアレだねぇ」
      「ええ」
      「香澄…今どこにいるんだよ…。いや、見えなくても星の鼓動は感じる。けど…逢いたくて震える…」
      バタン
      「みんな待ったぁ~!? あ~っ、ましろちゃん、久しぶりー!」
      「こ、こんにちは」
      「遅ぇ~ぞ、香澄ぃ!どこで何して誰のこと想ってたぁ!?」ワリコミ
      「ゴメ~ン、有咲ぁ!補習が終わらなくて~、許して~!あと、勉強教えて~」ダキツキッ
      「暑苦しいからひっつくんじゃねー!全く…しょうがねーな、香澄は!」ニチャラヘニャァ
      「うわあ…市ヶ谷先輩が…溶けてく……」
      「一番しっかりしてて見習おうと思ってたのに…私の中の無垢な想いは散ってく…」



    • 22 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      ・・・
      ・・

      「あれから三日…ましろちゃん、練習に来ないね…」
      「桐ケ谷さんもフォロワーが減ったとかで落ち込んでいるようね。共感力が衰えたとか言っていたわ」
      「練習してないとヒマだね~。ネットでも見てみようかな~。
      『憧れてたバンドのメンバーにド変態がいたことを知って、自分もああなっちゃうのかなと
      バンドを続けるか悩んでいる人のアカウントがこちらです。
      私の心に夜明けが来るのをひたすら待つよ…』だって。アハハ、嘘松ってやっぱり面白いよね~」
      「それは本当松よ」
      (終わり)



    • 23 名前:匿名スタッフさん ID:hY2ZhY2R[] 返信

      ネットに出回っている嘘松と言うのは天才の閃きというか、
      『考えて』できるものではないだろうな…としみじみ思いました。
      読んでくださった皆さん、ありがとうございました。



    • 24 名前:匿名スタッフさん ID:yNzgyNmN[] 返信

      本性表してから有咲がなんちゃってお嬢様言葉使ってなくて恐怖を感じた



    • 25 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      幼馴染グループの末っ子ちゃんはどこまで進んだのか…。嘘松構文?って実は色々想像できてかなり優秀な気がするw
      面白かった、乙です!



    • 26 名前:匿名スタッフさん ID:mMzg5Y2Q[] 返信

      単純に面白かったしモニカが和気藹々としてたのが良きでござった 乙



    • 28 名前:匿名スタッフさん ID:yM2JiNzc[] 返信

      めちゃくちゃ笑ったw



    • 29 名前:匿名スタッフさん ID:iYTI0Mjl[] 返信

      はぐみ嘘松認定草
      ソフトボールの練習場もらったとかも呟いてそう



27件の返信スレッドを表示中
返信先: 【SS】ましろ「嘘松……?」


※投稿前に必ずご確認ください

※投稿前に「 利用規約」を必ずご確認ください

※大きく行間をあける際には、ボタンから[br](改行コード)を挿入してください

※誹謗中傷、自演、荒らし行為、煽り発言、キャラdis発言などはお控えてください

※画像を投稿される前に、「 画像のアップロードに関しての注意事項」を必ずご確認ください

※2つ以上のリンク含む投稿は、スパム判定されてしまうため、アドレス先頭のhを抜いて(https://~ → ttps://~)投稿してください


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width=""> <div class="" title="">

添付ファイル:

許可された最大のファイルサイズは、8 MB です。

他のファイルを追加する