【SS】安価 彩「日菜ちゃん監禁してみたよ」※閲覧注意

TOP スレッド一覧 SS掲示板 【SS】安価 彩「日菜ちゃん監禁してみたよ」※閲覧注意

343件の返信スレッドを表示中
    • 1 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      ※見る前に絶対にここを見てください※
      かなり重い話です
      彩が怖いので注意
      最初に言っておきますが
      ヤンデレなどが苦手な人は見るのをおすすめしません
      少し胸が痛くなるような表現もあります
      それでも見て、安価してくださる方は・・・


      色んなルートを用意しています
      安価によって日菜の気持ち、エンディングが変わります
      どんな日菜にしたいかは皆さんの選択肢によって変わります


      ちなみに一応
      「暇だから安価でみんなにいたずらしよっかな!」3
      から来てる内容ですが、関連性は薄いのであっちを見ていなくとも楽しめるようにしています
      それでは・・・

    • 2 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      彩ちゃんの部屋に監禁されてから何日も経った


      「・・・」


      「・・・」


      「(3月15日・・・日曜日・・・)」


      「(太陽・・・ずっと見れてないな・・・)」


      「・・・・・・・・・」


      「(もう脱げ出すなんて考えはやめた)」


      「(絶対に出られないから)」


      「・・・」


      日菜はどこを確認する?>>3


      1壁


      2地面


      3彩ちゃんのベッド

    • 3 名前:匿名スタッフさん ID:iZjc3OGU[] 返信

      3

    • 4 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・」


      「(彩ちゃんのベッド・・・)」


      ベッドには少し血がついている
      彩ちゃんはベッドでは寝らず、布団を敷いて鉄格子に手を入れあたしと手を繋いで寝る


      「(そして・・・)」


      「(枕には17と血でたくさん書いてある)」


      「・・・」


      「(・・・あたしのせいだ)」


      「(全部)」


      「(全部あたしが悪い)」


      「(全部全部全部・・・あたしがこうしたんだ)」


      「(あたしが彩ちゃんを変えたんだ)」


      「(あたしが自分で・・・)」


      自分の人生を無茶苦茶にしたんだ

    • 5 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      ガチャッ


      ドアが開く


      「!」


      「ふふ、日菜ちゃんただいま♪」


      「・・・」


      「・・・?」


      彩は牢屋の中に手を入れて日菜の頭を撫でる


      「ひぃっご、ごめんなさい!」


      「・・・何謝ってるの・・・?日菜ちゃん今日はまだ悪い事してないじゃん」


      「ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・」


      「・・・」


      彩はどうする?>>6


      選べる選択肢は1つ


      1 日菜ちゃんを落ち着かせる


      2 撫で続ける


      3 恐怖を与える


      4手を握る


      5怒鳴る

    • 6 名前:匿名スタッフさん ID:lMGM1ZDZ[] 返信

      3で

    • 7 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      ドンッ


      彩は地面を叩く


      「っ・・・」


      「私に撫でられるの嫌いなの・・・?」


      「私の事が嫌いなの・・・?」


      「・・・そ、そんな」


      「言い訳なんか聞きたくない」


      「・・・ごめんなさい」


      ドンッ!


      「ひっ・・・・・・」


      「・・・日菜ちゃんには、またお仕置きが必要だよね・・・?」


      「ひぃっ!ごめんなさい!ごめんなさい!」


      「ごめんなさい・・・ぐすっ・・・もうあれは嫌だから・・・」


      「彩ちゃん許して・・・許してください・・・ぐすっ・・・うぅ・・・」


      「・・・・・・>>8」


      1 お仕置きをする


      2 今日は許す

    • 8 名前:匿名スタッフさん ID:wMWM5ODB[] 返信

      しましょう

    • 9 名前:匿名スタッフさん ID:lY2MwYzY[] 返信

      1

    • 10 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「お仕置きだね・・・」


      「ごめんなさいっ!ごめんなさいっ!」


      「ダメ」


      「何度言っても変わらないから」


      「日菜ちゃんが悪いんだよ」


      「私の愛を受け入れてくれない日菜ちゃんが」


      「だから日菜ちゃんの大切な人はいなくなっちゃうの・・・♪」


      「うぅ・・・ぐすっ・・・彩ちゃんの言う通りにしますから・・・なんでもしますから・・・やめて・・・」


      「・・・・・・・・・」


      >>11お仕置きの内容(痛すぎる、あまりに辛すぎるものでなければOK)

    • 11 名前:匿名スタッフさん ID:iZWYxNzc[] 返信

      喉奥まで靴を突っ込み、それを舐めさせる

    • 12 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「じゃあ今日は〜・・・これかな」


      彩は靴を持つ


      「な、何・・・?」


      「大丈夫・・・もちろん使ってないよ・・・」


      「ほら・・・私の愛・・・受け取ってよ♡」


      「口、開けて・・・♡」


      「え・・・い、いや」


      「早く、じゃないともっと苦しくするけど?」


      「・・・・・・んあ・・・」


      「ふふ、それでいいよ・・・♪」


      彩は日菜の口に靴を突っ込む


      「んぐっ!?」


      「んんっ・・・」


      「まだ咥えてるだけだね・・・」


      「(彩ちゃんの靴・・・)」


      「(無理矢理とはいえここまでなら別にいい)」


      「(衛生的に・・・なんてそんなの今は考えられない)」


      「(ここまでならまだ耐えれる)」


      「(ここまでなら・・・)」


      「じゃあさ」


      「もっと咥えよっか・・・♡」


      彩は日菜の口に靴を押し込む


      「んぐぅっ!?んっんぅっ!んっ!」


      「苦しい?苦しい?ねぇ・・・」


      「んぅっんあっああっ・・・」


      「私の方が苦しいんだから・・・」


      「ほら、舐めて?」


      「ちゃんと舐めたら許してあげるから・・・♪」


      「んっうぅっんっ・・・んあ・・・れ・・・んん・・・」


      「(苦しい・・・おえっとはなるけど吐き気とまではいかない・・・息が少し苦しい)」


      日菜は喉奥まで入れられてるが頑張って舐める


      「はぁ・・・ゾクゾクしちゃうよ日菜ちゃん・・・♡」


      「もっと私の舐めなきゃ・・・ほら・・・♪」


      「んぇっんっ・・・ん・・・ぁぅ・・・んぅ・・・」


      「・・・ふふっ♡」


      「もう止めて欲しい?」


      「んっああっ・・・」


      日菜は頑張って1回頷く


      「そっか・・・」


      選択肢>>13


      1続ける


      2 一回止める


      3 もう止めてあげる

    • 13 名前:匿名スタッフさん ID:4MzY2ZjU[] 返信

      3でお願いします!
      こういうの好きですありがとうございます頑張ってください!

    • 14 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      >>13
      おお、ありがとうございます!
      頑張らせていただきます

    • 15 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・うん、いいよ」


      彩は日菜の口から靴を取る


      「んっ・・・おえっ・・・けほっけほっ・・・はぁ、はぁ・・・はぁ・・・」


      「ふふ、お仕置きとはいえよく頑張りました♪」


      「・・・使ってないとはいえ菌がはいっちゃったら大変だね?歯磨きしよっか」


      「はぁ・・・はぁ・・・うん・・・」


      あたしは自分で歯磨きすることさえ許されていない


      「まず1回水吐いて、そっからうがいして・・・」


      お仕置きが終わったらいつもこう・・・優しいなんて普通思わないかもしれないけど・・・あたしは嬉しい


      水はバケツのようなものに吐き出している


      「ん・・・うがい終わった」


      「うん、じゃあ歯磨きしてあげるから・・・口開けて?」


      「んあ・・・・・・」


      彩ちゃんはいつものように片手であたしの顎を持って、片手で歯磨き粉のついた歯ブラシを持つ


      シュコシュコと・・・あたしの歯は磨かれていく


      「ん・・・//」


      「気持ちよさそうだね・・・♪」


      「んぅ・・・//」


      彩ちゃんの歯磨きは気持ちいい、ゆっくり磨いてくれて・・・あたしの事をしっかり考えてくれてる


      「ちょっとだけ上向いて?」


      「ん・・・」


      あたしは怯えながらも、依存しているのかもしれない


      彩ちゃんに・・・


      「・・・うん、ちゃんと水吐き出したね・・・」


      「よし、歯磨き終わり」


      「・・・日菜ちゃん可愛いよ・・・♡私だけのもの・・・♡」


      「・・・」


      「好き好き♡愛してるよ・・・♡」


      この生活がいつまで続くかわかんないけど
      あたしは彩ちゃんに飼われるしか道は残されてない


      例えここから抜け出しても


      あたしに帰る場所はもう残ってない

    • 16 名前:匿名スタッフさん ID:2MTZiMDF[] 返信

      ヤンデレ彩ちゃんと言っても結局は丸山やし可愛いんやろなぁと思ったら想像を絶する恐ろしさやった

    • 17 名前:匿名スタッフさん ID:hZDllNzF[] 返信

      つくかす始末後なのか…

    • 18 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・」


      「日菜ちゃん♡」


      「・・・」


      「ふふっねぇ日菜ちゃん♪」


      「・・・?」


      「日菜ちゃんの好きな人はだあれ?♡」


      「(彩ちゃんはいつもこれを聞いてくる)」


      「・・・」


      日菜、選択肢は1つ>>19


      1 もちろん彩ちゃんが大好きだよ


      2 あたしの家族はどうなったの


      3早く出して

    • 19 名前:匿名スタッフさん ID:iOTI0Njh[] 返信

      3

      地雷は踏み抜くもの

    • 20 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「は、早く出してよ・・・・・・」


      「・・・は?」


      「今何て言ったの」


      「・・・」


      「説明してよ」


      「何で出さなきゃいけないの」


      「あんなに苦労したのに」


      「・・・」


      「日菜ちゃんおかしくなっちゃったの・・・?」


      「い、いや・・・(やってしまった・・・)」


      「ふふっ」


      「そっか」




      「・・・」


      「私の気持ち全然わかってないっ!!!!」


      「っ!」


      「いい加減にしてよ!!!」


      「私が日菜ちゃんをどれだけ愛してるかまだわかってないの!?」


      「早く出して?何言ってんの」


      「出てどうするの?どこに行くの?」


      「日菜ちゃんはまた別の人に浮気したりする・・・そんなの許さない」


      「許さない・・・許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない」


      「あ、彩ちゃん・・・」


      「謝ってよ」


      「・・・」


      「早く謝ってよ!!!!!!」


      「・・・」


      日菜は・・・>>21


      1 ごめん、二度とこんな事言わない


      2 彩ちゃんの事愛してるから・・・許して


      3 ごめん、もうお仕置きはやめて・・・

    • 21 名前:匿名スタッフさん ID:lYzJjM2E[] 返信

      >>19
      躊躇いなくて草

    • 22 名前:匿名スタッフさん ID:lYzJjM2E[] 返信

      ごめん、タイミング悪かった
      安価下で

    • 23 名前:匿名スタッフさん ID:lMGM1ZDZ[] 返信

      3   

    • 24 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「ごめん・・・もうお仕置きはやめて・・・」


      「・・・・・・」


      「日菜ちゃんは誰のものかまだわかってないみたいだね」


      「お仕置きだよ・・・♪」


      「やめてっ!ごめん!もう二度と言わないからっ!」


      「日菜ちゃん全然わかってないよ」


      「早く出してなんて言うって事は・・・」


      「まだ私の調教が足りてないんだよ・・・♪」


      「ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・ぐすっこれからはちゃんとするから・・・早く出してなんて言わないから・・・」


      「やめて・・・ください・・・」


      「・・・・・・・・・」


      彩は・・・>>25


      1 お仕置きをする


      2 今日はしない

    • 25 名前:匿名スタッフさん ID:hZDllNzF[] 返信

    • 26 名前:匿名スタッフさん ID:lMGM1ZDZ[] 返信

      檻を思いっきり揺らすくらいに留めておこう

    • 27 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・・・・」


      「あ、彩ちゃん・・・?」


      ガシャンガシャンガシャン!


      「ひぃいっ!」


      「やめてくださいじゃないでしょ!!」


      「ご、ごめ」


      「日菜ちゃんが私だけを見てればこんな事にはならなったんだよね!?」


      ガシャンガシャンガシャン!


      「ちゃんとわかってるの!?」


      「ひぃっ、ごめんなさい、ごめんなさい!」


      「わかってるのかって聞いてんだけど!!」


      「謝ってなんて誰も言ってないよ!!!」


      「わかってる、わかってるからやめて・・・」


      「・・・・・・」


      「あたしが悪いってわかってるから・・・やめてください・・・」


      「・・・・・・」


      「はぁ、わかった」


      「もういいよ、続きは明日ね」


      「あ、ありがとう彩ちゃん・・・」


      「ありがとう・・・愛してる・・・愛してるよ・・・」


      日菜は彩の手を頬に当てて擦りつける


      「・・・ふふっ♪わかればいいんだよ」


      「日菜ちゃん・・・♪」


      「彩ちゃん・・・彩ちゃん・・・」

    • 28 名前:匿名スタッフさん ID:2MTZiMDF[] 返信

      この世界線のパスパレはどうなってるの?

    • 29 名前:匿名スタッフさん ID:4NjJiODZ[] 返信

      檻ガシャンガシャンってなんか青鬼っぽいな

    • 30 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「ふわあ・・・じゃあ寝よっか」


      「うん・・・」


      「それ、外してあげるから」


      寝る時だけあたしは首輪についている鎖のリードを外される


      彩ちゃんは出かける時はリードを鉄格子にひっかけて出かける


      ・・・たまにこれで引っ張られたりして・・・鉄格子に顔が当たるからすごく痛い


      「んっ・・・」


      「(あたしが彩ちゃんをちゃんと愛したら・・・寝る時だけは鉄格子から出してあげるって言ってたけど・・・)」


      「・・・♪」


      「(まだダメみたいだね・・・)」


      「日菜ちゃん、手・・・♡」


      「うん・・・」


      あたしは彩ちゃんの手を繋ぐ


      「ふふっ・・・」


      「・・・♪」


      日菜は・・・>>31


      1 恋人繋ぎにする


      2 キスをしたいと言う


      3おやすみ、愛してるよ

    • 31 名前:匿名スタッフさん ID:iY2NhNTY[] 返信

      1やな

    • 32 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・♪」


      あたしは恋人繋ぎにした


      「日菜ちゃん・・・♡」


      「・・・♪」


      「ふふっおやすみ♡」


      「うん・・・」


      おやすみ、彩ちゃん


      ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


      2日目 3月16日 朝


      「・・・・・・」


      朝起きると、彩ちゃんはテレビを見ていた


      アナウンサー「行方不明のアイドル、パステルパレットの氷川日菜の捜索が・・・」


      「あははっ何この番組・・・ふふっ」


      「・・・・・・」


      「(そういえば昨日ご飯食べさせてもらってないな・・・)」


      「・・・」


      日菜はどこを確認する?>>33


      1 壁


      2 地面


      3 自分

    • 33 名前:匿名スタッフさん ID:mYmFiYWI[] 返信

      3!

    • 34 名前:匿名スタッフさん ID:kMDQyNjE[] 返信

      彩ちゃんに監禁されたいと思う自分がいるんだが…

    • 35 名前:匿名スタッフさん ID:xYzQyMmU[] 返信

      >>34
      それな!彩ちゃんに監禁されるとかご褒美じゃん!

    • 36 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      アナウンサー「また、姉の氷川紗夜も行方不明であり・・・」


      「ふふっ」




      「(あたしのカラダ・・・)」


      「(あたし・・・)」


      「(顔は自分じゃ見えないけど・・・少し傷があると思う)」


      「(彩ちゃんは出来るだけ顔には傷つけないようにしてるみたい)」


      他にも太ももや腕、色んな所に痣はある


      「(首にはたくさんの痣・・・彩ちゃんがいつもつけてくる)」


      身につけている物は・・・


      「(首輪、鎖のリード・・・足ももちろん手錠みたいなので歩きずらくされてる)」


      「(たまに彩ちゃんに服を脱がされたりするけど、今は服を着てる)」


      「(手だけは自由・・・たまに固定されるけど)」


      「・・・」


      「あっ日菜ちゃんおはよう♪」


      「・・・」


      「起きたんだね♪昨日ご飯あげてなかったから持ってくるよ」


      「・・・・・・」


      あたしは頷く


      「ふふっ・・・じゃあ今日はどうやって食べさせてあげよっかな〜♪」


      「・・・?」


      「えへへ♪(もちろんいじわるしちゃうけどね・・・)」


      彩はどうやって日菜にご飯を食べさせる?
      >>37

    • 37 名前:匿名スタッフさん ID:1YTBiZWJ[] 返信

      紗夜さんが泣きながら探してるんだろうな…つぐみちゃんと一緒に… 日菜ちゃんを…

    • 38 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      ごめんなさいまた被っちゃいました・・・笑
      安価は下で

    • 39 名前:匿名スタッフさん ID:1YTBiZWJ[] 返信

      あらら…ミスっちゃったすいません下で再安価おねがい

    • 40 名前:匿名スタッフさん ID:xYzQyMmU[] 返信

      彩ちゃんが一度口に含んでぐちゃぐちゃになったものを口移しであげる

    • 41 名前:匿名スタッフさん ID:hZDllNzF[] 返信

      麺類をスプーンで食べさせる

    • 42 名前:匿名スタッフさん ID:yOTY1ZGI[] 返信

      紗夜さんも行方不明て、紗夜さんを食べさせてたりとかしてないよね(汗

    • 43 名前:匿名スタッフさん ID:wNTZkOTF[] 返信

      安価は被らないように一応1個空けるようにした方がいいですかね・・・?
      気を付けます




      「じゃあご飯もってくるから・・・♪」


      「・・・・・・」


      「(おねーちゃんとかどうしてるのかなあ)」


      「(パスパレとか・・・)」


      「(ん・・・・・・・・・)」


      「!?」


      「(そういえば彩ちゃんが見てたニュース)」


      アナウンサー(また、姉の氷川紗夜も行方不明であり)


      「・・・」


      「(何かあった・・・?)」


      「(長く監禁されてた事は覚えてるけど)」


      「(昨日まで何が起きたかははっきり覚えてなかった)」


      「(何か強いトラウマがあって記憶が飛んだような気がする・・・)」


      「・・・・・・・・・」


      「日菜ちゃん♡」


      「!?」


      「ご飯、持ってきたよ?」


      「・・・うん」

    • 44 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・・・・」


      「(ごはんと、味噌汁と・・・)」


      「(肉・・・・・・?)」


      「じゃあいただきます・・・あむっ・・・もぐ・・・」


      「・・・?」


      「・・・・・・んっ♡」


      「んっ//」


      彩ちゃんは片手であたしの頭の後ろをおさえながら、口移ししてきた


      「んっんぅっ・・・♡」


      「あっんんっ・・・///」


      あたしの口の中に、彩ちゃんが口の中で噛んだごはんが入ってくる


      「んっ・・・はぁ」


      「ふふっ食べて♡」


      「・・・もぐ・・・もぐ・・・ごくっ・・・///」


      「私が噛んだものを日菜ちゃんが飲み込む時が1番嬉しいよ・・・♡」


      「もっと食べさせてあげるからね♡」


      「あむっ・・・もぐ・・・もぐ・・・♡」


      「んっ・・・♡」


      「んぅ・・・//」


      「(1回だけだったら構わないけど・・・)」


      「(彩ちゃんは何度も何度も口に入れたものをあたしに食べさせる)」


      「んっんっ・・・♡」


      「んむっ・・・・・・//もぐ・・・」


      「・・・何回見ても興奮するよ・・・♡私の愛を受け取ってる日菜ちゃん♡♡」


      「私のが日菜ちゃんの体内にいっぱい入っていくね・・・♡」


      「ごくっ・・・//」

    • 45 名前:匿名スタッフさん ID:iZTM5Nzl[] 返信

      PG15指定は免れなくなってきたな…

    • 46 名前:匿名スタッフさん ID:4NTVjZjg[] 返信

      みんなにいたずらSS読んで無いから全く状況が分からんが、紗夜さんも行方不明で精神が崩壊しちゃった……

    • 47 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「じゃあ次は大事なお肉ね・・・んっ・・・もぐ・・・♡」


      あたしはずっと彩ちゃんの口の中に入ったものを食べさせられた


      「はぁ・・・はぁ・・・//」


      「ふふっご馳走様は?」


      「・・・ご馳走様・・・//」


      「うん♡じゃあ・・・」


      「お皿、片付けてくるね♪」


      「・・・・・・」


      「・・・」


      「(3月15日より前の事があまり思い出せない・・・)」


      「(あたしは・・・)」


      「(あたしの大事な人は・・・)」


      「・・・」


      「(・・・あたしの大事な人って誰なんだろう)」


      「(彩ちゃん・・・あたしの大事な人は彩ちゃんなのかな・・・)」


      「(きっと・・・)」


      「・・・・・・」


      日菜はどこを確認する?>>48


      1 壁


      2 地面

    • 48 名前:匿名スタッフさん ID:hZDllNzF[] 返信

    • 49 名前:匿名スタッフさん ID:2MTZiMDF[] 返信

      彩ちゃんの中の人にただひたすら罵倒される夢を見た事はあります。もう散々ボロカスに言われたので軽くトラウマです笑

    • 50 名前:匿名スタッフさん ID:iZTM5Nzl[] 返信

      まさか肉って紗夜さ…ないか

    • 51 名前:匿名スタッフさん ID:1ZjY4MTk[] 返信

      カニタベルンルン回避祈願…

    • 52 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      >>51
      カニタベルンルン・・・笑




      ちなみに日菜が鬱になりすぎればバッドエンドになってしまいます
      もちろんいずれかはルート全部回収するので日菜をどうしたいかは皆さんによって変わります
      紗夜は・・・・・・・・・

    • 53 名前:匿名スタッフさん ID:iZTM5Nzl[] 返信

      最悪こころが来てくれるよ…

    • 54 名前:匿名スタッフさん ID:iMjkwODR[] 返信

      これきっと紗夜さんや。日菜ちゃんはもういないんや。
      でも認められないから……そのために外に出ないし、外に出さないんや

    • 55 名前:匿名スタッフさん ID:2MTJkMDU[] 返信

      展開がめっちゃ気になる

    • 56 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「地面・・・・・・」


      「・・・・・・・・・」


      「・・・・・・」


      「(・・・うぅ・・・血だけだね)」


      「(・・・他には何もない)」


      「・・・」


      「(あるとすれば、鉄格子で見えずらいけど彩ちゃんが書いてある日記かな)」


      「(毎日何か書いてるけど・・・内容を見たことはない)」


      「(あとは・・・綺麗に血を拭いて欲しいな)」


      「(やっぱ残ってるし・・・)」


      「(・・・そもそもこれは誰の血だったんだろう)」


      「(思い出せない・・・)」


      「(もしかしたら、誰かが助けに来たのかも)」


      「(・・・何のために?)」


      「(あたしにはもう・・・彩ちゃんしか・・・)」


      「(彩ちゃんに飼われるしか道はないから・・・)」


      「ただいま日菜ちゃん♡お皿片付けてきたよ」


      「!」


      「・・・」


      「えへへ・・・♡」


      「日菜ちゃんは今日も可愛いなあ・・・♡」


      「ふふっ・・・なでなで・・・♡」


      「・・・うぅ・・・」


      日菜はまだちゃんと心を開いていない


      「・・・どうしてまだ怯えてるの・・・・・・?」


      「・・・」


      彩はどうする?>>57
      選択肢は1つ


      1 頭を撫で続ける


      2 日菜を落ち着かせる


      3 日菜の首にキスマークをつける


      4 服を脱がす


      5 調教


      6不安にさせる

    • 57 名前:匿名スタッフさん ID:2MTZiMDF[] 返信

      4→5

    • 58 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・//」


      彩ちゃんはあたしのカラダを触る


      「・・・?」


      「日菜ちゃん・・・私さっきので我慢出来なくなっちゃった・・・//」


      「・・・?//」


      「ふふ、とりあえず・・・」


      彩ちゃんはいつものようにリードをあたしにつける


      「・・・」


      「・・・脱がしずらいから・・・とりあえず日菜ちゃんを鉄格子から出すね」


      ガチャ


      「・・・」


      服を脱がしたりする時は鉄格子から出してくれる
      もちろんリードがあるから身動きはあまり取れない・・・
      ここで抜け出そうとしても意味はない


      「はぁはぁ・・・//これで脱がしやすくなったね・・・♡」


      「・・・//」


      「バンザイして・・・♡」


      「ん・・・//」


      こんな感じで・・・彩ちゃんに服を脱がされる


      「ふふっ・・・乱暴に動かなかったのは偉いよ・・・♡前は逃げ出そうとするから何度もスタンガンを使っちゃったよ・・・♪」


      「下も脱がしたし・・・完璧だね♡」


      「・・・//」


      「さてと・・・今日はどんな調教しよっかな・・・♪」


      彩はどんな調教を日菜にする?
      >>59

    • 59 名前:匿名スタッフさん ID:zODQ4ZjI[] 返信

      全部脱がせておいてどんな調教しようか…ってどうあがいてもR18展開しか思いつかない(笑)

      (安価下でお願いします)

    • 60 名前:匿名スタッフさん ID:xMjQyODJ[] 返信

      放置プレイで不安にさせる

    • 61 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・ふふっじゃあとりあえず手も手錠で固定するね・・・」


      「ん・・・」


      「前だとあれだから・・・手を後ろにやってくれる?」


      「・・・ん」


      あたしの手は後ろで固定される


      足も固定されてるから今動かせるのは頭と、カラダをうねらせるくらいしか出来ない


      「・・・」


      「じゃあ、次は目隠しね・・・♪」


      「・・・?」


      「(何をするんだろう・・・?)」


      「・・・よしっつけた」


      「あーあ、私に全部奪われちゃったね♡」


      「目も腕も足も・・・♡」


      「・・・」


      「ふふっ・・・じゃあちょっと待っててね♪」


      「・・・」


      ドアから出た音がした


      「・・・」


      「・・・」


      「(彩ちゃんまだかな・・・)」


      「(目も見えないし・・・あたしは何されるんだろう・・・)」


      「・・・」


      「彩ちゃん・・・」


      「いないの・・・?」


      「・・・」


      胸が痛い
      彩ちゃんがいないだけで、なんだか苦しい・・・


      ホントに依存しちゃってるんだなあ、あたし


      「彩ちゃん・・・彩ちゃんいないの・・・?」


      怖い


      「彩ちゃん・・・」


      怖い怖い


      「早く・・・」


      胸がどんどん苦しくなる
      何かに襲われるような感じ


      「怖いよぉ・・・」


      「・・・はぁ・・・はぁ・・・」


      「あたし・・・彩ちゃんがいなきゃ・・・もう何もないよ・・・ぐすっ・・・」


      「彩ちゃん・・・いい子にするから・・・お仕置きもちゃんと受けるから・・・早く戻ってきて・・・」


      「うぅ・・・」


      「・・・♪」


      彩はどうする?>>62


      1 耳元で「日菜ちゃん♪」と囁く


      2 抱きしめてあげる


      3 まだいる事を教えない

    • 62 名前:匿名スタッフさん ID:zODQ4ZjI[] 返信

      3!!

    • 63 名前:匿名スタッフさん ID:wMWM5ODB[] 返信

      口枷と耳栓もつけてあげて放置

    • 64 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「彩ちゃん・・・」


      「・・・ふふっ」


      「!あ、彩ちゃん・・・よ、よかっ」


      その瞬間
      彩ちゃんから耳を塞がれる


      「!・・・」


      何も聴こえない


      「・・・あ、彩ちゃん・・・?」


      「・・・♪」


      「あやちゃ・・・んぁっ・・?」


      口の中にボールのような物が入る
      ・・・口枷・・・?


      「ふー・・・ふー・・・」


      「・・・これで全部かな・・・♡」


      「喋る事も出来ないし・・・私の声も聴けない・・・♡」


      「ふー・・・んぅ・・・」


      「はぁ、はぁ・・・♡たまらないよ日菜ちゃん・・・♡」


      「(彩ちゃんの声が聴こえない・・・彩ちゃんいるのかな・・・)」


      「(何もない・・・何も聴こえない・・・)」


      「ふー・・・ふー・・・」


      「唾液がたくさん流れちゃうね・・・♡」


      「ふふっ♡」


      「んぅ・・・・・・」


      彩ちゃんが欲しいよ・・・
      彩ちゃんがいなきゃ生きていけない


      「(彩ちゃん・・・どこにいるの・・・?)」


      「(早く・・・あたしに触れて・・・)」


      「(あたし・・・おかしくなっちゃいそう・・・)」


      「んんぅ!んぅ・・・・・・」


      「・・・もう私が欲しくなったの?可愛い・・・♡」


      「(彩ちゃん・・・彩ちゃん・・・)」


      「(助けて・・・)」


      「んぅ・・・あ・・・」


      「ふふっもう私が欲しくてたまらないって感じかな?」


      「じゃあ・・・♪」


      彩はどうする?


      選択肢は1つ>>65


      1 抱きしめてあげる


      2 頭を撫でる


      3 日菜のカラダを触る


      4 その他

    • 65 名前:匿名スタッフさん ID:lMGM1ZDZ[] 返信

      3     

    • 66 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「日菜ちゃん・・・//」


      彩ちゃんはあたしのカラダをゆっくり触る


      「んっ///」


      「(彩ちゃん・・・よかった・・・//)」


      「(なんかいつもよりカラダが敏感な気がする・・・///)」


      「ふー・・・//ふー・・・//」


      「(彩ちゃんにもっと触られたい・・・//)」


      「日菜ちゃん・・・今日も気持ちよくしてあげるね・・・♡」


      彩ちゃんはあたしの胸を優しく触る


      「んぅっ//ん・・・///」


      「ふふっ・・・じゃあ気持ちよくなろっか・・・♡」




      20分後・・・


      「ふー・・・♡ふー・・・♡」


      「気持ちよかった?♡ふふ・・・苦しいかもだから口枷外してあげるね♪」


      「ん・・・はぁ・・・はぁ・・・♡」


      「日菜ちゃん汚れちゃったね・・・お風呂入る?一緒に入ろ♡」


      「ん・・・お風呂・・・?」


      「逃げないって約束してくれるなら・・・いいよ♪」


      「・・・>>67」


      日菜は・・・


      1 うん、約束する


      2 お風呂でも気持ちよくなりたいな・・・//


      3 心配なら縛っててもいいよ


      4 彩ちゃん大好き・・・//

    • 67 名前:匿名スタッフさん ID:yNWJhODN[] 返信

      1&4

    • 68 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「うん、約束するよ・・・♪」


      「彩ちゃん大好き・・・//」


      (日菜の気持ちが変化した)


      (変化した事によって怖くて見ようとしなかった物を見る事が出来るようになりました)


      (ちなみにもう一段階変化出来ますが、日菜を怖がらせたりしすぎると下がります)


      「日菜ちゃん・・・♡」


      「よかった・・・調教が効いたのかな・・・♡」


      「・・・♪」


      「じゃあとりあえず目隠しとか・・・色々外すね」


      「うん・・・♪」


      「・・・よしっじゃあ行こっか♡」


      ガチャ


      あたしと彩ちゃんは階段を降りる


      「・・・♪」


      「(久々足を動かした気がする・・・)」


      「日菜ちゃんとお風呂嬉しいな・・・♡」


      「・・・♪」


      「・・・?」


      「!」


      あたしは驚愕した


      「・・・」


      階段を降りると


      「・・・」






      1階の壁やドア、地面が血だらけだった


      「・・・・・・」


      「・・・彩ちゃん」


      「・・・どうしたのかな?♡」


      「・・・」


      日菜は何を聞く?>>69
      ※1つしか聞けません


      1 彩ちゃんの家族は?


      2 誰を刺したの・・・?


      3 彩ちゃんの部屋の血は誰・・・?


      4 誰かがあたしを助けに来たの・・・?


      5 ううん、なんでもない

    • 69 名前:匿名スタッフさん ID:1ZjY4MTk[] 返信

      3…!!

    • 70 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「彩ちゃんの・・・・・・」


      「彩ちゃんの部屋の血は、誰・・・・・・?」


      「・・・・・・」


      「・・・・・・日菜ちゃん覚えてないんだ?」


      「まあ・・・あんなに叫んでたし」


      「覚えてないか・・・」


      「・・・・・・」


      「部屋に足、残ってたでしょ」


      「足・・・?」


      「・・・・・・見えてないの?」


      「・・・」


      「(・・・見ようとしなかった)」


      知りたくなかったから


      「・・・」


      「・・・まあ今の日菜ちゃんなら大丈夫かな」


      「日菜ちゃんが大事にしてたから毎日食べさせてたんだけどな〜♪」


      「食べさせてた・・・?」


      「・・・それも見ようとしなかったの?」


      「日菜ちゃんが毎日食べてる肉」




















      人だよ

    • 71 名前:匿名スタッフさん ID:iZTM5Nzl[] 返信

      推測当たってた(嬉しくなさすぎる…)

    • 72 名前:匿名スタッフさん ID:1ZjY4MTk[] 返信

      ひっっ……鬱になりませんように!!!!

    • 73 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・・・・え」


      人・・・?


      「人の肉を食べてたんだよ」


      「日菜ちゃんが大事にしてたから」


      「毎日」


      「毎日毎日毎日毎日」


      「あはは・・・」


      「ずっと」


      「食べさせてたんだよ・・・?」


      「・・・・・・」


      恐ろしかった
      あたしが彩ちゃんを好きじゃなかったら
      きっと耐えられない
      あたしはそれを彩ちゃんと一緒に・・・


      「・・・うっ・・・」


      吐き気はしたけど・・・耐えられた


      人・・・


      じゃあ・・・・・・


      「じゃあ・・・結局誰の血なの・・・」


      「誰をあたしは食べていたの・・・?」


      「・・・・・・本当に知りたいの?」


      「日菜ちゃん覚えてないなら・・・聞かない方がいいと思うけど」


      「きっと・・・感情を失う」


      「・・・・・・」


      「・・・」




      >>75


      1それでも聞く(バッドエンド)


      2聞かない


      日菜の彩への愛が足りないため、バッドエンドになる
      バッドエンドになった場合、聞く前に時間が戻る

    • 74 名前:匿名スタッフさん ID:iZTM5Nzl[] 返信

      ここは2

    • 75 名前:匿名スタッフさん ID:mYmFiYWI[] 返信

      バットエンドから回収したいから1…!

    • 76 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      ※激鬱注意※




      「はぁ・・・・・・」


      「日菜ちゃんとお風呂入る前だったのに・・・」


      「・・・教えて」


      「・・・」


      「・・・じゃあ教えてあげる」


      「2人・・・毎日2人をそれぞれ入れ替わりで食べさせてたんだよ」


      「2人・・・・・・・・・・・・!?」


      「まだ分からない?」


      「あの時助けに来た2人だよ」


      「・・・1人は日菜ちゃんと血の繋がった人」




      「もう1人は日菜ちゃんに近かった人」


      「・・・・・・・・・・・・・・・あ・・・・・・・・・ああ・・・」


      「ああ・・・・・・・・・・・・」


      「・・・思い出した?3月14日のあの日を」


      「・・・あああ・・・ああ・・・・・・・・・」


      「うわああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」


      思い出した


      全部


      あの日の事

    • 77 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      3月14日 土曜日


      彩ちゃんに監禁されてから時が経ったあの日


      「早く出して・・・早く出してよ・・・」


      「帰りたい・・・あの時みたいに戻りたい」


      「みんな・・・お母さん・・・おねーちゃん・・・」


      ガチャ


      「日菜!!」


      「!」


      「おねーちゃん!!」


      「よかった・・・ぐすっ・・・やっと見つけた・・・」


      「・・・逃げて」


      「・・・どうしてよ・・・やっとあなたを見つけたのよ」


      「早く逃げて!!!!!」


      「何言ってるの!!あなたがいなきゃみんな悲しむのよ・・・!」


      「羽沢さんももうすぐ来るから、安心して・・・」


      「彩ちゃんが来る・・・・・・彩ちゃんが来るから・・・!!」


      「早く!!!!」


      「・・・丸山さんはあなたを閉じ込めていた」




      「許せない・・・でも今はいなかった」


      「ドアも開いていて、中は血だらけで・・・」


      「あなたがいないんじゃないかと心配になったの・・・ぐすっ・・・・・・」


      「おねーちゃん・・・・・・!」


      「・・・あ・・・ああ・・・逃げて・・・・・・」


      「・・・・・・・・・?」


      ビリビリッ!


      「うっ!」


      「あ、ああ・・・・・・・・・・・・」










      「やっと捕まえた♪」


      「つぐみちゃんで手こずっちゃって」


      「・・・」


      「もう無理かと思っちゃった・・・♪」


      「あああ・・・・・・ああ・・・・・・おねーちゃんを逃がしてあげて・・・・・・」


      「つぐちゃんとおねーちゃんを・・・逃がしてあげて・・・・・・・・・」




      「・・・・・・・・・」










      「・・・何で?」

    • 78 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「2人は関係ない・・・・・・」


      「・・・・・・」


      「命は・・・命だけは・・・・・・」


      「わかった」


      「彩ちゃん・・・!」


      「命は助ける」


      「でも」


      「・・・・・・・・・カラダはもらう」


      「は・・・・・・・・・」


      「日菜ちゃんにはもう会わせない」


      「だめ・・・しんじゃうよ・・・」


      「・・・・・・・・・2人がこうなっちゃうのは」


      「日菜ちゃんが悪いよ」


      「全部」


      「日菜ちゃんが悪い」


      「選択肢を間違えたんだよ」


      「私をずっと愛してればこんな事にはならなかったんだよ」


      「・・・ごめん・・・あたしなら何されてもいいから・・・・・・・・・」


      「・・・・・・」


      「お願い・・・・・・・・・2人だけは・・・・・・」


      「・・・・・・・・・見ててよ」


      「今から2人とも」


      「うわあ・・・・・・」


      「日菜ちゃんのせいで」


      「・・・ごめんね・・・紗夜ちゃん・・・つぐみちゃん・・・」








      「さよなら」






      「うわああああああああああああああああああああああああああ!!!」




      ーーーーーーーーーーーーーー


      「・・・・・・・・・・・・・・・」


      「・・・全部思い出した?」


      「・・・・・・・・・・・・・・・」


      「日菜ちゃん?」


      「・・・・・・・・・・・・・・・」


      「そうだよね・・・辛いよね」


      「大丈夫」


      「私がいるから・・・・・・♡」


      「・・・・・・・・・・・・」


      「これからも2人はずっと」


      「一緒だよ・・・♡」


      「誰にも」


      「邪魔されないから・・・♡」


      「・・・・・・・・・・・・・・・」


      あたしは感情を失った
      聞かなくてよかった
      思い出さなくてよかった
      こんな事


      「・・・・・・・・・・・・」


      「日菜ちゃん・・・お風呂場まで連れてってあげる♡」


      「・・・・・・・・・・・・」








      END 1 知らなくていい事

    • 79 名前:匿名スタッフさん ID:0YmJjNDh[] 返信

      日菜ちゃん…

    • 80 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      このエンディングは自分が考えた中で1番辛いエンディングです


      ごめんなさい・・・色々と表現は出さないようにしました・・・


      一応全員生存ルートはエンディングを色々回収した後に考えてるんでお願いします


      本当にごめんなさい・・・

    • 81 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      分岐ルートに戻ります


      「・・・よしっじゃあ行こっか♡」


      ガチャ


      あたしと彩ちゃんは階段を降りる


      「・・・♪」


      「日菜ちゃんとお風呂嬉しいな・・・♡」


      「・・・♪」


      「・・・?」


      「!」


      あたしは驚愕した


      「・・・」


      階段を降りると


      「・・・」


      1階の壁やドア、地面が血だらけだった


      「・・・・・・」


      「・・・彩ちゃん」


      「・・・どうしたのかな?♡」


      「・・・」


      日菜は何を聞く?>>82
      ※1つしか聞けません


      1 彩ちゃんの家族は?


      2 誰を刺したの・・・?


      3誰かがあたしを助けに来たの・・・?


      4ううん、なんでもない

    • 82 名前:匿名スタッフさん ID:iZjc3OGU[] 返信

      バンドリの鬱系SSってなかなかないんで、新鮮で私は好きですよ!
      他のルートも楽しみにしてます〜

    • 83 名前:匿名スタッフさん ID:iZjc3OGU[] 返信

      あ、ごめんなさい。安価下で…

    • 84 名前:匿名スタッフさん ID:iNGJhOGN[] 返信

      4でいきましょう。

    • 85 名前:匿名スタッフさん ID:1ZjY4MTk[] 返信

      安全第一…!!

    • 86 名前:匿名スタッフさん ID:yZDliNjQ[] 返信

      いや、無難な選択肢は罠の可能性が…。

    • 87 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      >>82
      安価被っちゃってごめんなさい!
      ありがとうございます!嬉しいです!
      他ルートも色々考えてるのでお楽しみに・・・!

    • 88 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「ううん、何でもない」


      「え」


      「何でもない・・・・・・?」


      「何を考えてたか知りたいな・・・♡」


      「ううん、大丈夫♪彩ちゃん行こ♪」


      「・・・・・・・・・・・・・・・」


      「・・・・・・・・・」








      「そっか」


      「じゃあお風呂行こっか♡」


      「うん♪えへへ・・・・・・」


      「・・・」


      知らなくていい事だと思った
      でもきっと
      1階の血は・・・・・・






      「お風呂場に着いたよ♡じゃあ・・・」


      「・・・♪」


      「日菜ちゃん、今は手を動かせるんだよ?」


      「・・・♪」


      日菜はどうする?>>89


      1 彩ちゃん、脱がして・・・//


      2 うん、脱ぐね


      3 動かさなくても彩ちゃんがいるから・・・//

    • 89 名前:匿名スタッフさん ID:0YmJjNDh[] 返信

      3かな

    • 90 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「動かさなくても彩ちゃんがいるから・・・//」


      「ふふっ♡もう、日菜ちゃんは私がいないと何も出来なくなっちゃってるね・・・♡」


      「すごく嬉しいよ・・・♡」


      「・・・//」


      「じゃあ脱がすよ・・・♡」


      「うん・・・♪」




      そして・・・




      「よし、入ろっ♡」


      「・・・♪」


      彩ちゃんは風呂のドアを開ける


      「浸かる前に・・・日菜ちゃんはシャワー浴びてシャンプーしよ♡」


      「うん・・・♪」


      彩ちゃんがあたたかいシャワーをかけてくれてる、気持ちいい・・・
      久々のお風呂・・・♪


      「んっ・・・♪」


      「ふふっ・・・」


      「シャンプーは・・・どうする?」


      「彩ちゃん・・・♪」


      「・・・仕方ないなあ・・・♡」


      濡れた髪に彩ちゃんはシャンプーをかけてくれて、頭をゆっくりとほぐされる


      「んぅっ・・・♪」


      「気持ちいい?」


      「うん・・・♪」


      彩ちゃん優しい・・・♪
      好き・・・//


      「・・・♪」


      「ふふっ流すよ・・・?」


      「うん・・・♪」


      シャワー気持ちいい・・・


      「 ん・・・♪」


      「可愛い・・・♡」


      「・・・じゃあカラダはどうする?自分で出来る・・・?♡」


      「・・・♪」


      日菜は何と言う?>>91


      1 やだ、彩ちゃんがいい・・・♡


      2 うん、自分でするよ


      3 カラダも彩ちゃんに洗って欲しいな・・・//


      4 あたしのカラダは彩ちゃんのものだから・・・♡

    • 91 名前:匿名スタッフさん ID:xMWU5Yjg[] 返信

      シンプルに1

      嫌いではないがころころする、されるのは読んでてさすがにキツイな…
      書いてる方もキツイかもですが読む方も頑張って付き合います!

    • 92 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      >>91
      ありがとうございます・・・!
      そうですね色々考えましたがそういう表現は控えようと思います
      助け・・・の流れも考えていましたが
      二人を中心的に書こうと思います

    • 93 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「やだ、彩ちゃんがいい・・・♡」


      「ふふっ日菜ちゃん甘えん坊だね・・・♡」


      「うん、じゃあカラダも洗ってあげる♡」


      「うん・・・♡」


      「日菜ちゃん・・・♡」


      腕や、脇・・・肩もじっくりと触りながらボディソープをつけられる


      「・・・んっ//」


      「ふふっここもちゃんと洗わなきゃだから♡」


      「彩ちゃ・・・んぅ//」


      「ちょっと触るだけだから我慢して・・・♡」


      「うん・・・あっ・・・//」


      「触られるだけで気持ちよくなってる日菜ちゃん可愛い・・・♡」


      「ほら、こっちも・・・♡」


      「ふぁ・・・//んっ・・・//」


      彩ちゃんにカラダをいっぱい触られながらも、あたしのカラダは綺麗に洗われる


      「流したから・・・お風呂に浸かろっか・・・♡」


      「うん・・・♪」


      ・・・あったかい・・・気持ちいい・・・♪


      「2人で入れるなんて嬉しいな・・・♡」


      「・・・♪」


      日菜はどうする?>>94


      1 彩ちゃんに抱きつく


      2 抱きついてキス


      3 彩ちゃんのカラダを触る


      4 ディープキス

    • 94 名前:匿名スタッフさん ID:2NjJjMWI[] 返信

      3
      たまにはやり返す

    • 95 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「彩ちゃん・・・//」


      あたしは彩ちゃんのカラダを触る


      「ん、日菜ちゃん・・・♡」


      「もしかして日菜ちゃんからシたいの・・・?♡」


      「うん・・・♪」


      「いつもされてばかりだったから・・・♪」


      「あたしが彩ちゃんを気持ちよくしてあげたいな・・・♪」


      「・・・えへへ♡」


      「いいよ、日菜ちゃんの好きにして・・・♡」


      「彩ちゃん・・・!」


      「んっ・・・♡」


      事後・・・




      「日菜ちゃん・・・♡」


      「彩ちゃん・・・大好き・・・♡」


      「あたしは彩ちゃんが全てだから・・・♪」


      「これからもあたしを愛して・・・♡」


      「うん・・・♡ずっと一緒だよ日菜ちゃん・・・♡」


      「・・・長く入っちゃったね、私も髪洗うから先上がっててもいいよ?♡」


      「ううん」


      「今度はあたしがしてあげる・・・♪」


      「じゃあ・・・お願いしようかな・・・♡」




      ーーーーーーーーーーーーー


      風呂から上がり、髪を乾かして・・・


      いつものように部屋に戻る


      「じゃあ・・・今日は寝るまでは足と手に手錠と、首輪だけでいいよ・・・♡」


      「うん・・・♪」


      全てつけられた後・・・・・・


      「今日は日菜ちゃんいい子だったから・・・♡」


      「ご褒美あげるね・・・何がいいかな?♡」




      「・・・♪」


      日菜は何をお願いする?>>96


      1 頭なでなでして・・・♪


      2 抱きしめて・・・♪


      3今日は一緒に寝たい・・・♪


      4彩ちゃんに調教されたい・・・♡


      5ご褒美なんていらないよ・・・♡彩ちゃんがいるから・・・♡

    • 96 名前:匿名スタッフさん ID:lY2MwYzY[] 返信

      4!

    • 97 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「彩ちゃんに調教されたい・・・♡」


      「!・・・♡」


      「日菜ちゃんから行ってくるなんて・・・♡」


      「ふふ、日菜ちゃんお願いする時はちゃんと言わなきゃ・・・♡」


      「・・・♪」


      「お願いします・・・♡あたしにいっぱい調教して彩ちゃんのものにしてください・・・♡」


      「日菜ちゃん・・・!♡」


      「毎日日菜ちゃんに色々してきてよかった・・・♡」


      「じゃあ・・・調教してあげるね♡」


      「・・・♪」


      「じゃあ・・・♡」


      日菜にどんな調教をする?>>98

    • 98 名前:匿名スタッフさん ID:lMGM1ZDZ[] 返信

      椅子に縛って、彩ちゃんに心も体も染められちゃった的な動画を撮る

    • 99 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「じゃあ今日は動画撮ろっか・・・♡」


      「動画・・・?」


      「うん、私動画撮るの好きだから♡」


      「前にも日菜ちゃんに撮った事あるよね?」


      「(監禁されて少ししか経ってない時かな・・・あの時は服を脱がされて痣が大量に出来たんだよね)」


      「(今は嬉しいけど・・・♪)」


      「(動画・・・)」


      そういえばあたしケータイどこにやったっけ・・・
      ケータイがあれば誰かに連絡とか出来たかも・・・


      「(まあ抜け出すなんて考えてないけどね・・・♪)」


      「とりあえず椅子に座ってもらうね・・・♡」


      「うん・・・♪」


      あたしのカラダはイスに縛られる


      「んっ・・・//」


      「ふふっ今日で日菜ちゃんも完全に私のものになっちゃうのかな・・・♡」


      「はぁはぁ・・・♡どうしよう・・・嬉しすぎるよ・・・♡」


      「・・・//」


      「今は足と手に手錠と・・・首輪をつけてるから・・・♡」


      彩はどう調教する?>>100


      1 目隠しをつけて犬にする


      2 口枷と目隠しをつけて日菜の耳や首を舐める


      3 媚薬を注射して口枷と目隠し、耳栓をつけて放置


      4 その他

    • 100 名前:匿名スタッフさん ID:lMzNkZTY[] 返信

      3&1

    • 101 名前:匿名スタッフさん ID:5NjJiNWQ[] 返信

      墜ちたな…

    • 102 名前:匿名スタッフさん ID:iZTM5Nzl[] 返信

      2+日菜にも自分を舐めさせる

    • 103 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・日菜ちゃん今日からもう快楽しか考えられなくなって・・・ふふっ♡」


      「えっ・・・///」


      彩ちゃんがもってるのは・・・注射?


      「そ、それって・・・」


      「ふふっ・・・」


      彩ちゃんはあたしに注射をゆっくり刺す


      「んっ・・・ちょっと痛い・・・」


      「大丈夫だよ・・・」


      「すぐに気持ちよくなるから・・・♡」


      「・・・?//」


      カラダが熱い・・・


      「彩ちゃん・・・これ・・・///」


      「媚薬だよ、日菜ちゃん・・・♡」


      「媚薬・・・?//」


      やばっ・・・頭がぼーっとして・・・♡


      「日菜ちゃん、目隠しするね・・・♡」


      「んぅ・・・//」


      あたしは目が見えなくなる


      「あやちゃ・・・んっ//」


      「日菜ちゃん、ちょっと触れただけでも気持ちいいんだね♡」


      「はぁ・・・はぁ・・・//」


      「何か・・・危険な気がする・・・♡」

    • 104 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「彩ちゃん・・・//」


      「じゃあ次は口枷を・・・」


      「あ、彩ちゃん待って・・・♡」


      「あたし、下が・・・もう・・・//」


      「ふふっ・・・まだダメだよ」


      「じゃあ口枷つけようねー」


      「んぁっ・・・♡んっ・・・」


      彩ちゃんに口枷をつけられて喋れなくなる


      「日菜ちゃんまだ堕ちちゃダメだからね♡意識ある?」


      「ふー・・・//ふー・・・//」


      「ふふっもうやばい感じかな・・・♡」


      「さすがに可哀想だから耳栓はやめてあげよっかなー?♡」


      「日菜ちゃん、どんくらいやばいか教えてよ♡」


      「んぅぅ・・・♡」


      「ふふっ我慢出来ないの?でもまだしてあげないから・・・♡」


      「(やばい・・・♡彩ちゃんの声だけで気持ちいい・・・♡)」

    • 105 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「日菜ちゃーん・・・♡」


      「んっ♡」


      彩ちゃんに頬を撫でられるだけで・・・


      「んぅう・・・♡」


      「ふふっ日菜ちゃん口枷から唾液がいっぱい出てるよ・・・♡」


      「そんなに気持ちよくなりたいの・・・?」


      「ふー・・・♡ふー・・・♡」


      あたしは頑張って頷く


      「そっか・・・ふふっにしてもホント唾液たくさんだね・・・ぺろっ」


      「んっ日菜ちゃんの味がするっ♡」


      「はぁ・・・♡じゃあ1回口枷外してあげる」




      「んっ・・・はぁ・・・♡はぁ・・・♡」


      「彩ちゃん早くっあたしもうダメだからっ♡もう限界だから♡」


      「ふふっ日菜ちゃんゆっくり楽しまないと・・・♡」


      「んっ・・・」


      「んぅっ♡ん・・・♡」


      「んぁっ♡ん・・・//はぁ、はぁ・・・彩ちゃん・・・♡」


      「もうホントに限界?」


      「うんっ♡早く・・・彩ちゃんが欲しいぃ♡」


      「・・・♡」


      「本当は放置して見ていたかったけど・・・」


      「いいよ・・・してあげる・・・♡」


      「彩ちゃん♡」




      あたしはその日の事をあんまり覚えていない




      (日菜は完全に堕ちてしまった)

    • 106 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      3月17日 3日目




      「ん・・・」


      昨日・・・昨日は・・・


      「・・・//」


      「・・・♡」


      彩ちゃん大好き・・・♡


      「・・・♡」


      (日菜の彩への気持ちが最大になった)


      「・・・?」


      彩ちゃんがいない・・・?


      「彩ちゃん・・・?」


      あたしはいつもみたいに彩ちゃんの牢屋にいるけど


      何か異変があるとすれば・・・


      「・・・」


      日菜はどこを見る?
      >>107


      1 壁


      2 牢屋


      3 ドア

    • 107 名前:匿名スタッフさん ID:4NTVjZjg[] 返信

      2で

    • 108 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「牢屋・・・」


      「牢屋が開いてる・・・?」


      「カラダも自由だし、動けるけど・・・」


      「でも・・・」


      「・・・♡」


      日菜はどうする?>>109


      1 牢屋から出てみる


      2 何もしなかったら彩ちゃんに褒められるかも・・・♡


      3 彩ちゃん早く帰ってきて・・・♡

    • 109 名前:匿名スタッフさん ID:hZDllNzF[] 返信

    • 110 名前:匿名スタッフさん ID:lMGM1ZDZ[] 返信

      こういうRPGゲームありそう

    • 111 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「何もしなかったら彩ちゃんに褒められるかも・・・♡」


      「彩ちゃん・・・♡」


      「早く彩ちゃんに触られたい・・・♡」


      「・・・♡」


      「・・・?」


      日菜は他に何を確認する?
      >>112


      1 壁


      2 ドア


      3 昨日見た一階の血の文字

    • 112 名前:匿名スタッフさん ID:mYmFiYWI[] 返信

      3かな?

    • 113 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「昨日見た一階の血の文字・・・」


      「・・・彩ちゃん・・・」


      彩ちゃんは苦しい時、文字に書いたりする


      あたしは知ってる・・・苦しい時は何度も同じ言葉を書く


      「昨日・・・風呂に入る前・・・リビングの壁に・・・」


      大量に血の文字でこう書いてあった








      お父さんお母さん、ごめんなさい










      ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
      ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
      ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
      ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
      ごめんなさいごめんなさいごめんなさい




      戻ってきて






      「・・・」


      「(彩ちゃんには妹もいるはずだけど・・・お父さんとお母さんについてしか書いていなかった)」


      「(・・・何かひっかかる)」




      「(・・・でもあたしにはもうわかんない)」






      誰がいて、誰がいないのか


      「・・・」


      「彩ちゃんがそれを苦しいと思ってるなら大丈夫」




      「彩ちゃんにはあたしがいるよ・・・♡」


      「ふふ・・・♡」


      「だーいすき・・・♡」

    • 114 名前:匿名スタッフさん ID:xMjQyODJ[] 返信

      いい感じに怖い

    • 115 名前:匿名スタッフさん ID:hZDllNzF[] 返信

      この調子で日菜ちゃんが動いてもbadendっぽいんだよなぁ

    • 116 名前:匿名スタッフさん ID:lY2MwYzY[] 返信

      最初から彩ちゃんが壊れててたパターンだと思ったけど、もしかしたら後天的に壊れて日菜に依存するしか無くなったパターンもありえてきたか
      …まあ邪魔な両親を、と言うパターンもなくは無いが

    • 117 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「彩ちゃん・・・彩ちゃん・・・♡」


      「・・・」


      「!」


      「・・・♡」


      「ふふっ日菜ちゃん偉いね・・・♪」


      「鍵あいてたのに・・・ちゃんと動かなかったんだね?」


      「・・・♡」


      「実は日菜ちゃんを試してて・・・♡」


      「・・・?」


      「もしここから出て外に出ようとしたら」


      「日菜ちゃんは私に嘘の愛をいままで演じてたんだなって思ったけど」


      「ちゃんとこなかった・・・♡私嬉しくて・・・♡」


      「日菜ちゃん・・・♡」


      「大好き・・・♡愛してる・・・♡」


      「・・・//」


      あたしも愛してる・・・♡


      「あっ日菜ちゃんお腹すいてるよね・・・」


      「ご飯持ってくるよ♡」


      「・・・♡」


      彩ちゃんは階段をおりて作っていたご飯を取りにいった


      「・・・」


      「(偽りの愛なんてあたしが演じる訳ない)」


      「(本気であたしは彩ちゃんを愛してるのに・・・♡)」


      「(・・・なんであんな事思っちゃうのかな)」


      「(あたしの愛、彩ちゃんに届いてないのかな・・・)」


      「・・・でも、彩ちゃんに褒められた・・・♡」


      「ふふっ・・・彩ちゃん好き好き好き・・・♡」


      「愛してる・・・愛してる愛してる愛してる・・・♡」


      「彩ちゃん・・・♡」


      ガチャ


      「!」


      「・・・♡」


      「はいっ持ってきたよ♡」


      「今日はいつものお肉と」


      「ごはんと」


      「目玉焼き♡」


      「・・・♡」


      「ふふっ今日は箸もちゃんとあるから自分でたべていいよ♡」


      「・・・♡」


      日菜は何といった?>>118


      1 やだ、彩ちゃんが噛んだやつじゃないと食べれない・・・♡


      2 箸なんていらない、彩ちゃんいつもみたいに口移ししよ・・・?♡


      3 彩ちゃん大好き大好き大好き・・・♡

    • 118 名前:匿名スタッフさん ID:4NDUwYTk[] 返信

      超こええ…すき…
      1で…!

    • 119 名前:匿名スタッフさん ID:xMWU5Yjg[] 返信

      こっちはこっちでヤバい雰囲気…
      楽しみにしてます!
      無理のない範囲でがんばってください!

    • 120 名前:匿名スタッフさん ID:lMGM1ZDZ[] 返信

      一応ハッピーエンドに近付いてるのかな?

    • 121 名前:匿名スタッフさん ID:kOGM0YzB[] 返信

      監禁はハッピーエンドなのか?
      脱出がハッピーエンドなのか?
      もう何がハッピーエンドなのかわからかなってきたが楽しみにしてます

    • 122 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      これ見てたら公式であやひなが絡んでる度に変な想像してしまうようになったのワイだけ?www

    • 123 名前:匿名スタッフさん ID:4NDUwYTk[] 返信

      >>122
      わかる…めっちゃわかる…

    • 124 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      たくさんコメントありがとうございます!
      少しだけですが返させていただきたいと思います


      >>118
      >>119
      ありがとうございます!
      こっちはぼちぼちと進めていきたいと思います
      >>120
      >>121


      ハッピーエンドですか・・・


      この状態が続けばハッピーエンドには近付いているかも?


      確かに考え方によっては完璧なハッピーエンドは存在しないかもしれません(トュルーエンドはエンディングをほぼ回収した時に見せようと考えています)
      色んなエンドは考えてあるので楽しんでもらえると嬉しいです

    • 125 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      >>122
      >>123
      自分にとってはすごく嬉しいです・・・笑
      これを想像しながら公式や他のSSを見ると人によっては凄く癒しになるのかもしれませんね・・・笑


      ひなあや尊いです






      この物語、監禁最終日がいつなのか考えるのも面白いかもしれません
      まあ大体想像はついちゃいますよね・・・

    • 126 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「やだ、彩ちゃんが噛んだやつじゃないと食べれない・・・♡」


      「ひ、日菜ちゃん・・・♡」


      「もう、わがままだね・・・♡」


      「いいよ、私が噛んで食べさせてあげる」


      「じゃあ・・・いただきます・・・あむっ」


      「もぐ・・・もぐ・・・ふぁい・・・♡ひなひゃん来て・・・♡」


      「彩ちゃん・・・!♡」


      「んっ・・・」


      「んぅっ♡ん・・・♡んんっ♡」


      彩ちゃんの口からあたしの口へと・・・食べ物が運ばれる


      「んぅ・・・♡もぐ・・・もぐ・・・ごっくん♡」


      あぁ・・・彩ちゃんが噛んだ食べ物があたしのカラダの中に入っていく・・・♡


      嬉しい・・・♡


      「はぁ・・・♡彩ちゃんもっと欲しい♡」


      「うん♡すぐあげるから・・・♡」


      あたしは彩ちゃんが噛んだ物しか喉を通らなくなった


      食べ終わった後・・・


      「はぁ・・・♡彩ちゃんごちそーさま・・・♡」


      「う、うん・・・♡」


      「日菜ちゃん全部私が噛んだ物しか食べないからびっくりしちゃったよ・・・♡」


      「彩ちゃんが悪いんだよ・・・♡あたしもうそれ以外食べれなくなっちゃったんだから・・・♡」


      「えへへ・・・嬉しいな・・・♡」


      「・・・♡」


      彩ちゃんってどんな味がするんだろう・・・


      「・・・♡」


      「(ふふっなーんてね・・・♡)」


      ーーーーーーーーーーーー


      そろそろお昼?だけど彩ちゃんは出掛けてるみたい


      「・・・」


      日菜はどこを確認する?>>127


      1 壁


      2自分


      3透明な袋に入ってる足


      4 ケータイ

    • 127 名前:匿名スタッフさん ID:kZTc4MWI[] 返信

      4

    • 128 名前:匿名スタッフさん ID:5ZDM2N2V[] 返信

      ヒェェッ
      カニタベルンルン…

    • 129 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「ケータイ・・・」


      ちゃんと見てなかったけど彩ちゃんの部屋にあたしのケータイがあった・・・


      「逃げ出すつもりは絶対にないけど、内容は気になる・・・」


      あたしは手と足に手錠はつけられてるけど、今日はまだ牢屋に入れられていない


      彩ちゃんがあたしを信用してくれてるって事だね・・・♡


      嬉しいよ彩ちゃん・・・♡


      でももっとあたしは彩ちゃんに縛られたい・・・


      カラダも、心も・・・♡


      「・・・彩ちゃん・・・♡」


      「・・・とりあえずケータイを確認してみよう」


      「・・・」


      「・・・」


      「・・・?」


      「気になるけど、1人だけ見ようかな・・・」


      日菜は誰のLINEを既読する?>>130


      1 紗夜


      2 つぐみ


      3 千聖

    • 130 名前:匿名スタッフさん ID:xMWU5Yjg[] 返信

      やはりおねーちゃんでしょ

      てことで1

    • 131 名前:匿名スタッフさん ID:2MTZiMDF[] 返信

      3でお願いします

    • 132 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      3がいいです

    • 133 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「おねーちゃんから見よっか・・・」


      3月10日


      (どうしてずっと帰ってこないの・・・?)


      (お母さんもお父さんも心配してるわ)


      (早く帰ってきてちょうだい)


      「・・・」


      3月11日


      (あなたにもう苦しい思いはさせたくない)


      (あなたがもし誰かに拐われて監禁されているなら)


      (脱出する方法はきっとあるはず)


      (もし出来なくても)


      (探し出してみせるわ)


      (それまで)


      (絶対に生きていなさい)


      「・・・」


      3月14日


      (あなたの居場所はわかったわ)


      (きっと・・・あなたは)


      (あの家に監禁されている)


      (あなたを失うなんてもう考えられない)


      (絶対に生きていて)


      (お願い)


      (あなたの笑った顔を)


      (あなたが元気な姿を)


      (もう一度目の前で見せて)


      (日菜・・・)


      「・・・」


      LINEはここで途切れていると思った


      「・・・!」


      3月16日に、おねーちゃんからのLINEがある


      「・・・」


      何故かわからないけど、あたしはそれに違和感があった


      物凄い違和感が・・・


      「・・・あたしの記憶」


      「・・・何か間違ってるかも」


      3月14日・・・そこの記憶がおかしくなってる気がする


      「どうして・・・何で覚えてないんだろう」

    • 134 名前:匿名スタッフさん ID:iZjc3OGU[] 返信

      紗夜さん…

    • 135 名前:匿名スタッフさん ID:0M2Q5M2N[] 返信

      飽きるくらい全部君が欲しいよ(丸山→日菜ちゃん)
      ハートは涙でいっぱい(日菜ちゃんの心はボロボロ)
      恋のいろはとかまだわかってないんだ(丸山の愛が暴走)
      何度も繰り返すけど(日菜ちゃんに関わる人を次々と…)
      寸前でまた次回へ(思い付かなかった)
      sweetな乙女心はあいにく取り扱ってないのです(sweetじゃないもんな…)

      「彩ちゃん上手くなったね!」
      「わーっ、日菜ちゃんに褒められちゃった!」
      ↑この掛け合いむりこわい…完全に丸山に堕ちてしまった日菜ちゃんに丸山が褒めるように強要してるのが浮かんだ…

    • 136 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      >>135
      寸前でまた次回へ(日菜ちゃんが助かると思った瞬間に・・・)


      ですかね?適当ですけど・・・


      日菜ちゃんと彩ちゃんの掛け合い可愛いですよね!
      でもこのスレを見たら何か別の感情があるかも・・・?


      なんだかんだ闇を抱えていたら1番怖いのは彩ちゃんだと思います

    • 137 名前:匿名スタッフさん ID:0M2Q5M2N[] 返信

      >>136
      なるほど…!!さすが主さんだ…
      ひなあやちゃんかわよで好きだったんですけどトラウマなりかけですよ…なんてことしてくれんですかありがとうございます…怖くてチビりそうになるけど怖いもの見たさでついつい覗いてしまう…
      ハピエン求むお…

    • 138 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      >>137
      ひなあやいいですよね・・・!
      申し訳ないのですが怖いのはちょっと続くかもしれません・・・
      ハッピーエンドは安価次第ですかね・・・笑

    • 139 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      おかしい・・・


      「なんでかわからないけど・・・」


      「そんな気がする・・・」


      まあ今のあたしには・・・


      彩ちゃんがいればいい


      むしろ


      彩ちゃん以外の事なんてもう


      「・・・考えられない・・・♡」


      「彩ちゃん・・・好き・・・♡」


      「早く彩ちゃんに触れられたい・・・」


      「彩ちゃんの匂い・・・体温・・・全部」


      「好き・・・♡」


      「彩ちゃんの心臓の音を聴きたい・・・♡」


      彩ちゃんが生きてる
      それだけであたしは・・・♡


      「・・・♡」


      「・・・彩ちゃん以外いらない」


      「邪魔」


      「むしろ彩ちゃんに近寄らないで欲しい・・・」


      「彩ちゃんはあたしだけを考えていて欲しい・・・♡」


      「彩ちゃん・・・♡」


      「はぁ、はぁ・・・♡」


      「我慢出来なくなってきたかも・・・♡」


      「彩ちゃん早く・・・♡」


      「・・・♡」


      日菜は他にどこを確認する?>>140


      1 壁


      2 自分


      3 透明な袋に入っている足

    • 140 名前:匿名スタッフさん ID:iZjQ0ZDE[] 返信

      やはりここは3…!

    • 141 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・」


      「袋の中に入ってる足・・・」


      どうして足だけなのかわからないけど・・・


      「・・・」


      あたしの身近な誰かを・・・切ったやつなのかな


      「・・・」


      「・・・?」


      「あ・・・?」


      何か思い出しそう・・・


      「・・・」


      「・・・もしかしたら」




      この足は高校生じゃない


      「・・・なんとなくだけど・・・」






      多分この足は








      大人の足だ


      「・・・?」


      「袋に紙が貼ってある」


      「・・・!」


      袋にはこう書いてあった




















      私のお母さん

    • 142 名前:匿名スタッフさん ID:5ZDkwMDQ[] 返信

      ギャァ(断末魔の叫び)

    • 143 名前:匿名スタッフさん ID:iZjQ0ZDE[] 返信

      うわおシリアス!!作者さまの好きなようにして頂ければと思うのですが、わたし的にはアレな感じよりもグロ系の方が好きなのでそちらよりの方うれしいのでこの展開はアツいです

    • 144 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      ハピシュガっぽくなってきたなwww面白い

    • 145 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「彩ちゃん・・・」


      「足だけ大事に持ってるのはなんでだろう・・・」


      それじゃあ他のカラダは・・・?


      「・・・」


      「考えても仕方ないや」


      日菜はどうする?>>146


      1 一階に行ってみる


      2 動かないで彩ちゃんを待つ

    • 146 名前:匿名スタッフさん ID:lY2MwYzY[] 返信

      1 ちょっと、猫◯して来るわ

    • 147 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・1階に行ってみよう」


      なんか行かなきゃいけない気がする


      「・・・歩きずらい」


      あたしは手錠がついていながらも頑張って階段を下りる


      「・・・なんか聴こえる」




      うぅ・・・ぐすっ・・・


      「・・・」




      ぐすっ・・・ごめんなさい・・・


      「・・・?」




      ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・




      「・・・もしかして」


      あたしは台所をみる


      「・・・!」


      「ぐすっ・・・もぐ・・・もぐ・・・」


      彩ちゃんが泣きながら








      肉を食べていた

    • 148 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信



      「・・・」


      「ぐすっ・・・」


      「・・・」


      日菜は何と声をかける?>>149


      1声をかけず後ろから抱きしめてあげる


      2一緒に食べてあげる


      3いままで死体はそうやって処理して来たの?

    • 149 名前:匿名スタッフさん ID:kYTgyODR[] 返信

      1、無難にいこう

    • 150 名前:匿名スタッフさん ID:kYTgyODR[] 返信

      1、無難にいこう

    • 151 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・彩ちゃん♡」


      あたしは彩ちゃんをぎゅっと抱きしめる
      優しく、包むように


      「・・・日菜ちゃん・・・」


      「どうして・・・」


      「彩ちゃんが心配になったから・・・」


      「彩ちゃんってあたしにご飯を与えてるけど」


      「普段は何を食べてたのかなって・・・」


      「もしかして今」


      「あのお母さんの死体を・・・」


      「・・・ぐすっ・・・」


      「苦い・・・すごく苦いの・・・」


      「全然喉を通らない・・・」


      「全部私のせい・・・」


      「私が・・・私がみんなを」


      「・・・」


      「・・・そうやって食べるから苦いんだよ」


      「え・・・?」


      あたしは彩ちゃんが持っていた肉を口の中にいれる


      「もぐ・・・もぐ・・・」


      確かに苦い・・・


      「んっ・・・」


      噛んだものを彩ちゃんに口移しする


      「んぅっ・・・//」


      「んっ・・・んんっ・・・」


      「んぁ・・・もぐ・・・もぐ・・・ごっくん・・・//」


      「はぁ、日菜ちゃん・・・?//」


      「はぁ、ふふっ♪」


      「こうやって食べれば甘いよ♪」


      「日菜ちゃん・・・♡」


      「うん、甘い・・・すごく甘いよ・・・ぐすっ・・・」


      「日菜ちゃん・・・♡」


      だって






      彩ちゃんがそう教えてくれたんだから

    • 152 名前:匿名スタッフさん ID:xMWU5Yjg[] 返信

      このルートはこのルートでこうなのか…

      やはり救われないのか
      それともこれで救われてるのか

    • 153 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      3月18日 4日目


      「・・・」


      朝起きるとあたしはいつもの牢屋にいた


      「・・・♡」


      彩ちゃん・・・♡


      「・・・♡」


      抜け出すつもりはない
      でも


      「・・・」


      真実を知りたい




      「・・・」


      日菜はどこを確認する?>>154


      1 壁


      2 自分


      3 ケータイ

    • 154 名前:匿名スタッフさん ID:lMGM1ZDZ[] 返信

      1 

    • 155 名前:匿名スタッフさん ID:0ZmMzZWI[] 返信

      「壁・・・」


      「・・・」


      「ふふ・・・♡」


      「そんなに壁に書かなくてもいいのに・・・♡」






      日菜ちゃん


      愛してる






      愛してる愛してる愛してる愛してる
      愛してる愛してる愛してる愛してる
      愛してる愛してる愛してる愛してる
      愛してる愛してる愛してる愛してる




      ずっと一緒


      ずっとそこにいてね






      「・・・♡」


      「もちろんだよ彩ちゃん♡」


      「あたしも愛してる・・・//」

    • 156 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「彩ちゃんにとってあたしは・・・」


      「大事な1つだけの愛だもんね・・・♡」


      「・・・♡」


      日菜はどっちを確認する?>>157


      1 自分




      2 ケータイ

    • 157 名前:匿名スタッフさん ID:hZDllNzF[] 返信

      2

    • 158 名前:匿名スタッフさん ID:lMWQ0Y2F[] 返信

      見る前「ついにか…」
      見てる間「うっ…」
      見た後「」精神崩壊

    • 159 名前:匿名スタッフさん ID:hZDllNzF[] 返信

      日菜ちゃん自分自身に大きな爆弾抱えてる気がするんだよなぁ

    • 160 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「ケータイ・・・」


      3月16日のおねーちゃんからのLINE
      あれを送ったのはきっとおねーちゃんじゃない


      「・・・」


      「・・・まあ、どっちでもいいけど」


      日菜はどっちのLINEを既読する?>>161


      1 つぐみ


      2 千聖

    • 161 名前:匿名スタッフさん ID:hZDllNzF[] 返信

      2

    • 162 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「千聖ちゃんのLINE・・・」


      3月18日


      (3月18日、あなたに会いに行く)


      「3月18日・・・!?」


      「今日だ・・・」


      (疑うのはよくなかったけれど)


      (きっと彩ちゃんがあなたを監禁していると思うの)


      (だから彩ちゃんに家を見せてくれるか頼んだらOKしてくれたわ)


      (それであなたがいなかったら彩ちゃんは監禁をしていない)


      (でももし監禁していたら・・・)


      「・・・」


      (日菜ちゃん、見ているの?)


      「!」


      「見るタイミングまずかったかな・・・」


      (日菜ちゃんなの・・・?)


      (返事をちょうだい!あなたは誰に監禁されているの?)


      「・・・」


      日菜は千聖に何を送る?>>163


      1 ここには絶対に来ないで


      2 あたしはもう探さないで


      3 千聖ちゃんはもう知らなくていい


      4何も返信をしない

    • 163 名前:匿名スタッフさん ID:wNzQ0MTR[] 返信

      1   

    • 164 名前:匿名スタッフさん ID:0NWU5MjU[] 返信

      丸山…なんでOKなんか…(起こりうる最悪の可能性を必死に考えないようにしている)

    • 165 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      (ここには絶対に来ないで)


      (千聖ちゃんが自分のカラダを粗末にしたくないなら)


      (・・・何を言ってるのよ!!)


      (そんな事言われてもあなたを助けなきゃパスパレはもう・・・)


      (絶対に来ないで)


      (お願い)


      (・・・私は諦めないわ)


      (千聖ちゃん!ダメだって!)


      「・・・」


      「返信が来なくなった・・・」


      「・・・あたし、どうでもいいとか言っておきながら」


      「・・・でも、これは言っておかなきゃダメ」


      「出来るだけ人が死ぬのは避けたいから」


      「・・・」


      ーーーーーーーーーーー



      「・・・千聖ちゃんは来ないか」


      「・・・」


      ガチャ


      「!」


      「・・・♡」


      「ふふっ日菜ちゃんただいま♡」


      「・・・♡」


      「千聖ちゃんと会ってきた」


      「!」


      「・・・家に来たの?」


      「・・・日菜ちゃん」


      「どうして家に来たなんて聞いたの?」


      「私会ってきたとしか言ってないよ」


      「もしかして千聖ちゃんが家に来るの知ってたの?」


      「千聖ちゃんと会って来たって言っただけで凄く反応してたし」


      「・・・」


      「ねぇ」


      「聞いてるんだけど」


      「・・・」


      日菜は何と言う?>>166


      1 ごめんなさい・・・ケータイで知って・・・お仕置きならいくらでも受けます・・・


      2 知らないよ?


      3 ・・・もしかして千聖ちゃんを

    • 166 名前:匿名スタッフさん ID:yZjYxMWM[] 返信

      1で

    • 167 名前:匿名スタッフさん ID:lMGM1ZDZ[] 返信

      携帯にたまたま映った通知が見えることってあるじゃないですか()

    • 168 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「ごめんなさい・・・ケータイで知って・・・お仕置きならいくらでも受けます・・・」


      「・・・ふーん」


      「まあいいよ」


      「前だったら許してないけど」


      「日菜ちゃんにはたくさん愛をもらったし、助けられたから・・・♡」


      「彩ちゃん・・・」


      「ちなみに千聖ちゃんには手を出してないから大丈夫」


      「無駄なゴミなんか増やさないよ、安心して」


      「・・・」


      「でも」


      「日菜ちゃんにお仕置きはする」


      「うん・・・♡」


      「今日はちょっときついかもだけど、いい?」


      「うん、彩ちゃんにされるなら・・・♡」


      「ふふっ♡そっか・・・」

    • 169 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      ちなみに彩ルートを色々考えてたんですが、千聖の件だけ見せますね

    • 170 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・」


      「・・・」


      「はい!ここが私の家だよ!」


      「・・・」


      「(彩ちゃんの家には行った事がない)」


      「(彩ちゃんが誰も入れようとしないから)」


      「(日菜ちゃんが行方不明になる前からそうだった)」


      「・・・」


      「両親がみんないなくなったから」


      「何かあった時はリサちゃんに任せてるっていっていたけれど」


      「どうしてリサちゃんなの・・・?」


      「(・・・リサちゃんは私の協力者・・・)」


      「・・・」


      彩は何と言った?>>171


      1仲がいいから


      2千聖ちゃんには関係ないでしょ


      3何かあったら頼りにしてって言われてるからね!

    • 171 名前:匿名スタッフさん ID:xMWU5Yjg[] 返信

      3でいきましょう

      つかヤベー奴がヤベー人と繋がってるのかい!

    • 172 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「何かあったら頼りにしてって言われてるからね!」


      「・・・そう」


      「(いちいち疑わないで欲しいんだけどなあ)」


      「じゃ、入ろっか!」


      「ええ・・・」


      ガチャ








      「おっやっほー千聖☆おかえり彩」


      「うん、ただいま」


      「・・・☆」


      「・・・」


      「・・・今日はどうしてリサちゃんが?」


      「彩のために料理作っててさー☆」




      「あはは☆さっ上がってよ!」


      「わ、私の家だよー!」


      「ええ、お邪魔するわ」


      「(普段の彩ちゃんに普段のリサちゃん・・・怪しい所は何もない)」


      「(あるとすれば・・・)」


      両親を亡くしても何も思ってない事


      「・・・」


      千聖は上がってから色々な部屋をチラッと見ていた


      「・・・(部屋が多いわね)」


      「ねぇ」


      「ん?何かな☆」


      「・・・全部の部屋、確認してもいいかしら?」


      「・・・」


      「・・・」


      「>>173」


      リサは何と言った?


      1 別にいいけど?


      2 何を疑ってるの?


      3 ダメだよ

    • 173 名前:匿名スタッフさん ID:wM2RmNGE[] 返信

    • 174 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・別にいいけど?」


      「ごめんなさい、確認させてもらうわ」


      「・・・」


      「もーご飯作ってたんだから早くしてねー?☆」




      千聖は色んな部屋を確認する


      「(血もない、日菜ちゃんもいない・・・)」


      「(匂いもしない・・・)」


      「・・・」


      「(やはり私が疑っていただけ・・・)」


      「・・・?」


      「この部屋は?」


      「・・・」


      「・・・」


      「随分鍵をかけてるみたいだけれど・・・開けてもらえるかしら?」


      「・・・」


      「その部屋・・・」


      「・・・」


      「>>175」




      1 うん、別にいいよ☆


      2 もういいじゃん


      3 見てどうすんの?

    • 175 名前:匿名スタッフさん ID:lY2MwYzY[] 返信

      1 さて、何が出るか

    • 176 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「うん、別にいいよ☆」


      「・・・」


      「・・・鍵は?」


      「はいっこれだよ!」


      「ありがとう・・・」


      「ふふ」


      「・・・☆」


      千聖は鍵を開けていく




      ガチャ




      「・・・」




      ガチャ




      「・・・」


      そして






      ドアを開ける


      ガチャ




      「・・・」


      「・・・!」








      そこには・・・





    • 177 名前:匿名スタッフさん ID:1ZTM4YmF[] 返信

      ロリ時代から今までの友希那の写真がいっぱいの部屋
      もうこの家に彩の姿はない

    • 178 名前:匿名スタッフさん ID:5NzBmNmM[] 返信

      >>177
      平和w
      ありそうでw声出して笑ったw
      笑いすぎて涙出てきたw


      ……あれ、感覚が麻痺してるのか?

    • 179 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      何もなかった


      「・・・(どうして・・・)」


      ただ、異臭はした


      「・・・」


      「・・・何もないのに鍵をかけてるのはなぜ?」


      「んーどうしてそんな探ってるか知らないけどさ、そこはあんまりいい場所じゃないからだよ」


      「いい場所じゃない・・・?」


      「幽霊とかいそうでさー!そこなんか不気味なんだよねー!」


      「・・・」


      確かに不気味だった


      「(何もないけど・・・全体的にこの家は暗い)」


      「(何かがあると思ったのに・・・)」


      「(日菜ちゃんはやっぱり別の人に誘拐されたのね)」


      「・・・日菜ちゃん、探してたんだよね?」


      「!」


      「私も辛かった・・・でもまだ見つかるって信じてるから!」


      「彩ちゃん・・・」


      「・・・だから千聖ちゃんの気持ち、わかるよ」


      「・・・そうね」


      「まだ諦めちゃダメよね」


      「・・・疑ってごめんなさい、そんなはずなかったわね」


      「あはは☆大丈夫!美味しい物、用意してるよ!」


      「ええ、みんなで食べましょう」


      「えへへ!」


      「・・・」


      それでいい


      それでいいんだよ千聖ちゃん




      余計な詮索しないでね








      千聖ちゃんを消したくはないから




      「・・・」

    • 180 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      千聖推しとして殺されなくてよかったって思ってる

    • 181 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「じゃあまた」


      「またねー☆」


      「彩ちゃん、何かあったら私に連絡するのよ?」


      「うん!ありがとう千聖ちゃん!」


      「ふふ、じゃあこれで」


      「うん!」


      ガチャ


      「・・・」


      「・・・」


      「・・・この場所、作るの大変だったでしょ」


      「まあね☆」


      「ごめん、リサちゃんに手伝ってもらうなんて・・・」


      「大丈夫大丈夫!」


      「お互い」




      愛してる人を閉じ込めてるんだから




      「協力しなきゃね☆」


      「彩がいなきゃ閉じ込められてないし」


      「アタシがいなきゃヒナは閉じ込められない」


      「そうでしょ?」


      「えへへ・・・」


      「でも」


      「余計な死体は増やさないでね」


      「処理、大変なのわかってるでしょ」


      あの2人も大変だったし


      「・・・気をつける」


      「・・・彩の家とかどうするつもり?」


      「それは大丈夫!ちゃんと処理してるから!」


      「バレたら終わりなんだから・・・ちゃんとしなよ」


      「うん!ありがとね!」


      「・・・でさ・・・」


      彩は何と言う?>>182


      1 友希那ちゃんの調子、どう?


      2 これからどうするつもり?


      3 日菜ちゃんと遠くで暮らそうと思うんだけど

    • 182 名前:匿名スタッフさん ID:2MTZiMDF[] 返信

      2で!

    • 183 名前:匿名スタッフさん ID:zNmFmMjc[] 返信

      うーん、リサ姉はヤバイ人だけど、出来れば止める側の人であって欲しかったなぁ…
      千聖さん、生きてて良かった…

    • 184 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      友希那も閉じ込められてるのか…?

    • 185 名前:匿名スタッフさん ID:zNDU1OTE[] 返信

      ここ最近の楽しみ

    • 186 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「これからどうするの?」


      「・・・」


      「アタシはアタシの家でずっと」


      友希那を監禁する


      「アタシだけの友希那」


      「あの綺麗な声、顔、カラダ全部」


      「アタシだけのもの・・・☆」


      「彩ならわかるでしょ?」


      「アタシの気持ち」


      「・・・」


      「うん、わかるよ」


      「私だって日菜ちゃんを何処へも行かせたくはない」


      だけど


      「・・・」


      もしこんな生活がバレれば


      「・・・」


      日菜ちゃんとは一緒になれない


      「・・・」


      2人で逃げ出すのも手かもしれない


      「・・・」


      それともあの家で


      2人でずっと一緒に暮らすか・・・


      「・・・」


      ふふっそれもありかも・・・♡


      「2人はずっと一緒、私達だけの生活・・・」


      「甘い甘い、2人だけの・・・♡」


      「ふふ、幸せそうだね彩☆」


      「アタシはそろそろ自分の場所に戻るね」


      「うん、ありがとう!」


      「ふふ、また何かあったら言ってよ?」


      「うん!」


      「・・・」


      「さて、私も日菜ちゃんに会いに行こう♡」

    • 187 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      >>168
      に戻ります


      「今日は日菜ちゃんの笑った顔と」


      「気持ちよさそうな顔が見たいから」


      「媚薬を注射して」


      「目隠しして縛ってずっとくすぐる♡」


      「え・・・///」


      「でも日菜ちゃんくすぐるだけでもすぐイッちゃうから」


      「イッてもくすぐるのを止めない・・・♡」


      「・・・//」


      「お仕置きだから、するよね?」


      「・・・//」


      日菜は何と言う?>>188


      1 うん、耐えれるかわかんないけど・・・//


      2 ほ、他のじゃダメかな・・・?//


      3 やるよ、絶対苦しくないもん

    • 188 名前:匿名スタッフさん ID:lY2MwYzY[] 返信

      1にしよう

    • 189 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「うん、耐えれるかわかんないけど・・・//」


      「ふふっ・・・♡」


      「多分気絶しちゃうね♪」


      「うん・・・//」


      「(多分かなり苦しいと思う・・・//)」




      「じゃあまず媚薬注射するから、動かないでね・・・♡」


      「うん・・・♡」


      あたしはいつもみたいに彩ちゃんに媚薬を注射される


      「んっ・・・」


      「・・・」


      「・・・うん、おっけーだよ♡」


      「・・・//」


      「あとは日菜ちゃんを椅子に固定するから」


      「座って?」


      「はい・・・♡」


      そして彩ちゃんにカラダを固定される




      「あとはくすぐるだけだけど・・・」




      「はぁ、はぁ・・・//」


      「ふふ、効いてきたんだ?じゃあそろそろ・・・」


      「日菜ちゃん、出る時はちゃんと言わなきゃもっとくすぐるからね?」


      「わ、わかった・・・//」


      「じゃあいくよ・・・こちょこちょ・・・♡」


      彩ちゃんはあたしのカラダをくすぐる


      「あ、あはは!彩ちゃんくすぐったいよ!」


      「多分くすぐったいだけじゃなくなるよ・・・♡」


      「あははっんっ・・・//んぁっ!あはは!」


      「日菜ちゃん可愛い・・・//」


      「(くすぐったいのに気持ちいい・・・///)」

    • 190 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      くすぐったいだけじゃなく、苦しいくらいの気持ちよさもありあたしは必死にカラダをよじらせる


      「あはは!あっ♡ああっ//彩ちゃんやめっあはは!んっんっ♡」


      「日菜ちゃんそろそろやばいんじゃない・・・?♡」


      「あはは!んぁっ彩ちゃんやめっ//あはは!んぅっ!」


      「ふふ・・・♡」




      「あははは!だめっ!ひぃ!んっあっあっ♡・・・いっ・・・く・・・♡んっあははは!彩ちゃっんっ!//」


      「あーあ・・・♡」


      「ちゃんと言って偉いね・・・♡でも止めなーい♡」


      「んっあはは!彩ちゃんもうっ♡もうダメっ//んぅっあはは!ひいい!」


      「また絶頂しちゃうのかな・・・♡」


      彩ちゃんはあたしが弱い所を攻めて、くすぐる


      「あははは!やっやめてぇっ!ひいっ!あはははは!・・・んっ!いぐっ・・・♡ぐっ・・・♡っあはははは!ひいーー!」


      何回も何回も絶頂が来る


      「ごめんなさっあはは!もうっんっ♡言う事聞くから!んぁあ!あっあはは!やめっ・・・」


      「・・・そろそろかな♡」




      「あははは!だめっ!ひぃ!んっあっあっ♡・・・いっ・・・ぐ・・・♡んっあははは!も、もう限界!壊れる!壊れるからぁ!」




      「あはははは!いっいぐ♡んああぁ!ダメっ!しんじゃうっ♡しんじゃうからぁ!」


      「まだ気絶してないじゃん・・・♡」


      「ゆっゆるしてっ!あぁ!んぁっくっ・・・//んっあはは!だめ!だめだめ!んうぅう!」


      あたしは気絶するまで彩ちゃんにくすぐられた


      「はぁ・・・はぁ・・・」


      「やりすぎちゃったかな・・・?」


      「んぁっ・・・く・・・あ・・・」


      「・・・ふふ、でもお仕置きだからね♡」


      「起きたら一緒にお風呂、入ろうね」

    • 191 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      深夜だからってお仕置きやりすぎたな・・・


      完全にアウトかな・・・?笑
      まあ日菜ちゃんがくすぐられて気持ちよくなってるだけだし大丈夫かな

    • 192 名前:匿名スタッフさん ID:xMWU5Yjg[] 返信

      くすぐりも気をつけないと死ぬからね…、とマジレス

      このルート、お互いに依存しすぎてるから最悪無理○○しちゃいそう

    • 193 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信




      「・・・?」


      「あっ起きた、えへへ・・・♡」


      「・・・あたし・・・」


      「気絶してたんだよ?気持ちよすぎて・・・♡」


      「・・・//」


      「じゃあお風呂一緒に入ろっか・・・♡」


      「・・・うん・・・♡」


      ーーーーーーーーーーーーーー


      彩ちゃんとあたしはお風呂に浸かる


      「・・・」


      「えへへ、日菜ちゃん・・・♡」


      「・・・♡」


      彩ちゃんが後ろにいて、あたしに抱きついてくる


      「日菜ちゃん日菜ちゃん・・・♡」


      「ふふ、彩ちゃん好き・・・♡」


      「・・・」


      「・・・彩ちゃんはさ・・・」


      「・・・?」


      日菜は何を聞く?>>194


      1 この先どうするの?


      2 もう1人じゃないよ


      3 協力者がいるの?


      4 あたしに何か隠してる?


      5何でもない、愛してるよ

    • 194 名前:匿名スタッフさん ID:2MTZiMDF[] 返信

      1行ってみよう

    • 195 名前:匿名スタッフさん ID:lMWQ0Y2F[] 返信

      地雷の予感

    • 196 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「この先どうするの?」


      「・・・どうするって、日菜ちゃんとずっと一緒だよ」


      「・・・あたしもずっといたいけど・・・」


      「彩ちゃん・・・何か迷ってる気がする・・・この先の事・・・」


      「・・・」


      「・・・彩ちゃんの好きにしていいなんてもう言えない」


      「あたし達2人で考えよ・・・?」


      「この先の事も・・・」


      「日菜ちゃん・・・」


      「・・・あたしは・・・」


      日菜の選択肢>>197


      1あたしはもう彩ちゃんがいなきゃダメなの!


      2 二人で遠くに行くのも手だと思う


      3 ・・・あたしは彩ちゃんの何なの・・・?

    • 197 名前:匿名スタッフさん ID:yYzVlYWI[] 返信

      3行くか…

    • 198 名前:匿名スタッフさん ID:jNjZhMzk[] 返信

      1かな

    • 199 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・あたしは彩ちゃんの何なの・・・?」


      「えっ・・・?」


      「もちろん大切な人だよ・・・♡」


      「・・・嘘」


      「な、なんで・・・」


      「だって彩ちゃん大事な事全然離してくれない!!」


      「あたしはこんなに彩ちゃんに・・・」


      「全部を捧げてるのに・・・!」


      「カラダも、心も・・・!家族だって捨てたのに・・・」


      「・・・ケータイ見たり、色んな事で彩ちゃんを探ろうとしたりしたのは悪いけど」


      「あたしに・・・全部話してよ・・・」


      「・・・日菜ちゃんは知らなくていい事だから♡」


      「私のそばにいてくれればいいんだよ♡」


      「・・・だからあたしには話さないの・・・?」


      「うん♡だから私のそばでずっと」






      「・・・だったら、あたしはいらない」


      「あたしと彩ちゃんの愛は、そんな軽いものなの・・・?」


      「彩ちゃんはあたしが全てなのに・・・隠し事するの・・・?」


      「彩ちゃんにとってあたしは・・・」


      「たった1つの愛じゃないの・・・?」


      「ひ、日菜ちゃん・・・?」

    • 200 名前:匿名スタッフさん ID:lMGM1ZDZ[] 返信

      日菜ちゃんあんまりいきすぎるとお仕置きされるぞ

    • 201 名前:匿名スタッフさん ID:2MTZiMDF[] 返信

      形勢逆転しそう

    • 202 名前:匿名スタッフさん ID:iNGJhOGN[] 返信

      日菜の逆ヤンデレに期待がかかりますね

    • 203 名前:匿名スタッフさん ID:lNjIwOTY[] 返信

      ゾクゾクしてきた

    • 204 名前:匿名スタッフさん ID:zNDU1OTE[] 返信

      楽しみすぎる

    • 205 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「2人で色んな事して来たのに・・・」


      「まだ、信用してくれないの・・・?」


      「まだあたしは彩ちゃんの人形なの・・・?」


      「・・・」


      「ご、ごめんね日菜ちゃん・・・」


      「私のために、色々考えてくれてるんだよね・・・?」


      「・・・」


      「・・・話して欲しいの、全部」


      「彩ちゃんが心配だもん」


      「なんかいなくなっちゃう気がして・・・」


      「大丈夫だよ、ずっとそばにいるから・・・」


      「・・・でも・・・」


      「彩ちゃんが大好きだから・・・!」


      「大好きだから、隠し事なんて無しにしたいの!」


      「彩ちゃんしかもうあたしは何も無いんだから」


      「彩ちゃんの全部を知りたい・・・」


      「どんなに縛られてもいいから」


      「彩ちゃんと一緒に・・・」


      「先の事を考えたいよ・・・」


      「・・・わかった」


      「えっ・・・」


      「・・・全部話すよ、誰を○して、誰が協力者なのかも全部」


      「・・・そして、この先の事も・・・」


      「あ、彩ちゃん・・・!」


      「えへへ、日菜ちゃんにはいっぱい助けられたし、元気をもらったから♡」


      「・・・不安にさせてごめんね・・・?」


      「彩ちゃん・・・嬉しい・・・♡」


      「ふふ・・・♡」


      「・・・」


      彩は何と言う?>>206


      1 日菜ちゃんは大事な人だもん・・・♪


      2日菜ちゃんは私のたった一つの愛だから・・・♡


      3・・・それで?いいたい事はそれだけかな?


      4で?誰が逆らっていいなんて言ったのかな?

    • 206 名前:匿名スタッフさん ID:hZDllNzF[] 返信


      どうなるんだろう…

    • 207 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「日菜ちゃんは私のたった一つの愛だから・・・♡」


      「あ、彩ちゃん・・・♡」


      「えへへ・・・♡」


      「・・・」


      「・・・後悔はもうしないから」


      「うん・・・」


      彩はいままで消してきた人や、リサが協力者である事も教えた






      「そっか・・・あたしの家族はもう・・・」


      「・・・ごめん、消さなきゃいけなかった」


      「邪魔をされたから」


      「でも今度からは無駄なゴミは増やさない」


      「・・・うん」


      彩ちゃん・・・


      いなくなってからじゃもう遅いんだよ・・・?


      「・・・あたしは何も思わない」


      「・・・ほんとに?」


      「うん」


      「もう覚悟を決めたから」


      「あたしは彩ちゃんと一緒に暮らす」


      「2人だけの生活・・・」


      「だから・・・」


      「・・・どんなに彩ちゃんが人を殺めてても・・・」


      「どんなに罪を重ねていても」


      「あたしも・・・共犯者でいさせて・・・?」


      「日菜ちゃん・・・」


      「あたしも彩ちゃんと一緒・・・♡」


      「死ぬ時は・・・2人で・・・♡」


      「彩ちゃんと一緒なら何処でも行くよ・・・♡」


      「彩ちゃんと一緒に罪を償うから・・・♡」


      「日菜ちゃん・・・ぐすっ・・・」


      「ぐすっ・・・うぅ、ごめんね・・・もう私は日菜ちゃんを縛らない・・・」


      「これからはもう日菜ちゃんを苦しませたり、痛い思いはさせない・・・」


      「きっと日菜ちゃんは逃げないから・・・」


      「ぐすっ・・・日菜ちゃん・・・愛してる・・・//」


      「うん・・・あたしもだよ彩ちゃん・・・♡」


      続けようよ


      誰にも邪魔されない


      2人だけの生活を


      これからもずっと・・・♡




      ・・・




      ごめんね、みんな・・・




      ーーーーーーーーーーーーーーーー


      あたしと彩ちゃんは同じベッドで寝る


      あたしを縛るものは彩ちゃんだけ・・・♡


      「えへへ、彩ちゃんと同じベット・・・♡」


      「ふふ、日菜ちゃんと抱きついて一緒に寝れるね・・・♡」


      「・・・///」


      「あ、彩ちゃん・・・//」


      「どうしたの・・・?♡」


      「・・・♡」


      日菜は何と言う?>>208


      1 ずっと、一緒だよね・・・?


      2 キス、しよ・・・?♡


      3 手、繋ご・・・♡

    • 208 名前:匿名スタッフさん ID:4NTVjZjg[] 返信

      2

    • 209 名前:匿名スタッフさん ID:lMGM1ZDZ[] 返信

      この世界にはだれが残ってるんだろうか
      香澄ちゃんとかつくしちゃんはもういないのかな

    • 210 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      「共犯者でいさせて」ってセリフとかすっごいハッピーシュガーライフっぽいwww

    • 211 名前:匿名スタッフさん ID:zNzY1ZWI[] 返信

      >>210
      ハッピーシュガーライフ全く知らないけどそんなセリフあるんですね。

    • 212 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「キス、しよ・・・?♡」


      「日菜ちゃん・・・うん♡」


      「んっ・・・♡」


      「んぅ・・・♡」


      「日菜ひゃん・・・好き・・・んっ・・・♡」


      「あやひゃん・・・♡あたしも・・・んぁ・・・♡」


      「(全てを知ったからからわかんないけど・・・)」


      今日のキスはいつもより甘く感じた


      ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


      3月19日 5日目 最終日前


      「日菜ちゃんおはよう♡」


      「・・・?」


      朝起きると彩ちゃんはあたしのカラダにまたがっていた


      「ん・・・彩ちゃんおはよ・・・♡」


      「えへへ、今日はずっと一緒だよ!」


      「・・・♡」


      「あと・・・」


      「?」


      「今日は、夜更かししようね・・・//」


      「う、うん・・・?」


      何かもじもじしてる・・・可愛い


      でもどうして・・・?夜更かししたら何かあるのかな・・・?

    • 213 名前:匿名スタッフさん ID:lZDVmY2Y[] 返信

      え、何…?こわい…

    • 214 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「日菜ちゃん日菜ちゃん日菜ちゃん♡」


      「えへへ・・・そんな呼ばなくても・・・♡」


      「だって今日は大事な日だから♡」


      大事な日・・・?


      「はぁ・・・名前を呼ぶだけで気持ちいいよ日菜ちゃん・・・♡」


      「・・・//」


      「・・・今日はね」


      「日菜ちゃんに見せてない部屋を見せようと思って♡」


      「・・・見せてない部屋?」


      「うん♡」


      「言ったでしょ?」






      また処理出来てないやつとか






      食べてない物がたくさんあるって

    • 215 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・」


      あたしは彩ちゃんが消した人は全員知ってる




      全部知ってるからこそ・・・


      「・・・」


      見たくない・・・でも見なきゃ・・・


      全部知るって決めたから


      「・・・」


      「うん・・・♡案内して?」


      「えへへ・・・♡」


      彩ちゃんはその部屋まで案内してくれた


      どうやら1階にあったらしい


      「リサちゃんには全部処理してって言われてるけど・・・」


      「私は一部だけ残してる」


      「1人だけの時は、たくさんつめて、冷蔵庫とかに入れてたけど・・・」


      「・・・ドア、開ける?」


      「・・・」


      「それとも・・・」


      「・・・」


      >>216


      1 開ける


      2開けない


      3見たくない

    • 216 名前:匿名スタッフさん ID:yZjQ4MjE[] 返信

      1でいこう

    • 217 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      グロ表現注意








      「・・・開ける」


      「そっか・・・♡」


      「・・・」


      ガチャ


      「・・・」






      「・・・うっ・・・」


      透明な袋には入れてあるけど異臭はした


      「・・・・・・うぅ」






      1番やばいと思ったのは






      頭だけしか残されていない事




      「・・・」


      頭だけがごろごろとたくさんある


      何人、いや、何十人も・・・


      「・・・」


      知り合いから、その親まで・・・


      「・・・」


      彩ちゃんへの気持ちが強くなかったら


      きっと吐いてる


      自分が知ってる人や


      大切な人がこうなっていたら


      誰でもそうだと思う


      「・・・」


      彩ちゃん、こんなのバレたら・・・


      「・・・」


      「(彩ちゃんの頭の中は、本当にあたししかいないんだね)」


      「・・・何か質問あるかな?」


      「・・・」


      >>218


      1どうして頭だけ・・・?


      2カラダは・・・?


      3 処理しないの・・・?


      4・・・何もないよ♪

    • 218 名前:匿名スタッフさん ID:lY2MwYzY[] 返信

      3 予想以上にいるんだな

    • 219 名前:匿名スタッフさん ID:lMGM1ZDZ[] 返信

      想像以上に狂気だった

    • 220 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「処理・・・しないの?」


      「・・・するよ♡」


      「これからは増やさない」


      「だからキレイさっぱりにするよ♡」


      「・・・」


      「でもね・・・頭を残しとかないとさ」


      誰を消したかわからなくなるでしょ?


      「・・・まあ今は必要ないけどね」


      「・・・」


      「(彩ちゃんはあたしの為にずっと・・・)」


      「(ずっとこんな事をして来たんだね・・・)」


      「(・・・ごめんね)」


      「(あたしのせいだ・・・)」


      「・・・」


      「(でも・・・それでもあたしは)」


      「彩ちゃんが好き・・・♡」


      「・・・♡」


      「(あたしが責任を取らなきゃだから)」


      「(あたしが・・・彩ちゃんを守らなきゃだから)」


      「・・・どう処理するの?」


      「燃やすのが1番だけど」


      「とりあえず明日片付ける事にする♡」


      「今日は特別な日だもん」


      「・・・そっか」


      「・・・彩ちゃん」


      「朝ご飯、食べたいな・・・♪」


      「・・・ふふっ♡」


      「今日は日菜ちゃんの好きな物があるよ♡」


      「ホント?えへへ・・・♡」


      ーーーーーーーーーーーーーーーー


      「フライドポチトだよ、日菜ちゃん好きでしょ?♡」


      「・・・!」


      「(確かにずっと食べてなかったなあ・・・)」


      「(ずっと、同じごはん)」


      同じ肉だったから・・・


      「・・・♡」


      「いいよ、いっぱい食べて?♡」


      「1人で食べれるよね・・・♡」


      「・・・♡」


      日菜は何と言う?>>221


      1 もうっわかってるくせに・・・//


      2彩ちゃん・・・お願い・・・♡


      3うん、いただきます

    • 221 名前:匿名スタッフさん ID:0NzZlYzE[] 返信

      1
      3/19で最終日前日か……うわぁしんどい

    • 222 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      最終日が誕生日ってことか…

    • 223 名前:匿名スタッフさん ID:iOTQwNTF[] 返信

      なるほぢょ…気づかなかっ…うっ…(吐血)

    • 224 名前:匿名スタッフさん ID:zNDU1OTE[] 返信

      どうなるのかなぁ

    • 225 名前:匿名スタッフさん ID:5ZjI1YTU[] 返信

      だいぶエグいけど…最初の紗夜つぐのカニタベルンルンよりはまだ耐えられr(瀕死)

    • 226 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「もうっわかってるくせに・・・//」


      「ふふ・・・♡」


      「じゃあ・・・いただきます・・・♡」


      「あむっ・・・もぐ・・・もぐ・・・♡」


      「ふぁい・・・♡日菜ひゃん・・・♡」


      「彩ちゃん・・・んっ・・・♡」


      「(あたし本当に彩ちゃんが噛んだ物しか食べられなくなってる・・・)」


      「(本当にあたしのカラダは全部・・・)」




      「(彩ちゃんがいなくなったら何もできないや・・・)」




      ーーーーーーーーーーーーーーーー


      残り12時間で20日


      「・・・♡」


      「日菜ちゃんもうお昼だね♡一緒にいると時間が過ぎるの早い・・・//」


      「・・・//」


      「ふふ・・・なんか今日はすごくドキドキするの・・・//」


      「日菜ちゃんといるだけで心臓が・・・はうぅ・・・//」


      「あ、彩ちゃん・・・//」


      「えへへ・・・♡」


      「・・・日菜ちゃん何か確認しておきたい事とかないの?」


      「?」


      「別にもう今ならそれくらい許すよ♡」


      「・・・♡」


      >>227


      1 テレビを確認する


      2ケータイを確認する


      3リサちーについて彩ちゃんから聞く


      4千聖ちゃんについて


      5部屋の足


      6何もないよ

    • 227 名前:匿名スタッフさん ID:kYTgyODR[] 返信

      3かな?

    • 228 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「リサちーは協力者なんだよね?」


      「うん、いつも手伝ってくれる唯一の協力者だよ」


      「・・・」


      「私の監禁を手伝ってくれた」


      「ふふ♡まあ、リサちゃんも友希那ちゃんを監禁してるんだけどね」


      「(・・・やっぱりか・・・)」


      「・・・リサちーは誰かを・・・消した事はあるの?」


      「・・・」




      「私が消した人の処理を手伝ってくれてたりはしたけど」


      「それは私にもわからない」


      「・・・」


      「・・・信用して大丈夫なの?」


      「・・・?」


      「彩ちゃんを裏切ったりする可能性があると思うんだよね」


      「ふふ、リサちゃんは大丈夫だよ」


      「いままでずっと助けてくれたんだし」


      「裏切るメリットがないよ」


      「例え裏切ったとしても」


      「私に協力した時点でリサちゃん捕まっちゃうし・・・」


      「・・・」


      >>229


      1 彩ちゃんが言うなら信用して大丈夫だね


      2 一応警戒はしといた方がいいかも

    • 229 名前:匿名スタッフさん ID:4NTVjZjg[] 返信

      2かな……
      ここまで彩ちゃんに心酔しちゃった日菜なら心配する方が自然な気がす

    • 230 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「一応警戒しといた方がいいかも」


      「これからはあたし達2人で支え合えばいいんだから・・・♡」


      「ひ、日菜ちゃん・・・大好き・・・♡」


      「えへへ・・・」


      「(あたし、すごく嫌な予感がしてならないんだよ)」


      「(今日で全てが終わってしまう)」


      「(そんな気がする)」


      「・・・」


      そんな事、あたしがさせないよ


      彩ちゃんはあたしが守る


      そのためなら・・・




      ーーーーーーーーーーーーーー


      残り9時間で20日


      「私、日菜ちゃんの全部が好き・・・♡」


      「腕も、足も、顔も、全部・・・♡」


      「・・・♡」


      「はぁ・・・♡」


      「・・・」


      どんな味がするんだろう・・・


      「!」


      「日菜ちゃんってどんな味がするのかなあ・・・?」


      「・・・」


      「・・・日菜ちゃん、もし私に食べられちゃったら」


      「日菜ちゃんはどうする・・・?」


      「えっ・・・?」


      >>231


      1 彩ちゃんになら食べられてもいいよ♡


      2・・・一緒にいれなくなっちゃうのはヤダな


      3食べられる前にあたしが彩ちゃんを食べてあげるよ♡


      4・・・ひと口ガブッと食べてみる?

    • 231 名前:匿名スタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      2でぃす

    • 232 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・一緒にいれなくなっちゃうのはやだな・・・」


      「・・・」


      「・・・」






      「・・・そっか」


      「えへへ、私も日菜ちゃんとずっと一緒にいたいから」


      「食べるのはやめとくね♡」


      「・・・♡」


      「・・・もし言うこと聞かない日菜ちゃんだったら」


      「私、食べようと思ってたんだ♡」


      「!」


      「・・・でもそんな必要なかったね♡」


      「だってもう、日菜ちゃんを食べちゃったみたいなもんだよね」


      「えっ・・・」


      「・・・んっ・・・♡」


      「んぅっ・・・?♡」


      彩ちゃんは強引にキスをしてきた


      「んっ・・・んぅう・・・♡」


      「んぁ・・・あやひゃ・・・んぅ・・・♡」


      「(彩ちゃん乱暴だなぁ・・・//)」


      「(・・・あたしがもし彩ちゃんを嫌いになって、反抗ばかりして逃げようとしてたら)」




      食べられちゃってたのかなあ・・・?




      あたしはそれでもよかったかも?




      彩ちゃんの体内に入れるなら幸せ・・・♡








      あたし変態なのかなあ・・・?








      むしろ彩ちゃんはどんな味がするのかな?










      残り








      6時間

    • 233 名前:匿名スタッフさん ID:2MTZiMDF[] 返信

      どうなるんやろ

    • 234 名前:匿名スタッフさん ID:1NzRjMzV[] 返信

      oh…続きが気になる…

    • 235 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      リサが裏切る展開とかあるんかな?

    • 236 名前:匿名スタッフさん ID:zNDU1OTE[] 返信

      続きが気になるぅ

    • 237 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「もう夜になっちゃったね・・・♡」


      「えへへ・・・そうだね♡」


      「日菜ちゃんとずっと触れ合って一緒にいれる・・・♡」


      「こんな幸せになっていいのかな、私・・・♡」


      「・・・//」


      「彩ちゃん・・・♡」




      「・・・」


      「彩ちゃんは・・・」


      「・・・?」


      「・・・なんでもない」


      「・・・もう、隠し事は無しって言ったでしょ?」


      「気になる事があったら言っていいんだよ♡」


      「・・・」


      「・・・」


      「・・・うん、じゃあ・・・」


      >>238


      1 彩ちゃん、何か隠してるよね?


      2あの部屋、もっかい見ていい?


      3一緒に死のうって言ったら、どうする?


      4どうしてあたしとあまり関わりのない人まで消してるの?

    • 238 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      1かな…

    • 239 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「彩ちゃん、何か隠してるよね?」


      「えっ・・・」


      「隠し事は無しって・・・彩ちゃんが隠してるじゃん・・・」


      「・・・」






      「・・・//」


      「こ、これは隠さなきゃいけない事なのっ//」


      「日菜ちゃんはまだ知らなくていいから・・・//」


      「・・・?」


      「もうっ日菜ちゃんったら・・・♡」


      「・・・まあ、いいけど・・・」


      「・・・」


      「一体何を隠してるんだろう・・・」


      ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


      残り3時間


      「・・・ごめんね」


      「・・・?」


      「私、やっぱり消しすぎたんだと思う」


      「・・・」


      「見ちゃった人は仕方なく消してたんだよ」


      「・・・?」

    • 240 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


      3月15日


      「・・・」


      「やっぱりすぐには燃えないか・・・」


      「・・・」


      「・・・!」


      ?「あ、彩先輩・・・?」


      ?「今・・・何を燃やしたんですか・・・?」


      「・・・」


      「はぁ・・・」


      「見なきゃよかったのに」


      「見なきゃ助かったんだから」


      ?「え・・・・・・」


      「燃えるゴミをこれ以上増やさせないで・・・?」


      ?「き、きゃああああああ!」


      ーーーーーーーーーーーーーーーー


      「・・・」


      「見たらすぐ消さなきゃ、バレたら日菜ちゃんと一緒にいれなくなるから」


      「そう思ってた・・・」


      「・・・」


      「でも・・・」


      「消しちゃったらもう、会えないもんね・・・?」


      「・・・紗夜ちゃんの事も」


      「・・・」


      「色んな人を、会えなくしちゃった・・・」


      「・・・・・・ぐすっ」


      「こんな私なのに・・・日菜ちゃんは愛してくれるの・・・?」


      「私を・・・守ってくれるの・・・?」


      「・・・」


      >>241


      1 あたしが決めた事だから


      2あたしには彩ちゃんしかいないって言ったでしょ?


      3うん・・・だからあたしを一人にしないでね?


      4ずっと一緒だよ、これからも

    • 241 名前:匿名スタッフさん ID:hNDY1NzM[] 返信

      4っすかね〜

    • 242 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「ずっと一緒だよ、これからも」


      「・・・ぐすっ」


      「彩ちゃんが心配なら何回でも言うよ」


      「あたしは彩ちゃんが全て」


      「彩ちゃんさえいればいい」


      「他の人はもう考えない」


      「・・・だってそれがあたしと彩ちゃんの愛なんだもん」


      「日菜ちゃん・・・」


      「彩ちゃんは間違ってなんかない」


      「ずっと・・・あたしの為に頑張ってくれた彩ちゃんだもん」


      「・・・愛してるよ」


      「・・・うぅ、日菜ちゃん・・・//」


      「ありがとね・・・」


      「何度も言ってごめん・・・//」


      「私、日菜ちゃんに助けられてばっかりだったかも・・・」


      「・・・」


      「これからは支え合うって決めたもんね・・・」


      「・・・ずっとそばにいてね?日菜ちゃん♡」


      「・・・えへへ♡」


      当たり前でしょ♪
















      3月20日 最終日










      「日菜ちゃん!」






      「・・・・・・?」












      誕生日おめでとう






      「・・・!」

    • 243 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「そっか・・・」


      今日はあたしの・・・


      「・・・えへへ♡」


      「日菜ちゃん・・・//」


      「・・・?」


      「こ、これ・・・//」


      「!」


      彩ちゃんが小さな箱を渡してきた


      「・・・ありがとう、開けていいの?」


      「うん・・・//」


      「・・・」


      箱を開けると


      「・・・!」






      2つの指輪だった


      1つはピンクの色、彩ちゃんかな


      もう1つはエメラルドグリーン、あたしの色・・・?


      「ゆ、指輪・・・!?」


      「綺麗・・・♪」


      「えへへ、日菜ちゃんにプレゼントしたくて・・・//」


      「これって・・・どっちも?」




      「ううん、片方は私がつけるよ」


      「日菜ちゃんはどっちの色がいいかなって思って・・・//」


      「お互いの色を買ったのに選ばせるっておかしいかもだけど・・・えへへ//」


      「・・・」


      日菜はどっちの指輪を選ぶ?>>244


      1あたしの色の指輪


      2 彩ちゃんの色の指輪

    • 244 名前:匿名スタッフさん ID:1NzRjMzV[] 返信

      2かな

    • 245 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・彩ちゃんの色の指輪にする」


      「・・・私の色?」


      「うん、なんか離れていてもずっと一緒な気がする」


      「この指輪があれば・・・えへへ、ずっと一緒って言ったのになんかおかしいよね」


      「日菜ちゃん・・・」


      「嬉しい・・・//」


      「えへへ♪指輪、つけよっか」


      「うん・・・♡」


      「・・・♡」


      「・・・」


      「・・・」


      「彩ちゃん」


      「・・・どうしたの?♡」


      「・・・」


      日菜は・・・>>246


      1 永遠の愛を、誓って欲しい・・・


      2 一緒に逃げ出して、別の所で暮らそう


      3今度はあたしの番だよ、彩ちゃん


      4もう一度、あたしを縛って・・・?


      5美味しそうな彩ちゃん♡


      選択肢全てエンディングに繋がっています
      選択肢の1つにパロディネタが入っていますが、結果は色々と変えています


      全て回収するので見たいエンディングから選択してもらって大丈夫ですよ

    • 246 名前:匿名スタッフさん ID:lY2MwYzY[] 返信

      2 1はとっておきたい

    • 247 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      とりあえず無難に3かな

    • 248 名前:匿名スタッフさん ID:5NzBmNmM[] 返信

      >>247
      賛成

      何となく1,2,5はバッド寄りの気がするな……。

    • 249 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「今度はあたしの番だよ、彩ちゃん♡」


      「・・・?」


      「・・・♪」


      カチャッ


      「・・・!」


      あたしは彩ちゃんに手錠をつけた


      「え・・・」


      「・・・」


      「あはは♪」


      「あたしね、ずっとしたかったんだよ♡」


      「彩ちゃんに監禁されていて気付いたの」


      「あたしも・・・彩ちゃんを閉じ込めていたいって・・・♪」


      「ひ、日菜ちゃん・・・?」


      「大丈夫、あたしが守ってあげるから♪」


      「彩ちゃんみたいに色んな人を殺す、色んな人を彩ちゃんに近付かせない」


      「彩ちゃんを監禁したら彩ちゃんはいなくならない」


      「ずっとあたしの彩ちゃん・・・♡」


      「彩ちゃん彩ちゃん彩ちゃん・・・♡」


      「好き好き・・・♡」


      「もう離さない」


      「逃がさない」


      「っ・・・」


      「なんでそんな顔するの?」


      「ねぇ」


      「おかしいよ」


      「彩ちゃんがいままであたしを監禁してきたんだから」


      「あたしが彩ちゃんを監禁しても・・・いいよね?」


      「・・・」


      「ふふっ♡じゃあ・・・」


      牢屋、しばらく使ってなかったもんね?




      ・・・これで






      やっとこれでずっと一緒になれるよ








      彩ちゃん♡










      END2 今度はあたしが・・・

    • 250 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「彩ちゃん・・・」


      「・・・どうしたの?♡」


      「・・・」


      日菜は・・・>>251


      1 永遠の愛を、誓って欲しい・・・


      2 一緒に逃げ出して、別の所で暮らそう


      3もう一度、あたしを縛って・・・?


      4美味しそうな彩ちゃん♡

    • 251 名前:匿名スタッフさん ID:0NThlMDZ[] 返信

      2     

    • 252 名前:匿名スタッフさん ID:5NzBmNmM[] 返信

      >>246
      ……今気付いたけどこれって
      “2と1を取っとく”
      じゃなくて
      “2を選んで1を取っとく”って意味だったり?
      まあ、次2だけど……。

    • 253 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      >>252


      あ・・・なるほど
      気付きませんでした・・・
      >>246さんには申し訳ない・・・

    • 254 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「一緒に逃げ出して、別の所で暮らそうよ」


      「別の所・・・?」


      「うん、もうここは危ない」


      「色んな人に知られてるから・・・バレたらあたしと彩ちゃんの生活が無くなっちゃう」


      「・・・だから別の所に行くって事?」


      「うん・・・2人で誰にもバレないように暮らそ?」


      「・・・」


      「私も考えてた」


      「!」


      「でも、心配だったから・・・」


      「・・・」


      「・・・日菜ちゃんが言うなら、きっと大丈夫だよね!」


      「彩ちゃん・・・♡」


      「・・・指輪、つけよ?♡」


      「うん、彩ちゃん好き・・・♡」


      「絶対幸せになろうね・・・♡」


      「うん・・・♡」




      あたしと彩ちゃんは数日後、遠くに行き、とあるマンションに暮らす事にした


      死体は全部処分し、証拠は残さないようにして・・・


      彩ちゃんは協力者に少し頼りながらも、あたしと2人の生活場所を作った








      この先何が待ってるかはわからない


      でも




      きっとあたし達は幸せになれる


      これからもずっと












      そう・・・思っていた






      ある日の事・・・




      あたしと彩ちゃんは幸せな生活を過ごしていた




      「マンションで暮らしてから、幸せだね・・・♡」


      「うん・・・♡」


      「彩ちゃんと二人暮らし・・・幸せ♡」


      「ふふ・・・♡」


      「じゃあ私、買い物行ってくるから」


      「うん♡」


      ガチャ


      「じゃあ、行ってきます♡」


      「・・・♡」


      「彩ちゃーん!♪」


      あたしは玄関を開けて、外に出た彩ちゃんを抱きしめた


      「わっ・・・♪もう、びっくりしたよ日菜ちゃん♡」


      「えへへ・・・だって離れたくなかったから・・・♡」


      「もうっ日菜ちゃんったら♡」


      「えへへ・・・♪」


      はぁ・・・はぁ・・・


      「・・・?」


      「・・・どうしたの?」






      やっと・・・・・・


      「・・・」


      「!」


      「・・・?」


      「!」


      「まさか・・・」


      「どうして・・・」






      やっとよ・・・




      「っ・・・・・・・・・」


















      「やっと見つけたわ・・・日菜ちゃん」


      「やはりあなたが日菜ちゃんを・・・」


      「・・・・・・」


      「千聖・・・ちゃん・・・」

    • 255 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      このルートはハピシュガのパロディーっぽいな

    • 256 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・」


      「私はまだあなたが誘拐した可能性を考えていた」


      「そしてあなたが突然私達の前から姿を消した・・・」


      「それで確実と思ったの」


      「・・・」


      「どうして居場所がわかったの?」


      「・・・」


      「そんな事、今のあなたに言う必要あるかしら?」


      「ただの殺人鬼のあなたに・・・!」


      「・・・」


      「・・・彩ちゃんは殺人鬼なんかじゃ」


      「殺人鬼でしょうが!!」


      「っ・・・」


      「あなたは何人も殺して来た・・・紗夜ちゃんやつぐみちゃん・・・」


      「それに、○○ちゃんも・・・」


      「自分の親だって殺したのよね?」


      「・・・・・・・・・・・・」


      「あなたはもう彩ちゃんなんかじゃないわ・・・」


      「ただの殺人鬼」


      「日菜ちゃんを監禁するために」


      「友達をゴミのように殺したクズよ・・・!」


      「・・・」


      「彩ちゃんの事を悪く言わないで・・・」


      「・・・」


      「何を言ってるの日菜ちゃん?」


      「・・・日菜ちゃんの家族は全員殺されているのよ?」


      「きっと、あなたのせいでおかしくなっちゃったのね」


      「私は日菜ちゃんを助けだすためなら」


      「手段を選ばない・・・」


      千聖ちゃんはナイフを取り出した


      「・・・・・・!」


      「・・・・・・」


      「ふふっ」


      「もちろん殺したりはしないわ」


      「でも」


      「私達の友達を消したあなたには」


      「痛みを味わってもらわないとダメよね?」


      「・・・」


      千聖ちゃんはあたし達に襲いかかる


      「・・・彩ちゃん!」


      「うん、逃げよう」


      「(私達が住んでるのは6階・・・)」


      「(ここは12階建てのマンション・・・逃げるなら・・・)」


      「彩ちゃん!どうする・・・?」


      「・・・」


      「悩んでる暇はない」


      彩と日菜はどうする?>>257


      1 階段を使い下りる


      2階段を使い上に行く


      3エレベーターで屋上に向かう


      4エレベーターで1階に行く

    • 257 名前:匿名スタッフさん ID:lY2MwYzY[] 返信

      1だな

      これで火事+屋上だったらマジでハピシュガルートで草

    • 258 名前:匿名スタッフさん ID:5NzBmNmM[] 返信

      1!
      外に待ち伏せが居ても1ならまだ何とかなりそう!

    • 259 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・下りるよ日菜ちゃん」


      「うん!」


      「階段を使うのね・・・」


      「ふふっ・・・」






      「私が1人で来たと思ったら大間違いよ」








      ーーーーーーーーーーーーーーーー


      「っ・・・!」


      「今何階・・・?」


      「2階・・・このまま1階まで行こう」


      「うん・・・!」


      「(まだ・・・まだあたし達は・・・)」






      1階


      「はぁ、はぁ・・・よし・・・このまま外に・・・!」


      「・・・!」




      返せ




      「・・・そ、そんな・・・」


      「っ・・・」




      早く返せ






      私の・・・










      「私達の香澄を早く返せ!!!」


      「あんたのせいだ・・・あんたが全部!!」


      「・・・・・・」


      「何で、何で有咲ちゃんが・・・・・・」


      「私は香澄ちゃんを殺してない・・・!」

    • 260 名前:匿名スタッフさん ID:lY2MwYzY[] 返信

      あーあのサイコレ〇、あっち側の犠牲者も全部押し付けやがったな

    • 261 名前:匿名スタッフさん ID:5NzBmNmM[] 返信

      なるほど、逃避行=裏切りと見なされたか……

    • 262 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      待って、何人死んでるの?www
      紗夜とつぐみと香澄だけ?
      その他にももっといるのかな?

    • 263 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      240 で死体を燃やした時に香澄に見られたから彩が香澄を殺したってことだよね

    • 264 名前:匿名スタッフさん ID:5NzBmNmM[] 返信

      >>263
      いや、呼称を考えるに香澄以外もあり得るぞ……


      フタバサウルスちゃんとか……

    • 265 名前:匿名スタッフさん ID:jZGM4ZWJ[] 返信

      >>263
      殺してないって言ってるし違くね?
      260が言ってるようにリsが殺して彩ちゃんに濡れ衣を着せたんでしょ、おそらく

    • 266 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「嘘をつくな・・・」


      「じゃあ何で香澄は遺体でみつかってんだよ・・・!!」


      「ふざけるな・・・」


      「ふざけるなふざけるな!!!」


      「あんたが全部やったんだろ!!」


      「紗夜さんや羽沢さん・・・・・・」


      「○○まで・・・・・・」


      「私のポビパを返せ・・・・・・」


      「・・・」


      「(違う・・・彩ちゃんじゃない)」


      「(遺体で見つかってるなんておかしい)」


      「(それに・・・)」


      あの部屋に香澄ちゃんの頭はなかった


      「・・・リサちゃん・・・」


      「!」


      「・・・・・・」


      「多分香澄ちゃんに死体の処分を見られたんだと思う」


      「だからどこかに香澄ちゃんの死体を捨てた」


      「そして私が殺した事にしたんだ・・・」


      「私の居場所も教えて、香澄ちゃんを殺したのを私にした」


      「リサちゃんはきっと・・・有咲ちゃんの怒りを狙って私を殺すつもりなんだよ」


      「くっ・・・・・・」


      やっぱりリサちーは協力者なんかじゃない


      最初っからこうするつもりだったんだ


      「・・・」


      「わざと香澄ちゃんだけ、どこかに遺体で残して」


      「有咲ちゃんの怒りを狙った・・・」


      「リサちゃんは協力者なんかじゃない・・・」


      「他の死体処理の時も、もしかしたら私の物を利用して証拠を残しておいたのかもしれない・・・」


      「(裏切りと思ったのか、全て押し付けるためにずっと彩ちゃんを利用していたのか・・・)」


      (何かあったら言ってよね〜?)


      (無駄な死体はアタシが処分するし☆)


      (アタシは彩の協力者なんだから・・・☆)


      「どっちにしろ許さない・・・」




      「何が許さないだよ・・・」


      「あんたらのしょうもない監禁に香澄を巻き込みやがって・・・」


      「簡単に殺すなよ・・・」


      「そんな事してなんになるんだよ・・・!」


      「例えあんたが香澄を殺していなくても・・・」


      「色んな人を殺したんだろ・・・?」


      「・・・」


      「・・・」


      「しょうもない監禁・・・・・・?」


      「有咲ちゃんさっきから1人でベラベラ喋ってさ」


      「いい加減にしてよ」


      「だったらどうすんの?」


      「復讐でもするつもり?」


      「それしか出来ないの?」


      「は・・・・・・?」


      「この世の不利益は全て当人の能力不足」


      「恨むんだったら自分を恨みなよ」


      「守れなかった有咲ちゃんが悪い」




      「ずっとそばにいればそんな事にはならなかったでしょ?」


      「!」


      「てめぇ・・・・・・!!」


      「まじでふざけるなよ・・・!」

    • 267 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      有咲とか千聖が言ってる○○って誰のこと?

    • 268 名前:匿名スタッフさん ID:jOWM1YTJ[] 返信

      >>267
      何かの伏線だろ
      どっかのエンディングで明かされるんじゃね?
      怖えけどキリ良いとこまで見守ってようぜ

    • 269 名前:匿名スタッフさん ID:5YTgzYTB[] 返信

      >>267
      この後か残りの選択であきらかになるんじゃないかな?

    • 270 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「あんたしかいない・・・」


      「私は悪くない・・・あんたが全部やったんだよ!!」


      「○○を返せ・・・香澄を返せ」


      「殺す・・・殺す・・・!」


      「絶対に・・・絶対に・・・!」


      「あんただけは!!」


      有咲は持っている包丁を構える


      「・・・」


      「日菜ちゃん、エレベーターに逃げるよ」


      「でも有咲ちゃんが・・・」


      「・・・」


      「っ!」


      彩は買い物に行くために持っていた荷物を有咲に投げる


      「うっ!?」


      「・・・行くよ」


      「う、うん!」


      「く、くそっ待て!」


      彩と日菜はエレベーターに逃げる


      「・・・」


      「彩ちゃん・・・!」


      「(千聖ちゃんはどこに・・・?)」


      「・・・」


      彩はどうする?>>271


      1 六階に行く


      2屋上に行く


      3 十一階に行く

    • 271 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      1かな…
      どうなるんやろ

    • 272 名前:匿名スタッフさん ID:lZDg4YmY[] 返信

      2…でいいのか…?
      2にする…

    • 273 名前:匿名スタッフさん ID:5NzBmNmM[] 返信

      ああ……、
      2階くらいなら飛び降りれるのに……。

    • 274 名前:匿名スタッフさん ID:lY2MwYzY[] 返信

      ここでの正解は有咲を人数差で取り押さえてから逃げる…なんだけど、その選択が取れないあたり相当混乱してるんだろうな…

    • 275 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・6階にする」


      「うん・・・」


      ガチャン




      「くそ、開けろ!!」


      「てめぇ!逃げても助からねぇからな!!」


      「お前は殺したんだ!全部!ポビパを返せ!!私の香澄を返せ!○○を返せ!!」


      「っ・・・」


      「・・・仕方ないよ」


      ーーーーーーーーーーーーーー


      6階


      「・・・彩ちゃん待って」


      「・・・?」


      「嫌な予感がする・・・」


      「このまま屋上に行った方がいいかも・・・」


      「どうして・・・?」


      「・・・」






      「誰かがいる」


      「エレベーターでついた瞬間近くで足音を止めた誰かが・・・」


      「・・・」


      彩はどうする?>>276


      1屋上に向かう


      2このまま六階で下りる

    • 276 名前:匿名スタッフさん ID:3NGI0MGM[] 返信

      1武器になりそうなものを持って屋上に向かう

    • 277 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「行こう、屋上に・・・」


      「うん・・・」


      「(まだ・・・私達には幸せが残ってる)」


      「(絶対に助かってみせる・・・!)」




      ーーーーーーーーーーーーーー


      屋上


      「・・・」


      「誰もいない・・・」


      「何か武器さえあれば・・・」


      「・・・」


      誰かが階段から上がってくる音がする


      「!」


      「日菜ちゃん、外に出よう!」


      「うん・・・!」


      ガチャ


      「・・・」


      「・・・」


      「逃げ場所・・・無くなっちゃったね・・・」


      「・・・」


      「いいよ・・・彩ちゃんと一緒だもん♡」


      「日菜ちゃん・・・」


      「どんな辛い事があっても・・・彩ちゃんと一緒なら・・・♡」


      「・・・♡」


      「ごめんね・・・」








      「みつけたわ、殺人鬼」


      「これで終わりですね・・・」


      「・・・!」


      千聖ちゃんと有咲ちゃんが迫ってくる


      「・・・」


      「・・・」


      「っ・・・・・・」


      「・・・・・・」


      あたし達の後ろには、何もない


      一歩後ろに下がれば・・・落下してしまう


      「もう終わりよ彩ちゃん」


      「あんたには死んでも償えない罪がある・・・」


      「だから痛めつける」


      「・・・」


      「いいよ、好きにして」


      「彩ちゃん・・・!」


      「っ・・・」


      「あ、有咲ちゃん待ちなさい!」


      「・・・!」


      有咲は彩に包丁で刺そうとする


      「彩ちゃん!」


      日菜はどうする?>>278


      1彩ちゃんをかばう


      2彩ちゃんをかばわない

    • 278 名前:匿名スタッフさん ID:4MzQ4MDg[] 返信

      1 彩ちゃんをかばう

    • 279 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「・・・!」


      あたしはとっさに彩ちゃんを庇う


      「!」


      「・・・」


      有咲ちゃんは包丁をおろした


      「・・・日菜さん邪魔だ・・・そいつを殺せない・・・」


      「ダメ・・・彩ちゃんは絶対に・・・!」


      「・・・」


      「・・・」


      「じゃああんた事・・・」


      「!」


      「ダメ!!」


      「有咲ちゃん!!」


      「・・・っ!」


      「日菜ちゃん!」


      「彩ちゃんっ!」






      「・・・!」


      あたしは彩ちゃんを抱きしめて・・・






      一緒に屋上から落下する




      「日菜ちゃん!!」


      「なっ・・・」


      「そ、そんな・・・」










      「日菜ちゃん・・・」


      「彩ちゃんごめん・・・あたし・・・」


      「ううん・・・」


      「これで正解だったんだよ・・・♡」


      「これで日菜ちゃんと・・・♡」


      「彩ちゃん・・・」


      「・・・♪」


      >>280


      1 もう、一人にしないでね・・・?


      2ずっと、一緒だよ・・・♡

    • 280 名前:匿名スタッフさん ID:4MzQ4MDg[] 返信

      2 ずっと、一緒だよ・・・♡

    • 281 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「ずっと、一緒だよ・・・♡」


      「・・・!」


      「日菜ちゃん・・・」


      日菜ちゃんは・・・


      どんなに歪んだ愛情でも・・・日菜ちゃんは受け止めてくれた


      私はあんなに日菜ちゃんを傷つけたり・・・




      苦しませたりしたのに・・・


      それでも日菜ちゃんは私を選んでくれた


      私をずっと守ってくれた


      共犯者でいてくれた


      死ぬ時までずっと・・・


      「・・・彩ちゃん♡」


      「!」


      「(そっか・・・)」


      「(日菜ちゃんはずっと私だけを愛してくれてたんだ・・・・・)」


      「(ずっと忘れないよ・・・)」


      「(日菜ちゃんの大切な1つ1つの想い・・・♡)」


      「(だから・・・)」


      「日菜ちゃん・・・」






      「生まれ変わっても、私の事」


      「好きでいてね・・・♡」


      「・・・!」


      「えっ・・・?」


      彩ちゃんはあたしを包み込んだ


      落下しても傷つかないように


      「彩ちゃ・・・」


      「ふふっ♡」


      「はぁ・・・・・・♡」


      「幸せ・・・♡」


      そして・・・








      ドンッ












      彩ちゃんはあたしを庇って












      死んだ

    • 282 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      ハピシュガだぁwww

    • 283 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      病院




      「・・・♡」


      ガチャ


      「・・・日菜ちゃん」


      「・・・♡」


      「パスパレで来たわよ・・・」


      「ヒナさん・・・」


      「・・・」


      「あ、あの!もう一度やり直しませんか・・・?」


      「そうです!ヒナさんはずっと・・・アヤさんに・・・」


      「・・・」


      「アヤさん・・・」


      「イヴちゃん・・・」


      「日菜ちゃん、私達がずっとそばにいるから・・・」


      「これからは・・・」


      「・・・えへへ♡」


      「みんなごめんね♡」


      「私、もうそういうのはいいんだ」


      「日菜さん・・・」


      「私・・・生まれ変わったから♡」


      「・・・」


      「日菜・・・ちゃん・・・?」


      「えへへっ♡」


      「・・・♡」


      彩ちゃんがどうしてわたしだけを生かしたのかはわからない


      だから、ずっと考え続けるの


      ずっと、ずっと・・・♡


      「・・・♡」


      (えへへ、日菜ちゃん・・・♡)


      「・・・彩ちゃん・・・♡」


      あたしは2つの指輪を持ちながら


      彩ちゃんに愛を伝える


      「・・・」


      「ずーっと一緒だよ・・・彩ちゃん♡」




      「愛してる・・・♡」












      END3 これからもずっと・・・

    • 284 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「へー・・・」


      「彩はヒナを庇ったんだねー☆」


      「そっかそっか・・・」


      「・・・」


      「彩のおかげでアタシは助かったし」


      「これからもずっといられるね、友希那☆」


      「・・・」


      「あはは☆」


      「彩は最後までヒナだけを頼ればよかったのに」


      「失敗だったねー・・・☆」


      「協力者とは言ったけどさ」


      「最後までアタシに協力してくれたのは彩だったね☆」


      「ありがと、彩☆」


      「あはは・・・☆」


      「・・・友希那、お腹空いたねー」


      「・・・」


      「お昼ご飯にしよっか☆」

    • 285 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      作者です


      パロディとはいえこのエンドは泣きました
      書きながら泣いていました


      ちなみに作者はハピシュガを見たのは最近で・・・コメントにハピシュガっぽいって言われて観たんですが・・・


      自分のSSと内容が少し似ていてびっくりしました


      別の部屋に死体があるのは同じでしたね、他にも共通点はありましたが・・・


      ちなみに○○は誰かわかりましたか?
      明確にはまだわからないと思いますが有咲の発言で少しわかった人もいるかもしれません


      別ルートは夕方あたりに書きますね

    • 286 名前:匿名スタッフさん ID:hMDk5MTI[] 返信

      千聖ちゃんがちゃん付けしてて有咲が呼び捨てしてるってことは○○の可能性があるのは
      香澄、たえ、沙綾、りみ、イヴだけど
      香澄は名前出てきたしイヴは生きてたからたえ、沙綾、りみの誰かかな…

    • 287 名前:匿名スタッフさん ID:mYmFiYWI[] 返信

      有咲は年上には敬語、同じ年齢や下の年齢の人にはタメ口……
      つまり○○はモニカもしくは2年生?

    • 288 名前:匿名スタッフさん ID:xMWU5Yjg[] 返信

      このEND、友希那さん喋ってないのが気になるなぁ…

    • 289 名前:匿名スタッフさん ID:5NzBmNmM[] 返信

      >>287
      いや、モニカに対して有咲はちゃん付けだな。(ましろちゃん,七深ちゃん)
      ○○が同一人物なら>>286の説を俺は支持する。


      でも、同じ人に見せかけた作者のトリックだったり?
      流石に考え過ぎか。

    • 290 名前:匿名スタッフさん ID:wYjY0OTU[] 返信

      >>286と同じ意見なんだけど、もしその3人の誰かだったとして誰も彩ちゃん日菜ちゃんと深い関わりがあった訳でもないし、わざわざ◯◯って表記して隠す意味もわからないからう〜〜んって唸ってる
      夕方を全裸待機するしかない

    • 291 名前:匿名スタッフさん ID:3NGI0MGM[] 返信

      >>288
      もしかして既に友希那は…

    • 292 名前:匿名スタッフさん ID:zNDU1OTE[] 返信

      これは神ssだ

    • 293 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      すいません夕方と言っておきながら遅れてしまいました


      別の所で暮らすENDは残り2つ別のエンディングがあるんですが・・・早い話バットエンディングなのでいつ見るかは皆さんに任せます






      とりあえず最終日の選択肢に戻ります






      「彩ちゃん」


      「・・・どうしたの?♡」


      「・・・」


      日菜は・・・>>294


      1 永遠の愛を、誓って欲しい・・・


      2 一緒に逃げ出して、別の所で暮らそう(別ルートを回収します)


      3もう一度、あたしを縛って・・・?


      4美味しそうな彩ちゃん♡

    • 294 名前:匿名スタッフさん ID:hZGI4ODk[] 返信

      やばそうな4

    • 295 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「あたし・・・・・」








      「彩ちゃんを食べたい♡」




      「・・・え・・・?」


      「ふふっ♡」


      「あたしね、ホントに自分じゃ食べられなかったの♡」


      「食べ物は全部彩ちゃんが噛んで貰わないとダメだった」


      「でも・・・」


      「彩ちゃんが作ってくれたポテト・・・」


      「色んな食べ物にもう味を感じなかった」


      「美味しくなかった」


      「もちろん自分で食べても味は全然しない・・・」


      「・・・?」


      「・・・でも」


      「肉だけは味がするの♡」


      「彩ちゃんあたしにおねーちゃんとつぐちゃんの肉を食べさせてたでしょ・・・?」


      「うん・・・」


      「・・・」


      「あれね」


      「すっごく美味しかった・・・♡」


      「!」


      「美味しすぎて・・・ずっとドキドキしてたの・・・♡」


      「ドキドキして・・・♡ずっと考えてた・・・♡」


      「彩ちゃんを食べたら・・・」




      「どんな味がするのかなって・・・♡」


      「大好きな人はどんな味がするのかなぁ・・・♡」


      「っ・・・」


      「もしかして・・・」

    • 296 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「私を・・・食べたいの・・・?」


      「!」


      「うんっ!」


      「食べたい!食べたい!」


      「食べたい食べたい食べたい♡」


      「ねぇお願い彩ちゃん・・・♡」


      「彩ちゃんを食べさせて・・・?」


      「お願いお願い!」


      「あたしもうダメなの」


      「彩ちゃんを食べなきゃ空腹がおさまらないの・・・♡」


      「日菜ちゃん・・・・・・」


      「お願い彩ちゃん・・・」


      「あたし、彩ちゃんが食べたいの・・・」


      「・・・・・・食べさせて・・・・・・?」


      「っ・・・・・・・・・」


      「・・・・・・・・・・・・・・・」


      「>>297」


      彩は・・・


      1 いいよ、食べて♡


      2一口だけなら、いいよ


      3ダメ・・・

    • 297 名前:匿名スタッフさん ID:lMGM1ZDZ[] 返信

      3
      これも複数エンディングがあるのだろうか

    • 298 名前:匿名スタッフさん ID:1NzRjMzV[] 返信

      食べるって…そっちか…

    • 299 名前:匿名スタッフさん ID:hZGI4ODk[] 返信

      やはりカニタベルンルンだった…

    • 300 名前:匿名スタッフさん ID:zNDU1OTE[] 返信

      >>297
      ありそうですね

    • 301 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「だ、ダメ・・・・・・」


      「・・・何で?」


      「教えてよ」


      「何でおねーちゃんやつぐちゃんの肉は食べていいのに」


      「彩ちゃんはダメなの?」


      「じゃあ何であたしに肉を食べさせたの?」


      「彩ちゃんだってあたしを食べるつもりだったって言ってたじゃん」


      「そ、そうだけど・・・」


      「私を食べたら一緒にいれなくなっちゃうでしょ・・・?」


      「・・・・・・・・・」


      「何言ってるの?」


      「あたしの中で生きるんだよ♡」


      「彩ちゃんを食べればあたしと彩ちゃんのカラダは繋がるんだよ♡」


      「1つになるのっ♡」


      「それで彩ちゃんをずっと守れる・・・♡」


      「だから食べなきゃ・・・♡」


      「そ、そんなの無茶苦茶だよ・・・」


      「急にどうしちゃったの?いつもの日菜ちゃんじゃない・・・!」


      「・・・」


      「彩ちゃんがあたしに肉を食べさせたのが悪いよ」


      「そのせいで・・・」


      「生きてる彩ちゃんがどんな味するのかドキドキしてるんだから・・・♡」


      「ねぇ、ホントにダメ・・・?」


      「ホントに彩ちゃん食べちゃダメなの・・・?」


      「・・・・・・」


      >>302


      1 ダメに決まってるでしょ・・・いい加減にしてよ


      2・・・食べたらその後はどうするの?

    • 302 名前:匿名スタッフさん ID:iMDFkNWY[] 返信

      2だなー

    • 303 名前:匿名スタッフさん ID:lMDExZGE[] 返信

      2でお願いします

      ハピシュガはダダダMADからの流れで名前だけ知ってたのですがそんな内容だったのですね。びっくりしました。

    • 304 名前:匿名スタッフさん ID:zNDU1OTE[] 返信

      2ですね

    • 305 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「食べたら・・・その後はどうするの・・・?」


      「私がいなくなっちゃうんだよ・・・?」


      「私がいなくなっちゃったら・・・」


      「・・・でも彩ちゃんはあたしの中で」


      「死んだら日菜ちゃんの中じゃ生きれないよ!!」


      「死んだらそれまでなんだよ・・・?」


      「自分の中で生きてるとか、そういうのは絶対にないんだよ」


      「私は心臓が動いてなきゃ日菜ちゃんといれないの・・・」


      「・・・わかった・・・?」


      「・・・・・・わかった」


      「もう肉を食べるのはやめるよ」


      「彩ちゃんも食べない」


      「日菜ちゃん・・・!」


      「良かった・・・♡」


      「安心したよ・・・//」


      「だったら、指輪着けよ?一緒にいれば食べたいなんて思わなくなっちゃうよ♡」


      「・・・」


      「そうだね、ごめんね彩ちゃん」


      「・・・・・・・・・」






      あたしはもちろん、そのつもりはない






      だって、人の肉しか味がしないんだもん




      ーーーーーーーーーーーーーー




      あたしは彩ちゃんが寝てる間にこっそりあの部屋に行った




      「・・・」


      「あぁ・・・たくさん・・・・・・♡」


      「どれにしよっかな・・・♡」


      「・・・・・・リボンがついてる・・・」


      「あっ・・・○○ちゃんか・・・♡」


      「ごめんね、あたし・・・」


      「頭でも食べちゃうから♡」


      「・・・いつか生きてる彩ちゃんも食べちゃうかもしんないなあ・・・」


      「えへへっ・・・・・・」


      「じゃあ、ごめんね?」


      「・・・頭だけだから聞こえてないだろうけど」


      「・・・・・・・・・・・・いただきます♡」


      ガブッ










      END4 肉の味

    • 306 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      最初は食べるシーンを細かく書くつもりでしたがあまりにエグかったので止めました
      なので別ルートのカニタベENDもそこまで細かくは書かないので安心してください・・・








      最後の選択肢に戻ります










      「彩ちゃん」




      「・・・どうしたの?♡」




      「・・・」




      日菜は・・・>>307




      1 永遠の愛を、誓って欲しい・・・


      2 一緒に逃げ出して、別の所で暮らそう(別ルートを全て回収します)


      3もう一度、あたしを縛って・・・?


      4美味しそうな彩ちゃん♡(別ルートを全て回収します)

    • 307 名前:匿名スタッフさん ID:3NGI0MGM[] 返信

      4継続で

      というか天才カニタベストとかそれもはやハンニバルレクター

    • 308 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信

      「彩ちゃんを食べさせて・・・?」


      「お願いお願い!」


      「あたしもうダメなの」


      「彩ちゃんを食べなきゃ空腹がおさまらないの・・・♡」


      「日菜ちゃん・・・・・・」


      「お願い彩ちゃん・・・」


      「あたし、彩ちゃんが食べたいの・・・」


      「食べさせて・・・・・・?」


      「っ・・・・・・・・・」


      「・・・・・・・・・・・・・・・」


      「>>309」


      彩は・・・


      1 いいよ、食べて♡


      2一口だけなら、いいよ


      3ダメ・・・

    • 309 名前:匿名スタッフさん ID:xYzFhYjF[] 返信

      3だよ3ンンっ

    • 310 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      ○○ちゃんはリボンつけてるのか

    • 311 名前:匿名スタッフさん ID:5NWY1ZjZ[] 返信

      〇〇ちゃんはパン屋の娘かな…?

    • 312 名前:匿名スタッフさん ID:3YzBiYWI[] 返信

      311に同意

    • 313 名前:匿名スタッフさん ID:3NDUxNDl[] 返信

      ○○はロックだと思ったけどリボンなら違うのかな

    • 314 名前:匿名スタッフさん ID:jNjZhMzk[] 返信

      明日沙綾誕生日やん…

    • 315 名前:匿名スタッフさん ID:jNjZhMzk[] 返信

      明日沙綾誕生日やん…

    • 316 名前:匿名スタッフさん ID:5NWY1ZjZ[] 返信

      314 あ

    • 317 名前:匿名スタッフさん ID:5NzBmNmM[] 返信

      沙綾かな……。
      つくしちゃんも浮かんだけど
      有咲は多分“つくしちゃん”呼びだからな……。
      この世界の有咲がどう呼ぶのかは判らなかったが。

      つくしちゃんは240の“?”かな。
      これで全然関係無くて
      愛(100枚の婚姻届)を抱えて生きてるだけであるなら笑えるが。

    • 318 名前:匿名スタッフさん ID:kZTVjNDI[] 返信