【SS】大正少女楽団小話

TOP スレッド一覧 SS掲示板 【SS】大正少女楽団小話

149件の返信スレッドを表示中
    • 1 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      大正9年東京府小石川区某所


      「……いよいよだね。」
      「大丈夫、きっと上手く出来てるよ。」
      「うぅドキドキしてきた……。」
      「何で香澄が緊張してるんだよ。」
      「えへへ……何だか緊張し──」
      「みんな、お待たせ。」
      「あ、沙綾ちゃん!」



    • 2 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「やっと焼き上がったよ。」




      “チョココロネ”ドドン


      「なんだか圧巻だな……。……りみ無理して一気に──」
      「ふぉふぃふぉうふぁわ♪」モグモグ
      「」


      「有咲も早く食べなよ。」モグモグ
      「ふっごくおいひいうょ!ふぁあや!(すっごく美味しいよ!沙綾!)」モグモグ
      「うーん、もうちょっとチョコ入れても良かったかもね。」モグモグ
      「いくらなんでもがっつきすぎだろ!」



    • 3 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「これが……山吹ベーカリーの新商品……。」

      「まじやばい。(語彙力消失)
      食べなきゃ人生損する位に。10銭なのも安い程。」

      「そんな大袈裟な…………まじやばい。」

      「でしょ!」

      「ちなみに10銭有れば
      電話で25分話せるし、銀も1.5g買えるわ。」

      「誰に言ってるの……?
      あとタクシー初乗り2回分とか
      国家公務員初任給が75円って言った方が解りやすいんじゃ?」



    • 4 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      作者です。がっつり大正ロマンです。
      もし100年前(1920年)に彼女たちが居たらと言う妄想です。

      思いついたらちまちまと投稿していく予定です。


      出来る限り色々調べて、なるべく歴史的におかしくないようにはしているつもりですがツッコミどころがあったらお教え下さい。
      ……これって調べたものに解説付けた方が良いのかな?


      あと、何かネタがあれば是非教えて下さい。(重要)
      力の限り挑戦します。


      出来れば全員書きたいとは思っています。



    • 5 名前:匿名スタッフさん ID:jODEzOWR[] 返信

      ちょっと時代は曖昧かも…自分の先祖の一人が土木工学系の仕事をしてたみたいなんだけどその頃は他国の戦争の影響でかなり忙く働いてたみたい。建造分野に限らずエンジニアはメッチャ頑張ってたんじゃないかな?
      麻弥ちゃん関連のちょっとしたヒントになるかも
      応援してます



    • 6 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      >>5
      ありがとうございます。
      案の定麻弥さんが若干暴走気味になってしまいました。笑


      あと、解説とまではいきませんが散りばめたネタが何なのか
      わかりやすくしようとしてみました。
      (ネタ過多注意)


      一応続きからです。



    • 7 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「いや、こう言った方が──。」
      「それだったらこっちの方が──。」


      「ぜぇぜぇ」

      「……それにしても美味しいよね。」

      「そうね……もっと買っちゃおっか。笑」

      「賛成、それじゃあさっそく……」
      「ん?どうしたの?」

      「いや、あそこの2人組どこかで見た気が……。」

      「んん?」

      「ああ!わかった!!Pastel✽Palettesの白鷺千聖さんと大和麻弥さんよ!」

      「ぱすて……なんだって?」

      「Pastel✽Palettes!知名度こそまだ無いけど曲が凄く良いの!確かに流行歌とは雰囲気は違うけど私はじきにああいった曲が流行る時が来ると確信しているの!あと、5人ともとても魅力的なの!
      特に若宮イヴって子は内戦で国を追われて──」
      (あ、これ長くなるやつだ……。)

      (チョココロネ(チョコレートスネール):文献登場(1939))
      (流行歌:ポピュラー音楽,歌謡曲)
      (内戦:フィンランド内戦(1918))



    • 8 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      カランコロン
      「あ、千聖さんに麻弥さん!いらっしゃい!」

      「こんにちは。空いてるかしら?」

      「大丈夫ですよ。奥の席に案内しますね。」

      「ありがとうございます。」


      「──彩ちゃんのとちりも大変ね。」

      「まあ、まだレコードなら撮り直せますし……。でもアメリカだとラジオを使って音楽を放送し出したそうですよ。」
      (米放送:NOF(1920))

      「あら、じゃあ全国に彩ちゃんの噛みっぷりが披露される日も近いかもしれないわね。」
      (日本のラジオ放送(1923))

      「あはは……。」

      「そのアメリカの放送は自作の無線で?」

      「そうです、でも最近混信が酷くて……。と言うのもラジオで使われている──。」
      (あ、これは長くなるやつね。)
      (混信:米無線法改正(1922))



    • 9 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「──と言う訳っス。」

      「……さすが高工(高等工業学校)に通うだけあるわね。」

      「女子生徒が少なくて肩身は狭いですが。」

      「でも真面目に帝国大学も目指せるんじゃないかしら?」

      「フヘヘ、そう言って貰えると嬉しいっス。」


      (注:高等工業学校(旧制専門学校)は制度上は女も、何なら中等教育機関を出てなくても受けられた。
      そっから大学に行くのは個別審査が必要だったり、学校によっては不要だったり……。)



    • 10 名前:匿名スタッフさん ID:hOGM2OTJ[] 返信

      歴史も学べて、話も良くて一石二鳥



    • 11 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      >>10
      ありがとうございます!歴史オタク冥利に尽きます……。


      続きです。(ここから書き溜めが無くなるため間隔が空くかもしれません)



    • 12 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「あ、千聖ちゃんに麻弥ちゃん!」

      「あら、日菜ちゃんお疲れ様。」

      「お疲れ様です日菜さん。彩さんのレコーディングもう終わったんですか?」

      「ううん。まだ掛かるみたい。
      あ、そうだ千聖ちゃんに渡す物が在るんだった。」

      「?」

      「じゃん♪」(めっちゃ左な本)
      「」バッ(日菜から強奪して急いで仕舞う。)

      「「……。」」

      「……千聖さん、くれぐれもイヴさんと特高の前では出さないでくださいね?」

      「……わ、わかっているわよ。」


      (特高:警視庁特別高等課、後の特別高等警察)



    • 13 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「あ、後プロデューサーからの伝言もあって、
      『ギターの次はウッドベースが来ると思うので、今の内にエレクトリック・ギターにも慣れといて』だって。」

      「まだエレキのギターも出来てないじゃない!」
      (エレキギターの発明(1931))

      「あはは、先を見越していると言うべきか……。」

      「先を行きすぎよ……。」
      (ベースの発明(1951))

      「でも慣れると簡単だよ?」

      「なんで世に出てない楽器をすらすら弾いているのよ……。」

      「日菜さんはスゴすぎて逆に参考にならないですしね。」

      「うーん、でも麻弥ちゃんの作ったピックアップは他の試作品と比べて使いやすい方だよ?」

      「フヘヘ、恐縮っス。」
      (ピックアップの発明(1923))



    • 14 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「ちなみにプロデューサーは何やってるのかしら?」

      「何かまた“えきぞちっく”な気配がしたんだって。」

      「この前は岩手の釜石まで行ってきたんでしたっけ?」
      (釜石:明日待子(日本最初のアイドルの1人)誕生(1920))

      「ええ、夜汽車に飛び乗ったそうよ。」

      「そうですか……電気機関車ならもっと速度が出せ──」
      (あ、これ長くなるや──)
      (電気機関車導入(日本)(1891))



    • 15 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「かまだんご美味しかったです!」
      「「!」」

      「イヴさんお疲れ様です。」

      「お疲れ様、イヴちゃん。……と言うことは。」

      「や、やっと録音終わった……。」

      「あはは、彩ちゃんもお疲れ~。」

      「も、もうむり。南の島にでも行きたい……。」
      (南洋諸島委任統治開始:1920)

      「アヤサン……とうとう髪色に心まで浸食されてしまったんですね……。」

      「赤じゃなあよ!?ピンクだよ!?」

      「そこ噛むんだ~。」
      (元はガチの打ち間違い)



    • 16 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      作者です。こっからどうしよ……な状態です。(パスパレは筆が乗りすぎた。)
      正直なところ今浮かんでるのは、
      “おたえのウサギ(ウサギは軍隊にも使われてたし、値段も高かったetc)”と
      “羽沢珈琲店(当時はまだカフェーもエロくなかった)
      位ですがこれらを文章化出来るかまだ見通しが立っていません。
      気長に待ってくださればと存じます。

      あとネタがあればじゃんじゃん言って下さって構いません!というか下さい!



    • 17 名前:匿名スタッフさん ID:wODAzMzY[] 返信

      帝国歌〇団になりそう(大汗



    • 18 名前:匿名スタッフさん ID:jNGM4MWE[] 返信

      薫さんが帝国歌劇団的な所に居そう



    • 19 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      お久し振りです。
      ようやく自分の納得がいく設定が練られました。
      >>17さん、>>18さん
      ありがとうございます。
      自分も一瞬あれが浮かびました。笑

      ただ、帝国歌劇団のモデルとなった団体(松竹歌劇団)が当時まだ存在せず
      また似た団体(少女歌劇)も宝塚くらいしか見付からなかったため、
      せめてもの帝撃要素として帝国劇場(劇場内部のモデル)で舞台をさせます。(時代設定ミスったかもと真剣に悩みました。汗)


      では、続きからです。



    • 20 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      カランカラン
      「いらっしゃ……あっ!ひまりちゃんとりみちゃん!」

      「つぐー!やったよー!!」

      「わわっ!どうしたの!?」

      「実は、今度薫さんがする公演に無事行けることになったんだ。」

      「2人ともおめでとう!」



    • 21 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「一体何の騒ぎかしら?」

      「あ、千聖さん、こんにちは!
      実は薫さんのシェイクスピア劇に2人で行けることになって。」

      「ああ、今度帝劇(帝国劇場)でやるって言うあれね。
      関係者席のチケットならいくらでもあげるって言ったのに。」

      「だって自分達の力で観に行きたかったんですもん!」

      「ひまりちゃんバイトありがとうね。」

      「沙綾ちゃん達にも協力して貰って新作のパンを作ったんです。よかったら千聖さんもどうぞ。」

      「あら、ありがとう。じゃあ向こうでパスパレのみんなと頂くわ。」
      (見るからに高カロリーだから、少しでも食べる量を減らさないとならないわね。)

      「ヒマリさんもリミさんもお疲れ様です!」

      「イヴちゃん……!仕事教えてくれて本当にありがとう!」
      (イヴちゃんいつの間に!?)

      「困ったときはお互い様です!」

      「うぅ……。ありがとう。」

      「ふふ。良ければ向こうでみんなで一緒にお茶はどうかしら?」
      (よし、一人当たりの量をもっと減らせるわ!
      ところでイヴちゃんはいつ来たのかしら?)

      「うぅ……お言葉に甘えます。」
      (コロネコロネコロネコロネ)

      「ツグミさんもいかがですか?」

      「今は空いてるし大丈夫だよ!」
      (イヴちゃんさらっと入って来たけどいつ来たんだろ?)




      「チサトさん。」(小声)

      「?どうしたのイヴちゃん?」(小声)

      「さっき『資本論 Das Kapital』って題名が見えましたよ。」

      「」




      資本論(第1巻第1分冊)邦訳出版 (1920)



    • 22 名前:匿名スタッフさん ID:jODBiNWV[] 返信

      なんか大正野球娘思い出したわ



    • 23 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「「はぁ~♡」」

      「儚かったね……。」

      「うん、儚かった……。」

      「三越でお茶する?」

      「する!」


      トントン
      「どうぞ。」

      「お疲れ様、今日も良かったわよ。」

      「これ差し入れです。」(チョココロネ)

      「コロッケもあるよ!」

      「おや、みんな、ありがとう……花音の姿が見えないが。」

      「「!?」」

      「いつの間に……。」

      「はぐみ探してくる!」

      「はやっ!流石ソフトボールやってるだけある……。」




      今日は帝劇、明日は三越:1913
      (当時流行りのキャッチコピー)

      ソフトボール:1887
      (なお日本初のソフトボールは1921)



    • 24 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      コロッケの説明は
      某ssのポテト好きもといポテト狂いの紗夜さんに捧げます。笑
      (対抗心を燃やしてたら向こうが終わってた……。)


      コロッケ
      正確な誕生年は資料によってまちまちで不明ですが、普段よく目にするジャガイモを用いた物はこの頃(1920年頃)に出来、関東大震災以降普及しました。

      従来コロッケは今で言うクリームコロッケの様相であり、値段は1917年の時点で25銭でした。

      コロッケ1個25銭、
      つまり国家公務員の初任給(75円)から考えると現在(初任給186700円)だとおよそ622円、
      給与所得者年収(583円)から考えると現在(420万円)だとおよそ1801円
      と高価な物でした。

      なお、コロッケ(クリームコロッケ)はちゃんとした洋食店で食されるものであったこの時代にも「コロッケの唄」という曲がヒットしていたそうです。


      さて、現在良く目にするジャガイモを用いたコロッケの登場によってコロッケは非常に安価な物となり、1930年には2銭で食されるようになります。

      ちなみに1930年の2銭は国家公務員の初任給(75円)から考えると50円、
      給与所得者年収(738円)から考えると114円です。

      安価に手に入る食材、ジャガイモを用いたことによってこれだけのコスト減に成功したのです。

      またジャガイモ以外の細切れ肉などの食材やラードが、精肉店では容易に手に入ったこともコロッケ(ジャガイモタイプ)がより安価に精肉店で提供された要因とされています。

      いずれにせよ、今日のように、我々の食卓にコロッケが上るようになったのはジャガイモ在ってのことなのです。
      ポテト万歳。




      ちなみにこれだけ安価になってしまうのを鑑み、ここでは
      “はぐみ達が作った裏メニュー”という裏設定があります。
      (洋食屋が絶滅しそうなため。)



    • 25 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      一旦休憩です。(ポテトの推敲に力を使い過ぎた。)


      >>22
      初耳です。奇しくも丁度ソフトボールに触れてた……。
      調べてみたらおもしろそう……。



    • 26 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      はい。ポテトネタでダダ滑りした作者です。

      続きです。ややシリアス目?な回です。
      (シリアス度ミクロン)

      ホントはここまで投稿する予定だったのに
      急遽ネタに走りたくなったという経緯があり、
      相当短めです。


      なんか、自分の書いた文を読んで恥ずかしくなってきた……。



    • 27 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「……薫、どうかしたのかしら?」

      「!……ふふ。こころに隠し事は出来ないか……。……実は、笑顔にできなかった観客の姿が、その、舞台からかなり見えてしまってね……。」

      「「……。」」

      「……やはりシェイクスピアは受けないのか、と思ってしまったんだ。……もういっそ上演を諦めた方が笑顔になる人が増えるんじゃ──」
      「っそんなこと──」



    • 28 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「だめよ。」
      「!」

      「そしたら薫が笑顔でなくなってしまうじゃない。」

      「!」

      (にこっ)




      「……あー、えっと、確かに“求められていること”と“やりたいこと”が違うのが辛いのは解ります。でも、」
      「それだったらどっちもやってしまえばいいわ!」

      「幸いにも、ハロハピもたくさんファンが居てくれてます。だから、」



    • 29 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「「つまり、そういうこと(です。)」よ。」

      「!」

      「薫くんおつかれー!」

      「ごめんね、道に迷っちゃってて。薫さんお疲れ様。……えっと、お取り込み中だった?」

      「はぐみに花音!丁度終わった所だから大丈夫よ。それより、今からライブよ!」

      「よしきたー!」

      「ふえ?!」

      「あー、諦めてください。」

      「ふえぇ!?」


      「……ふふっ。」

      (ありがたいことに私の笑顔を喜んでくれる人が居て、ありがたいことに私も自由に演劇をさせてもらえている。)



    • 30 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「……つまり、そういうことさ。」




      シェイクスピアは当時、新劇の中ではあまり上演されませんでした。
      その理由は、当時の知識人が自然主義の時代において
      シェイクスピア劇のような古典劇より、
      イプセンのような近代戯曲を新劇に求めていたため、
      と一説には言われています。



    • 31 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      ……初めてシリアス?に挑戦してみました。……恥ずか死にそうです……。


      本日はここまで。



    • 32 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      面白いし勉強になります!
      ハロハピは押しの強いメンバーのおかげでシリアスな場面もちょっとした安心感を持って見れて良い



    • 33 名前:匿名スタッフさん ID:yNzRiZTV[] 返信

      このSSが今連載されてる中で一番面白いです



    • 34 名前:匿名スタッフさん ID:zZjk4NzA[] 返信

      バンドリSSスレの中でここまで勉強になるSSがあったろうか。コロッケの話、めちゃめちゃ分かりやすくてタメになった。主が満足いくまで書きまくってくれ。



    • 35 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      みなさん……ありがとうございます。涙
      非常に励みになります。


      >>32さん
      薫さんと言えばシェイクスピアと思い、それに関してネットで論文を調べていた時にこの話が思い付いてしまったのですが、
      自分も書いててハロハピの明るさやパワフルさに助けられました。

      >>33さん
      ありがとうございます。そんなありがたい言葉を頂けるなんて……!

      >>34さん
      ありがとうございます。ペースは遅めですが書きまくらせて頂きます!
      よろしければ自分の過去作(処女作)の産業革命の方も……。(あからさまな宣伝)
      https://bang-dream-ch-bbs.com/forums/topic/28149/



    • 36 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「──というわけで薫先輩すっごく格好よかったんだよ!」

      「うんうん。」

      「急遽三越でライブされてたのもたまたま観れて、それも本当に最高で……って、もうこんな時間!?」

      「え?本当だ!急いで出掛けないと!」

      「巴から買ってくるように頼まれてる物も特には無いよね?」

      「うん、手ぶらで大丈夫だったはず。でも、料理が出来るまで時間を潰せる物はあった方が良いかもとは確か言われてたよね。」

      「うーん。汚してもやだしこのまま行っちゃう?」

      「そうだね。じゃあ、急ごう!」



    • 37 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「へいっらっしゃい!」

      「遅れてごめん!」

      「まさか途中でモカちゃんのパンを一緒に運ぶことになるなんてね。」

      「いやー、つぐ達が丁度来てくれて助かったな~。」

      「その割にはあたし達が出て直ぐに、狙ったかのように山吹ベーカリーから出てこなかったっけ?」

      「さて、なんのことでしょー。あ、そうだ、お礼にこのパンを好きなだけ食べる許可を与えようー。」

      「いや、流石にこの後がっつり食べることを考えると……。」

      「えんよはむようあよ~。(遠慮は無用だよ~。)」モグモグ

      「モカ、ひまり、食べても良いけどちゃんと後でちゃんと巴の料理も食べなね。」

      「わいよーうわいよーう、ひゃんほうぇふわわいおふぁうぇうぁうえうぇ、ひーやんゆぃハウォユィーおふっほふはや。
      (だいじょーぶだいじょーぶ、ちゃんと別腹に収めた上で、ひーちゃんにカロリー送っとくから。)」

      「私も食べることにされてるし!しかも私は良くないし!」

      「食べないのー?キラキラキラー♪」

      「うっ、じゃ、じゃあ少しだけ……。」

      ((ちょろい。))




      「……ねえ、美竹さん。何で私もここに居るのかしら。」

      「リサさんから、今日は弁当も作れないからちゃんとした料理をここで振る舞ってくれって頼まれたんです。『友希那ほっとくと水で凌ごうとしそうだから』とも言ってましたよ。」

      「うっ……。」



    • 38 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「……自炊というのは非常に効率が悪いと思うの。」

      「この時代になんてことを言い出すんですか。」

      「この間アイスクリームとウヰルキンソン・タンサンを飲みながら考えたんだけど。」

      「何だか腹が立つくらい優雅ですね。」

      「“刺激、強め。”で合うのよ。しかもかき氷じゃなくてアイスクリームなのがミソよ。」

      「さいですか。」

      「ちなみにその食べ合わせをしている時の私の心境、羽沢さん解るかしら?」

      「え?……“ときめく為に、生まれてきた。”とかですか?」

      「違うわ。」

      「そもそもどうやって正解にたどり着けって言うんです?」

      「ともかく、家族を相手にした食堂は私の家の近くに早く出来るべきだわ。」

      「単に自炊したくないだけでしょ。」

      「『ほっとくとお菓子ばかり食べてる』ってリサさん困ってましたよ。」

      「うっ……で、でも、“これ1本で超疲労回復(飲み過ぎると危険)”みたいなジュースが売り出されても良いと思うの。」

      「仮に今在ったとしても、もうそれ魔剤じゃないですか。」

      「そしてあまりの売れ行きに生産終了。」

      「なんか化け物みたいな飲み物ですね。」

      「とんでもなく濃いココアみたいな飲み物でしょうね。」

      「それもうコーヒーでいいですよね。」



    • 39 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      アイスクリーム:(日本での工場生産)1920
      (存在自体は紀元前から、
      日本人が初めて食べたのは1860、
      日本初の販売は1869)

      ウヰルキンソン・タンサン:1904
      (前身の仁王印ウォーターは1890
      “刺激、強め。”はウィルキンソンの現キャッチコピー)

      かき氷:文献登場は1000年頃(1890頃に大衆化)

      ハーゲンダッツ:1959
      (起源となったアイスの行商は1920年代
      “ときめく為に、生まれてきた。”は現キャッチコピー)

      ファミレス:1970(すかいらーく)

      ココア:販売(日本)1919
      (現在の形になったのは1828、
      日本人が初めて飲んだのは文献上1868)



    • 40 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      某ssが終わってしまうそうなので誠に勝手ながら一ファンとしてそれにちなんだネタを。やや遊びのため解説多めになってしまいました。
      Monsterどころかエナジードリンクも見当たらなかったため、こうなりました。恐らくあのssで奢られた飲食物(?)は網羅しているはず。
      (Monster・ダッツハーゲン・ウィルキンソン・修学旅行のお菓子・心愛じゃなくてココア・修学旅行で何か・アイスクリーム・かき氷・ファミレス・ジュース)
      br
      br
      ギリギリ向こうが最終回を迎える前に出来た……。



    • 41 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      作者です。書いていて事前に言っといた方が良い気がすることが浮かんだので最後に注意書きを。
      今回は特に細心の注意を払っては居りますが、もしかしたら怒られるかも……とビクビクしています。



    • 42 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「……一番疲労回復に効きそうな飲み物といったら、酒?」

      「少なくとも私は飲まないし、これからも確実に飲めないわ。」

      「あたし達もです。やっぱりRoseliaに全てを捧げてるからですか?」

      「それもあるけど……、全力でガードされてるのよ、主にリサと紗夜に。」

      「「ああ、なんだかわかります。」」

      未成年者飲酒禁止法 1922



    • 43 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「へいお待ち!」(ラーメンドドドドドドーーン!)

      「美味しそうね。」

      「ふぇっ!もふ!?(えっ!もう!?)」

      「ひーちゃんがんばー。」

      「あの山がほとんど消えている……。」

      「一体何個食べたの……。」

      「んーっと、モカちゃんが15個でひーちゃんは確か今4個目ー。」

      「コラプサー?」

      「こらぷさー?」

      「日菜先輩から聞いたんだけど、そういう星が在って、すっごい沢山物を吸い込むんだって。」




      ブラックホール(コラプサー)理論 1915
      (それ以前(1784)にも在ったが忘れられてた
      ブラックホールという名前は1964)



    • 44 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「よし、飲み込んだ!」

      「じゃあ、伸びる前に食べちまおう!今回のはかなり食材に拘った一品だぞ!」

      「でも、ごちゃごちゃ乗せ過ぎじゃ?」

      「野菜とかも一緒に食えば栄養も摂れて一石二鳥かと思ってな。薬食同源なんて言葉もあるわけだし。」

      「ふむふむ。」

      「まだまだこれは改良の余地が在るんだけど、一先ず味はマズくないはずだぞ。」


      薬食同源 不明
      (医食同源という言葉は1972(実は日本生まれ))



    • 45 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      ラーメンは少し解説が複雑になります。




      ラーメン
      何を以てラーメンの起源とするかで実は様々な見方が出来てしまいます。


      まず、日本初のラーメン店は1910年に出来ました。当時のラーメンは塩味ベースで具もシンプルでした。

      そして、文献によって年代はまちまちですが、遅くとも1926年までには今のような形になり、醤油ラーメンが誕生したようです。
      ちなみに豚骨ラーメンは1947年、ラーメン二郎は1968年のことです。


      “ラーメン”という言葉のルーツは諸説ありいつ出来たのかはよくわかりません。しかし、1958年のチキンラーメン販売から“ラーメン”の語は定着し出しました。

      それまでは“南京そば”、あるいは“支那そば”(1946以前)か“中華そば”(1946以降)と呼ばれておりました。


      実は1884年の時点で既に“南京そば”と言う料理が在ったようですが、これが現在のラーメンに通じる物かは不明です。

      更に言うと、これは割と有名な話ですが、日本で初めて中華麺が食したのは1697年の徳川光圀と言う説があります。

      しかも、状況証拠ですがそれ以前の1659年に光圀が食べたとする説もあるようです。

      更に更に、経帯麺と言う中華麺が1488年、つまり室町時代に日本で食べられたとする史料も存在します。


      まとめると
       1488 経帯麺

       1659 中華麺が光圀に食べられた?

       1697 中華麺が光圀に食べられた

       1884 “南京そば”というメニュー

       1910 日本初のラーメン店
          (この頃までに現在に通じる物が?)

      ~1926 この頃までに概ね今の形に
           &醤油ラーメン誕生

       1947 豚骨ラーメン誕生

       1958 “ラーメン”の語が普及し出す

       1968 ラーメン二郎開店


      ??「つまり、とても奥が深いってことだな!ソイヤ!」








      当ssでは()の中は現在の名称で書いておりますが、「」内に書く場合は当時の名称を採用しています。(例:(チョココロネ),(ラーメン),「ウヰルキンソン」,「コラプサー」)

      なので、現在使うには不適切な台詞が今後出てくるかもしれません。

      文章には気を付けておりますが、もし、不快な思いをされた方が居たら申し訳ありません。



    • 46 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      大正ってなんか色々盛り沢山やね(語彙力)
      こんだけ色々書いてるのにキャラの趣味や特徴とマッチしてて情報が入ってきやすいし違和感ない。すごい!



    • 47 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      お久し振りです。真面目なRoseliaを書いてみようとしたら、主軸とする題材の調査や題材に関する会話にとんでもなく手間取ってしまいました。


      >>46さん、
      ありがとうございます。
      かなり題材選びに悩んだ上で作っているため、
      そう言って頂けて非常に嬉しいです。
      実はキャラ達(モブ除く)の台詞は、
      100年前の人のようにも
      タイムスリップした現代人のようにも
      見えることを心掛けているので、
      よろしければそこも楽しんでください。笑




      注意:解説が笑えるくらい長くなっているものが在ります。
      具体的には大解説を書き終えた段階で文:解説が4:6になりました。



    • 48 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「──という訳で宇田川さんの料理はとても美味しかったわ。」

      「よかったー。ゴメンね、その日は忙しくて。」

      「気にしてないわ。むしろたまにはああいった食事も悪くはないわね。」

      「じゃあ、今度はRoseliaのみんなで食べましょうよ!おねーちゃんもあれから更に改良を重ねてるんです。」

      「それはありがたいけど……、その時は量を半分くらいにして貰いたいわ。」

      りん「そんなに……多いんですか?」

      「野菜しか最初は見えなくて、麺を発掘するんだよ!」

      りさりん「」

      「……あれから、更に増やしたのね……。でも、味は確かよ。」

      ガチャ
      「おはようございます。すみません、遅れました。」

      「あ、紗夜さん!おはようございます!」

      「おはよ☆まだ時間になってないし大丈夫だよ。」



    • 49 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「そういえば湊さん、弦巻さんからこの本を湊さんに渡してくれと言われて預かってきました。」

      「ああ、あれね。」

      「なになに、って赤い鳥!?」

      「弦巻さんに中の曲は最近流行っているものだし、一緒に入っている話も面白いって勧められたのよ。」

      「……りんりん、これって。」

      りん「童謡……だね。」

      「……どんなジャンルであれ、得るものがあるなら構わないわ。
      さて、紗夜も来たことだしそろそろ練習開始よ。」
      (↑どんな曲が書かれているのか詳しく知らなかった)




      赤い鳥 1918
      (北原白秋や西条八十も参加した児童文芸誌
      童謡や童話が書かれていた。)



    • 50 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「むー……。」

      りん「どうしたの……あこちゃん?」

      「ドラムが物足りない……。もっとこう……ドーンバーンって感じに音を出したい!」

      「ドーンバーン……。よくわからないけど、出来るのかしら?」

      「でも……っは!……我が望みし旋律なれば、頂点に君臨するに相応しき……究極の……えぇっと……。」

      りん「甘美なる音楽?」

      「そう!」

      「与えられた条件で最高のパフォーマンスをするのもプロの仕事ではないですか?」

      「んーでもさ、ドラムって歴史も浅いみたいだし好き勝手に改造して良いんじゃない?」

      「そうね……、演奏に支障が無いならあこに任せるわ。」

      「湊さんがそう言うのなら……わかりました。」



    • 51 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      バンドリなのに音楽を取り上げずにどうすると思いドラムセット史です。

      作者はドラムに明るくないので見付け次第片っ端から書いてしまったのですが、これってドラムやってる人からしてみたら
      『ああ、あれね』となるのか、はたまた
      『何じゃこりゃ』となるのか……?

      ……ってかまた解説が長くなってしまいましたね。大反省。




      ドラムセットが登場する前は複数のドラム(主にバスドラムとスネア)を叩くダブルドラミングと呼ばれる奏法が行われていました。この奏法は1865年に登場しました。

      それまではマーチングバンドのようにに1人につき1つのドラムを担当するのが普通でした。
      ……“ように”と言うか鼓笛隊そのものですね。笑

      しかし、南北戦争の終結によってドラムが民間に多量に出回ったためこのような奏法が誕生した、と考えられています。


      バスドラム用のペダルは1870年頃に既にオーバーハングペダルというものが存在していました。

      しかし操作性や見た目の悪さから人気は出ませんでした。

      一応調べた限りでは、1894年頃にとあるスネアドラム奏者が手足を使った演奏をし出したことを以て、ドラムセットは出来たとされています。
      ……とある鼓手の変態奏法(ドラムキック)……。


      現在のようにスプリングの付いたペダルが登場したのは1909年のことです。

      そこから1934年にボールベアリングが付き、1950年にはスプリングが内蔵されるようになり、
      1970年代にはチェーンドライブが登場し……
      と言った具合に改良が重ねられていきました。


      ドラムブラシは1920年に本格的に使われ出しました。その起源は1912年に完成したハエ叩き(金属製)です。
      これはジャズでよく使われるそうですね。


      ここから1920年に無かった物になります。

      まずハイハットは1920年代後半~1930年頃に登場します。

      また元々単に“シンバル”だったスプラッシュシンバル(小さいの)とライドシンバル(大きいの)は、1940年代初期に2種類に分かれます。

      そしてあこちゃんと言えばのツーバス奏法は1952年に誕生します。
      ……きっとここのあこちゃんがバスドラム2つ打っても変態過ぎて観客皆ポカーンとするんだろうな……。

      また、マッチドグリップ奏法は1965年頃に誕生ます。
      つまりそれまでスティックの握り方はトラディショナルグリップ奏法しかありませんでした。
      そういえばドリフの加藤茶さんはトラディショナルグリップですね。




      ラーメンに続きまたまた年表にまとめると

      1864    南北戦争終結
      1865    ダブルドラミング(奏法)

      1870頃   オーバーハングペダル

      1894    ドラムセットの誕生とされる

      1909    スプリング搭載(ペダル)

      1920    ドラムブラシ本格使用開始

      1920後半  ハイハット
      ~1930頃

      1934    ボールベアリング搭載(ペダル)

      1940s初期 スプラッシュ・ライド

      1950    スプリング内蔵(ペダル)

      1952    ツーバス(奏法)

      1965頃   マルチドグリップ(奏法)

      1970s末  チェーンドライブ(ペダル)




      ??「求めし音色はまだ道の遙か彼方。しかし、魔王たるわらわがその音と共に真の姿を解放し……」

      ??「顕現する。」

      ??「顕現する日は、必ずや訪れる!」


      ??「……キマったかな?」

      ??「……かっこいいよ。」



    • 52 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      あまりにも長くなってしまい申し訳ありません。

      ついつい長くなって読みにくくなってしまうな……。



    • 53 名前:匿名スタッフさん ID:0ZDMyMzg[] 返信

      ハイハットは誕生した頃は今ほど位置が高くなかったみたいですね
      シンバルが足元にあったとか
      あと海外のドラマーさんは当時タムの代わりに太鼓や木魚を使っていた人もいたとか



    • 54 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      >>53さん、
      実はそのハイハットの歴史も書こうか迷ったんです。ただ、流石にあれ以上長くするのはやめとこうと思いまして……。皆さんが歴史に興味を持つきっかけになってくれればと願いを込めてカットしました。(でも長い。)
      木魚は知りませんでした……調査不足ですね。見逃してました。




      今回はあこちゃんの誕生日をたまたまRoselia回で迎えられたため急遽作成しました。なので一瞬で終わります。

      香澄の誕生日までにはもっとちゃんと調べておきたいな……。


      これはRoselia回と同じ日のことかもしれませんし、違う日のことかもしれません。



    • 55 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      (目配せ)

      ゆきなさよりん(頷き)

      (?)

      りん「そういえば……、あこちゃん今日……誕生日だったね。」

      「うん、そうだよ!」

      「宇田川さんのこの1年が良い物であるように、いくつか歌を贈ろうという話になりまして。」

      「はい、座った座った☆」

      「じゃあ、行くわよ。」

      Happy Birthday to You




      Happy Birthday to You (1912)
      (原曲のGood Morning to Allは1893)



    • 56 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      はい、これだけです。突貫ですみません。

      遅ればせながら誕生日おめでとうございます。


      誕生日の歴史は骨が折れそうです……。



    • 57 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      アコちゃんおめ!
      こりゃ意外なとこから大正ネタが出たなあ



    • 58 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      お久し振りです。予告“してしまった”とおり香澄誕生日回をやります。今日はその前日譚。


      >>57さん、
      ありがとうございます。自分も調べてみたら(時代的に)ギリギリ書けそうだったので驚きました。



    • 59 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「今日の練習はここまでね。」

      「何だかもう2週間くらい通しでやってた様な気がしますよ~!」

      りん「あこちゃん……お疲れ様。」

      さよあこゆきなりん「「……。」」
      (なんで10日位やったような気がするんでしょう/だろう/のかしら?)




      「──では、先に上がります。」

      「紗夜お疲れー☆」

      「お疲れ様です!」
      りん「お疲れ様です……。」

      「お疲れ様。」

      「お疲れ様です。」



    • 60 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      (今日の練習もなかなか疲れたわね。)

      (……よし、やはりポテトは特盛りにして貰いましょう。そうと決まれば松原さんと丸山さんのもとへ急がないと。揚げて貰うのにも時間が掛かることですし。)




      フライドポテト……17世紀?
      日本にいつ来たのかは定かではありませんが
      普及したのは大阪万博(1970)(ベルギー館?)以降と考えられています。



    • 61 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「あ、紗夜ちゃん、いらっしゃい。」

      「こんばんは丸山さん……その、“いつもの”を特盛りで。」

      「了解。花音ちゃん、ポテト特盛りだって!気合い入れて揚げよっ!」

      「……彩ちゃん、私の家だけどあんまり大声で言わないであげた方が良いんじゃ?」




      ファストフード店……1948(マクドナルド)
      日本初は大阪万博(1970)のケンタッキー
      ちなみにハンバーガーは1885年~1904年に現在の形になったとされ、
      特にセントルイス万博(1904)発祥説がよく言われているそうです。



    • 62 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「こんにちは!」

      「あ、香澄ちゃん、いらっしゃい。」

      「花音先輩!“いつもの”特盛りで下さい!」

      「……。了解!」

      「戸山さん。」

      「あ、紗夜先輩、こんにちは!」

      「ええ、こんにちは。ところで随分と機嫌が良さげですが何か在ったのですか?」

      「はい!実は、私の誕生日をポピパのみんながお祝いしてくれることになって、それが楽しみで!」

      「そういえば、もうすぐでしたね。おめでとうございます。」

      「香澄ちゃんおめでとう!」

      「ありがとうございます!」

      「香澄ちゃんおめでとう。私達からのお祝いに、今日の分ちょっとまけておくね?」

      「やったー!」

      「私からは……特に渡せる物が無いですね……。」

      「そんな気にしないで下さい!気持ちだけでも嬉しいです!」

      「ありがとう、戸山さん。ありきたりな言葉ですが次の1年が戸山さんにとって──」
      「はい!お待ちどおさま!特盛りポテト2人前!」

      「」



    • 63 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「それじゃあ、さようなら!」

      「ええ、さようなら。もう遅い時間ですからまっすぐ家に戻ってくださいね。」
      (↑ポテト数本あげた)

      「大丈夫ですよ!急いであっちゃんにも届けたいですし!ポテトありがとうございました!」タッタッタッ




      「……市ヶ谷さんに“Happy Birthday to You”の譜面をあげても良いかもしれないわね。」モグモグ



    • 64 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      ポテトに触れようにも
      今のようなファストフード店の無い時代
      (近い物として屋台なら在ったけど……)
      でどうしようか迷いましたが、
      結局松原家に頑張って貰うことにしました。

      しかしハイカラすぎる。笑


      大量のジャガイモは北沢家に食用のを分けて貰ってるとかで……。



    • 65 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      続きは本日夜予定。

      私事ですが作者の自分も今日7/14が誕生日であるため、
      『予告“してしまった”』とは言いましたが
      非常に嬉々として今回の話を作っております。
      (これが遅くなったのも自分の誕生日で日付が変わる瞬間に書けなかったためです、すみません。)

      大正時代には誕生日会は一般的でなかったようですが
      作者権限で(不自然にならない程度に)きちんと祝わせます!

      最後に、香澄、誕生日本当におめでとう!



    • 66 名前:匿名スタッフさん ID:5N2EyMjZ[] 返信

      >>62
      空気を読まない丸山ァ好き



    • 67 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      >>66さん、
      ありがとうございます。
      なんでかわからないのですが、喋らせてみたらこうなってしまいました。笑
      ま、まあ、長々とテンプレ文を紗夜さんが言うよりは良いのか……?
      (テンプレ紗夜さんのお祝いありがとうございます!)




      では続きです。全く今年の本家とプレゼントのチョイスが被ってない……。笑



    • 68 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「「誕生日おめでとう、香澄(ちゃん)!」」

      「みんなありがとう!」

      「演奏も終わったことだし、次はプレゼントだね。」

      「私からはのど飴。」

      「ありがとうさーや!」

      「浅田飴だからかなり効くと思うよ。……その、いつか野球を一緒に見に行きたいなーなんて……。」

      「うんうん!いつか一緒に観に行こうね!」




      浅田飴……1887
      元々は“御薬さらし水飴”の名で
      1889年に浅田飴に改称。
      1915年にキャラメル型が発売。
      (自分の調べた中で、遡ることができて一番古かったもの。)



    • 69 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「あたしからは花だな。」

      「薔薇だ!ありがとう有咲!」

      「5本の薔薇……有咲……。」(イツクシミー)

      「あ、あたしは蘭ちゃんに相談したらこれを勧められただけだからな!」

      「ありしゃ~。」




      花言葉……不明
      19世紀(1810年頃以降)に大流行。
      日本には明治初頭に伝来。

      誕生花……不明(紀元前?)



    • 70 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「私からは海外の小説だよ。」

      「ありがとう、りみりん!……もしかして全部英語?」

      「全部お姉ちゃんの翻訳付きだよ♪もちろん英語以外のも♪」

      「ラヴクラフト……あの、りみさん、何だか嫌な予感がするんですが……。」




      ラヴクラフト(クトゥルフ神話の父)
      なお、デビューは1917年だが
      クトゥルフ神話が成立したのはもう少し後の時代。
      (代表作の1つ“クトゥルフの叫び声”は1928年発表。)



    • 71 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「私は食べ物!」

      「まず白米!」(米俵ドーン!ドーン!)

      「わーい♪」

      「よくこの量を用意したな……。」




      米騒動……1918
      白米で“とやま”といえば米騒動が有名ですが、
      全国を見ても騒動自体は2ヶ月程のことでした。
      なので当時は既に沈静化しており、
      (米価は高いままですが)米自体は普通に買えます。
      ちなみに、米騒動が全国に広まったきっかけであるシベリア出兵は、
      1920年当時も継続中。



    • 72 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「つぎ、マッスーのケーキ!」

      「よう、誕生日おめでとうな。」

      「お誕生日おめでとうございます!」

      「マッスーにロック、ありがとう!」

      「Happy Birthday, カスミ・トヤマ。」

      「おめでとうございますっ♪」

      「おめでとう、戸山さん。」

      「みんなも、ありがとう!」

      「こっちはあたしがお手本で作ったやつで、」

      「こっちはRAS全員で作らせて頂きました!」

      「ワタシに掛かればこんくらいvery very easyよ!」
      (↑粉を計っただけ)

      「あはは……、多分味は悪くないと思うんだけど……。」
      (↑包丁を珠手に持たせなかった人)

      「大丈夫ですよ!一流の先生が見てくれたんです!でら美味しいに決まってます!」
      (↑ケーキ運びを珠手にさせなかった人)

      「い、言い過ぎだって……//」
      (↑力仕事を珠手にさせなかった人)

      「マッスーさんのお手本、凄く良かったですよ♪」
      (↑その他諸々を珠手にさせなかった人)

      「じゃあ、いただきまーすっ!」




      誕生日ケーキ……不明(古代ローマ等諸説あり)
      ろうそくをいつ立てたかも含め不明(18世紀ドイツ等)
      19世紀中頃から普及。
      日本にいつ来たかも不明(戦後?)



    • 73 名前:匿名スタッフさん ID:xZDY0ZGV[] 返信

      やっぱ昔の事を調べるって大変なんだなぁ…
      応援してます!



    • 74 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      1920年当時は、まだ数え年も広く使われていました。

      数え年と満年齢の併用は1873年、
      満年齢のみ私用することは1902年に義務付けられましたが、
      公の場に限らず満年齢が普及するのは1950年の法制定をもってのこととされています。

      そのため、満年齢に深く関わる“誕生日”を祝うことは当時、あまり一般的でなかったようです。

      しかし、誕生日に神社参りをした明治の人が居た記録も在るので、全く無関心というわけでもなかったようで……。

      それでもきっと、
      “Happy Birthday to You”(いつ日本に来たのか不明)を歌う
      ハイカラな彼女たちのことですから(当時の人だとしても)祝い合って居そうです。




      何はともあれ、『誕生日の歴史』は以上です。

      申し訳ないことに、しばらくここから間が空きます。



    • 75 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      >>73さん、
      ありがとうございます。
      たった100年前なのに時間がとても掛かってしまいます。笑
      そのくせして自分の調査力不足で不明だらけになってしまい申し訳ないです。
      でも、調べてると発見が多くて、そこも楽しいです。
      (コロッケ協会のような○○協会に大体行き着く。しかも協会が在ることに驚く物ばかり。笑)




      ここからしばらくリアルの用事で間が空いてしまうと思いますが、
      まだまだ書きたい物はあるので気長に待っててください。



    • 76 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      お久し振りです。ID変わってるかもですが、用事が一段落ついた作者です。(ちょい忙し)

      あこ、香澄と誕生日を祝ってロックとはぐみを祝わないのも心苦しいため、各誕生日に1個は所縁のあるネタを挙げることにします、……アイディアが浮かべば。




      2週間遅れですがロック誕生日おめでとう。
      (本当は当日に気付いて、大急ぎで作ろうとしたんですが力及ばず、すみません。)
      はぐみもおめでとう。
      (あこ誕生日から相変わらずの突貫ですみません。)

      しかもはぐみの方も遅刻してる……。



    • 77 名前:あ、変わってなかった。機種変したから不安だったけどよかったー。 ID:5OWM1OWM[] 返信

      「香澄先輩の誕生日の写真、いつ見返してもでらええなぁ……。」

      「かーくんいい笑顔だね!」

      「ふえぇっ!?あ、いらっしゃいませ!」

      「かのちゃん先輩みたいになってるよ六花。」

      「いきなり番台から声を掛けられたら驚きますよ!」

      「5回くらい声かけたよ?」

      「やってもうた……。」



    • 78 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「それでどうしたんですか?」

      「こころんからこれを届けてくれって頼まれたんだ!」

      「小包?あ、──。」



    • 79 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      回想
      「「Happy Birthday!」」

      「I’m really sorry.申し訳ないことにマスキングから頼まれていたpresentsがまだ届いていないの。ココロ・ツルマキにも協力してもらっているのだけど……。」

      「わりぃ。思ったより時間の掛かるもんだったらしい。」

      「というわけでプレゼントはマッスーさん自身です♪」

      「!?」

      「「ガンバレー(笑)」」



    • 80 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      ラバー・ダック(お風呂のアヒル)
      (注:あまり参考資料が見付からず)
      ……19世紀後半
      (加硫ゴムの登場後、
      なお実用的な加硫ゴムの特許取得は1844)
      ただし当時のラバー・ダックは水に浮かず、めっちゃくちゃ硬かった。(噛む知育玩具だったり射撃の的だったり)
      鳴き声は1904年に付き
      今のような水に浮くタイプは1949に登場。




      アヒル「クワクワーァ!」

      ??「かわいいな……。」

      ??「アンタそれ贈る気なの?」



    • 81 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「あ、そろそろこころんのところに行かなきゃ!はぐみの誕生日をお祝いしてくれるんだって!」

      「ありがとうございますっ、あとおめでとうございます!」

      「ありがとーっ!!!!」ダッダッダッアタシ




      黒服「北沢様が旭湯を出られたそうです!」

      「!思ったより早いっ……。薫さん!」

      「任せてくれ!できるだけ時間を稼ごう!」

      「部屋の準備できたよ!」

      「プレゼントの準備もできたわ!
       はぐみに本物のカレーを食べさせるわよ!」

      ナゾノインド・ジン・サーン
      「オマエラワタシニマカセテネー。」



    • 82 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      インドカレー……当時はまだ無し(1927年)
      昭和2年に新宿中村屋で純インド式カリ・ライスが80銭で提供されたのが初。
      当時の80銭は現在にして、
      国家公務員初任給(75円)から考えると1991円、
      給与所得者年収(1925年で741円)だと4534円。

      宣伝文句は恋と革命の味。




      ナゾノインド・ジン・サーン
      「カレーノレキシハネー、アホミタイニナガイ、ナガキコトガンジスガワノゴトシ、ダカラキョウミアッタラネー、ナルベクジブンデシラベロネー。
      (訳:カレーの歴史は奥が深いので、やるとしたらラーメン・ドラムパターンです……。)」



    • 83 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      恋と革命の味は草
      イベントもあったしカレーはタイムリーやな



    • 84 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      >>83さん、
      毎度ありがとうございます!
      実は意識せずカレーを選んだのですが確かに。笑
      もしや刷り込みで無意識に……?




      さて、こころ誕生日回です。
      実は最近ネタに困りだしてきました。
      (主に、当時はまだ存在していなかったという没理由のために。
      プラネタリウム当時無かったよ……。)

      あとすいません!モニカ回との繋がりで最後一瞬だけMorfonicaが出ます!
      (こうすれば次回モニカを違和感無くいきなり出せるはず!という悪あがき)



    • 85 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「誕生日おめでとう、こころ(こころちゃん/こころん)!」

      「はい!六分儀!」

      「ごめんね、星にちなんだ物にしようとしたんだけど、全然浮かばなくて。」

      「悩んだ末にかなり渋いものになっちゃったんだよね……。」

      「使い方はわかるかい?」

      「謝る必要は無いわ、とっても嬉しいんだもの!使い方もばっちりよ!
      でも、せっかくだからきちんと使ってみたいわね……。」



    • 86 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「そうだわ!さっそく出航よ!」

      「「え!?」」

      「満天の星空の下漕ぎ出す船……ああ、儚い……。」

      「じゃあ港まで競走しよ!」








      「……なんなのかしら。」
      (↑「るいるい!演奏して!」と言われた八潮)

      「「……。」」
      (↑るいるいに付いてきた)




      六分儀……1759
      (日本には18世紀末)
      星を観て緯度経度を測る(天測航法をする)際に使う器械です。



    • 87 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      流星群とか大彗星とかこの頃の天文イベントを調べてみたら、当時はまだアルゴ座(Argonavis)が在ったことに驚いた今日この頃。

      あと天測航法について調べてみたら、現在でも有用(電波使わないで位置が判る、宇宙船の姿勢制御に使える)ということにも驚きました。

      あと最後にもう一度。
      プレゼントのチョイスこんなんですみません!
      プレゼントになりそうなものが浮かばなかったんです……。



    • 88 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      プラネタリウムはニアミスなんだ。
      六分儀の使い方がバッチリの高校生も珍しいけどハロハピなら本来の用途以外にも色々使ってくれそうw



    • 89 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      >>88さん、
      そうなんです!プラネタリウムが1923年で少し書き辛くて……。
      言われてみれば六分儀が使える理由は考えてなかったですね……フィーリングでしょうか?(あるいは取説を黒服さんが用意してくれたとか?)
      でも確かにハロハピ流の六分儀の使い方をしてくれそうですね。

      「六分儀の星座を作るわ!」
      「いや、もうあるから……。」

      こんな会話をしてたりして?



    • 90 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      さて、モニカ回です。

      注意
      作者はいまだにMorfonicaのイメージがあまり掴めてません。(それ言ったら全員自信がある訳ではないのですが……。)
      そんな理由もあってMorfonica以外のキャラも出ます。
      あと深夜テンションで大枠を作ったのもあって、作者とましろがハイテンションになる場面があります。
      (他作者様達を連想させるネタだらけです。
      キャラの名前は崩壊しません。)

      更に、一つに今後の展開(構想段階)に繋げるため、
      もう一つに導入部が難産で真ん中がするする出てしまったため、
      話がめちゃくちゃ長いです。そして、それに応じてネタも……すみません。(しかし慢性的にネタが枯渇。)



    • 91 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「こころさんの誕生日会マジヤバかったよなー。」

      「うん。」モグモグ

      「いやいや冗談っしょ?と思ってたらガチで船が在って、そのまま遊覧ってヤバかったなー。」

      「うん。」モグモグ

      「……おーい、とーこちゃんー、そろそろ現実に戻って来て~。」

      「……こころさんの誕生日会マジヤバかったよなー。」

      「うん、ヤバいねー。……その帰りに、誤発注のキャッサバを大量に貰ってきたんだよね~……るいるいが。」

      貰った瞬間
      ??「え、タピオカじゃん!これこころさんから貰ったの?やったじゃん!バイオリンのお礼だったらマジスゲーって!え、まだ在る!?多いかもって?ミクロンミクロン♪いくらでもいけるっしょ!
      ……え゙?」



    • 92 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      タピオカ




      キャッサバの栽培は西暦600年頃には行われていたたと考えられます。

      日本では幕末に高野長英(1804~1850)が“答必膃加”と翻訳書に著しているとされています、しかし詳細不明です。

      タピオカパールの形になったのは慈禧年間です。
      (資料のまま、
      恐らく西太后(1835~1908)の時代を指すと思います。)
      なお西太后が慈禧太后と言う名になったのは1861年以降のことですが、“慈禧年間”がいつを指すのか明確には判りませんでした。

      タピオカは戦前戦中戦後と長きにわたって、病院食や糧食等に利用されました。

      ちなみにタピオカティーは1983年or1986年に誕生したとされています。
      台湾の2つの店が元祖を巡り裁判までやって、10年後、
      「もうどっちでもよくね?」と判決が出たそうです。



    • 93 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「るいさん、今日ははぐみさんにアレンジレシピを聞いてから来るんだよね。」

      「『大勢で手分けした方が効率良いわ。』
      ってるいさんがこころさんから貰ってきたのもわかるよ、わかるけど……。」
      段ボールドドドドドド

      「もう、たべられねー……。」




      段ボール……1856年
      日本では1909年に生産開始



    • 94 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      ガチャ
      「遅くなってごめんなさい。」

      「おふぇーよウイ!!」モゴモゴグスッ
      (おせーよルイ!!)

      「とりあえず芋を飲み込んで涙を拭いてから喋りなさい。」

      「大分時間掛かったみたいだね~。」

      「それが、途中で……。」

      「まんまるお山に彩……ってみんな大丈夫!?」

      「Pastel✽Palettesの皆さんに捕まってしまったの。」



    • 95 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「近くでお仕事があって、帰るついでに挨拶をと思ったんだけど、お邪魔だったかしら?」

      「「全然邪魔ではないです!どうぞついでに是非食べてって下さい!」」

      「これは……何かの修行ですか?」

      「えー、かくかくしかじかで~。」

      「まるまるやまやま、と。」

      「それでしたら何箱かますきさんの店で売ってもらってもいいかもしれませんね。」

      「「!」」

      「あー、売ることも考えたんですけど、一応貰い物ですし売り物にするのはどうだろってなりましてー……。」

      「いや、ななみ、やっぱ売ろう!」
      「やっぱ食べきれずに駄目にしちゃうのよりずっといいよね!」
      「うん!」

      「……。じゃあそれで~。」



    • 96 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「ところでどんな曲弾いたの?」

      「あ、私も気になる!」

      「本当?彩ちゃん、さっきからタピオカの方にしか目が行ってないよねー?」

      「そ、そんなこと、」
      「彩さん、このレシピ、“マジで”イケてますからぜひ!」

      「じゃ、じゃあ、」
      「彩ちゃん?」

      「……じゃあ、ちょっとだけ。」

      「あ!これ差し入れだよ!よかったら食べて!」

      「あ、ありがとうございます。」
      (話を全力で逸らした……。あ、蜂蜜おいしそう。)

      「じゃあ、るいるいがんばってー。」

      「……ええ。」




      (売るのが決まったのに食べる必要ってあるのかしら?)



    • 97 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      蜂蜜
      養蜂は1万年前には在ったと考えられている

      日本における養蜂の始まりは643年

      近代養蜂の誕生は1853年

      日本での西洋種飼育は1877年

      日本での転地養蜂(養蜂に適した場所へ移動しながら)
      1913年(←せめてもの大正要素)



    • 98 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      ~♪
      「こんなところですね。」

      「「おー。」」
      「「おー。」」

      「そう言えば、ましろちゃんは何か楽器やらないの?」

      「え!?えっと……。」




      バイオリン……1550年頃
      国産バイオリンの生産開始は1887年

      タンバリン・マラカスっていつ日本に来たんや……。
      (明治にも輸入しようと思えば手に入りそうだけど……)




      (自白します、タンバリンとマラカスがわからなかったからバイオリンに逃げました……。)



    • 99 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      (丸山からの差し入れ(のど飴・蜂蜜)を見る)
      (あっ、これってもしかして、歌の実力が低いって暗に言われて……。」

      「そんなこと思ってないよ!?」

      「はっ!い、今のは心の声が漏れ……あ。」

      「彩ちゃんひどーい。笑」

      「彩先輩がそんな酷いことまで考える訳……あれ、逆に何も考えてないことになっちゃうのかな?」

      「あはは、考えすぎですよ。」

      「まあ、さすがに先輩から、まだ実力不足って言われちゃ否めないっしょ!ミクロンミクロン!」

      「どうぞ!粗茶ですが。」

      「結構なお点前で~。」

      「「……。」」




      「「彩ちゃん/倉田さん、お説教よ。」」



    • 100 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      ブロロロ
      ガチャッ
      「ごきげんよう。ん?」

      「」チーン

      「あ、ますきさんちょうどいいところに!」

      「麻弥さん!?どうされました!?あと、どうしてここに!?」

      「実はかくかくしかじかで。」

      「ますますろかろか、と。
      そういうことなら喜んで!早速バイクに積みますよ!」



    • 101 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      バイク
      世界初の自動する二輪……1863年(特許取得)

      日本における初試乗……1896年

      国産車製造開始……1909年

      ちなみにKH250(調べた限りマスキングのバイクとして最も有力視されている)は1976年に発売されました。




      (完全におまけなので括弧付き。スーパーカブについてのssを書いている方がいらっしゃるようなので、折角バイクですしついでに。
      スーパーカブは1958年生産開始。)



    • 102 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      運転免許(まさかの二連解説)
      日本の運転免許制度は1903年に始まりました。(世界も同時期(英独……1903))

      そして日本全国で免許が統一されたのは1919年のことです。

      現在は原付免許が16歳から取得可能ですが、
      1920年当時は18歳以上で在ることが“いかなる”車種であれ条件でした。
      しかし、自動二輪は側車を付けなければ免許不要でした。
      (つまり、このマスキングは無免許、
      しかも“誰でも”マスキングのバイクを駆れる)



    • 103 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「ますきさんはどうしたんすか?」

      「あー、アタシというよりこいつがMorfonicaに用が有って。」

      「ほんますいません!」

      「……ど、どうしたの?」

      「実はポピパさん達と旅行に行く計画のことをすっかり伝え忘れてしもうてて!」

      「それっていつ!?」ガバッ

      「……。」








      「今夜から1週間。」








      「よし!まだ間に合う!日没までには、まだ間がある!」

      「16:20に新宿駅集合。」

      「みんな、私今日はもう帰るね!」

      「落ち着きなさい。」








      「……私達、明日から用事が有るじゃない。」




      「」ピシャーン




      「」




      「」




      「」



    • 104 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「とりあえずキャッサバを積める分積んだんで行ってき……」

      「シロ!目を開けろ!」

      「ましろちゃん!」

      「しっかり!」

      「」

      「……行ってきます。」

      「あはは……、お願いします。」

      「次の分準備しておきますね。」



    • 105 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      長々と失礼しました。
      今日明日もし書けたらちょっとだけ出発か移動を書きたいです。
      (文章書いてないのであまり期待はしないでください。)

      実は一応フラグを立てはあるのでもしかしたら目的は判るかもしれません。
      (少し調べたら目的地まで判るかもしれません)
      ただ旅行回自体の書き溜めが無いので、下手すると全然書けずに旅行が一瞬で終わるかもしれないです。

      ポピパ以外も多分居ます、出るかは不明ですが。特にハロハピは旅費とか出すために多分居ます、出るかは(略)。あとRASも(略)




      え、こころが旅行のことを教えてあげれば良かったんじゃないか、ですか?
      ……盲点でした。
      ただ実はモニカは、裏設定にも絡む事情があって……、それとやってみたいネタが……。




      ……最後にましろ……強く生きて。(散々な目に遭わせてる自分が言えたことではない)

      以上、深夜テンションで大枠を作った結果でした。



    • 106 名前:匿名スタッフさん ID:4NjlmOTY[] 返信

      >>92
      タピオカは日本で流行る十年以上前には台湾の夜市などで普通に売られてたんですよね
      他にも紅焼牛肉麺や盧肉飯(漢字間違ってるかも)、胡椒餅など美味しいものが多かった印象



    • 107 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      >>106さん、
      台湾いいですよね。自分は修学旅行で行ったきりなのですが、ぜひまた観光して台湾料理を食べたいです。

      台湾でタピオカに出会うことは出来ませんでしたが(探せば見付かったはずなのですが)
      買った黒松沙士(ドクターペッパーのようなもの)を同級生に飲ませたのはいい思い出です。笑

      ちょっとだけ夜汽車の風景を書きます。



    • 108 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      夜汽車
      「星綺麗だね。」

      「うん!あれがペルセウス座でー──。」

      「今どの辺かな?」

      「静岡の……どの辺だろ?あれ、静岡駅はもう過ぎてたっけ?」

      「おまえらー、朝も早いからとっとと寝るぞー。」




      「zzz」

      「すぅ……すぅ……」

      「2人ともぐっすりみたいだね。」

      「んゎ~あ、あたしももう寝るわ。」

      「うん、おやすみ。ロックも早く寝なね。」

      「はい、ポピパさんの様子をまとめ終えたらすぐに。」




      チュチュの夢の中
      次はー、愛野、愛野
      「O.K.待ってなさい静岡 & ECOPA。
      最っ高の音楽を見せてやるわ!」




      パレオの夢の中
      「チュチュ様!機材トラブルだそうです!」








      ????
      「うう……。」

      「いつまでもうじうじしても仕方ないじゃない。」

      「香澄先輩の誕生日会を撮った写真(焼き増し)も貰えたじゃん?気にすんなって!」

      「それに旅行中の様子も日記にしてもらうんでしょ~?」

      「でも……。」

      「そんなことより、翌朝に備えて早く寝るべきだわ。」

      「うう……。」

      「いつまでも(略)」




      「すぅ……すぅ……」



    • 109 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      当時の時刻表を探したのですが、ネットでは見つけられず大正14年(1925年)の東海道線の時刻表を参考にしました。
      中央本線も大正10年(1921年)や大正13年(1924年)のものを参考にしたため、正確な時間が書けませんでした。
      (これ以上調べるとなると本を買ったり国会図書館に行ったりすることになり断念しました。)

      旅費も調べたい……けど、旅館やらの料金が簡単に見つかるか……。



    • 110 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      「なんとか開会式に間に合ってよかったね。」

      「本当は昨日で観れないはずだったんだけど、雨のおかげだね。」

      「ましろちゃんも来れればな~。」

      「予定ならしょうが無いよ。」

      「明日はどうすっか?」

      わいわいガヤガヤ

      第6回全国中等学校優勝野球大会(夏の甲子園)……1920



    • 111 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      第6回全国中等学校優勝野球大会
      8/14開会式で当時は甲子園球場は無く、鳴尾球場(現存せず)で行われていました。
      第6回大会では北海道大会が東北大会から分割され、四国大会に高知県勢が、九州大会に熊本県勢が初めて参加しました。

      以下出場校
      北海中学校(北海道、初出場)
      (現北海高等学校)

      岩手県立一関中学校(東北、2年ぶり3回目)
      (現岩手県立一関第一高等学校・附属中学校)

      茨城県立龍ヶ崎中学校(関東、3年連続3回目)
      (現茨城県立竜ヶ崎第一高等学校・附属中学校)

      慶應義塾普通部(京浜、5年連続5回目)
      (現慶應義塾高等学校)

      松本商業学校(甲信、初出場)
      (現松商学園高等学校)

      新潟県立長岡中学校(北陸、3年連続3回目)
      (現新潟県立長岡高等学校)

      愛知県立第一中学校(東海、4年連続4回目)
      (現愛知県立旭丘高等学校)

      京都市立第一商業学校(京津、初出場)
      (現京都市立西京高等学校・附属中学校)

      明星商業学校(大阪、3年ぶり2回目)
      (現明星中学校・高等学校)

      関西学院中学部(兵庫、2年ぶり4回目)
      (関西学院中学部・高等部)

      和歌山県立和歌山中学校(紀和、6年連続6回目)
      (現和歌山県立桐蔭中学校・高等学校)

      鳥取県立鳥取中学校(山陰、3年連続5回目)
      (現鳥取県立鳥取西高等学校)

      私立鴻城中学校(山陽、初出場)
      (山口県鴻城高等学校)

      愛媛県立松山商業学校(四国、2年連続2回目)
      (現愛媛県立松山商業高等学校)

      豊国中学校(九州、初出場)
      (現豊国学園高等学校)



    • 112 名前:匿名スタッフさん ID:5OWM1OWM[] 返信

      よし、8/14中に間に合った!
      これを書くためだけに考えたポピパ旅行回です。
      沙綾達が野球観る回を書こうと思いこうなりました。
      何をさせるか全然決まってません。ひとまず決勝戦(8/19)は観せたいと思っていますがその間が……。



    • 113 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      野球よく知らないけど期待。スポーツ観戦中って性格(というかノリ?)がよく出る気がするしw



    • 114 名前:匿名スタッフさん ID:5MmRkMGY[] 返信

      甲子園とはこれまたタイムリーなネタを…w



    • 115 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      お久しぶりです。また今日からまた、ちまちまとやっていきます。

      本当は、日付に合わせて書きたいネタがたくさん8月にあったのですが、かなり目標から遅れてしまいました。
      もしかしなくてもここから先大混乱を招きそうなので、日付が絡むネタの場合あらかじめ何日のことか書いておきます。

      あと、日付に沿ってしばらく作っていくため、リサモカの誕生日ネタはもう少し後になりそうです。(7話位先?)

      当面の目標は日付を合わせることです!……気長にお待ちください。



    • 116 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      >>113さん、
      ありがとうございます。
      まだ途中ですが今のところは和気藹々としています。笑
      もしかしたら、キャラのやりとりは決勝戦より準決勝戦の方が多くなるかもしれません。

      >>114さん、
      本当は100年前の日付に合わせようとしたんですが、見事に失敗してしまいました……。
      現在に通じるネタはまだあるので、しばらく時期遅れのものが続いてしまいます。
      てへぺろごっつんこ



    • 117 名前:大正 ID:yNzA4MmN[] 返信

      久々過ぎてidも変わってしまっていますね。笑




      ひとまず単発的に浮かんだネタを。
      時期的には8/14~8/19のどこかです。



    • 118 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      「戸山さんに勧められて来てみたけど、鳴尾球場って競馬場の中に在るのね。」

      「競馬……そういえば一体どんなものなのかしら?」

      「……少し試して「友希那ー!」

      「リサ。こんなところでどうしたのかしら?」

      「追い付いてよかったー!友希那が野球観戦に行くって聞いたから、必要な物大急ぎで持って来たんだよ!」

      「?手ぶらじゃまずいのかしら?」

      「流石にずっと炎天下だと辛いから帽子は必須だよ。あとこまめに水分補給できるように水筒も。」

      「なるほど、流石リサね。」

      「どうせだし一緒に観ない?」

      「リサが居てくれるなら頼もしいわ。」

      (……危ないところだったー!)



    • 119 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      鳴尾競馬場……1907
      鳴尾球場は鳴尾競馬場内に建てられていました。
      既に球場と同じく鳴尾競馬場も現存していませんが、現在も鳴尾記念にその名を残しています。

      競馬
      当時馬券の販売は賭博法で禁止されていました。
      そのため各競馬場は
      『“勝馬投票券”という物を馬券の代わりに作り、1着馬の予想を的中させた人に景品を渡す』
      という方式をとっていました。
      (入場券と一緒だったので、恐らく未成年でも買えた?)
      なお、“勝馬投票券”の名は現在も馬券の正式名称として残っています。




      熱中症対策

      スポーツドリンク……1965
      日本では1980年(ポカリスエット)

      『熱中症』は平成20年(2008年)に日本医学会によって語句・定義が整理されましたが、語句自体は明治30年(1897年)から使われていました。




      早いこと時期遅れのネタを終わらせないと……。(焦)



    • 120 名前:匿名スタッフさん ID:xNjU5YWV[] 返信

      忙しいと中々書けないからしょうがないね
      気長に待ってますよ〜



    • 121 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      熱中症ってそんな最近に定義づけされたんか。
      更新あるだけども嬉しいんで時期とか気にせず気長に待ってまーす!



    • 122 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      皆さん、本当にありがとうございます。非常に励みになります。
      自由研究のようにふわっとしたものを量産していて、しかもペース自体も早くはありませんが、
      少しでも面白いと思って頂けるよう努め、書き続けます。



    • 123 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      >>120さん、
      すみません、今後とも本当に気長にお待ち下さい!
      もう少し効率良く生きたいなぁ。笑
      ……今年中にこの遅れを取り戻したいです。
      (思考が後ろに向かって全速前進)

      >>121さん、
      毎度本当にありがとうございます。
      それまでは“熱中症”と言っても、
      暑さから来る不調の総称の意味(現在はこちらの意味のみ)
      その中でも最も重症のもの(熱射病)の意味
      が混在していたようです。

      あと、昔よく聞いた“日射病”と言うものも
      熱中症に含まれるそうです。
      (“熱射病”の内、日差しが原因で起こるやつ)



    • 124 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      さて、準決勝回です。とは言っても、
      ほぼ第一試合の後半部分だけのダイジェストになってしまいました。
      流石に全部を書く自信が無かったんです……。

      あと、特定の個人・団体を貶めるつもりもありません!在校生や出身の方がもし居らっしゃったらすみません!



    • 125 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      8月18日




      「つ、疲れた……。」

      「今日は……もうとっとと寝るぞ。」

      「流石に……今日の予定は……野球の後に宝塚は、無謀だったね。」

      「……しかも……今日の第1試合……延長したしね。」

      「大分ばたばたしちゃったもんね……。」



    • 126 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      回想


      8回表
      「そこだ!行っけーっ!よし、同点!3点目!」

      「松山商業の応援席、すっごい盛り上がってるね!」

      「ようやくここに来て追い付けた訳だしね!」

      「あ、8回表終わっちゃった。」




      9回表
      「ねえ、もしこの回に決着が付かなかったらどうなるんだっけ?」

      「勝負が付くまで試合を延長するらしいぞ。」

      「うーん、この様子だと延長戦になるかもね。」

      「はふうぇんひょうひぇん!?(初延長戦!?)」
      (リンゴもぐもぐ)

      「香澄、行儀悪いぞー。」

      「ごめんごめん~。なんかお腹空いちゃって。」

      「いつもみたいに5回と6回の間に食べたのに?」

      「いや~、この大会で初の延長戦になるかもって聞いたら、つい~。」



    • 127 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      リンゴ
      当時はお菓子類の代わりに、リンゴなどの果物が球場の売店で売られていました。




      延長引き分け再試合規定……1958
      当時はこの規定が存在しませんでした。
      そのため、この規定ができるまで、甲子園の試合はひたっっっっすらに延長され続け、中には25回延長された試合も観られました。

      現在は平成30年(2018年)より、決勝戦(再試合を除く)に限ってこの規定は適用されています。



    • 128 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      9回裏
      「そういえば逆にどんなに凄い点差が付いていても、この大会だと9回まではちゃんとやるんだよね。」

      「昨日の松山商業も19-0の圧勝だったのに、きちんと最後までやりきったしな。」

      「しかも9回表にも3点入れたしね!」

      「あ、なんて話している間に慶應の攻撃が終わった。
      10回表、延長戦突入だね!」

      「「……。」」




      (おいおいマジかよ。もう声なんて出ねーぞ。)

      (沙綾ちゃんと香澄ちゃん、どこにそんな体力があるんだろ?)

      (お肉食べたい。)



    • 129 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      12回裏
      ((…………。))




      (3-3のまま13回表へ)




      ((……まだ続くの?))

      (まだ続くんだー♪)



    • 130 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      16回裏
      「うーん、松山商業の投手、疲れが目立ってきたね。」

      「そ、そうなんだー。」

      (どうしよう、疲れ過ぎて試合が全然頭に入って来ない……。)




      (アカン、いつになったら試合終わるん……?)

      (氷食べたい……。)

      (もうむり……。)




      (見応えのある試合だなーっ!!)



    • 131 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      かちわり氷……1957
      当時はまだ甲子園名物である“かち割り”はありませんでした。
      元々は、かき氷のシロップが垂れる問題を解決するために
      金魚すくいの袋に氷を入れ、誕生したそうです。



    • 132 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      ワアアアアアーーーーー ーーーーーッッッッッ!!!!! !!!!! !!!!!
      「あ、1点入った。」

      ((や、やっとおわったー。))

      「うーん、やっぱり慶應の方が打ってるなー。松山商業は四球も目立つし……」

      ((試合の後半……記憶が無い……。))

      「よし、次は関西学院対鳥取!まだまだ気合い入れていくよ!」

      ((ちょ、ちょまま~!!!!))








      ちなみに
      鳥取中対関西学院中




      3-14で関西学院中勝利

      7回裏関西学院中大量得点の一幕
      「お、14点目!1回で9点は中々やるなー。」

      ((……。))
      (↑もう観るどころじゃない)








      ??「暑い……長い……、もうやめる……。」

      ??「明日(8/19)で終わりじゃない。」

      ??「ミクロンっ!」

      ??「普通だよ~。」

      ??「ふ、ふふーん(?)」



    • 133 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      観戦後
      「……。あのくも、うさぎみたい……。」グッタリ

      「はてしーなーくー……つづくこーのみーちにー……」グッタリ

      「おたえ!香澄!有咲!大変!電車の時間が!」

      「ちょ、ちょまっ……」ヘロヘロ

      「……有咲ちゃん!おぶるよ!」ヒョイッ

      「ちょままぁー!?」

      「薫先輩の監修された舞台が近くで在るんやぞ!何が何でも宝塚へ行くんや!」

      「……。」




      (どこにそんな筋肉が……?)




      注意
      鳴尾球場(跡)から宝塚まで直線距離で約11km、さらに、当時の電車で行くなら
      もっっっっとぐねぐねと乗り継ぎをした面倒なルートになるので、
      仮に同様の状況の場合であったとしても
      熱狂的に瀬田薫愛が溢れる方以外にはおすすめできません。



    • 134 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      今回はここまでです。
      宝塚回は次のピコを見てからにします。

      実は以前から宝塚回をやろうとして、宝塚について元々調べていたんです。
      それでとりあえず入りまで書いてみたら、ふっと思い出したのですが、
      宝塚の一番最初の上演(大正3年/1914年)も桃太郎モチーフなんだそうです。……乗るしかないこのネタに。

      とにかく、やっと一月(33日間)寝ていた話を書けたー!
      ……もう敬老の日じゃん。
      (ニュースで100歳の方の人数を見ましたが、
      その多さに、技術の進歩を感じます。)



    • 135 名前:匿名スタッフさん ID:5ZGI2MmV[] 返信

      ちゃんと更新してて凄い
      自分もとあるSSが未完のまま放置してあるので尊敬します
      いつも為になる雑学ありがとうございます



    • 136 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      >>135さん、
      そう言って下さりありがとうございます。
      定期的に書くのって難しいですよね。笑
      自分も、ネタを調べる中で没になってしまうとどうやって路線変更するか悩んでしまい、更に時間が掛かってしまいます。

      ありがたいことに皆さんから気長に待つと仰って頂けており、それに存分に甘えさせてもらうつもりで書き続けられております。
      (あとは、ネタを消化したい貧乏性と、
      裏で書いている遅々として進まない作品を完結させようとして……。笑)

      申し訳無いことにどの作品の作者様か判らないのですが、
      応援しております。



    • 137 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      さて、宝塚回です。歌詞は試聴版を参考に耳コピしました。




      ……あれおかしいな。薫さんの舞台の回を見て書き上げようと思っていたはずなのに、気が付けばもう10月……?




      あと、今回解説をうまく入れられなかった箇所が在ります。
      有名かもしれず必要か迷ったのですが、念のため先にネタバレにならない程度に書いておきますと、
      阪神急行電鉄の創業者は小林一三と言う方です。
      (なぜ突然某語録が出たのか通じないかもしれないので、
      手掛かりになれば……。)




      相変わらず8/18です。やっと8/18から脱出できる!



    • 138 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      8月18日

      「無事開演に間に合ったみたいだね。」

      「お、おい!もう良いだろ!頼むからとっとと降ろしてくれってば!//」ジタバタ
      (↑ずっと降ろしてくれ言ってた)

      「りみお疲れ。」

      「」グッタリ

      「り、りみりーん!?酷いよ有咲!」

      「6割位は私のせいじゃねー!……いや、私のせいか?」

      「だ、大丈夫だよ……、薫さんのためやったらこん位、いくらでもやれるから……。」

      ??「もっと熱くなれよ……!!熱い血燃やしてけよ……!!」

      「誰だよ!?」

      「きっと火の精……じゃなくて気のせいだよ。早く行こ?」

      「えっ、いや、おいっ……、え?」



    • 139 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      「何だか阪急の創業者に似ていたような……いや気のせいか?」ブツブツ

      「あ、始まるよ!」



    • 140 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      むーかしむかしそのむかしー♪

      「!」




      さーて、お爺さまっお婆さまー♪
      鬼ヶ島を征伐してー宝を取って♪

      (ふふっ、有咲目がすごいキラキラしてる。)




      お腰に提げたはなんでござりますーっ♪
      日本一のきび団子ー♪
      一つ頂戴お供しましょう♪

      (うっ、薫さんのお供をしたい人生やった……。)ガクッ

      (薫さんからの直ではない儚さで!?)




      いざやーーっ!進めーっ!いざやーーっ!!進めーっ!♪
      鬼をっ!退治っ!鬼をっ!!退治っ!♪

      (うっ、眠気が……。)

      (香澄!?全然落ち着いた場面でもないのに!?)




      刃向かう者!邪魔する者!容赦はせぬぞ!♪

      (っ、!?う、ウトウトしてた……。)

      (大丈夫、私も寝てたから。)

      (ブルータえ、お前もか!?)




      おーにーがしまでのっ たーたーかいおわりっ♪
      てーきもみかたもっ おーにもひーともっ♪
      互いに打ち解け 心は一つに♪

      「……。」

      「いいな……、これ。」ボソッ




      (すみません。100年前の音源・楽譜等は見付からず、2014年の再現版を参考にしました。(多分同じなはず……。))



    • 141 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      「有咲すごい見入ってたよね。」

      「うっ//」

      「……なんか引き込まれちまって//」

      「え、有咲全部起きてたの!?」

      「観客全員寝た前提で話すんじゃねー!」

      「すやぁ……。」

      「香澄は起きろ!」

      「っ、!?う、ウトウトしてた……。」

      「もう幕下り切ったぞ!」

      「プールだけにスイミング(睡眠ぐ)だね。」

      「なんでやねん!」



    • 142 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      当時宝塚大劇場はまだ無く、パラダイス劇場と公會堂劇場の2つの劇場が在りました。
      (両方消失し、その後に宝塚大劇場が建てられた。)

      うちパラダイス劇場は、元々宝塚新温泉の室内プールだったものを、プール閉鎖後に改造して出来た劇場でした。



    • 143 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      (あれ、起きてたの私と有咲だけ?)

      「そう言えば、薫さんっぽさってどの辺に在ったんだ?」

      「儚さ増し増しだったんだよ!あの儚さは間違い無く薫さんのそれやもん!」

      「そこを解ってもらえるとは、光栄だね。」

      「「!」」

      「薫さん!」

      「やあ、子猫ちゃん達。どうやら楽しんでもらえたようで何よりだよ。」

      「え、えへへ……。」



    • 144 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      「本来だったら、もっときちんと前もって用意した物を渡したい所なんだが、
      あいにくきび団子の手持ちが無くてね……。
      ついさっきそこで手に入れた物になってしまって申し訳ない。」

      「そんな!気を遣って頂かなくていいですって!」

      「か、かお、薫さんから、い、い、頂き物?!」

      「有咲!これすっごくおいしそうだよ!」

      「ちょっとは遠慮くらいしろ!」

      「これは、最中ですか?永樂庵?」

      「ああ、ぜひとも甘い物を食べて長旅の疲れを癒やしておくれ。」



    • 145 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      「(イメージではですが)永楽庵の寶もなかと申します。」

      永楽庵……明治42年(1909年)
      宝塚にある最中屋さん。調べてみたらおいしそう。

      薫さんの最中のイメージは寶もなか(宝もなか)ですが、寶もなか自体がいつから在るのかはっきりとは判らなかったので、もし当時無かったらこの最中は身分詐称なんで食べてやって下さい。
      (一応創業頃の写真に“寶もなか”の文字が在るので大丈夫とは思うのですが……。)
      食べさせたい欲に負けました。



    • 146 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      「薫さんも今日の舞台観てたんですか?」

      「ああ、後ろの列から観させてもらったよ。」

      (香澄達が寝てたのバレてるなこれ。)




      (ん?もしかしてそれで急いで疲れに良さそうな物を買って来てくれたのか?)

      「そういえばさっき聞こえたんだが、特に有咲ちゃんはとても気に入ってくれていたようで──、」

      「ちょまっ!?」



    • 147 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      「あっ!みんな!そろそろ電車に乗らないと!」

      「それなら、こころに頼んで車を回してもらおう。電車でより自動車での方が子猫ちゃん達は楽だろう?」

      「流石にそれは悪いですって!」

      「そうかい?ぜひお供させて貰おうと思ったのだが……。」

      「はい♡お願いします!♡と言うか、お供させて下さい!♡」

      「ちょっ!」

      「あはは、まあ、そう乗れるものでもないし、いいんじゃない?あと香澄とおたえもこんな状態だし。」

      「「うつらうつら……。」」
      (↑最中食って眠くなった)

      「……。ったく、しょうがねえな……。」



    • 148 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      大正9年の自動車総台数は9,999台、
      大正9年の総人口(内地のみ)は55,473,000人
      であり、大体5548人/台でした。
      現在と比較すると
      令和2年の自動車総台数は89,023,000台、
      令和2年の総人口は125,810,000人
      であるため大体1.4132人/台となります。(約3923倍)

      本当は自動車の値段も調べたかったのですが、大正時代の相場がいまいち見つかりませんでした。

      値段が判らなかったので、
      高嶺の花であったのか、
      必要と思われていなかっただけなのかは
      はっきりと判りませんが、
      当時自動車はまだまだ普及していませんでした。
      (関東大震災を機に普及が加速!)



    • 149 名前:匿名スタッフさん ID:yNzA4MmN[] 返信

      これで宝塚回は終わりです。
      翌日の回への繋ぎを書くか、いきなり場面を8/19の球場にするかは未定です。
      今回はここまでです。

      いつも読んで下さり誠にありがとうございます。



    • 150 名前:匿名スタッフさん ID:2NmQ3NGM[] 返信

      ??「8/19も熱くいけよ!!」

      というかこの方と宝塚ってそんな縁があったのか



149件の返信スレッドを表示中

トピック「【SS】大正少女楽団小話」には新しい返信をつけることはできません。