【SS】モカ「ワタシハ、モウイナイ」鬱ホラーSS【安価】

TOP スレッド一覧 SS掲示板 【SS】モカ「ワタシハ、モウイナイ」鬱ホラーSS【安価】

105件の返信スレッドを表示中
    • 1 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      このSSは次の要素を含みます
      (むしろこの要素以外はほとんどありません)
      ホラー

      流血
      グロ
      カニバリズム
      主要キャラのタヒ
      文字化け演出
      苦手な人は別の方の作品を見るのをオススメします。

      エンドを見た後安価でそれ以前のレス番号を指定してそこからやり直しする事ができます。

      トゥルーエンドは3つあります。バッドエンドは数十つあります。

      また意味不明なエンドが多いですが、全て伏線になるように作ってるつもりです。

      意味深な描写や意味深なエンド名なんかは覚えておくと面白いかもです。

      初の安価SS投稿ですので安価下手かも知れませんがよろしくお願いします。

      最後に一つ。このSSの登場人物は全員狂っています。全員狂っています。



    • 2 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      モカの家の玄関にて

      ピンポーン
      「…」

      ガチャ
      「…あれ?鍵開いてる?」

      「モカ〜、今日は買い物行く予定だよ〜!」

      「…返事ないな。どうしよう?」

      1,帰る
      2,リビングに行く
      3,トイレに行く
      4,傘を2本持ってキリトの物真似



    • 3 名前:匿名スタッフさん ID:wNzI2MTQ[] 返信

      2
      期待



    • 4 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      ガチャ
      「モカ〜?」

      「……」

      「あ、モカ。早くショッピング行くよ」

      「…セイ…」

      「……モカ?」

      「蘭ノセイ」

      グサッ

      「!?」

      「モカ…なんで…?」

      「蘭ノセイデ、モカハ、オカシクナッタ」

      「蘭ノセイ蘭ノセイ蘭ノセイ蘭ノセイ蘭ノセイ蘭ノセイ蘭ノセイ蘭ノセイ蘭ノセイ蘭ノセイ」

      「モカ…?」

      (私は、モカの事を何か忘れてる気がする…)

      (私は何をしたんだろう…)

      (私はモカに何をしてしまったんだろう)

      バッドエンド「私は何を…」



    • 5 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      言い忘れてましたがこのSSはスバルなんて比じゃないくらい蘭がやられます

      「…返事ないな。どうしよう?」

      1,帰る
      2,リビングに行く
      3,トイレに行く
      4,傘を2本持ってキリトの物真似

      >>7



    • 6 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      つまり、蘭がタヒんだ!

      この人でなし!

      となるのか



    • 7 名前:匿名スタッフさん ID:wZmI3NTl[] 返信

      1 くだらない…私練習あるから帰る(ガルパピコ感)



    • 8 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「モカ、家にいないのかな?とりあえず1度帰ろう」

      ガチャ

      スタスタスタ
      「モカ、約束破ってどこ行ってるんだろ?」

      「そうだ、あそこにいるのかも」

      1,山吹ベーカリー
      2,羽沢珈琲店
      3,モカの家に戻る
      4,探さずに家に帰る



    • 9 名前:匿名スタッフさん ID:kYmNiYTU[] 返信

      2



    • 10 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「そうだ、つぐみの家にいるかも」

      羽沢珈琲店

      「いらっしゃいま…蘭ちゃん」

      「つぐみ、モカ見なかった?」

      「あ………蘭ちゃん……まだ駄目みたいだね」

      「つぐみ?」

      「モカちゃんは今日は見てないよ」

      「分かった。仕事中にごめん」

      「大丈夫だよ」

      「モカ、どこに行ったんだろう?」

      1,山吹ベーカリー
      2,ひまりの家
      3,モカの家
      4,探さずに家に帰る



    • 11 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      >>13



    • 12 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      4 おうちかえる



    • 13 名前:匿名スタッフさん ID:jZjJlZTg[] 返信

      >>12



    • 14 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「…モカ見つからないし家に帰ろう」

      「たまには違う道で帰ろうかな」

      「もしかしたら途中でモカと会うかもしれないし」
      1,遠回りして帰る
      2,近道して帰る
      3,花咲川女子学園を通って帰る
      4,羽丘女子学園を通って帰る



    • 15 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      安価は
      >>16 の人で



    • 16 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      4で



    • 17 名前:匿名スタッフさん ID:hYWRhZDE[] 返信

      つぐも狂ってるのか…



    • 18 名前:匿名スタッフさん ID:2MjQ5ZjF[] 返信

      これどうなったんだ



    • 19 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      >>18
      他のSSを書いてるのですが、そちらが2スレ目に行くのを宣言してるのでそちらの書き溜めがある程度出来てから再開する予定です



    • 20 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      >>19で言っていたSSがある程度準備が出来てきたのでこのスレを再開します



    • 21 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「そうだ、羽丘通って帰ろう」スタスタスタ

      羽丘女子学園にて
      「あれ?教室の明かりついてる…今日って学校あったっけ?」スタスタスタ

      「うぅ、頭が痛くなってきた…」

      「う、うぅ…」

      「…なんで…」

      「…す…ら…」

      「…ひ…やだ…」

      記憶の断片「モカ」2を手に入れた

      「どうしよう。学校に確認しに行こうかな…でも頭痛いし…」

      1.学校に行く

      2.家に帰る



    • 22 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      アイテム欄追加
      アイテム欄の追加及び説明
      「>>1アイテム欄」で今持っているメモ(記憶)や、アイテムの確認ができます。
      特定のアイテムやメモ(記憶)を持っていると選択肢やエンディングが変わります。蘭がやられても
      メモ、アイテムは消えません。
      記憶の断片の説明
      記憶の断片はアイテムです。記憶の断片が揃うと、メモが追加されます。

      記憶の断片「モカ」2
      過去のモカに起こった事についての記憶。
      1/4



    • 23 名前:匿名スタッフさん ID:1YTU4NDR[] 返信

      1でお願い致します。



    • 24 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「頭が痛むけど…学校に行ってみようかな」

      「あれ、美竹さん?」

      「え、えーと何?」

      「なんでこんなとこいるの?もう休み時間終わるよ?」

      「え、今日って休みじゃ…」

      「何言ってるの?今日は火曜日だよ!」

      「あ、そう…ごめん、ちょっと疲れてるのかも」

      「疲れてる…ね」

      「…なんか変なこと言った?」

      「いや、気にしないで」

      「早く教室行こう!」

      「分かった」

      ……

      ………

      キーコーンカーンコーン

      先生「挨拶お願い」

      学級委員「きりーつ、れい」

      クラス一同「ありがとうございました」

      「授業終わった…これからどうしよう」

      1.Afterglowの 縺ソ繧薙↑繧 探す
      2.先生と話をする
      3.校内 謨」遲
      4.校門で会ったモブ羽の机を調べる



    • 25 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      1 地雷っぽい物は踏み抜くスタイル



    • 26 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「Afterglowのみんな…今日はいなかったな…」

      「昼休みに探してみよう」

      ……

      ………

      キーンコーンカーンコーン

      「みんなを探しにいこう」

      1. 譬。闊 裏
      2. 逕溷セ剃シ壼ョ、
      3. 繝医う繝ャ
      4.
      (4は書き忘れではありません)



    • 27 名前:匿名スタッフさん ID:mMWM5YzF[] 返信

      4でお願いします



    • 28 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「なんだろう…なんか見逃してる気がする…」

      「なんだろ…何かを忘れてる気がする」

      「どうしよう…」

      1.後ろを見る
      2.校門であったモブ羽に話を聞く
      3.目の前の机の引き出しに入ってる銀髪は何?
      4.諦める



    • 29 名前:匿名スタッフさん ID:iMDA2OTg[] 返信

      1



    • 30 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      蘭は後ろを見た…

      蘭は違和感に気付いた

      クラスの机が以前より一つ少ない事に

      そして、その机がモカのものである事に

      なぜ?モカはいた。確かにモカは家にいた。

      ……なぜ私はモカが家にいたことを知ってるのだろう

      モカの家に行ってもモカとは合わなかったのに…

      記憶の断片「モカ」3を手に入れた

      「どうしよう…」

      1.校門であったモブ羽に話を聞く
      2.発狂
      3.家に帰る
      4.去年の事を思い出そうとする



    • 31 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      2 で 1D10を振って見るか



    • 32 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「どうしよう…」

      ドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコ

      (この音は…?)

      「う、また頭が痛くなってきた…」

      ドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコ

      (やだ…思い出しちゃダメ…)

      「う、うぅ…」

      隣の席「あれ?美竹ちゃん、何かあったの?」

      ドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコ

      (これで終わりだ)

      ドン

      「う…うあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

      隣の席「み、美竹ちゃん!?」

      先生「美竹さん!?大丈夫!?」

      「やだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだ」

      先生「美竹さん!?」

      「やだ…巴…」

      1.くぁwせdrftgyふじこlp
      2.くぁwせdrftgyふじこlp
      3. 縺上=w縺嫖rftgy縺オ縺倥%lp
      4. 縺上=w縺嫖rftgy縺オ縺倥%lp

      記憶の断片「ワダイコのオト」1を手に入れた

      記憶の断片「ワダイコのオト」
      巴と祭りと復讐についての記憶の断片
      1/2



    • 33 名前:匿名スタッフさん ID:mMWM5YzF[] 返信

      1で…



    • 34 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「くぁwせdrftgyふじこlp」

      先生「美竹さん、大丈夫!?」

      「くぁwせdrftgyふじこlp」

      先生「美竹さん!美竹さん!」

      「くぁwせdrftgyふじこlp」

      先生「………」

      先生(あとは3人…あいつはいないも同然か。)

      先生(実質あと2人…)

      バッドエンド「精神崩壊」

      どこからやり直す?
      (レス番号をお願いします)



    • 35 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      >>34修正
      「精神崩壊 蘭-4」



    • 36 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      取り敢えず30かな



    • 37 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「どうしよう…」

      1.校門であったモブ羽に話を聞く
      2.発狂
      3.家に帰る
      4.去年の事を思い出そうとする



    • 38 名前:匿名スタッフさん ID:4YjBhZjM[] 返信

      1かな



    • 39 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      (校門であった子はどこ行ったのかな…)

      「美竹さん様子がおかしかったんだよね〜」

      メガネ「やっぱり?あんな事あったしそりゃそうか…」

      「やっぱりそうなったのね」

      (あんな事…?)

      「ねぇ」

      「こんにちは美竹さん。何か用事かしら?」

      「何について聞こうかな…」

      1.なんで湊さんがここにいるんですか?
      2.湊さん、なんで髪を切ったんですか?
      3.さっき話してたあんな事って?
      4.なんで麻弥さんは窓の方を見てばっかりなの?



    • 40 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「やっぱりそうなったのね」の部分、アイコンを麻弥さんに間違えてました。実際は湊さんです



    • 41 名前:匿名スタッフさん ID:kYmNiYTU[] 返信

      4



    • 42 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「さっきから気になってたんですけどなんで麻弥さんはずっと窓の外を見てるんですか?」

      「私にも分からないわ。大和さん、ここ最近ずっと窓の外を見ているの」

      「へー、そうなんですね」

      メガネ「休み時間も放課後もずっと見ているから少し不気味なんだよね…」

      「演劇部もパスパレにも行く回数減ったらしいよ…」

      「何を内緒で喋ってるんですか?」

      「!?」

      「私について話してたんですよね?」

      「は、はい。そうです」

      「一体何話してたのか私にも聞かせて下さい」

      モブ羽はどうする?
      1.逃げる
      2.さっき話してた事を話す
      3.違和感を感じる
      4.話を逸らす



    • 43 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      2 さて血を見る羽目になるかどうか…



    • 44 名前:匿名スタッフさん ID:4YjBhZjM[] 返信

      狂ってるから一人称が変わってるんだとしたら申し訳ないけど、麻弥ちゃんの一人称はジブンですよ!



    • 45 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「最近麻弥さんがいつも窓際にいるから何してるのかなぁって思ったんだけど…」

      「なんだ、そんな事ですか。ちょっと校舎裏に鳥がいるものだから、可愛いなぁとか思いながら見てただけですよ」

      (いや、そんな事はない。私はさっき見ていた。麻弥さんはさっき…)

      「美竹さん、青葉さんについて知りたい?」

      「え、なんでそれを…」

      「美竹さん、あの事を忘れてるの?」

      「あの事って…?」

      「湊さん、美竹さんにはあまりにショックな記憶出来事だったから忘れてるんだと思いますよ」

      「私が思い出させてあげましょうか?」

      「私はあの出来事を1番知ってますから…」

      1.いいえ
      2.はい(メモ「モカ」獲得でアンロック)



    • 46 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      記憶の断片「モカ」の入手場所のヒント
      モカの家と蘭の家に一枚ずつ記憶の断片がある



    • 47 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      一応1を選ぼう

      アンロックがかかるやつは真相にかなり近いのか
      あとは一人称が変わってるのも伏線っぽいな



    • 48 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「大和さん、私は美竹さんにあの話をしてはいけないと思うの」

      「なんでですか?美竹さんにとってあの話はとても大切な話だと思うんです」

      「でも記憶からなくなるほどの美竹さんにはショックな話なのよ。思い出すことは良いこととは思わないわ」

      「……」

      「そうかもしれませんね。ジブンが間違ってました。美竹さんのためだと言って、美竹さんと痛み分けしたかっただけだったのかもしれません」

      ……

      ………

      次の日、麻弥さんは死んだ。遺言は「私の責務は終わりました。…この死が私の出来る最初で最後の謝罪です」

      対して美竹蘭。彼女は全ての悲しい過去を忘れて、新たな道に進んだ。Afterglowも、モカも、巴も忘れて…

      バッドエンド「悲しむなんて疲れるだけ」

      どこからやり直す?



    • 49 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      追記
      真実へのフラグCを回収しました



    • 50 名前:匿名スタッフさん ID:mMWM5YzF[] 返信

      30で



    • 51 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      >>30
      発言が重複したんでここから見てください。
      この下安価



    • 52 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      4 バッドフラグかもだけど、断片回収に期待して(家はまぁ後回しになるけど)



    • 53 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「去年、私は何をしてたんだろう…」

      「去年私は…」

      何もなかった

      何もしなかった

      何も出来なかった?

      いや、違う

      現実を見なかったら
      何も出来なかった

      人の上部しか見れなかった

      人の上部しか見ようともしなかった

      「私は今まで何もしなかった…」

      「なら…今するしかない」

      1.ハサミを手に取る
      2.スマホを手に取る



    • 54 名前:匿名スタッフさん ID:jNjMxYmE[] 返信

      1がいいな



    • 55 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      私はハサミを手に取った

      (私は何もしなかった)

      (モカがあんなになるまで…)

      (たとえ私がどうなろうといい)
      ダッダッダッ

      (私はあなたを消す)

      グサッ

      「うっ!!」

      「何してるの美竹さん!?」

      「痛い…」

      「モカ…仇は取ったよ…」

      「自力で思い出したようですね」

      「なら…私はもう用済みかな…」

      メガネ「麻弥さんが窓から落ちた!」

      先生「美竹さん!何やってるの!?」

      先生「羽川さん大丈夫?誰か救急車を!!」

      ……

      ………

      私は捕まった

      人を殺したのだから当たり前のことだ

      私に後悔はない

      私は過去の私が出来なかった事をしただけなのだから

      ……

      ………

      「久しぶりだな…外に出るの」

      「蘭…」

      「モカ…」

      「久しぶり」

      「もう、大丈夫なんだね」

      「うん…」

      「待っててくれたの?」

      「羽川さん…死んじゃったね」

      「もう、あんな奴のこと忘れなよ」

      「殺した人がよく言うよ」

      「ふふ…なんだか懐かしいね」

      「うん。けどもうあの頃のようには戻れないんだろうね」

      「そうだね。だって…」

      「1人足りないんだから」

      バッドエンド「1人足りない」

      トゥルーエンド「全ての解決」(7つのメモ回収でアンロック)



    • 56 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      どこからやり直す?



    • 57 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      追記メモ 羽川さんを手に入れた



    • 58 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      間違えました
      追記
      不完全なメモ 羽川さんを手に入れた



    • 59 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      53 から



    • 60 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「私は今まで何もしなかった…」

      「なら…今するしかない」

      1.ハサミを手に取る
      2.スマホを手に取る



    • 61 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      2 を選ぼう



    • 62 名前:匿名スタッフさん ID:hYTA2NTg[] 返信

      ゲームブックみたいで好き



    • 63 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「お前を社会的に消してやる…羽川」

      カシャ

      こいつは私の友人を精神的に痛ぶり人間不審にしました。絶対許せません

      (後はツイートするだけ…)

      メガネ「何してるの?美竹さん」

      「何?今私忙しいんだけど」

      メガネ「身も蓋もないことSNSに書いちゃダメだよ」

      メガネ「第一証拠もないのに誰が信じてくれるって言うの?」

      「……全部見てたの?」

      メガネ「美竹さん…気づいてないかもしれないけど…」

      メガネ「今このクラスは全員あなたの敵よ」

      「それってどう言う…」

      羽川「おりゃ!」

      ガコン‼︎

      「う、痛い…」

      羽川「あんたにあの事バラされたら私たちに迷惑なの。だから…」

      羽川「消してあげるわ」

      グサッ

      バッドエンド「証拠隠滅」

      どこからやり直す?



    • 64 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      30まで戻る



    • 65 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      続きは明日から書くとして一度アイテム欄表示します

      メモ
      不完全なメモ 羽川さん
      モカを人間不信にさせた張本人
      メモ「モカ」回収でメモ完成

      アイテム欄

      記憶の断片「モカ」2、3
      過去のモカに起こった事についての記憶。
      2/4

      記憶の断片「ワダイコのオト」1
      巴と祭りと復讐についての記憶の断片
      1/2

      真実へのフラグC
      フラグA、B、C、D、Eの5つを揃えたあとに特定の行為をすると全ての真実を知ることが出来る。(トゥルーエンドの道への最後のフラグ)



    • 66 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      そういえば>>1に質問

      やり直す範囲ってどこでもいけますか?
      例えばだけど、モカのメモ集めてからBAD向かわせて45まで戻るとか



    • 67 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      >>66
      できます



    • 68 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      1.校門であったモブ羽に話を聞く
      2.発狂
      3.家に帰る
      4.去年の事を思い出そうとする



    • 69 名前:匿名スタッフさん ID:zMjdiZDV[] 返信

      3にする



    • 70 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「なんか頭痛も酷いし家に帰ろうかな」

      スタスタスタ

      「早く帰りたいけどどうしよう」

      1.いつも通ってる大通り
      2.近道の細い路地



    • 71 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      1 いつも通りが1番だな



    • 72 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「近道してもいい事ないだろうから普段の道を通ろう」

      スタスタスタ

      「人がいないな…」

      スタスタスタ

      「…モカの家だ」

      1.モカの家に入る(エンド「モカじゃない」を見るとアンロック)

      2.家に帰る



    • 73 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      片方しか選べないんで続き書きます

      スタスタスタ

      (頭痛も治まってきたし、帰ったら早退分の勉強しなきゃ)

      「あ、T字路だ」

      (ここはどっちを通っても同じくらいの距離のはず)

      1.右から帰る

      2.左から帰る



    • 74 名前:匿名スタッフさん ID:iOGVlMmJ[] 返信

      2で!
      クラピカ理論的な



    • 75 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「よし、左を通ろう」

      スタスタスタ

      「………」

      「あ、ひまり」

      「…蘭じゃん。何やってんの?」

      「今家に帰るところ」

      「そう…」

      「ひまりこそ何してるの?」

      「……蘭。よくそんなこと言えるね」

      「あんなことあったのに…よくそんなこと言えるよね」

      「え、どう言う…」

      「巴が死んだ事。覚えてないの?」

      「え……」

      ドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコ

      「羽川…お前のせいでモカは…」

      羽川「何?あんな学園の敗北者…消えて当然でしょ?」

      「ふざけんな!モカは…モカはAfterglowの大切なメンバーなんだよ!私たちの親友なんだよ!それなのにお前は!お前たちは!」

      羽川「私たちが何?友達がいなければ何もできない出来損ないが!私に噛み付いた愚か者をどうしようと勝手でしょ?」

      「は…?愚か者…モカの事を愚か者…お前なんかに…お前は絶対に許さない!」

      羽川「あら、そう。あなた…わかってる?今あなたがどうゆう状況か」

      「……は?」

      羽川「みんな…出てきていいわよ」

      「さぁ、やりましょうかね」
      「殺しても証拠隠滅は出来るわ。好きなようにやっちゃいなさい」
      「それは羽川のセリフでしょ?」

      「くそ、お前ら…」

      羽川「アンタみたいなふざけた考えのやつのせいで私たちが被害被るの。だから…死んで頂戴」

      ……

      ………

      「あ、あぁ…あぁ…」

      「蘭が記憶無くしたとか聞いたけど本当だったんだ…自分だけ楽になるなんて私は許さないよ…」

      「悲しい過去を分かち合いましょう」

      「どうせもうじき死ぬだから」

      記憶の断片「ワダイコのオト」2(偽)を手に入れた

      どこからやり直す?



    • 76 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      攻略ヒント
      エンド「モカじゃない」と記憶の断片「モカ」1はどちらも>>1からの分岐ルートで回収できます



    • 77 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      間違えました>>2からです。



    • 78 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      これはbadend名ないけど、badendなのかな?

      じゃあ1のお言葉に甘えて2から再開で

      …このひまりは偽物っぽい



    • 79 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「…返事ないな。どうしよう?」

      1,帰る
      2,リビングに行く
      3,トイレに行く
      4,傘を2本持ってキリトの物真似



    • 80 名前:匿名スタッフさん ID:zMjdiZDV[] 返信

      ちょっと4を見てみたいんです…



    • 81 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「あ、傘がある…」

      「……」

      (さっきSAO見てきたせいで厨二心が抑えきれない!)

      「誰も見てないし…」

      サササッ!

      「スターバーストストリームってこんな感じかな…」

      ダッダッダッ

      「それともこんな感じ…」

      ダッダッダッ

      「それともこうかな…」

      ダッダッダッ

      ガチャ

      「蘭…コロス!」

      「え、急に何!?」

      「おりゃぁぁぁぁ!!!」

      「え、う、うわぁぁ!!」

      グサッ

      「え、えぇ…」

      「蘭…」

      「あ、あぁ…」

      「蘭…絶対許さないモカをあんなにしたこと…」

      「あ、ぁぁぁぁ…」

      「殺しちゃった…」

      バッドエンド「殺しちゃった」



    • 82 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      傘は刃物よりも強し
      どこからやり直す?
      選択肢のところを一度まとめてみました
      >>2
      >>4
      >>8
      >>10
      >>14
      >>21
      >>24
      >>26
      >>28
      >>30
      >>32
      >>39
      >>42
      >>45
      >>48
      >>53
      >>72
      >>73
      >>75



    • 83 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      >>2

      確かトイレにはまだ行ってなかったはず



    • 84 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「ちょっとトイレ行こうかな」

      ガチャ

      「あれ?下水管の中に何か…」

      一本の銀髪を見つけた

      ……

      ………

      「用も済ませたしどうしよう」

      1.モカの部屋に行く

      2.帰る



    • 85 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      1 フラグ立ったか?



    • 86 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「そうだ、モカの部屋にならモカがいるかも」

      スタスタスタ

      トントン

      「モカ〜?」

      トントントン

      「いないの〜?」

      トントントントン

      「返事ないなら開けるよ〜?」

      トントントントン

      トントントントン

      「よし、開けよう」

      1.窓の外を見る
      2.ドアを開ける
      3.放置



    • 87 名前:匿名スタッフさん ID:2MjQ5ZjF[] 返信

      1でお願いします



    • 88 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「あれ?今視線が…」

      「……」

      「あ、モカ」

      「……」
      ダッダッダッ

      「……逃げた」

      「追いかけなきゃ!」
      ダッダッダッ

      「……」
      ダッダッダッ

      「モカ、待って!」
      ダッダッダッ

      ピタッ
      「……」

      「やっと止まった…」

      「こんなところまで逃げて…一体どう言うつもり?」

      「蘭…いや、蘭ちゃん。忘れてるの?」

      「モカ…?…ていうか蘭ちゃん?」

      「蘭ちゃんは忘れてるのね。モカが可哀想」

      「あなたがあの時モカと向き合っていれば…いや、こんなこと言うのは母親として失格ね」

      「母親?まさか…モカのお母さん!?」

      「そうよ。私はモカの母親」

      「なら…なんでこんなことしたのか余計にわからないんですけど」

      「蘭ちゃんは忘れてるのかもしれないけど、モカは学校に行かなくなったのよ」

      「え…何言って…」

      「モカは急に学校を休み出して、それから心を閉ざしているのよ。ずっと…」

      「モカが学校を休んで…」

      「だ…じょ…よ…らん」

      「や……だ…こ……な……」

      「モカが…なんで…」

      「なんで…?あなたが1番知ってるはずよ!モカを見捨てて、自分だけ楽になって!」

      「私はあなたを絶対許さない」

      「…いや…いやだ!」

      「あの子を精神的に殺したあなたを殺す!」

      「氏ね!」

      バッドエンド「代償」

      記憶の断片「モカ」1を手に入れた



    • 89 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      どこからやり直す?
      (これ言うごとに重複してる…)



    • 90 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      86で

      全部回収しよう



    • 91 名前:匿名スタッフさん ID:xNjU0OTR[] 返信

      面白い



    • 92 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「よし、開けよう」

      1.窓の外を見る
      2.ドアを開ける
      3.放置



    • 93 名前:匿名スタッフさん ID:3NTY5YzU[] 返信

      次は2で



    • 94 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      ガチャ

      「モカ〜?」

      「……」

      「あ、モカ。今日は買い物行く日でしょ?さぁ、行くよ」

      「………何を言ってるの?」

      「え、何って今日は買い物行く約束だったじゃん」

      「ねぇ、蘭。今日買い物行くのやめよう?」

      「え…」

      1.無理矢理連れて行く
      2.話を聞く



    • 95 名前:匿名スタッフさん ID:2MjQ5ZjF[] 返信

      2で



    • 96 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「ねぇ、モカ。何があったの?」

      「蘭、本当に何も覚えてないの?」

      「え、何言ってるの…」

      「蘭は私があんなになった事を忘れちゃったの?」

      「……覚えてない」

      「じゃあ教えてあげる」

      「……いや、いい」

      「なんで?」

      「…なんとなく」

      「本当は全て覚えてるんでしょ?」

      「……」

      「忘れてるフリして現実から逃げてるでしょ?」

      「……」

      「いつもいつも逃げてばっかり…」

      「……」

      「知ってるよ」

      「蘭は私の1番大切な事忘れてるんでしょ?」

      「もうAfterglowは2人も氏んだ事を…」

      「……モカ」

      「……」

      「ごめんなさい…」

      「……蘭のバカ」

      「嘘の記憶にただすがり続ける惨めな蘭ではいないで」

      「じゃあね…蘭」

      「……」

      「終わりにしよう」

      「夢も…現実も…」

      1.最期に真実を求める
      2.最期を星に委ねる



    • 97 名前:匿名スタッフさん ID:jZjJlZTg[] 返信

      2でお願いします…!



    • 98 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「………」

      「香澄」

      「へぇ!?な、なんですか…」

      「香澄、星の鼓動って、今どこから聞こえる?」

      「え、えぇ…急に言われても…」

      「どうすれば聞こえるの?」

      「少し時間をもらえれば…」

      「分かった、出来るだけ早くお願い」

      「その前に約束です」

      「死なないでくださいね」

      「え……」

      「死んだらなんかしたら…」

      「…うん。分かってる。死にはしないよ」

      「…分かりました」

      カザッ

      〜♪

      「走ってた…いつも走ってた…愛と勇気を…」

      「グズッ」

      「届けたい……」

      「眠ってた声がいざなった………」

      「風に揺れる………君の歌…」

      「まぶた閉じて……諦めてた事…いま歌って………」

      「いま奏でて…………昨日までの日々に…」

      「サヨナラする…」

      「グズッ……蘭さん。あなたは…そうすればきっと…」

      「うん…分かった」

      「……香澄、迷いが吹っ切れた」

      「ありがとう」

      「蘭さん、あなたには友達がいます…」

      「私のように、全てを失っても曲にすがって生きてる死に損ないとは違います」

      「だから…決して死なないでくださいね」

      「香澄、あなたは死に損ないじゃないよ。だって……」

      「私に決意をさせてくれたから…」

      「香澄…私行ってくるよ」

      「くれぐれも気をつけて…」

      1.昨日までの日々にさよならする
      2.昨日マデノ日々ニサヨナラスル



    • 99 名前:匿名スタッフさん ID:hNjhjZGM[] 返信

      2 よし、まずは発狂させよう



    • 100 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「……」

      ……
      ………
      「ここ、つぐみの家…」

      「よくみんなで集まったよね」

      ……
      ………
      「羽丘女子学園…」

      「私たちの学舎…あの日までは楽しかったよね」

      ……
      ………
      「商店街…」

      「祭りも、ライブもここでみんなで頑張ってきたよね」

      ……
      ………
      「CIRCLE…」

      「バンドを始め、そして終えた場所…」

      ……
      ………
      「モカの家…」

      「モカとさよならをした場所」

      そして…
      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      モカと……また…

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      ……

      モカ、これからは…ずっと…

      「一緒だよ」

      _____________________
      トゥルーエンド?(3)「これからはずっと」

      記憶の断片「モカ1(偽)」を手に入れた 

      どこからやり直す?



    • 101 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      アイテム欄定期開放(予告などしていない)

      メモ
      不完全なメモ 羽川さん
      モカを人間不信にさせた張本人
      メモ「モカ」回収でメモ完成

      アイテム欄

      記憶の断片「モカ」2、3
      過去のモカに起こった事についての記憶。
      2/4

      記憶の断片「モカ」1(偽)
      パラレルワールドの蘭の記憶
      モカは死んだ
      記憶の断片「モカ」の2、3、4と合わせる事が可能

      記憶の断片「ワダイコのオト」1
      巴と祭りと復讐についての記憶の断片
      1/2

      記憶の断片「ワダイコのオト」2(偽)
      パラレルワールドの蘭の記憶
      巴は死んだ
      記憶の断片「ワダイコのオト」1と合わせる事が可能

      真実へのフラグC
      フラグA、B、C、D、Eの5つを揃えたあとに発狂すると全ての真実を知ることが出来る。(トゥルーエンドの道への最後のフラグ)



    • 102 名前:匿名スタッフさん ID:hNjhjZGM[] 返信

      >>98 で1を選択(選んで無い方)



    • 103 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「モカ…」

      私はもう…

      「たとえ許されなくても」

      たとえどんなに恨まれ続けても

      「私はもう…」

      迷わない

      「絶対に」

      逃げたりしない

      「だから…」

      見守っていて…

      「モカ…」

      ……

      ………

      「キャー!!」

      「Afterglowかっこいいよ!!」

      「つぐみ、まだまだ行ける?」

      「もちろんだよ、蘭ちゃん!」

      「それじゃあ、そろそろ私達の武道館最後の曲、行こうか!」

      「うん!」

      「この曲は、どんなに離れ離れになっても…」

      「何度でも私達はまた夕焼けの元に」

      「繋がれる事を…」

      「……グズッ」

      「…ごめん、泣いちゃった」

      「……共に居たいと思えば、いつでも私達は側に入れる事を信じて」

      「そうして生きてきた、私達の曲です」

      「聴いてください…」

      「ツナグ、ソラモヨウ」

      その日の蘭の手には、青色のエレキギターが握られていた

      蘭はそのギターを、絶対に離さないと言わんばかりに強く握りしめていた

      ハッピーエンド?

      「2人のいない武道館」

      どこからやり直す?



    • 104 名前:匿名スタッフさん ID:2MjQ5ZjF[] 返信

      96で、1



    • 105 名前:匿名スタッフさん ID:hOTJiOTE[] 返信

      「最期、最期に全てを知りたい…」

      「私が無理矢理忘れた事を…」

      「無責任に放り出してしまった事を…」

      ……

      ……

      ……

      1 逕溷セ剃シ壼ョ、

      2 豌キ蟾晏ョカ



    • 106 名前:匿名スタッフさん ID:1YTU4NDR[] 返信

      1でお願いします。



105件の返信スレッドを表示中
返信先: 【SS】モカ「ワタシハ、モウイナイ」鬱ホラーSS【安価】


※投稿前に必ずご確認ください

※投稿前に「 利用規約」を必ずご確認ください

※大きく行間をあける際には、ボタンから[br](改行コード)を挿入してください

※誹謗中傷、自演、荒らし行為、煽り発言、キャラdis発言などはお控えてください

※画像を投稿される前に、「 画像のアップロードに関しての注意事項」を必ずご確認ください

※2つ以上のリンク含む投稿は、スパム判定されてしまうため、アドレス先頭のhを抜いて(https://~ → ttps://~)投稿してください


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width=""> <div class="" title="">

添付ファイル:

許可された最大のファイルサイズは、8 MB です。

他のファイルを追加する